茨木市 危機関連保証。 最大の危機を迎えて

高槻市茨木市島本町の税理士 高岸税務会計事務所

茨木市 危機関連保証

セーフティネット保証制度は、災害、取引先等の再生手続等の申請や事業活動の制限、取引金融機関の破綻等により経営の安定に支障を生じている中小企業者について、保証限度額の別枠化、保証料率の減率を行う制度です。 セーフティネット保証制度を受けるためには、中小企業信用保険法第2条第5項第1号から8号の要件のいずれかに該当することについて、その所在地(補足)を管轄する市区町村長の認定を受けることを要します。 新型コロナウイルス感染症に伴うセーフティネット保証4号の認定申請について 本市は中小企業保険法に基づくセーフティ保証4号の適用地域として指定されました。 認定申請をされる方につきましては、以下を参照してください。 指定期間 令和2年2月18日から令和2年9月1日まで(6月2日更新) 対象中小企業者 1. 指定地域において1年間以上継続して事業を行っていることとしていましたが、創業1年未満の事業者等であって、同感染症の影響により、経営の安定に支障をきたしている創業者等も利用できるように、認定基準について運用の緩和をしています。 災害の発生に起因して、当該災害の影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。 (売上高等の減少について、市区町村長の認定が必要)。 登記簿謄本(法人)、住民票(個人事業主の場合) (補足)謄本が他でも必要な場合、コピーと一緒にお持ちいただければ確認後原本はお返しいたします。 (原本確認還付)• 確定申告書・決算書の写し(直近の申告分)• 売上対比に記入した月別売上高を証明する書類 (補足)合計残高試算表、売上帳簿、得意先元帳、受注明細書等• 事業許認可証等(営んでいる事業全て)• 会社の事業内容の紹介する書類等(ある場合)• 申請窓口 及び 受付時間 申請窓口及び受付時間は 令和元年台風第19号に伴うセーフティーネット保証4号の認定申請について 令和元年台風第19号による災害について、本市は中小企業保険法に基づくセーフティ保証4号の適用地域として指定されました。 認定申請をされる方につきましては、以下を参照してください。 指定期間 令和元年10月12日から令和2年8月11日まで 対象中小企業者 1. 指定地域において1年間以上継続して事業を行っていること。 災害の発生に起因して、当該災害の影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。 (売上高等の減少について、市区町村長の認定が必要)。 内容(保証条件) 1. 対象資金:経営安定資金 2. 保証割合:100%保証 3. 保証限度額:無担保8,000万円、普通2億円(別枠) 4. 保証人:原則第三者保証人は不要 必要書類• 登記簿謄本(法人)、住民票(個人事業主の場合) (補足)謄本が他でも必要な場合、コピーと一緒にお持ちいただければ確認後原本はお返しいたします。 (原本確認還付)• 確定申告書・決算書の写し(直近の申告分)• 売上対比に記入した月別売上高を証明する書類 (補足)合計残高試算表、売上帳簿、得意先元帳、受注明細書等• 事業許認可証等(営んでいる事業全て)• 会社の事業内容の紹介する書類等(ある場合)• 申請窓口 及び 受付時間 申請窓口及び受付時間は セーフティネット保証5号について 経済産業省は、新型コロナウイルス感染症の影響により、全国の中小企業・小規模事業者の資金繰りが逼迫していること、および民間金融機関による実質無利子・無担保・据置最大5年の融資において、セーフティネット保証や危機関連保証の利用を要件としていることから、保証対象業種の全てを指定しています。 (これに伴い、複数業種を営んでいる場合でもすべてが保証対象業務の場合は、様式「5号イ-1」となります。 ) (外部リンク) (外部リンク) 令和2年5月1日から令和3年1月31日までの対象業種は以下のとおりです。 (外部リンク) ご自分の業種、及び申請書に記載する産業分類番号については、下記ホームページにてお調べすることができます。 外部リンク セーフティーネット保証5号(イ)認定条件 認定条件• 中小企業庁の定めるセーフティーネット保証5号の指定業種(平成24年11月1日以降の指定業種)であること。 もしくは指定業種を含めた事業を行っていること。 5号(イ)-1から5号(イ)-3におけるそれぞれの減少率等の条件を満たしていること。 セーフティーネット5号(イ)の認定にあたっては、事業内容による業種条件により申請用紙がそれぞれ5号(イ)-1から5号(イ)-3と分かれ、それぞれ1から3における減少率等の条件を全て満たすことが必要です。 申請事業者が5号認定の指定業種かどうかの確認については上記中小企業庁ホームページよりご確認いただき、申請用紙の種類については下記の業種条件のフローチャートによりご確認ください。 売上減少条件 5号イ-1 最近3か月間の売上高等が前年同期の売上高等に比べて5パーセント以上減少している。 5号イ-2(全ての条件を満たすこと)• 主たる業種の最近3か月の売上高等が前年同期比で5パーセント以上減少している。 会社全体の最近3か月の売上高等が前年同期比で5パーセント以上減少している。 5号イ-3(全ての条件を満たすこと)• 指定業種の最近3か月の売上高等が前年同期比で減少していること パーセントは問わない• 会社全体の最近の3か月の前年同期の売上高等に対する、指定業種の売上高(受注高等)の減少額の割合が5パーセント以上であること。 会社全体の最近3か月の売上高等が前年同期比で5パーセント以上減少していること。 必要書類• 認定申請書(2部)、添付書類(1部)• 会社案内書• 登記簿謄本(法人)、住民票(個人事業主の場合) (補足)謄本が他でも必要な場合、コピーと一緒にお持ちいただければ確認後原本はお返しいたします。 (原本確認還付)• 確定申告書・決算書の写し(直近の申告分)• 売上対比に記入した月別売上高を証明する書類 (補足)合計残高試算表、売上帳簿、得意先元帳、受注明細書等• 事業許認可証等(営んでいる事業全て)• 会社の事業内容の紹介する書類等(ある場合)• セーフティーネット保証5号イ-1 対象 1つの指定業種のみ事業として行っている、若しくは指定事業のみを複数事業としている人が対象。 条件 最近3か月間の売上高が前年同期の売上高等に比べて5パーセント以上減少している。 セーフティーネット保証5号イ-2 対象 複数の業種を事業としているが、主として行っている事業(売上がここ1年で最も多い)が指定業種であり、一部に非指定の業種がある。 主たる業種の最近3か月の売上高等が前年同期の売上比で5パーセント以上減少している。 会社全体の最近3か月の売上高等が前年同期比で5パーセント以上減少している。 セーフティーネット保証5号イ-3 対象 複数の業種を事業としているが、メインとして行っている事業(売上がここ1年で最も多い)が非指定業種であり、一部に指定業種がある。 指定業種の最近3か月の売上高等が前年同期比で減少していること パーセントは問わない• 会社全体の最近の3か月の前年同期の売上高等に対する、指定業種の売上高当の減少額等の割合が5パーセント以上であること。 企業全体の最近3か月の売上高等が前年同期比で5パーセント以上減少していること。 その他のセーフティーネット認定申請について セーフティーネット保証4号、5号(イ)以外で、以下の各号を申請される方につきましては別途市役所産業政策課までご連絡ください。 1号:連鎖倒産防止 2号:取引先企業のリストラ等の事業活動の制限 3号:突発的災害(事故等) 5号:業況の悪化している業種(ロ)「原油価格上昇による悪化」 5号:業況の悪化している業種(ハ)「円高の影響による悪化」 6号:取引金融機関の破綻 7号:金融機関の経営の相当程度の合理化に伴う金融取引の調整 8号:金融機関の整理回収機構に対する貸付債権の譲渡 申請窓口 及び 受付時間 申請窓口及び受付時間は 危機関連保証について 新型コロナウイルス感染症に伴う危機関連保証の認定申請について 今般の新型コロナウイルス感染症の影響により、全国の中小企業・小規模事業者の資金繰りが逼迫していることを踏まえ、危機関連保証制度が3月13日から開始されました。 認定申請をされる方につきましては、以下を参照してください。 指定期間 令和2年2月1日から令和3年1月31日まで 対象中小企業者 指定案件に起因して、原則として、最近1か月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15%以上減少することが見込まれること。 内容(保証条件) 1 対象資金:経営安定資金 2 保証割合:100%保証 3 保証限度額:一般保証等とは別枠で2億8,000万円 (外部リンク) 必要書類• 登記簿謄本(法人)、住民票(個人事業主の場合) (補足)謄本が他でも必要な場合、コピーと一緒にお持ちいただければ確認後原本はお返しいたします。 (原本確認還付)• 確定申告書・決算書の写し(直近の申告分)• 売上対比に記入した月別売上高を証明する書類 (補足)合計残高試算表、売上帳簿、得意先元帳、受注明細書等• 事業許認可証等(営んでいる事業全て)• 会社の事業内容の紹介する書類等(ある場合)•

次の

大阪府の新型コロナウイルス感染症対策で使える補助金や助成金を一覧として紹介

茨木市 危機関連保証

中小企業向け融資制度のご案内 トピックス(新型コロナウイルス感染症・災害関連) 新型コロナウイルス感染症関係 茨城県新型コロナウイルス感染症対策融資 国の第2次補正予算成立を受け、利子補給・信用保証料補助の対象となる「新型コロナウイルス感染症対応資金枠」の融資限度額を 4,000万円に拡充しました。 セーフティネット保証4号の指定(令和2年9月1日まで) 経済産業大臣が指定した地域(茨城県を含む47都道府県全て)で事業を営む中小企業者は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた後、売上高等が減少していることについて市町村長の認定を受けることで、一般保証とは別枠の保証(経営安定関連保証)を利用できます。 認定のための様式や詳細については各市町村にお問い合わせください。 セーフティネット保証5号の指定(令和2年5月1日から令和3年1月31日まで) 業況の悪化している業種に属する中小企業者を支援するため、指定業種に属する事業を行う中小企業者であって、売上高等が減少していることについて市町村長の認定を受けることで、一般保証とは別枠の保証(経営安定関連保証)を利用できます。 また、市町村の認定に当たっての基準について、時限的な運用緩和が行われております。 詳しくは、をご覧ください。 認定のための様式や詳細については各市町村にお問い合わせください。 危機関連保証の発動(令和2年2月1日から令和3年1月31日まで) 経済産業省は、新型コロナウイルス感染症の影響により、全国の中小企業・小規模事業者の資金繰りが逼迫していることを踏まえ、既に実施したセーフティネット保証に加えて、危機関連保証を初めて発動することとしました。 これにより、売上高等が急減する中小企業・小規模事業者においては、一般保証及びセーフティネット保証とはさらに別枠となる100%保証が利用可能となります。 認定のための様式や詳細については各市町村にお問い合わせください。 新型コロナウイルス感染症中小企業支援対策室について 茨城県では、感染拡大により深刻な影響を受けている中小企業・個人事業主の方の事業継続等を支援するため、国・県等の施策紹介から個別相談に対応する窓口を設けています。 開設時間:平日午前9時から午後5時まで 電話番号:029-301-2869 電子メール: 取扱金融機関の皆様へ(報告書様式) 新型コロナウイルス感染症対策融資の適用に伴い、様式の一部を改正しました。 令和元年台風15号及び19号に伴う災害関係 茨城県災害対策融資(令和元年台風15号・19号災害特例) 茨城県では、令和元年台風15号及び19号に伴う災害で被害を受けた中小企業者の資金繰りを支援するため、経営の安定に必要な資金を融資します。 東日本大震災関係 取扱期間を令和3年3月31日まで延長しました。 中小企業融資制度について 県内経済の活力の源泉である中小企業を応援します! ご利用できる事業者 県内に事業所を有し、原則として同一事業を1年以上引き続き営んでいる個人・会社・組合等の中小企業者で、以下に該当する方がご利用できます。 (農林漁業、金融業、娯楽遊戯場の一部等は除かれます。 ) 製造業等 資本金3億円以下又は従業員300人以下 卸売業 資本金1億円以下又は従業員100人以下 小売業 資本金5,000万円以下又は従業員50人以下 サービス業 資本金5,000万円以下又は従業員100人以下 中小企業等協同組合法に規定する組合 令和元年6月18日更新 令和2年7月更新 融資制度一覧 県制度融資 制度名 こんな時に 長期の事業資金を借り入れたい 独立して新しく事業を行いたい 新しく事業を行いたい 【女性・若者(35歳未満)・障害者】 新分野へ進出したい・経営の革新を図りたい 新たに従業員を雇用して事業を拡大したい 店舗改装等をしたい 地場産業などを行っているが経営の合理化を図りたい 観光施設を整備したい 事業承継に必要な資金を調達したい 厳しい経営状況を改善したい 災害被害の復旧や地震災害の予防を図りたい 債務超過などの状況を改善したい 債務を一本化して返済負担を軽減したい 小規模企業で長期の事業資金を借り入れたい 短期の事業資金を借り入れたい その他の融資等 制度名 こんな時に 茨城県内に工場などの事業所を設置したい 農業の実施に必要な資金を借り入れたい 借換え制度 県制度融資のうち長期資金については、同一融資内で既借入金を借り換えることができます。 対象融資 長期資金の全融資 借換え額 同一融資内において各融資の既借入残高、または各融資の既借入残高に新規事業資金を合わせた額。 (借換え資金の据置期間はありません) 借換え条件 既借入金の元金返済が1年以上経過していること。 (資金使途が設備資金のみの制度の場合の償還期間は7年以内) 緊急経済対策融資から借換えできる融資 「緊急経済対策融資」が平成22年度末をもって終了したことに伴い、上記に関わらず、緊急経済対策融資から以下の県制度融資への借換えは可能です。 融資の条件 県では、中小企業に対する金融の円滑化を図るため、県の資金を県が指定する金融機関に預けて、これを原資として金融機関からも資金を出してもらい、この金融機関を窓口として資金が融資できるよう制度的に仕組みを整えています。 これらの課題に対する適切な対応について中小企業団体及び金融機関団体共通の自主的・自立的な準則として「経営者保証に関するガイドライン」は策定されました。

次の

「セーフティネット保証4号,5号」の指定及び「危機関連保証」の発動について ※4号指定期間延長(~9/1)|徳島県ホームページ

茨木市 危機関連保証

新型コロナウイルス感染症への対応のための融資メニューについて 新型コロナウイルス感染症の発生により経営に影響を受けている中小企業のみなさまを支援するための融資制度がございますので、ご活用ください。 新型コロナウイルス感染症対応資金 保証料等補助型 New!! 融資に関する 相談・申込先 下部の取扱い金融機関にてお申込みください 新型コロナウイルス感染症対策資金(経営安定資金 危機関連) 融資対象者 新型コロナウイルス感染症に起因して、原則として、最近1か月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15%以上減少することが見込まれる中小企業者の方(市町村長の認定要) *創業後3か月以上継続して事業を行っている方も一定の売上要件を満たす場合は対象となります。 詳細については (3)国が指定する業種に属する事業を行っており、最近3か月間の売上高等が前年同期の売上高等に比して5%以上減少している方(市町村長の認定要) *創業後3か月以上継続して事業を行っている方も一定の売上要件を満たす場合は対象となります。 45%から年1. 9%(無担保) 年0. 32%から年1. 62%(有担保) 年0. 9% 年0. 8% 適用期間 令和3年3月31日まで 令和2年9月30日まで(延長する場合は改めてお知らせします) 融資に関する 相談・申込先 下部の取扱い金融機関にてお申込みください 取扱い金融機関一覧 みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、三井住友信託銀行、愛知銀行、阿波銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、愛媛銀行、香川銀行、 関西みらい銀行、紀陽銀行、京都銀行、高知銀行、滋賀銀行、四国銀行、静岡銀行、第三銀行、但馬銀行、徳島大正銀行、トマト銀行、富山第一銀行、 名古屋銀行、南都銀行、百十四銀行、福井銀行、福邦銀行、北陸銀行、北國銀行、みなと銀行、尼崎信用金庫、永和信用金庫、大阪信用金庫、大阪厚生信用金庫、 大阪シティ信用金庫、大阪商工信用金庫、北おおさか信用金庫、きのくに信用金庫、京都信用金庫、京都中央信用金庫、播州信用金庫、枚方信用金庫、 大阪協栄信用組合、大阪貯蓄信用組合、近畿産業信用組合、成協信用組合、大同信用組合、中央信用組合、のぞみ信用組合、ミレ信用組合、商工組合中央金庫、SBJ銀行 このページの作成所属.

次の