エキサイト モバイル 料金。 エキサイトモバイルの評判・評価 メリット・デメリットとキャンペーン!

エキサイトモバイルがよくわかるガイド:料金・特徴・申し込み・解約方法

エキサイト モバイル 料金

目次:• エキサイトモバイルとは? エキサイトモバイルは、検索エンジンやポータルサイト、ブロードバンドサービスなどを運営しているが提供しているサービスです。 エキサイトモバイルは、プロバイダーであるBBエキサイトがNTTの通信回線を借りて再販しているMVNO(仮想移動体通信事業者)でもあります。 エキサイトモバイルのメリット エキサイトモバイルには、特徴的な6つのメリットがあります。 料金プランが豊富である• 1つの契約でSIMカードを複数枚利用できる• バースト機能がある• 余ったデータは翌月に繰越ができる• 高速通信時は直近3日間制限がない• オプションが豊富に用意されている 以下、それぞれのメリットを具体的に解説します。 料金プランが豊富である エキサイトモバイルの最大の特徴は利用プランが多いことです。 複数データ容量の定額制プランが用意されているだけでなく、使用した分だけ料金が請求される従量制のプランも用意されています。 利用用途や家族状況など、ひとりひとりの環境に配慮した親切なプラン設定がなされています。 1つの契約でSIMカードを複数枚利用できる エキサイトモバイルでは、1契約で最大5枚までのSIMカードを利用することが可能です。 家族で申し込みをする場合は家族の人数分の月額料金を1つにまとめることができるので、家計に優しい料金プランと言えるでしょう。 バースト機能がある エキサイトモバイルには、高速通信のデータ容量を使い切り低速制限に切り替わった際や低速モードで通信を行う際、ネットにアクセスすると初速を高速にして一気に画像や文字を読み込む バースト機能があります。 通常低速制限がかかると画面表示が遅くなりがちなところ、 エキサイトモバイルはバースト機能のおかげでたとえ低速時であってもサイトが開きやすくなる特徴を持っているのです。 余ったデータは翌月に繰越ができる 「定額プラン」では、ひと月に設定されている余ったデータ通信容量は、 1カ月間繰越ができます。 翌月は繰り越されたデータ通信容量から消費され、それが全て消費されると当月分のデータ通信容量が消費されます。 なお、従量制である「最適料金プラン」ではデータ通信容量は繰り越しされないので注意しましょう。 直近3日間の1GB制限がない 直近3日間で大量のデータ通信を行うと速度制限がかかる格安SIM会社が多くある中、エキサイトモバイルは高速通信の際 1GBの速度制限が行われません。 しかし低速通信の際は、直近3日間で366MBの通信で速度制限が行われる場合があるので注意が必要です。 速度制限の有無 メーカー 低速制限 高速制限 エキサイトモバイル 3日間制限あり 3日間制限なし DMMモバイル あり なし UQモバイル なし あり BIGROBEモバイル あり あり IIJimo あり あり 楽天モバイル AU回線のみあり AU回線のみあり オプションが豊富に用意 エキサイトモバイルは、端末保証サービスやウイルス対策セキュリティ、留守電サービスといった一般的なオプションだけでなく、クラウドバックアップサービスや電子書籍サービス、危険電話察知サービスなど特徴的なオプションが多数用意されています。 エキサイトモバイルのデメリット 多数の特徴的なメリットがある一方で、エキサイトモバイルにはいくつかのデメリットも存在します。 音声通話かけ放題のプランがない• 低速通信時の速度制限がある• 支払い方法がクレジットカードのみ• 専用アプリがない• 店舗がない それぞれのデメリットを具体的に紹介します。 音声通話かけ放題のプランがない やなど、格安SIM会社の中には制限時間内の通話であれば何度でもプランを設けているところがあります。 しかし、 エキサイトモバイルには音声通話かけ放題のプランが用意されていません。 30秒あたり20円の通話料金がかかることから、一カ月の通話量が多い方は高額な利用料金を請求される可能性があるので気をつけましょう。 低速通信時の速度制限がある エキサイトモバイルは高速通信時には速度制限がないものの、低速通信の際は速度制限を設けています。 最大200kbpsの通信の際や、直近3日間の通信料が366MBを超えた場合には通信速度を制限する場合があります。 支払い方法がクレジットカードのみ 一般的に大手の通信キャリアは、支払い方法としてクレジットカードだけでなく口座振替も用意しています。 しかしエキサイトモバイルは口座振替には対応しておらず、支払い方法は クレジットカードのみです。 注意事項としてデビットカードは利用できず、クレジットカードでもプリペイド式のクレジットカードや海外で発行されたクレジットカード、他社名義のクレジットカードは利用できないので注意する必要があります。 専用アプリがない 高速通信と低速通信の切り替えの際、 専用アプリがあれば即座に切り替えることができます。 やなどは専用アプリがありますが、エキサイトモバイルには専用アプリがありません。 速通信と低速通信を切り替えるためにはエキサイトモバイルのWEBサイトにあるマイページで行う必要があることから、専用アプリを設けている所と比べると多少手間がかかります。 店舗がない 対面式の店舗がない分、料金がより魅力的になっているエキサイトモバイル。 エキサイトモバイルには実店舗がなく、情報は全てWEBサイトから入手する必要があります。 店舗に気軽に訪れて店員に質問することができず、問い合わせはメールや電話でしか対応してもらえません。 インターネットに不慣れな方は求めている情報を探すのに多少時間がかかるデメリットがあります。 実店舗がある格安SIM会社• mobile• イオンモバイル• UQモバイル• Mineo• 楽天モバイル• OCNモバイルone 実店舗がない格安SIM会社• エキサイトモバイル• DMMモバイル• DTIモバイル エキサイトモバイルの料金プラン エキサイトモバイルは、使ったら使った分だけ支払う「最適料金プラン」と毎月同じ料金を支払う「定額プラン」があります。 さらにエキサイトモバイルのSIMカードは1契約1枚だけでなく、1契約で3枚、4枚、5枚と複数枚をシェアできる特徴があります。 ここでは、それぞれのプランごとの料金を紹介します。 最適料金プラン(月額料金) 容量 SIM1枚 SIM3枚 SIM4枚 SIM5枚 0GB 500円 1,050円 1,440円 1,830円 〜500MB 630円 1,100円 1,490円 1,880円 〜1GB 660円 1,180円 1,570円 1,960円 〜2GB 770円 1,340円 1,730円 2,120円 〜3GB 880円 1,550円 1,940円 2,330円 〜4GB 1,150円 1,780円 2,170円 2,560円 〜5GB 1,450円 1,890円 2,280円 2,670円 〜6GB 1,600円 1,950円 2,340円 2,730円 〜7GB 1,900円 2,100円 2,490円 2,880円 〜8GB 2,120円 2,190円 2,580円 2,970円 〜9GB 2,200円 2,380円 2,770円 3,160円 〜10GB 2,380円 2,540円 2,930円 3,320円 〜11GB なし 2,830円 3,220円 3,610円 〜12GB なし 3,100円 3,490円 3,880円 〜13GB なし 3,450円 3,840円 4,230円 〜14GB なし 3,790円 4,180円 4,570円 〜15GB なし 3,980円 4,370円 4,760円 定額プラン(月額料金) 容量 SIM1枚 SIM3枚 SIM4枚 SIM5枚 1GB 670円 1,260円 選択不可 選択不可 2GB 770円 1,450円 選択不可 選択不可 3GB 900円 1,260円 選択不可 選択不可 9GB 2,2500円 2,460円 2,850 3,240 20GB 3,980円 4,480円 4,870 5,260円 30GB 5,980円 6,580円 6,970円 7,360円 40GB 7,980円 8,580円 8,970円 9,360円 50GB 10,180円 10. 680円 11,070円 11,460円 データ通信プラン以外の機能 上記で紹介したデータ通信プラン以外にも、 エキサイトモバイルはいくつかの機能を用意しています。 ここでは2つの機能とその料金を紹介します。 データ通信プラン+音声通話機能 データ通信プランと音声通話機能を利用できるプランがあります。 上記のデータ通信プランに音声通話機能を加えると、SIMカード1枚あたり700円(月額料金)が加算されます。 データ通信プラン+SMS機能 データ通信プランとSMS機能を利用できるプランがあります。 上記のデータ通信プランにSMS機能を加えると、SIMカード1枚あたり140円(月額料金)が加算されます。 オプションの料金 エキサイトモバイルの特徴である豊富なオプションですが、契約すると毎月利用料金がデータ通信料金に加算されます。 ここではオプションごとの月額料金を紹介します。 オプションの料金 オプション 月額料金 ウイルスバスターサービス 250円 スマート留守電 290円 端末保証サービス 500円 SmartChecker(アプリ連携サービス) 350円 iフィルター(閲覧制限サービス) 360円 トビラフォン(危険電話察知システム) 300円 タブホ(電子書籍サービス) 500円 AOS Cloud(ストレージサービス) 500円 端末保証サービス以外のオプション料金は、契約月から最大2カ月無料になっています。 契約の流れ エキサイトモバイルは料金プランが豊富に用意されていることから、申し込みの際に迷う方も多いことでしょう。 また、契約の際には事前に解約の流れを押さえておくことも大切です。 ここでは、エキサイトモバイルの申し込み方法や解約の流れを紹介します。 申し込み方法 エキサイトモバイルの申し込みはWEBサイトから行います。 申し込みの際には必要事項の登録と本人名義のクレジットカード情報が必要になります。 さらに音声通話SIMの申し込みをする場合は免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要になるので、事前に準備しましょう。 解約方法 エキサイトモバイルを解約する際は、エキサイトモバイルの マイページにアクセスして解約手続きを進めます。 契約内容を確認し、アンケートや注意事項を確認して最終的に解約を行います。 解約手続きが完了すると、解約申込月の末日に解約が完了します。 ログインしてマイページへ移動• 「ご契約内容の変更」から「エキサイトモバイル解約手続き」を選択• 注意事項の確認• 「解約画面に進む」をクリック• 「解約する」をクリック 以上で解約完了になります。 解約の際の注意事項 エキサイトモバイルの申し込み?解約の条件もチェックしておきましょう。 ここでは、 エキサイトモバイルを解約する際に、事前に押さえておくべき注意事項を紹介します。 解約金 エキサイトモバイルは音声通話機能付SIMプランのみ12カ月の最低利用期間を設けており、その期間内に解約した際は9,500円の解約料が発生します。 解約の時期 毎月の末日とその前日はその月の解約手続きができないので気をつけましょう。 なお、毎月の末日やその前日に解約すると翌月の解約扱いとなります。 解約後は取り消せない 一旦エキサイトモバイルの解約手続きを済ませると、解約のキャンセルや内容の変更はできないので注意しましょう。 日割り計算しない 仮に月の途中で解約した場合でもエキサイトモバイルは日割り計算はありません。 解約した月の利用料金は全額支払う必要があります。 SIMカードの返却 解約後は手元にあるSIMカードは返却する必要があります。 SIMカードの所有権はエキサイトモバイルにあるので、解約したら返却する義務が発生します。 なお返却の際は普通郵便を利用し、送料は顧客側負担となります。 以下、返却先住所になります。 SIM返却先住所 〒143-0006 東京都大田区平和島3-6-1 東京団地倉庫A-2棟 住友倉庫内 エキサイトカスタマーサービスセンター オプションのみの解約 エキサイトモバイルはオプションのみの解約はできません。 オプションなしのプランにするのであれば契約中のプランを一旦解約し、サイドオプション無しのプランに申し込む必要があるので注意しましょう。 MNPをする場合 他社キャリア回線からMNPをする場合は、事前に契約中のキャリアからを取得して申し込み画面に入力しましょう。 エキサイトモバイルが用意している「自宅でスマホ切替サービス」をすると、エキサイトモバイルのサイト内で自ら切替手続きをすることが可能です。 このサービスを利用すると1〜4時間程度で切り替えが完了します。 スマホが使えない空白期間をほとんど発生させることなくMNPすることができるのでおすすめです。 MNP転出をする場合 エキサイトモバイルのMNP転出をサイトから申し込みすると、申し込みから4〜7日でMNP予約番号が事前に登録したメールアドレスに送られます。 他社へMNP転入の申し込みを行い、無事にMNP転出が完了するとその日がSIMの解約日になります。 なお、MNP転出が完了するとMNP転出手数料として3,000円が発生します。 エキサイトモバイルの評判 エキサイトモバイルは価格設定やオプションの種類、解約方法などに関しては多くの会社と大きく変わることはありません。 しかしなんといってもエキサイトモバイルの最大の魅力は、SIMカードの複数申し込みができる点と料金プランが豊富な点です。 SIMカード1つの契約で最大5枚までシェアできることから、家族で格安SIMを利用するのであれば非常にお得なプランであり、評判も良いと言えます。 料金プランが豊富な点もエキサイトモバイルの特徴です。 定額プランには1〜50GBまで豊富なプランが用意されているので、自分の利用頻度にあった適切なプランを選べます。 また、最適料金プランであれば毎月利用したデータ通信料に応じて料金が変わるので、あまり利用していない月でも余計な支払いをする必要がありません。 家族でを利用する方や毎月の利用頻度にばらつきがあり、できる限り無駄な料金を支払いたくない方であれば、ぜひエキサイトモバイルを契約することをおすすめします。

次の

【格安SIM】通信費の節約はエキサイトモバイルで!料金プランやメリット・デメリット。

エキサイト モバイル 料金

もくじ:• エキサイトモバイルとは エキサイトモバイルとは、インターネットプロバイダー大手の系列が運営する格安SIMのことです。 は数多くありますが、どれもドコモ・au・ソフトバンクのいずれかの回線を利用しています。 エキサイトモバイルはドコモの回線を利用しているので通信品質が良く、なおかつ料金も最安500円~と非常に安いため、人気が高まっています。 エキサイトモバイルの特徴 エキサイトモバイルには、他社と比べて特徴的な特色がいくつかあります。 それらの特色を一つずつ見てみましょう。 使い方に適した2つの料金プラン エキサイトモバイルのSIMには、使ったデータ量だけを払う「最適料金プラン」と、上限が決められている「定額プラン」の2つが用意されています。 エキサイトモバイル - 定額プラン エキサイトモバイルを申し込むなら、「定額プラン」にするか「最適料金プラン」にするかをまずは決めます。 自分であらかじめ選んだ分の料金を、毎月定額で支払います。 毎月、決まった額で料金を支払いと言う人に最適なプランです。 0から50GBの間データ容量が区切られ、料金が設定されています。 毎月だいたいどのくらいデータを使用するか分かっている人はそれに合わせて適当なデータ容量を選びます。 データ容量の上限が決まっている定額プランですが、足りなくなったらもちろんデータ容量を追加することも可能です。 逆に使わなかった分のデータ容量は翌月に繰り越すことができます。 この「定額プラン」は、他の格安SIMでも採用されている一般的な料金体系に似たものといえるでしょう。 ただし、 エキサイトモバイルの場合かなり細かくデータ容量別に分けられている点が特徴的と言えます。 エキサイトモバイルなら、手軽にSIMカードを複数枚利用することができて便利です。 エキサイトモバイルでは、基本的にSIM1枚コースとSIM3枚コースがあります。 そして3枚コースには最大2枚までSIMを追加できるので、最大5枚ものSIMを使うことができます。 同一契約内の複数のSIMカードは、通信プランのデータ容量を分け合えます。 次のように例にとって考えてみましょう。 父・・・1ヵ月で1. 3GB使用• 母・・・1ヵ月で2. 5GB使用• 娘・・・1ヵ月で4. 1GB使用 1ヵ月の合計使用量:7. 9GB• 定額プラン(3枚コース)の場合:~9GBで2,460円(税抜)• 最適料金プラン(3枚コース)の場合:~8GBで2,190円(税抜) このように家族みんなで使用することで、とてもお得になるのがエキサイトモバイルの特徴です。 家族だけではなく、一人で数枚のSIMを用途に応じて使い分けるのも便利です。 例えば、次のような使い方ができます。 SIM1:音声通話対応・・・携帯電話• SIM2:データ通信専用・・・携帯電話(デュアルSIM)• SIM3:データ通信専用・・・タブレット エキサイトモバイルのドコモ回線のデータ通信を使えば、が飛んでいない所でもインターネットを利用できますし、金額もキャリアに比べてかなりお得です。 エキサイトモバイル SIMカード 月額料金(税抜) データ容量 最適料金プラン 定額プラン 1枚コース 3枚コース 1枚コース 3枚コース 0MB - - 650円 1,100円 低速通信のみ 500円 - - - 100MB - 1,050円 - - 500MB 1,100円 1,100円 - - 1GB(1000MB) 660円 1,180円 670円 1,260円 2GB 770円 1,340円 770円 1,450円 3GB 880円 1,550円 900円 1,680円 4GB 1,150円 1,780円 1,170円 1,980円 5GB 1,450円 1,890円 - - 6GB 1,600円 1,950円 - - 7GB 1,900円 2,100円 - - 8GB 2,120円 2,190円 - - 9GB 2,200円 2,380円 2,250円 2,460円 10GB 2,380円 2,540円 - - 11GB - 2,830円 3,980円 - 12 - 3,100円 - - 13 - 3,450円 - - 14 - 3,790円 - - 15 - 3,980円 - - 20GB - - 3,980円 4,480円 30GB - - 5,980円 6,580円 40GB - - 7,980円 8,580円 50GB - - 1,0180円 10,680円 音声通話機能料金 電話での音声通話が必要な場合や、いま使用している電話番号をエキサイトモバイルでも使いたい場合は、オプションとして「音声通話機能」を加える必要があります。 格安SIMでは、大手キャリア(ドコモ等)のように、の提供はありません。 エキサイトモバイルも例外でなく、月額料金のかかるオプションで通話の契約をし、通話時間に合わせて電話料金を支払う必要があります。 ちなみにエキサイトモバイルの「」には、SMS機能も含まれています。 エキサイトモバイルは最初の申し込みの際にSIMを最大5枚まで申し込めますが、その際にはこのSIM追加手数料は発生しません。 ですので、最初から必要な枚数を見越して申し込むのが得策です。 「SIM3枚コースキャンペーン」 エキサイトモバイルは、新規申込キャンペーンを実施していることがあります。 特に、SIM3枚コースに申し込むと新規契約手数料3,000円(税抜)が無料になるキャンペーンは注目です。 このキャンペーンは期間限定ですが、延長されることもありますので、まずはで確認してみましょう。 エキサイトモバイルのメリット・デメリット エキサイトモバイルのメリット エキサイトモバイルは、「使った分だけ払う(最適料金プラン)」プランと「定額タイプ」のプランが選べます。 そして、ありがたいことに、エキサイトモバイルの場合、「最適料金プラン」から「定額プラン」、「定額プラン」から「最適料金プラン」への変更を無料で行うことができます。 使った分だけ払う「最適料金プラン」は、普段そんなにスマホでデータ通信をしないけれど、旅行などがある月はやっぱりやはり多めにデータを使う、というような人にはおすすめです。 また「定額プラン」は、データ容量の上限が決まっており、その月に残ったデータ容量は、次の月に繰り越すことができます。 もちろんデータ容量の上限が決まっている定額プランですが、足りなくなったらデータ容量を追加することが可能です。 (料金は上記の追加サービス手数料を参照してください。 ) どちらがあっているか自分に適している人は、まずはどちらかで契約してみて後から変更するということも気軽にできるのでとても便利です。 エキサイトモバイルのデメリット 音声通話機能(電話番号つき)でSIM契約をすると、最低契約期間12か月という条件が付いてきますので事前に理解しておきましょう。 しかしながら、これはエキサイトモバイルに限ったことではありません。 すべての格安SIMでは、音声通話つきのSIMカードには、解約に関して条件がもうけられています。 主に大手通信キャリアで採用しているではないので安心です。 エキサイトモバイルの申し込み方法 格安SIMエキサイトモバイルの契約の流れについてご紹介します。 申し込みは、をクリックして進みます。 画面の案内に従って進むことで簡単に手続きできますので、初心者でも難しくはありません。 なお、申込の際に以下のものが必要になりますので、前もって準備しておきましょう。 メールアドレス• 本人名義のクレジットカード• 本人確認書類(端末セットまたは音声通話機能の方のみ)• 10日以上の有効期限があるMNP予約番号(他社からお乗換え(MNP転入)の方のみ) エキサイトモバイル - 契約までの流れ 料金プランを選ぶ エキサイトモバイルには、使ったデータ量だけを払う「最適料金プラン」とデータ容量が0~50Gから選べる「定額プラン」があります。 そこから、音声通話を含めた各種オプションを追加していきます。 機種の詳細はこの画面では表示されないため、前もってエキサイトモバイルのトップページから「端末セット」のページに行き、機種の特徴や料金などを調べておきましょう。 ちなみに、この「端末セット」の機種詳細画面から申し込みを行うこともできます。 端末を購入する場合は、端末補償(月額500円)を申し込むかどうかを選びます。 この端末補償は購入時にしか付けられないため、よく考えましょう。 機種購入の支払方法は、クレジットカードの一括払いか分割払いを選べます。 SIMカードのタイプ・サイズを選ぶ エキサイトモバイルの格安SIMを申し込む場合、他の格安SIM同様、音声通話機能付き(携帯番号付き)のSIMカードかSMS機能付きのカード、もしくはデータ通信専用のSIMカードの3種類のうちどれかを選びます。 データ通信専用SIM SMS機能つきSIM:携帯での通話はできません。 SMS機能はついています。 nanoSIM(8. 8mm x 12. 3mm)、microSIM 12mm x 15mm 、標準SIMカード 15mm x 25mm)の中からご使用の端末にあったSIMカードのサイズを選びます。 転居届けの手続き SIMの申込と同時に、オプションサービスに申し込むかどうかを選びます。 オプションサービスには以下のものがあります。 ウイルスバスター モバイル• スマート留守電【音声通話機能SIM専用】• i-フィルター for マルチデバイス• トビラフォン for Android【音声通話機能SIM専用】• クラウドバックアップ AOS Cloud• Smart・Checker• タブホ(タブレット使い放題) それぞれのサービスの詳細については、サービス名の横にある「詳細はこちら」のリンクから見ることができます。 エキサイトIDを作り契約者情報を入力する エキサイトIDを持っているならログインします。 エキサイトIDがないなら新たに作成し、契約者名・住所・電話番号、メールアドレス等、契約者の情報を記入します。 他社からの乗り換えで、同じ電話番号を引き続き使用したい場合は、ここでの記入が必要になりますので準備しておきます。 今まで使っていたソフトバンク・au・ドコモから提供されているEメールアドレスは、エキサイトモバイルに切り替えたら使えなくなります。 登録するEメールアドレスはPCメールアドレスなどにしましょう。 エキサイトIDを作り契約者情報を入力する エキサイトモバイルを申し込む場合、支払いはクレジットカードのみになります。 支払いに使用するクレジットカード情報を記入してください。 インターネットの解約手続き 本人確認書類(パスポート、運転免許証、健康保険証など)を、画像データとして直接アップロードします。 携帯電話のカメラ機能を使って写真を撮るといいでしょう。 SIMカードが届くのを待つ エキサイトモバイルが本人確認の審査を行い、申込みが完了したらSIMカードがご自宅に送付されます。 これで エキサイトモバイル申し込みの手続きは完了です。 エキサイトモバイルの解約方法 エキサイトモバイルの契約を解約するためには、エキサイトモバイルのマイページより解約手続きに進むことになります。 電話での解約手続きはできません。 また、月の半ばで解約したとしてもその月の料金は日割りではなく、一ヵ月分の料金が請求されることも頭に入れておきましょう。 エキサイトモバイルの解約に関して、いくつか気を付けておきたいことがあります。 音声通話機能付きSIMは最低利用期間1年 エキサイトモバイルの音声通話機能付きSIMには、最低利用期間として1年間が定められています。 この期間中に解約またはMNP転出手続きを行うと、解約事務手数料9,500円(税抜)が1枚ごとに発生します。 解約する前にマイページ上で、最低利用期間終了日を過ぎているかどうか確認しておきましょう。 このことから、エキサイトモバイルに申し込む際に音声通話を付けるかどうかはよく考えたほうがいいといえます。 たとえば、お子さんは普段LINE通話しか使わないのであれば、データ通信専用SIMでもいいかもしれません。

次の

エキサイトモバイルの格安SIMの料金・最低利用期間・違約金

エキサイト モバイル 料金

毎月の利用料金が安くなると評判の格安スマホ・格安SIM。 あなたもスマホを安く使うためにいろいろ情報を集めているのではないですか? イオンモバイルとエキサイトモバイルは格安SIM会社の中でも知名度が高く、魅力的な料金プランやサービスを提供していて、実際の利用者からの満足度も高いんですよ。 こちらでは、あなたも気になっているイオンモバイルとエキサイトモバイルの料金プランについて徹底比較してみました。 それぞれの強みはもちろん、知ってほしいメリットもご紹介しますので、どちらと契約しようかお悩みなら、最後までしっかりとお読みくださいね。 イオンモバイルとエキサイトモバイルの料金を比較してみよう 格安simの料金プランの安さは、乗り換えや契約を検討する理由のひとつでもありますよね。 イオンモバイルは、プランと高速通信容量によって料金が変わります。 最も安い料金は音声プランで月額1,130円(税抜)、データプランで月額480円(税抜)ととっても安いんです!対して、エキサイトモバイルの最安値プランは低速通信のみで、sim1枚月額500円(税抜)から利用できるんです。 では、気になる両社の料金を徹底比較してみましょう! イオンモバイルの最安値は音声プラン1130円、データプラン480円とかなり安い イオンモバイルは料金プランが幅広いニーズに対応しているのが特徴なんですよ。 音声プランとデータプランの2種類から利用するプランを決めたあとに、高速通信容量を選びます。 このデータ容量によって利用料金が異なるので、しっかりと吟味しましょうね。 料金を抑えるのが目的なら、高速通信容量500MBがついた音声プランで月額1,130円(税抜)、1GBがついたデータプランで月額480円(税抜)がおすすめですよ!スマホで動画視聴やサイト閲覧をされるなら、高速通信容量は必須ですよね。 ただし、このプランですと高速通信容量はすぐになくなってしまいますので、ご自宅や職場のWi-Fiまたは街中のWi-Fiスポットを利用できるなら、おすすめしたいプランです。 エキサイトモバイルの料金は低速通信のみで1枚500円が最安値 エキサイトモバイルは高速通信容量の使用量によって料金が決まる「最適料金プラン」と、毎月決まった通信容量のみ使う「定額プラン」があります。 月によって高速通信容量の使用量が変化するなら、最適料金プランがおすすめです。 最適料金プランでは、高速通信と低速通信のどちらを使うのかでも料金が変わるんですよ。 最安値のプランで利用するなら、低速通信のみ利用可能なsim1枚コースで月額500円(税抜)があります。 低速通信が使い放題なんですが、直近3日間で366MBを超えてしまうと速度制限がかかります。 低速通信200kbpsよりもさらに遅い20kbpsになってしまうんです!サイト閲覧はおろか、メールの送受信さえも危うい状態となってしまいますのでご注意くださいね。 イオンモバイルのメリットやおすすめポイントは何? イオンモバイルには知ってほしいメリットやおすすめポイントがたくさんあるんですよ!イオンモバイルの料金は安い料金プランを提示している格安simの中でも、とにかく安くてプランの幅広さがポイントなんです。 さらに大手キャリアのような縛りもないため、最低利用期間内でも解約できるんですよ。 解約金も発生しないのはうれしいですよね。 また、イオンモバイルは、全国のイオン店頭で契約からアフターフォローまで対応してくれるんです。 メリットいっぱいのイオンモバイルのおすすめポイントをご紹介しましょう。 とにかく料金が安く、プランの幅も広い まず、イオンモバイルの格安の料金プランの幅広さを知ってほしいんです!上記でもご説明したように、音声プランとデータプランがありますが、データプランでは月額140円(税抜)でSMSを利用できます。 これまで大手キャリアでパケ放題を利用していると、毎月の使用量なんてわからないですよね。 案外、予想しているよりも使っている通信容量は少なかったりするんですが、一般的な使い方だと約3GBあれば充分だといわれています。 端末によっては通信容量を調べられますが、いちいち調べるのが面倒というなら、一番人気の音声4GBプラン月額1,580円(税抜)がおすすめですよ。 使用量がわかれば、適切な通信容量を選んで契約しましょうね。 最低契約期間がなく自由に解約できる 新規契約や乗り換えで気になるのが「2年縛り」ではないでしょうか。 大手キャリアは契約後、2年以内に解約すると10,000円以上の解約金が発生します。 最低でも2年間は利用しなければ、高額な解約金を支払わなければなりません。 また、格安sim会社でも最低利用期間を設けていたり、解約金が必要であったりする場合もあります。 しかし、イオンモバイルは最低契約期間を設けてないんです。 いつ解約をしても解約金はかからないんですよ!解約は万が一のことになりますが、契約する前からこうした情報がわかっていると安心してご契約できますね。 でも、契約後のMNP転出をするなら、契約日からの日数によって手数料がかかります。 音声simは契約日から180日以内の解約で手数料8,000円(税抜)、データsimは契約日から181日以降の解約で手数料3,000円(税抜)がかかることを覚えておきましょうね。 実店舗がたくさんあるからサポートも安心 イオンモバイルはサポートの充実さがおすすめポイントなんですよ。 実店舗を持たない格安sim会社が多い中で、イオンモバイルは電話やメール、チャットにくわえて、全国のイオン店頭でもサポートしているんです。 お申込やスマホについての相談が、買い物やランチのついでにできるのはうれしいですよね。 実際に使いたい端末を触って試せるのもポイントで、端末の機能についてもスタッフが丁寧に説明してくれます。 こうしたメリットから、やはり土日祝日は混み合っているんです。 もし待ち時間を短縮したいなら、イオンモバイルのホームページにある「店舗受付シート」をご自宅で印刷・必要事項をご記入のうえ、来店しましょう。 受付時間が15分から20分も短くできるのでおすすめですよ。 エキサイトモバイルのメリットやおすすめポイントはどこ? エキサイトモバイルは、高速通信容量が無駄なく使えるプランを選べるのがメリットとしてあげられます。 なにか商品を購入するときに「これさえなければもっと安くならないのかな…」と思うことってありますよね。 このようなニーズにマッチした「最適料金プラン」は、通信容量の使用量に応じてお支払い額が決まるので、無駄がないんです。 また、直近3日間の使用量で制限がかけられることもありません。 では、こうしたメリットを持つエキサイトモバイルのおすすめポイントをくわしくご紹介しましょう! 使った分だけ支払うことができる「最適料金プラン」で無駄がない あなたはどれくらい高速通信容量を使いますか?すぐに答えられる人は少ないですよね。 エキサイトモバイルの「最適料金プラン」は、高速通信を使った分だけ支払うので実際の使用量がわからなくても契約できるんです。 でもとっても安いんですよ。 例えばひと月の高速通信容量が500MB以内なら月額630円(税抜)、5GB以内なら月額1,450円(税抜)となっているんです。 Sim1枚のコースなら10GB以内まで利用可能で、10GB以内でも2,380円(税抜)で利用できるんですよ。 さらに、エキサイトモバイルは高速通信と低速通信を切り替えられるので、うまく活用すれば最安値の500MB以内のプランでも快適に使えるんです! エキサイトモバイルのホームページにある「はじめてガイド」に、高速通信容量の目安をご覧いただけますので参考にしてみてくださいね。 高速通信容量の3日速度制限がない 格安SIMでは、直近3日間の高速通信の使用量が一定量を超えてしまうと、低速通信となる「速度制限」を設けているところが多くあります。 しかし、エキサイトモバイルには高速通信の速度制限がありません。 契約した高速通信容量内であれば、どれだけ使ってもいいんですよ!「最適料金プラン」では最大3枚までsimを契約できますが、高速通信容量はSIMの枚数によって上限があります。 1枚コースの上限は10GB、3枚コースの上限は15GBなので、月間で上限を超えてしまわないように注意しましょうね。 上記でもお伝えしましたが、エキサイトモバイルは高速通信の速度制限はありませんが、低速通信にはありますので気を付けましょうね。 契約した容量や上限を超えてしまっても、高速通信容量1GBが580円(税抜)で追加できます。 有効期限はチャージした月末までですよ。 まとめ 格安SIMのなかでも人気のイオンモバイルとエキサイトモバイル、それぞれの料金やプラン内容を比較してきましたが、いかがでしたでしょうか。 幅広い料金プランや契約期間に縛りのないイオンモバイル、高速通信に制限がなく無駄の少ない料金プランが選べるエキサイトモバイル。 それぞれに強みがあることがわかりましたね。 こちらでご紹介したメリットやおすすめポイントをしっかりと比較して、あなたにぴったりの格安スマホ・格安SIMを見つけていただけたら幸いです。

次の