絶品 チャーハン レシピ。 プロ脱帽!絶品のチャーハン5つの味付けと作り方

志麻さんの絶品チャーハン!カニかま、卵、ネギだけでOK

絶品 チャーハン レシピ

(調理時間の目安:15分、料理カテゴリー:メインディッシュ) 参考 材料(作りやすい分量) チャーシューや玉ねぎなどお好みの具材 適量 ごま 約5g 卵 適量 ごはん 適量 ごま油 適量 塩 適量 こしょう 適量 作り方 1、ごはんを事前に炊いておく。 米を研ぐ際に2つのポイントを考慮すると、劇的に美味しく炊くことができます。 1つ目は、米を炊飯窯に入れて最初に水を注いだら、 10秒ほどですぐに捨てること。 2つ目は、お米を研ぐ際は ごく少量の水を注ぎ、米同士の摩擦を利用して 30回研ぐようにすること。 2、チャーハンを作る。 フライパンにごま油を熱し、細かく刻んだチャーシュー・玉ねぎなどの具材を加えて炒める。 具材を炒めたらごまを加え、炒め合わせる。 3、ごはんはザルに入れ、スプーンで少量の水をかけてほぐす。 (ザルを使って余分な水分がたまらないようにするのがポイント) 4、溶き卵・(3)のごはんを順にフライパンに加え、塩・こしょうで味を調えながら普段通りに炒めれば出来上がり。 そのため、水が多いと摩擦が少なく米に傷がつきにくくなる。 また、でんぷんが外に流れ出て甘さも減る。 また、小さいので米粒同士の間に入りご飯がくっつくのを防いでくれる。

次の

具が卵だけでも!チャーハンを科学的に正しくつくると絶品になります<簡単おいしいレシピ>

絶品 チャーハン レシピ

チャーハンをパラパラにするには、「フライパンを熱しておく」「油をやや多めに使う」「温かいご飯を使う」などのちょっとしたコツが必要です。 家庭にあるフライパンやコンロの火力によっても仕上がりに差ができるので、何度か作ってコツをつかんでください。 レシピサイトで殿堂入りしているチャーハンの中に「 炒める前にボウルの中でご飯と卵、マヨネーズをよく混ぜておく」といったレシピがあります。 これは、ご飯の一粒ずつをマヨネーズの油と卵でコーティングをしてしまう方法です。 味付けも事前にしておき、中火にかけたフライパンであおらずにじっくりと炒めます。 ベーコンを加えるなら、ご飯がほぐれたところで加えましょう。 ベーコンは細かく切ってご飯に混ざりやすくしておくのも、パラパラのチャーハンに仕上げるコツです。 【材料】• ご飯:2杯分• 春キャベツ:2枚• ベーコン:2枚• 卵:2個• ごま油:大さじ2• 鶏ガラスープの素:小さじ2• オイスターソース:小さじ1• 塩こしょう 【作り方】• キャベツは2cm角、長ねぎはみじん切り、ベーコンは1cm幅に切ります。 ボウルに卵を割り入れときほぐし、鶏ガラスープの素とオイスターソースを混ぜ合わせます。 2にご飯を加えて、よく混ぜ合わせます。 フライパンに半量のごま油をいれ、長ねぎとベーコン、キャベツを炒めます。 4の炒めた具材をいったんお皿に取り出します。 フライパンにごま油を入れて3の味付けし卵をまとわせたご飯を中火で炒めます。 ご飯がほぐれてきたら5の具材を加えて炒め合わせます。 塩こしょうで味を調えたら出来上がりです。 【作り方】• ベーコン:50g• ご飯:200g• 卵:1個• サラダ油:小さじ1• 醤油:小さじ1• 砂糖:小さじ1• すりごま:小さじ1 【作り方】• フライパンに卵を割り、目玉焼きを作り、取り出しておきます。 フライパンにサラダ油をいれ長ネギを炒めます。 細切りにしたベーコンと、細かく切ったキムチを2に加えて炒めます。 砂糖を加えて混ぜ合わせ、ごま油を足して、ご飯を加えて炒め合わせます。 醤油を加えて味を調え、お皿に盛り付け目玉焼きをのせ、すりごまをふって出来上がりです。 【材料】• ご飯:茶碗1杯分• ベーコン:2枚くらい• ネギ:5cmくらい• 卵:1個• 水:200ml• 片栗粉:小さじ2• ウェイパー:小さじ1• 醤油:小さじ• 塩こしょう• サラダ油 【作り方】• 小さな鍋に水と片栗粉、ウェイパーを加えて、混ぜながら火にかけます。 フライパンにサラダ油を入れ、細切りにしたベーコンを加えて炒めます。 細かく切ったネギを2に加え炒め、ご飯も加えます。 塩とこしょうで薄く味をつけて炒め合わせ、醤油を少し加えます。 1の鍋に溶き卵を加えて全体を混ぜます。 お皿に4のチャーハンを盛り付け、その上に5のたまごあんをかけて出来上がりです。 【作り方】• ご飯:300g• 卵黄:2個• ベーコン:4枚• レタス:2枚• ごま油:大さじ1• 塩こしょう、醤油• A卵白:2個分• A水:200cc• A鶏ガラスープの素:小さじ1• A酒:小さじ1• A水溶き片栗粉:大さじ2 【作り方】• フライパンにごま油をいれ、にんにくを加えて香りがたったら、角切りにしたベーコンを炒めます。 ベーコンがカリッとしたら、卵黄とご飯を加えて強火で炒めます。 ちぎったレタスを加え、塩こしょう、醤油で味を調え、チャーハンをお皿に盛りつけます。 卵白をハンドミキサーで角が立つまで泡立てます。 鍋にAの調味料を加えて加熱し、沸騰したら水溶き片栗粉を加えます。 とろみがついたら、4の卵白を加えて全体を混ぜ、3のチャーハンの上にかけて出来上がりです。

次の

簡単!絶品納豆チャーハンレシピ!青山「ふーみん」の作り方を完全再現! | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

絶品 チャーハン レシピ

警察や軍関係、などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。 今回は、ヤクザ業界の外出自粛生活を伝える。 * * * 「本日はにしました」 巣ごもり自粛が続く中、暴力団の元組長からLINEで送られてきたのは今日の夕飯。 これまでいろいろと美味しいものを食してきただろう彼らが、外食もできず、夜の街に飲みにも行けず、さぞかしつまらない日々を送っているのでないかと聞いてみたところ、なんと毎日のように自宅で料理の腕をふるっているのだという。 「稼業のもんは、料理がうまいやつが多いんだ。 まずいものは作れないから、料理するのも真剣でね。 俺も料理は好きだな。 ちゃちゃっと作って『美味い!』と言われれば嬉しいものさ。 朝食の支度をし、掃除を終えると、組長や組員らの飲み物やおしぼりを出したり、灰皿の交換をしたり、用事を言い使ったりする。 灰皿の交換は1日に何度換えるかわからないほどになる。 電話番の者はカメラモニターを見ながら、組の者やお客、時には警察などの出入りを知らせる。 することがない時はテレビを見たり、人が多いと花札やマージャンなどで時間を潰す。 当番が賄いを作るのは朝と晩の2回。 ヤクザ稼業の当番レシピに特別なものはない。 高級そうな料理が出てくるのかと思ったが、おでんに水炊き、肉豆腐…と普通の家庭料理のような地味な料理名ばかりが並ぶ。 料理の基本は手早く作れて、美味しく、がっつり食べられるもの。 その日のメニューは当番任せだが、高い肉が届いた時はすき焼きが定番らしい。 中でも不動のメニューは、やっぱり…。 「一番人気はカレーだ」 相撲部屋のような独自の味やレシピはないが、各組の腕自慢たちが作る味がその組独自の味になっていくという。 暴力団組織は本家を頂点にしたピラミッドになっている。 下部団体の組は、上部団体の組に持ち回りの当番という形で人を出すのが決まりだ。 上部団体の組がどこにあるかによるが、地元なら月に3回当番があり翌日には帰る。 地方から当番に行く時は、往復が大変なのでまとめて3泊4日で入ることになる。 下部団体から当番に行くのは一度に2〜3人だが、大きい組だといくつかの組が一緒に当番に入る。 部屋住みもいるので、組が大きければかなりの人数になる。 部屋住みも2〜3人から、大きいところだと10人ほどいて、九州のある組織などは部屋住みで10年以上入っている者も大勢いるらしい。 あちこちの組から当番が来るのだから、美味しい料理を作る者はおのずと評判になるのだろう。 「同じルーを使っていてもどこか違う。 どの組にも料理自慢のやつが一人はいて、隠し味や作り方を工夫しているんだな」 元組長もそんな一人だったらしい。 「俺のカレーは牛スジカレー。 下処理は丁寧に、手早く煮込んで、隠し味に砂糖をほんのひとつまみ入れるとコクが違う。 そこに醤油をほんの数滴たらせば絶品だ。 3泊4日ほどの当番の間、必ず1食はカレー。 当番に行くと必ず『あれ美味かったから、また作ってよ』と言われたからさ」 「カレーは牛しか作らない。 大阪ではポークカレーは絶対にダメだ。 大阪の人間にポークカレーを出したら『そんなもん食えるか!』『豚肉はお好み焼きの具だ!』と怒られる。 食べる前から拒否。 若いやつらにさえ『勘弁してくださいよ〜』と言われるのがオチ」 「作る量は多め。 いつ誰が来て食べてもいいように、でかいズンドウの鍋で作る。 市販のカレールーなら最低4箱は使ったね。 ご飯は少なくとも、一度に5合は炊いた」 「朝食は必ずご飯。 それに味噌汁、卵焼きにウインナーと簡単なものさ。 あとは昨夜の残り物。 温泉宿みたいな朝食ではない。 夜も、カレーなら、それにジャガイモやタマネギの味噌汁、漬物ぐらいさ。 おかずは何品も作らないね」 当番が作るのが朝食と夕食のみなのは、堅気が1日3食なら稼業の者は1日2食でいいという某有名組織の教えからきているという。 そのため、事務所にはいついかなる時でもご飯と味噌汁、漬物だけは置いてあった。 金がなくても、事務所に行けば腹一杯飯が食えたという。 それが今や、特定抗争指定暴力団に指定された組では、事務所の使用は禁止で当番は不要。 タダで食える場所がなくなった。 おまけにコロナで、組長や幹部たちも自粛。 外出しなくなれば運転手も必要ない。 自分では稼ぐ充てがなく、当番の飯や運転手としての小遣いで生きていた下っ端たちは、本当に食えなくなってきた。 「飛んだと聞いていた、いい歳をした他の組のやつが、地方の盛り場で仕事を探しているのをうちの若いのが見つけて『捕まえときましょうか?』と連絡してきたけれど、放っておけと言っておいた。 今頃、どこかで住み込みの仕事でも見つけて転がり込んでるだろう」 シノギが減っている現状では、自分の食いぶちすら稼げないやつに用はないらしい。 ヤクザの世界も生き残るには頭数より能力の時代に変わりつつある。 さて、本日の当番レシピ、チャーハンのこだわりポイントを聞いた。 「中華は火加減。 IHだとチャーハンにいい火加減にならないし、ガスコンロでも強火にしておくと自動で火加減を弱めてしまうものがある。 そこで俺が使うのはボンベ式のカセットコンロだ。 あれなら火力が強くできるから、チャーハン作りには最適なんだ」 食卓で鍋を囲む時やアウトドアで料理をする時などに使う、あのカセットコンロがいいらしい。 「まず少し冷めたご飯をボウルに用意し、そこにサラダ油を回しかけて、ざっくりと混ぜ合わせる。 これがパラパラチャーハンのコツさ」 「油が満遍なく米に混ざったら、そこに卵を溶いて絡めておく。 フライパンに油を入れて火にかける。 カセットコンロの火は強火だ。 そこに卵を絡めたご飯を投入。 手早くざっくり混ぜていく。 当番の時は量がハンパないから、鍋を振るにも重くてね。 具はネギと、ハムかチャーシュー。 忘れちゃならないのはナルト」 街中華のごとく昔風の味わいを出すには、白とピンクの色合いが絶妙なナルトが欠かせないらしい。 ナルト入りチャーハンの評判は上々で、当番レシピに加えられた。 「細切りにしたナルトを入れ、手早く炒める。 香ばしい匂いがしてきたら、塩コショウと創味シャンタンで味付け。 これがいい味を出してね。 しっかりした味付けを好むやつが多かったしな」 この日はナスとミョウガをさっと塩もみし、めんつゆで味付けした即席漬物を添えたという。 「料理を作っていると、あいつの飯は柔らかすぎたとか、水っぽかったとか、いろいろ思い出して懐かしくなるよ」 ヤクザの日常が垣間見えてくる当番レシピ。 そのレパートリーはまだまだ豊富にあるという。

次の