肺炎 球菌 ワクチン 値段。 肺炎球菌感染症Q&A:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

船橋市高齢者肺炎球菌予防接種|船橋市公式ホームページ

肺炎 球菌 ワクチン 値段

定期の予防接種 (予防接種法に基づき実施される予防接種) 任意の予防接種 (予防接種法に基づかない予防接種) 対象者 市に住民登録がある次の 1 または 2 に該当する方 (ただし、過去に同ワクチンを接種された方を除く) 1 年齢が令和2年度において下記の各年齢となる方 65歳:昭和30年4月2日生から昭和31年4月1日生の方 70歳:昭和25年4月2日生から昭和26年4月1日生の方 75歳:昭和20年4月2日生から昭和21年4月1日生の方 80歳:昭和15年4月2日生から昭和16年4月1日生の方 85歳:昭和10年4月2日生から昭和11年4月1日生の方 90歳:昭和5年4月2日生から昭和6年4月1日生の方 95歳:大正14年4月2日生から大正15年4月1日生の方 100歳:大正9年4月1日生から大正10年4月1日生の方 2 満60歳から64歳の方で次のいずれかに該当する方 (厚生労働省令に定められています) ・心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害がある方 ・ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方 市に住民登録がある満75歳以上の方で、左記の定期予防接種の対象者でない方 (ただし、過去に市の費用助成を受けて肺炎球菌ワクチンを接種された方、及び過去5年以内に同ワクチンを接種された方を除く。 なお、市の任意接種の費用助成は、平成24年9月1日から開始しております。 ) 接種期間 令和2年4月1日から令和3年3月31日 接種費用 自己負担額5,000円 接種費用8,350円のうち、3,350円を市が費用助成しますので、自己負担金5,000円を接種する委託医療機関に支払ってください。 なお、自己負担金5,000円について、還付はありません。 (市・県民税非課税世帯の方も、自己負担金の支払いが必要です。 )対象となる方のうち、生活保護受給世帯の方、中国残留邦人等支援給付制度の受給者の方は、無料で接種を受けることができます。 川越市の助成のもとに接種できるのは、1人につき生涯1回限りです。 (既に、定期接種、任意接種のどちらかで市の費用助成を受けたことがある方は、費用助成を受けることはできません。 費用助成を受けたことがあるかどうか不明な場合は、健康管理課予防接種担当にお問い合わせください。 ) 接種回数 1回 接種場所 市内委託医療機関 『健康づくりスケジュール』を参照 (下記「関連情報」を参照) 市外委託医療機関 接種前に健康管理課予防接種担当にお問い合わせください。 または、下記「埼玉県住所地外定期予防接種(インフルエンザを除く)相互乗り入れ接種協力医療機関名簿」で、ご確認ください。 事前に手続きが必要となりますので、詳しくは健康管理課予防接種担当にご相談ください。 市内委託医療機関 のみ 『健康づくりスケジュール』を参照 (下記「関連情報」を参照) 委託医療機関以外で接種した場合、接種費用は全額自己負担になります。 接種方法 接種を希望する方は、上記委託医療機関に予約のうえ、接種してください。 【持参するもの】 ・接種される方の住所、氏名、生年月日等がわかる証明書(健康保険証など) ・生活保護受給世帯の方は、生活保護受給証 ・中国残留邦人等支援給付制度の受給者の方は、本人確認証 (定期接種の対象の方のみ) 市外委託医療機関で接種する場合は、あらかじめ「説明書」と「予診票」を受け取り、接種日に委託医療機関に持参してください。 「説明書」と「予診票」の配布場所は、下記、欄外に記載してあります。 健康被害救済制度 予防接種法に基づき、救済される可能性があります。 (医療機関での治療(入院相当)が必要になったり、生活に支障がでるような障害を残すなどの状況が生じた場合に限ります。 ) 川越市予防接種事故災害補償規則か、独立行政法人医薬品医療機器総合機構による「医薬品副作用被害救済制度」により救済される可能性があります。 来年度以降 令和5年度まで継続する予定です。 令和2年度は、実施する予定です。 接種前に「説明書」及び「予診票」を受け取り、内容を十分ご理解いただいたうえで接種してください。 「高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種説明書」及び「予診票」は、市内委託医療機関、総合保健センター健康管理課、市役所市民課、各市民センター、証明センター、南連絡所で配布しています。 セルフメディケーション税制 医療費控除の特例 を申告される方へ セルフメディケーション税制 医療費控除の特例 は、適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、スイッチOTC医薬品 要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品 を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。 セルフメディケーション税制 医療費控除の特例 は、従来の医療費控除とは別の新たな所得控除であり、同時に利用することはできません。 一定の取組には、市町村が実施している高齢者肺炎球菌等の予防接種やがん検診等も対象となります。 この適用を受けるためには税務署で確定申告を行う必要があり、取組を行った証明書類 領収書、予防接種済証、検診の結果通知書等 の提出が必要となりますので、保管をお願いします。 詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。

次の

定期接種と任意接種|ワクチン.net(ワクチンネット)

肺炎 球菌 ワクチン 値段

高齢者に対する肺炎球菌ワクチンの定期接種を当院で行っております。 一定年齢(下をご覧ください)の方が対象になり、福岡市在住の方は自己負担4,200円での接種が可能です。 お住いの自治体によって負担金額が違いますので、福岡市以外に在住で接種をご希望の方はお問い合わせください。 肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。 この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。 日本人の約3~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。 これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。 高齢者の肺炎球菌の予防接種が予防接種法に基づく定期の予防接種となり、対象者の方は、費用の一部負担で接種が受けられます。 接種をすると、肺炎球菌が原因で起こる肺炎をはじめとする感染症の予防や、感染してしまった場合の重症化予防に有効です。 65歳:昭和30年4月2日~昭和31年4月1日生まれの方• 70歳:昭和25年4月2日~昭和26年4月1日生まれの方• 75歳:昭和20年4月2日~昭和21年4月1日生まれの方• 80歳:昭和15年4月2日~昭和16年4月1日生まれの方• 85歳:昭和10年4月2日~昭和11年4月1日生まれの方• 90歳:昭和5年4月2日~昭和6年4月1日生まれの方• 95歳:大正14年4月2日~大正15年4月1日生まれの方• 詳しくはお尋ねください。 当院で接種できます。 詳細はお問い合わせください。 子宮頸がんは、女性の子宮の入り口部分(子宮頸部)にヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスが感染することが原因で起こる「がん」です。 子宮頸がんの約半分は、ワクチン接種によって予防できることが期待されています。 ワクチンには、ヒトパピローマウイルス(HPV)の成分が含まれているため、接種することで免疫を作ることができ、HPVの感染を防ぐことができます。 ワクチン接種後にみられる副反応に関して現在、国が、ワクチンと副反応の因果関係等について、調査を実施しているところです。 子宮頸がん予防ワクチンについては,平成25年4月に定期予防接種となりましたが、厚生労働省は、ワクチン接種後にワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みが特異的に見られているとして、平成25年6月14日付で、接種の積極的な勧奨の差し控えを勧告しました。 現在、福岡市におきましても、子宮頸がん予防ワクチン接種を積極的にはお勧めしておりませんが、接種を希望される方は、定期接種として接種を受けることが可能です。 同居人とは、生活空間を同一にする頻度が高い家族などを指します。

次の

インフルエンザ予防接種・肺炎球菌ワクチン

肺炎 球菌 ワクチン 値段

定期の予防接種 (予防接種法に基づき実施される予防接種) 任意の予防接種 (予防接種法に基づかない予防接種) 対象者 市に住民登録がある次の 1 または 2 に該当する方 (ただし、過去に同ワクチンを接種された方を除く) 1 年齢が令和2年度において下記の各年齢となる方 65歳:昭和30年4月2日生から昭和31年4月1日生の方 70歳:昭和25年4月2日生から昭和26年4月1日生の方 75歳:昭和20年4月2日生から昭和21年4月1日生の方 80歳:昭和15年4月2日生から昭和16年4月1日生の方 85歳:昭和10年4月2日生から昭和11年4月1日生の方 90歳:昭和5年4月2日生から昭和6年4月1日生の方 95歳:大正14年4月2日生から大正15年4月1日生の方 100歳:大正9年4月1日生から大正10年4月1日生の方 2 満60歳から64歳の方で次のいずれかに該当する方 (厚生労働省令に定められています) ・心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害がある方 ・ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方 市に住民登録がある満75歳以上の方で、左記の定期予防接種の対象者でない方 (ただし、過去に市の費用助成を受けて肺炎球菌ワクチンを接種された方、及び過去5年以内に同ワクチンを接種された方を除く。 なお、市の任意接種の費用助成は、平成24年9月1日から開始しております。 ) 接種期間 令和2年4月1日から令和3年3月31日 接種費用 自己負担額5,000円 接種費用8,350円のうち、3,350円を市が費用助成しますので、自己負担金5,000円を接種する委託医療機関に支払ってください。 なお、自己負担金5,000円について、還付はありません。 (市・県民税非課税世帯の方も、自己負担金の支払いが必要です。 )対象となる方のうち、生活保護受給世帯の方、中国残留邦人等支援給付制度の受給者の方は、無料で接種を受けることができます。 川越市の助成のもとに接種できるのは、1人につき生涯1回限りです。 (既に、定期接種、任意接種のどちらかで市の費用助成を受けたことがある方は、費用助成を受けることはできません。 費用助成を受けたことがあるかどうか不明な場合は、健康管理課予防接種担当にお問い合わせください。 ) 接種回数 1回 接種場所 市内委託医療機関 『健康づくりスケジュール』を参照 (下記「関連情報」を参照) 市外委託医療機関 接種前に健康管理課予防接種担当にお問い合わせください。 または、下記「埼玉県住所地外定期予防接種(インフルエンザを除く)相互乗り入れ接種協力医療機関名簿」で、ご確認ください。 事前に手続きが必要となりますので、詳しくは健康管理課予防接種担当にご相談ください。 市内委託医療機関 のみ 『健康づくりスケジュール』を参照 (下記「関連情報」を参照) 委託医療機関以外で接種した場合、接種費用は全額自己負担になります。 接種方法 接種を希望する方は、上記委託医療機関に予約のうえ、接種してください。 【持参するもの】 ・接種される方の住所、氏名、生年月日等がわかる証明書(健康保険証など) ・生活保護受給世帯の方は、生活保護受給証 ・中国残留邦人等支援給付制度の受給者の方は、本人確認証 (定期接種の対象の方のみ) 市外委託医療機関で接種する場合は、あらかじめ「説明書」と「予診票」を受け取り、接種日に委託医療機関に持参してください。 「説明書」と「予診票」の配布場所は、下記、欄外に記載してあります。 健康被害救済制度 予防接種法に基づき、救済される可能性があります。 (医療機関での治療(入院相当)が必要になったり、生活に支障がでるような障害を残すなどの状況が生じた場合に限ります。 ) 川越市予防接種事故災害補償規則か、独立行政法人医薬品医療機器総合機構による「医薬品副作用被害救済制度」により救済される可能性があります。 来年度以降 令和5年度まで継続する予定です。 令和2年度は、実施する予定です。 接種前に「説明書」及び「予診票」を受け取り、内容を十分ご理解いただいたうえで接種してください。 「高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種説明書」及び「予診票」は、市内委託医療機関、総合保健センター健康管理課、市役所市民課、各市民センター、証明センター、南連絡所で配布しています。 セルフメディケーション税制 医療費控除の特例 を申告される方へ セルフメディケーション税制 医療費控除の特例 は、適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、スイッチOTC医薬品 要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品 を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。 セルフメディケーション税制 医療費控除の特例 は、従来の医療費控除とは別の新たな所得控除であり、同時に利用することはできません。 一定の取組には、市町村が実施している高齢者肺炎球菌等の予防接種やがん検診等も対象となります。 この適用を受けるためには税務署で確定申告を行う必要があり、取組を行った証明書類 領収書、予防接種済証、検診の結果通知書等 の提出が必要となりますので、保管をお願いします。 詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。

次の