はんこ 議連。 IT担当相が「はんこ議連」会長を辞任 「はんこ出社、実に無駄」 5月初旬に

ハンコ議連に自民党印章支部…「やはり政治の力が頼り」:朝日新聞デジタル

はんこ 議連

日本の行政や企業におけるIT導入の遅れや非効率を象徴するもの1つとして、印鑑が未だに利用されていることがたびたび挙げられているが()、新たにIT担当大臣に就任した議員が「日本の印章制度・文化を守る議員連盟」(通称・はんこ議連)の会長を務めていることが話題となっている(、、)。 竹本大臣は行政手続きのデジタル化を推進するとしつつ、印鑑の利用を残す方策も検討するといい、「ベクトルが反対」とも指摘されている。 竹本大臣については、に記載されているが閲覧できない状態になっているほか、公式YouTubeの「高く評価した動画」に海賊版動画や不適切な内容の動画が並んでいることなどから、ITに関する知識・能力に疑問の声も出ている()。 マイナンバーカードの普及が進まないのは、日本人になじみの薄いカード型だからだと思うんだよね。 だいたい「他人に知られたら困る」マイナンバーを印字したカードで、いろいろ街角でサービスを受けさせようというあたりが、脳内お花畑だと思うんですよ。 で、新大臣にとっても素敵な提案なんですが、マイナンバーカードを止めて、 [soumu. jp]の印鑑型マイナンバー認証トークンというのを制度化したらどうでしょうね。 印鑑型ならマイナンバーを表記しておこうなんていうバカなやつは湧いてこないでしょうし、きちんと印鑑として機能するようにして、既存の印鑑登録制度と組み合わせてしまいましょう。 材質はチタンでも、牛の角でも選べるようにすればOK。 で、トークンの製造を総務省の外郭団体の管理下にすれば、がっぽがっぽですよ。

次の

ハンコ議連に自民党印章支部…「やはり政治の力が頼り」:朝日新聞デジタル

はんこ 議連

5ch. 要望書を19日付で岸田文雄政調会長に提出。 新型コロナウイルス対策として広がったリモートワークの推進をはんこが阻んでいるとの声が出ていることについて「いわれないバッシング」と反論している。 要望書は「記名と押印」が持つ法的効力は「署名」と同等とし、「紙による文書決裁、認証を得るためわざわざ出勤しなければならない」ことが本質だと指摘した。 その上で「国民にとって有益な」はんこ制度の継続を要求。 一方、印鑑登録などの行政手続きのオンライン化も求めた。 77 ID:71J6RGpG0. net ただの一度も存在価値を感じた事ないんだが にゃるこのコメント 会社でも嫌というほど押さないといけませんよね。 はっきり言ってうちの会社じゃハンコは責任転嫁の為にあるもので、押したらなんかあった時にこれ自分のハンコ押してるなっていわれるためだけにあります。 ハンコ押してないと困るのは現場じゃなくて会社の上役の人っていうのがうちの会社です、だからハンコ漏れは異常に注意される。 こんなもの一度たりとも必要だなんて思ったことないものですけどね、やっぱりはんこ議連なんてものがあるって事はそこに利権があるんでしょう。 いい加減にこんな非効率なものはなくしていくべきでしょうね。

次の

竹本IT相がはんこ議連会長を辞任 デジタル化との整合性に一部から疑問

はんこ 議連

「業界は大打撃だ」 成長戦略が出た翌月の18年7月21日。 山梨県昭和町で政府主催の説明会が開かれた。 その名も「デジタル・ガバメント計画説明会」。 カタカナの多い会合が、なぜ山梨で開かれることになったのか。 会社の設立手続きを簡素化し、「24時間以内に会社をつくれるようにする」というのが政権の成長戦略の旗印だ。 これに沿って政府は、印鑑届け出をかならずしも必要としない制度改正を進めようとしていた。 そこに待ったをかけたいハンコ業界が、政府に対して説明会を開くよう求めたのだ。 説明会は東京や大阪など全国6都市で開かれた。 山梨の説明会の参加者は約200人と、ほかの大都市での説明会より多かった。 山梨県内にハンコ産業の集積地があり、動員がかかったためだ。 会場には、地元選出で衆院議員の中谷真一(43)、菅への働きかけに動いた当時、山梨県議で自民党県連幹事長だった臼井成夫(74)らも顔を見せていた。 「急な制度改正で業界は大打撃だ」など、参加者からは反発の声が相次いだ。 しかし政府側の出席者は、「印鑑を使いたくない人もいる」「法人印の届け出は残る。 義務ではなく任意で選べるようになる」など、これまでの説明を繰り返すだけだった。 参加者の一人で、甲府市で印鑑美術館「ありあんす」を運営する久保田孝(62)は首をかしげた。 「カタカナばかりで何を言っているか分からない。 24時間で会社を作って、次の日から商売をする。 そんな時代にならないといけないのか」 説明会では、「自民党山梨県印章支部の復活だ」との声もあがり、甲府市で印鑑事業を営む河西正博(75)らが集まった。 ハンコ業界の利益を守る政治団体の再結成。 政府への事実上の宣戦布告だった。

次の