まん さ いかん 島田 市。 八木和洋菓子店@島田市│静岡道楽日記

【島田市】加藤菓子舗の「川根大福」を食べてみた!こし餡と生クリームのバランスが絶妙!

まん さ いかん 島田 市

komanjyuu. お茶羊羹 島田市はお茶の産地としても有名です。 そんな静岡らしいお土産をお探しの方には「お茶羊羹(ようかん)」がおすすめですよ!島田市の特産品である川根茶(かわねちゃ)がふんだんに練りこまれた羊羹は、ほんのりお茶の香り漂う一品。 筒状になった包装紙の底を押し上げるとニュッと出てくる仕組みで、一口で食べられるのも魅力です。 この「お茶羊羹」を製造・販売する「三浦製菓」では、ほかにも栗入り羊羹や柚羊羹などの羊羹類と、お茶を使用した最中やパイなどの和菓子を取り扱っています。 どれも個包装されているので、バラ撒き土産としてもピッタリ。 日本ならではの緑茶のスイーツは、外国人観光客にも人気だそうですよ。 鬼乙女 島田市で作られる地酒をお土産にいかがでしょうか?「鬼乙女(おにおとめ)」という何ともインパクトがあるネーミングの地酒は、1832年創業の島田市で唯一の造り酒屋「大村屋酒造場(おおむらやしゅぞうじょう)」で作られています。 レトロな雰囲気漂う可愛らしいラベルは、「鬼乙女」の名の如く、よく見てみると女性の頭に鬼の角が生えているんですよ。 「鬼乙女」は季節によって異なる味わいを楽しんで頂けるよう、春夏秋冬それぞれ「夢」「恋」「幸」「涙」の4種類に分かれておりイラストも異なります。 優しい口当たりですっきりと飲みやすく、パッケージも可愛いので女性へのお土産におすすめ!4本すべて揃えてみても良いかもしれませんね。

次の

染谷絹代

まん さ いかん 島田 市

島田駅の南東3Kmほどの阪本に鎮座。 大井川の南岸にあり、 島田大橋を越えて南下してしばらくの場所。 交差点から東へ入ると境内入口がある。 参拝した日は、非常に天気が良く、 陽射しも強い霜月の午後。 だが、木々の鬱蒼とした境内は暗く静か。 鳥居をくぐり、参道を歩くと、まるで洞窟へ入っていくような昂揚感。 だが、振り返ると、外界の明るさが、少し名残惜しい感じも。 参道の左手には遊具などがあり、弓道場もある。 「敬満」と書いて、「けいまん」「きょうまん」と読む。 珍しい社号なので、異説がいくつかある。 一説には、秋葉山奥に「京丸」という村があり、 当社は、その村と同音「きょうまろ」であろうとする。 一説には、往古は千頭村の「ウマミヤ」という瀧のそばにあったとして、 「ウヤミワ」と読むとする。 社伝によると、垂仁天皇二十六年の創祀。 文徳実録・三代実録に記載されている古社であり、 延喜式では名神大社であった。 祭神は、敬滿神。 以前は、を祭神としていたが、 昭和13年に、敬滿神へ訂正されたらしい。 本来の祭神が不明になった時には、 無茶な付会や詮索をせず、社号を神名とする方法が 妥当なのだろう。 拝殿の後方には、垣に囲まれた本殿。 本殿の屋根に、桐の紋が付けられていた。 参拝を終え、参道を戻る。 境内の暗さに眼が慣れたせいか、 強烈な外界の明るさが、こんどは疎ましい。 境内入口 鳥居 参道 境内 拝殿 本殿 境内社 本殿 祭 神 敬満神 ・ 合 祀 ・・・・ 例祭日 十月十五日 境内社 大楠神社・水神社 御由緒 当社は、遠く垂仁の朝二十六年の創祀と伝えられ(社伝) 文徳の朝、仁寿三年に名神に預る神社に列せられ (文徳実録)清和の朝、貞観二年には「正四位下」を 授けられ(三代実録)醍醐の朝には、国幣大社の 列にあった(延喜式)ほどで、まさに古社であり名社であった。 近世に至り徳川幕府からは、先規に倣って社領を 寄進せられるなど、皇室を始め武門の崇敬が篤く、 古代榛原郡の中心榛原郷、その主邑たる初倉の 鎮護として、この地方の尊崇極めて温厚なるものがあった。 降って明治維新の際、明治四年五月太政官より 「官社以下定額」が布告された。 それに因って郷土初倉の 産土神として、明治六年郷社に列せられ、 次で神選幣帛料供進神社に指定された。 尚昭和二十一年一月由緒上、県社たる資格のある旨神祇院 から認定された。 例祭日は郷内の祝日(旗日)として官公衛、 学校を始め各戸休業して、敬意を表するのが通例であった。 祭日には、諸社の管者としての地方長官の代理官として 郡長、地方事務所長若くは村長が奉幣使となって 参向し、また村の名誉職、学校長、職員生徒児童など、 多人数が参列して、盛大に祭典が執行されたものである。 こんな状況は、終戦時まで続いたが、戦争終結後の、 神社制度変革を経て、国家管理をはなれた神社は、 一抹の淋しさを帯びつつも、全氏子の団結力に支えられ、 その赤誠こもる奉仕によって古社、名社のおもかげの 保存につとめつゝ、現在に至っている。

次の

敬満神社

まん さ いかん 島田 市

静岡県島田市の製茶問屋 高森商店の深蒸し茶 やわらかな甘みとコクをお届けします 急須から流れ出る深い緑のしずく。 口に含むとやわらかかな甘みとコク。 ほのかに香る高森商店の「深蒸し茶」は「色」「味」「香り」を長年探求して極めた独自の「火入れ」技術によって、飲む皆さまに一服の清涼感をお届けしています。 新着情報 20-04-28 いつも当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 今年のお茶も順調に育ち、当店でも新茶注文の受付を始めました! 母の日や、大切な方への贈り物にぴったりなこだわりギフト商品、自宅で楽しむお買得人気シリーズのお茶、そして島田市が認定する「島田の逸品 深蒸し煎茶つゆひかり」とそれぞれ取り揃えておりますので、ぜひお買い求めください! 詳しくはをご覧ください。 20-04-17 静岡新聞に掲載されました まもなく新茶の季節を迎えます。 今年は新型コロナウイルス感染防止の観点から、島田地域の新茶初取引の式典が中止となったため、各製茶問屋にて初取引となりました。 4月17日の静岡新聞朝刊「静岡・志太榛原」面には、当店で行われた、初取引の様子が掲載されました。 なお、当店からの新茶のご案内は、近日中にいたしますので、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。 19-12-10 年末年始の贈り物に 今年も残す所あとひと月。 迎える年が明るい年になりますように。 さて、当店では今年も年末年始のご挨拶におつかいいただける贈り物にぴったりの商品をご用意しました。 島田の逸品に認定された深蒸し煎茶「つゆひかり」や人気No. 1の「蔵出しこだわり茶」、東海道島田宿清水屋さんの銘菓黒大奴と深むし茶をセットにしたギフト商品をはじめ、年始のご挨拶に最適な深むし金粉茶・賀春茶などさまざま取り揃えてございます。 冬の贈り物に、新年の飲み茶の準備に、どうぞゆっくりご覧くださいませ。

次の