艦これ レイテ。 艦これ「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」E1 オホーツク海千島列島沖「鎮魂、キ504船団」ギミック

【艦これ】レイテに参加した駆逐艦の育成状況を教えて下さい。次回イベント...

艦これ レイテ

2018年2月17日~3月23日に、ブラウザゲーム「艦隊これくしょん~艦これ~」に於いて期間限定海域「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)」が開催されました。 これは1944(昭和19)年10月に発生したレイテ沖海戦をゲーム中で再現したものです。 ここでは、レイテ沖海戦が「艦これ」や各種映像作品でどのように描かれたかを見ていきたいと思います。 「艦これ」に登場する戦場は、太平洋戦争で実際に戦場となった場所が多いのですが、一方で、モデルとなった地名をちょっと変えて登場させている例が目立ちます。 例えば、インド洋がカレー洋、ソロモン海がサーモン海という名前で登場するといった具合です。 しかしレイテ沖海戦ステージでは、同海戦の戦場が実名で登場しています。 2014年に「艦これ」でミッドウェー海戦を再現した期間限定海域が登場した際、筆者はという評論文を掲載したことがあったのですが、本稿はミッドウェー海戦に続く第2弾です。 尚、本稿の主眼は、「艦これ」及び映像作品でレイテ沖海戦がどう描かれたかを探ることにありますので、この点を御理解戴ければ幸いです。 また、私もまだまだ不勉強な点があることを事前にお詫びしておきます。 アメリカ陸軍はレイテ湾に出現し、フィリピンに進攻しました。 これに対し、日本海軍は戦艦や重巡洋艦等をレイテ湾に突入させて米陸軍を叩こうとしました。 しかし、それには邪魔者がいました。 フィリピン東側の海域に、戦艦の敵である航空戦力を擁する米海軍の機動部隊がいたのです。 そこで日本海軍は、空母瑞鶴、千歳、千代田、瑞鳳を囮にしてフィリピン北東に進出させ、米機動部隊を北方に引き付ける作戦を実行しました。 この時、日本側の4空母は迷彩が施されていた為、「艦これ」でもこれら四空母の迷彩色バージョンが登場しています。 攻撃を受ける空母瑞鳳(PHOTO:U. National Archives) これら四空母を率いた司令長官が小沢治三郎中将であったことから、この艦隊は小沢艦隊と呼ばれています。 余談を2点申し上げますと、まずテレビアニメ「神様のメモ帳」第3話「僕が二人にできること」で登場人物の大学生・向井均(声・宮田幸季)が小沢を尊敬しております。 また、テレビアニメ「ブレイブウィッチーズ」の登場人物・大沢義三郎(声・土師孝也)のモデルが小沢治三郎であると推測されます。 さて、小沢艦隊が米機動部隊を北方に引き付けるのと連動して、3つの艦隊がレイテ湾を目指しました。 大和、武蔵、長門と日本を代表する戦艦などを主力(旗艦は第四戦隊の重巡洋艦愛宕)とする栗田艦隊、戦艦山城、扶桑を中核とする西村艦隊、重巡洋艦那智、足柄を主力とする第二遊撃部隊の志摩艦隊です。 ブルネイを発つ武蔵(U. Naval History and Heritage Command Photograph) この続きは追い追い申し上げることに致しましょう。 まずレイテ沖海戦全体を描いた映像作品として、昭和46年のタツノコプロのテレビアニメ「アニメンタリー 決断」(総監督・九里一平)第21話「レイテ沖海戦(前篇)」及び第22話「レイテ沖海戦(後篇)」、昭和56年の東宝映画「連合艦隊」(本篇監督・松林宗恵、特技監督・中野昭慶)があります。 レイテ沖海戦を部分的に描いた映像作品は以下の通りです。 昭和35年の東映映画「殴り込み艦隊」(本篇監督・島津昇一、特撮監督・上村貞夫)は、架空の駆逐艦・黒雲を主役にした映画です。 黒雲はレイテ沖海戦でスリガオ海峡に突入して敵艦隊と交戦した後、生還しています。 史実では西村艦隊がスリガオ海峡に突入し、駆逐艦時雨が生還しています。 昭和49年の東映映画「あゝ決戦航空隊」(本篇監督・山下耕作、特撮監督・本田達男)では、レイテ沖海戦における特攻作戦の誕生を描いています。 最初の特攻「神風特別攻撃隊・敷島隊」の攻撃を受けた護衛空母セント・ロー(PHOTO:U. National Archives).

次の

5分でわかるレイテ沖海戦!敗因や特攻隊、海外の反応などをわかりやすく解説

艦これ レイテ

扶桑型戦艦姉妹、妹のほう、山城です 系であり、を大幅にしたような着衣と艶やかなが特徴で、のに対し、山は。 の背負い物()もと同様、ひを引く巨大なものになっている。 いかにもお淑やかな然としたにべ、山は全般的にハキとした感があり、戦時をはじめその口調にはの気の強さも伺える。 また、や他のに負けず劣らないくらいグーなを誇りも立なモノをお持ちで、中破してしまった時の姿がじつにやに良くない。 との違いとして、が短めというのが対照的。 その一方、下記史実にあるように欠陥だ予備役だと不遇続きであったためか、基本的にやさぐれたが多く、小破を食らった時や・修時、戦績表示を開いたとき等々、もはや口癖と呼べるでやたら 「 」という単を使うあたり、病み・としての側面はより強いかもしれない。 気よく遠征艦隊を送り出そうとしているまさにその時に、ぼそりと「だわ…」とつぶやくのは縁起が悪いので本当に そんななだが、入手時やを取ったときにっ先にを呼ぶなどにあるように、とにかくいつもひたすらのことを思っている 実に良い(強調)である。 「さま・・・なんだ、か」という港にはじめ、(が信頼されてないわけではないらしいが)とへの当たり方がまるで違う。 他の艦以上に重度ので、時にとのなに耽っていると思わしき場面も・・・ さらには、以下のような時期限定のなどを見てもの事を的と呼べるくらいに慕っている事がわかる。 様、私達、二周年みたいです!も二周年です・・・ 、、ふふ・・・。 (2周年)• 様、今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。 ・・・え、? はい、よろしくです・・・(6)• 様、この山、を差し上げます!?仕方ないですね。 はい、これ。 様、山、さまにこぉんなに焼いたんです!・・・え、何です、それ?・・・うわ()• 様、さま。 は特別な、大切な日です!あれ、様? ・・・、さまはどこ・・・?(3周年) によっては開口一番にさまを呼んだりや以外のが二の次に扱われたりもするため、そのへの執着心や独占欲は時にどころかと呼ばれる事すらある。 特に2周年の時は「山が笑った」「ますます危なくなった(拗らせた)」等と評判を呼んだ程。 またの時にはにを用意した一方でに対しては申し訳程度のを渡していると思われる事も「これはこれで山らしい」とになったが、に渡したのと同じ物をにも渡した(けど態度が違うだけ)、とする説もある。 (想像図) するとと以外ので、感情の浮き沈みがしいらしい。 黙っていれば、とも。 改二にしたから……たぶん行けるはず…… スリガオ峡におけるで喪失した悲劇の、そのさらなる装のを今予定しています。 来たるべきを前にして、のが予告された。 スリガオ峡に消えたは2隻、そのいずれであるかが注されたが、「」とされたことから2隻ともにがされたことが確定し、にまずがされたのである。 山については「」とされていたのだが……それはやってきた。 本は、をしたまま実施する予定です。 全群に了しましたら、再度お知らせ致します。 より ほとんどのが予期していなかったであろう中のによるであった。 かくて、と同じにて、装設計図を消費して山をにすることが可であったのである。 まず装備についてであるが、の試製3連装&連装、艦載機の12は共通であり、とは異なりを搭載している。 また、的にはの方が・対が1高く、山の方が運・装甲が1高い。 の性についてはのを参照のこと。 なお、に伴い見事な・出しは修正されました。 に伴い、各種も新装されている。 山と言えば勢の一人として知られているが、まで長く付き合っているのことも少しは認めてくれているようになり、を済ませると……、基本的には相変わらず様のことで頭がいっぱいのようである。 「邪魔だ・・・どけぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」 『』において上のであり、 の旗艦として奮戦する山の雄姿が見られた。 上記のは撃戦時のもので氏の凄まじいまでの哮からもそれまでのな面が立った山のが一変、僚艦であるのたちにを掛け奮い立たせる旗艦に相応しい立ち回りを披露した。 その怒からも「どけさん」なる異名も。 同の 了 にてと共に 「、成し遂げました」と締めくくった 後日具として は4隻建造される予定だったが、設計変更により「」と「」は別艦のとして建造されることになった。 しかし「山」だけは「」の同艦としてした。 の二番艦として建造された「山」であるが、実は設計段階で既に「」の欠点が明るみになっており、製造訓が発されていた二番艦の「山」・三番艦の「」および四番艦の「」は、設計の変更が検討された。 しかし実際に変更されたのは「」「」のみであり、「山」は「」で摘されていた欠点を抱えたままとして建造・された。 「山」が変更されなかった確かな理由は不明だが、当時級の整備では遅れをとっていたため、多少の問題にはをつぶって就役を優先させたという説や艦隊を運用する上でを組む際、2隻以上の同艦で構成するのが望ましいため、「」を単体にしてしまうより、あえて同艦を製造したのではないかという説などが存在している。 もうひとつの明確な相違点は、前檣楼と煙突の間にある第三の向きが、「」は前向き、「山」は 後向きになっているところであろう。 「ドックに入っている方が長い」と言われた「山」の艦歴として、あまり知られていないことだが、3年から4年の約一年間、 の旗艦となっている。 当時の長官は軍・尚(たにぐち・なおみ)。 「日不戦」の考えの持ちで、この後就任した軍軍のとき、軍条約の成立に尽。 陸軍が起こした事変に反対し、これに便乗した軍軍拡の動きを押しとどめるなど、軍の「良識」を代表するだったが、強硬の・に嫌われ、面と向かって罵倒されたこともある。 そして8年、強硬が導権を握った軍から「予備役入り」という形で上追放されてしまう。 おそらく5年・6年・9年の定期でが編成された際は、第一艦隊旗艦の「」が、そのまま旗艦になっていたはずである。 もうひとつの変わったとして、の発艦がある。 11年(12年)、「山」の2番の上に滑走台を取り付けてここからを飛ばすが行われ、これは成功した。 気を良くしたのか、その後いくつかのに滑走台が取り付けられたが、やはり危なっかしいと不評で、その後が開発されると滑走台方式は使用されなくなった。 各艦は私に構わず前進して!敵を撃滅してくださぁーい! 開戦時は第一艦隊第2所属。 を皮切りに、艦隊をはじめとする日の機動部隊がの戦いを席捲するなか、「山」その他の群はほとんどの期間本土にあり、出撃らしい出撃といえばで、機動部隊の後ろをついていったことや「」と共に行った輸送任務くらいである。 そので、「」をはじめとする正規4隻を一気に喪失したを埋めるためへの装が検討されたが、資材と時間がなく、最終的に「」「」のみが装された(中でにできるのは、これを踏まえてのもの)。 戦局が悪化の一途をたどる()になると、の速についていけない低速とはいえ内地で艦に使っておくわけにもいかなくなり、工で最後の装を受けて出撃準備を整える。 この装は本来、ではなくへ特攻をかけるためのものだったというが、結局に祥治揮下の部隊(=「艦隊」こと第一遊撃部隊の第三支隊)へ「」とともに配属され、に臨むことになる。 は「」以外の全艦が、スリガオ峡の戦いにおいて戦没した。 【第一遊撃部隊(第二艦隊)第三群】 官:祥治 旗艦:「山」• 第2 「山」「」• 第4 「」「」「」• 第27 「」• 攻撃を受けて1番・2番以外のが使用となった状態で、艦隊としいを繰り広げた「山」は大破・。 19分、「山」はのに沈んでいった。 あの巨大な前檣楼が、炎の中崩れ落ちていったという撃言がある。 者は10名足らず。 スリガオ峡で乱戦になった際、「」は4本が命中して大破、大を起こす。 しかしその後に「山」から麾下艦隊に突撃命が出され、官から艦隊へ送られた緊急電でも「」の被について記されていない点から、「山」は「」の状況をできない(もしくは後続の「」を「」と誤認した)まま、続行していたのではないかと言われている。

次の

山城(艦これ)とは (フコウとは) [単語記事]

艦これ レイテ

今月【11月中旬】作戦開始予定の秋イベ2017:期間限定海域【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦 前篇 】は、秋冬の前後篇で展開される捷一号作戦の前篇です。 でも日本空母部隊の小沢艦隊も航空攻撃してるし、基地航空隊も24日に軽空母撃沈してるから空母の出番もありそう。 つまり、 ボコスカ轟沈する船がでます。 だから大雑把な説明ね。 絶望しかないから。 レイテ沖海戦・作戦目的 レイテ沖海戦は1944年10月23日から同月25日に起きた戦いだが、44年になると日本の勢いは無くなり、同年6月の「マリアナ沖海戦」で大敗し、日本の勢力圏は縮小。 アメリカ軍が10月にフィリピンに上陸。 戦力差は大きく正面からまともに戦えば敗北は必至、その為日本軍の作戦は… 空母部隊を囮にしアメリカ航空戦力をおびき出し、その隙に戦艦部隊を突入させ、レイテ湾の物資、輸送船団などを破壊する。 米海軍の主力の空母ではなく物資を損失させることでアメリカ軍に打撃をあたえることが目的。 この戦いに日本は運用可能な艦船をかき集め米艦隊に総力戦を挑んだ。 第一遊撃部隊・栗田艦隊 第一遊撃部隊は栗田提督が指揮する第一部隊と鈴木提督が指揮する第二部隊から成る。 第一遊撃部隊第一部隊 指揮官:栗田健男(くりた たけお)中将 戦艦・大和、武蔵、長門 重巡洋艦・愛宕、高雄、鳥海、摩耶、妙高、羽黒 軽巡洋艦・能代 駆逐艦・島風、早霜、沖波、朝霜、長波、藤波など 第一遊撃部隊第二部隊(鈴木艦隊) 指揮官:鈴木義尾(すずき よしお)中将 戦艦・金剛、榛名 重巡洋艦・熊野、鈴谷、利根、筑摩 軽巡洋艦・矢矧 駆逐艦・浦風、磯風、雪風、浜風、清霜、野分 第一遊撃部隊別動隊・西村艦隊 指揮官:西村祥治(にしむら しょうじ)中将 戦艦・扶桑、山城 重巡洋艦・最上 駆逐艦・時雨、山雲、満潮、朝雲 機動部隊・小沢艦隊 指揮官:小沢治三郎(おざわ じさぶろう)中将 航空母艦・瑞鶴、瑞鳳、千歳、千代田 航空戦艦・伊勢、日向 軽巡洋艦・多摩、五十鈴、大淀 駆逐艦・初月、秋月など 第二遊撃部隊・志摩艦隊 指揮官:志摩清英(しま きよひで)中将 重巡洋艦・那智、足柄、青葉 軽巡洋艦・阿武隈、鬼怒 駆逐艦・曙、潮、霞、不知火、若葉、初春、初霜、浦波 栗田艦隊と西村艦隊は東南アジアのブルネイから、小沢艦隊と志摩艦隊は日本本土から出撃した。 各艦隊とは別に伊26が先遣潜水艦部隊として参戦している。 それと アイオワ。 モチロン米艦隊だけど…。 パラワン水道・シブヤン海戦。 悪すぎる幕開け ブルネイを出発しレイテ湾に向かう最大戦力の栗田艦隊だが、10月23日パラワン水道にて潜水艦の襲撃を受け、 えっ、旗艦が轟沈!?いきなり何があった!? すでに艦首が沈みつつある。 戦艦「武蔵」轟沈。 少数だったことでアメリカ軍の攻撃を受けずに進撃していたが、同時にレイテ湾に突入する予定だった栗田艦隊は、シブヤン海の空襲等で大幅に遅れていた。 レイテ湾に向かう途中のスリガオ海峡で米艦隊と戦闘になった。 さて、艦これの中でも時雨のボイスなどで悲惨だろうなぁと言われている西村艦隊、スリガオ海峡の戦いそりゃぁ…もうね…。 エンガノ岬沖海戦・任務を果たした囮艦隊 アメリカ軍の空母部隊は24日のシブヤン海戦で栗田艦隊を攻撃していたが、栗田艦隊が反転した事を壊滅的打撃を受けたことで戦場より撤退したと判断。 北に現れた小沢艦隊に向かった。 小沢艦隊はアメリカ機動艦隊のおびき出しに成功し、他の艦隊がレイテ湾に突入する予定の25日の朝にエンガノ岬沖にて日米機動部隊は戦闘に入った。 しかし、小沢艦隊は囮のため殆ど艦載機を持たない空母部隊。 それに対して米空母機動部隊は万全の状態が11隻。 第一波攻撃隊だけで180機を発艦させた。 一方的な攻撃を受けることになる小沢艦隊。 しかし伊勢、日向が「艦これ」での運と回避の値が高い理由を示す奇跡の回避。 初月は味方を逃がす為単艦にて挑むは、重巡2軽巡2隻多数の駆逐艦からなる水上部隊。 囮と言えど大日本帝国海軍の意地を見せつける。 サマール沖海戦・米海軍の奮戦 シブヤン海戦にて一旦は転進した栗田艦隊だったが、レイテ湾を目指し進攻を続け25日早朝、戦艦の射程に米空母部隊を発見。 遂に大和、長門の主砲が敵艦に向けられる時が来た。 ところが、まさかの米軍が大健闘。 後は湾内に突入し、存分に戦艦の主砲をたたき込むだけ。 ところが、ここで栗田艦隊に新たな敵部隊発見の報が入りると、 レイテ湾突入の千載一遇の機会を前にしての栗田艦隊はレイテ方面から反転。 敵艦隊の撃滅に向かってしまう。 この報告は誤報であり、気づいたときにはレイテ湾突入は不可能になってしまっていた。 レイテ湾目前での転進について戦後栗田提督は何も語らず、囮となった空母部隊を指揮していた小沢提督も栗田提督に会った際にただ手を取り合って涙を流し問い詰めることはなかった。 栗田艦隊のレイテ湾目前での謎の反転は今もまだ解明されていない。 レイテ湾への攻撃が行えなかった為、この海戦の目的である物資や輸送船団の撃滅に失敗し、アメリカ軍のフィリピン奪還を許すことになった。 フィリピンを失ってしまい日本は資源地帯と多くの島々の守備隊と本土が分断されることになった。 損害・レイテ沖海戦が忌避される理由 レイテ沖海戦が、多くの提督たちから忌避された理由は上記の後味の悪い敗北とそして何より、 沈んだ船が多すぎること。 栗田艦隊 戦艦・大和、 武蔵、長門、 金剛、榛名 重巡洋艦・ 愛宕、高雄、 摩耶、 鳥海、妙高、羽黒、熊野、 鈴谷、利根、 筑摩 軽巡洋艦・ 能代、矢矧 駆逐艦・島風、 早霜、沖波、朝霜、長波、 藤波、浦風、磯風、雪風、浜風、清霜、 野分など 西村艦隊 戦艦・ 扶桑、 山城 重巡洋艦・ 最上 駆逐艦・時雨、 山雲、 満潮、 朝雲 小沢艦隊 航空母艦・ 瑞鶴、 瑞鳳、 千歳、 千代田 航空戦艦・伊勢、日向 軽巡洋艦・ 多摩、五十鈴、大淀 駆逐艦・ 初月、 秋月など 志摩艦隊 重巡洋艦・那智、 足柄、青葉 軽巡洋艦・ 阿武隈、 鬼怒 駆逐艦・曙、潮、霞、 不知火、 若葉、初春、初霜、 浦波 赤:レイテ沖海戦で沈んだ船 なお金剛はレイテ沖海戦から日本本土に帰国の途中、台湾沖にて米潜水艦の雷撃により轟沈。 トンデモナイ数が沈んでいるが、沈んでないだけで 大破した船も有るからね…。 冒頭でいったようにレイテ沖海戦以降、日本は艦隊を組むことすら難しくなってしまう。 伊26も確定ではないが10月26日に撃沈したとされている。 艦これ実装艦で参加した船のうち半分近くがレイテ沖海戦で失われたことになる。 どうりで提督諸君が恐れる訳だよ。 しかし、その奮起を活かすことが出来なかった。 日本軍の敗因としては、 ・事前の意思の統一ができていなかった様で、小沢艦隊はどのくらい時間を稼ぐか?など色々決められていなかった。 ・栗田艦隊はレイテ湾の輸送船団等の撃滅を敵艦隊との戦闘より優先スベシ。 と徹底しなかったことが転進の理由の一つとも。 ・悪天候で事前の基地攻撃隊の攻撃が出来なかった。 ・ほとんど艦隊間の連絡が取れておらず、小沢艦隊が米空母機動部隊の誘導に成功した情報は他の艦隊には届いていなかった。 ・そもそも直前にあった台湾沖航空戦の虚偽の戦果(米空母艦隊壊滅。 だから空母いないよ、いても敗残兵だよ)を前提にした作戦で動いているとこもあったり…。 実際は沈没無しの損害軽微。 そもそも、 栗田艦隊がレイテ湾に突入しても十分な戦果を上げられなかっただろうとも、当時の日本では勝ってもどこまで戦況に影響を与えられたのか…の状態だった。 1944年6月には連合軍がフランスに上陸していて、同盟国のドイツも風前の灯火だし。 要所を攻撃して誘き出された艦隊を撃滅って……ミッドウェーで日本がやりたかったことなんだよなぁ…… 負の事しかでてこないが、とにかく! ホントに次の秋冬イベント気を抜くんじゃないぞ。 秋の新艦娘は有望だゼ\ @^0^@ / 初心に戻り、レイテ沖海戦にも参加した木村提督の言葉を忘れずに、 「帰ろう、帰ればまた来られるから」.

次の