僕は君にとって運命の人じゃない。 グッバイ 君 の 運命 の 人 は 僕 じゃ ない 曲名

「君はここで勝つ運命じゃない」――G×Gリグゼを生んだ吉田アナのひと言

僕は君にとって運命の人じゃない

解説 2005年カンヌ国際映画祭 批評家週間正式出品作品。 サスペンスなのに、ハートフル、まったく新しいニッポン的エンターテインメントムービー。 監督は本作が劇場用長編デビュー作となる内田けんじ。 「WEEKEND BLUES」がPFFアワード2002にて企画賞 TBS とブリリアント賞(日活)をダブル受賞。 第14回PFFスカラシップの権利を獲得し、本作を制作した。 出演は、「ジョゼと虎と魚たち」「花とアリス」など多くの日本映画に出演している中村靖日、テレビを中心に活躍中の霧島れいか、「ハッシュ!」「火火」の山中聡、ベテランの山下規介、テレビ、モデル、ラジオと幅広く活躍中の板谷由夏ら。 2004年製作/98分/日本 配給:クロックワークス ストーリー この日、ボクの家のドアは3回開いた…17:00。 勤務中のサラリーマン宮田武(中村靖日)。 パソコンで別れた彼女・あゆみ(板谷由夏)の写真を見ては、ため息をついている。 20:00。 宮田がマンションに帰宅した途端、携帯が鳴った。 親友で私立探偵の神田(山中聡)からだ。 飯を食おうと神田が言うが、疲れている宮田は外出するのを渋っている。 しかし神田から「大事な話がある。 あゆみちゃんのことだ」と言われた途端、勢いよく家を飛び出していった。 21:00。 婚約破棄となり、二人で住む家を出てきた桑田真紀(霧島れいか)。 婚約指輪を質屋に持って行ったが3500円にしかならず、一人入ったレストランはカップル、家族、友達同士でにぎわっている。 寂しさがこみ上げて今に泣きそうだ。 同じレストランの中。 宮田が待っていると神田が遅れてやってきた。 「あゆみのことって?」と切り出す宮田。 すると神田は「街で偶然会った。 近々結婚するらしい」と告げる。 あゆみはある日、結婚前提で購入したマンションから突然姿を消してしまったままだった。 宮田は、そんなひどい仕打ちをされたのに、あゆみが気がかりで仕方がない様子だ。 いつまでも女々しい宮田に神田は、あゆみのことは忘れて新しい出会いを探すようにと言い、急に後ろのテーブルで一人座っている女(すなわち、真紀)に声をかける。 3人は一緒に食事をすることになった。 自己紹介が終わり、神田がトイレに立つが、なかなか戻ってこない。 宮田が心配して探しに行くと神田の姿はどこにもなく、携帯に電話をすると「急に仕事が入った」と切られてしまう。 初対面の真紀との会話に緊張しながらもなんとか食事を終え、店を出て、真紀を送ろうとするが、真紀は、一緒に暮らしていた恋人との婚約が破棄になり家を出たため、帰るところがないという。 宮田はそんな真紀を放っておくことができず、自分の家に泊まってはどうかと提案する。 人の良さそうな宮田に安心した真紀はその申し出を受け入れ、二人は宮田の家に向かった。 01:00。 マンションに到着し、宮田は真紀を寝室へ案内する。 部屋の隅にあるダンボールを真紀が不思議そうに眺めていると、宮田がそれは前の彼女・あゆみのものだと説明する。 そして、あゆみとのこれまでの経緯を真紀に話す。 宮田に同情し、思わず彼を抱きしめてしまう真紀。 ぎこちない空気が流れるところへ、玄関のチャイムが鳴った。 やってきたのはなんと行方知れずだったあゆみが現われる。 戸惑う宮田に、あゆみは悪びれもせず、荷物を取りに来ただけと言い、ズカズカと上がりこむ。 そんな自分勝手なあゆみの態度に、真紀はたまらず宮田の家を出て行ってしまう。 宮田はすぐに後を追いかけ家に戻るように説得するが、それでも真紀はタクシーに乗ってしまう。 しかし宮田は走り出したタクシーを全速力で追いかけ、勇気を振り絞り、真紀に電話番号を教えてほしいとお願いする。 当惑する真紀だったが、真剣な宮田の表情に根負けし、電話番号を書いた紙を差し出す。 宮田にとってはちょっと勇気を出した一晩。 しかし実は彼を取り巻く人々、真紀、神田、あゆみ、そして、あゆみの現在の恋人である浅井(山下規介)の視点から見た一晩はまったく違う夜だった。 複雑な人間関係に、浅井の金2000万円が加わり、事態は誰も予想がつかない方向へと転がっていた。 ネタバレ! クリックして本文を読む 『運命じゃない人』(2004) dTVの配信があと少しという事で選んだのもあるが、13年前の映画だから、私が既に37歳の頃の作品なのだが、当時からずっと出逢うのは難しい時代が続いている。 主演のサラリーマン(演: 中村靖日)は恋人に失恋したばかりらしく、彼が出てくる前に、女性(演:霧島れいか)が冒頭に出てくるのだが、彼女も婚約破棄されて宿さえないというどん底の状態で、どうして二人が出会ったかというと、彼の友人のラフな男(演:山中聡)がレストランに彼を呼び出して、失恋しても新しく見つけていかねばだめなんだぞとはっぱをかけていて、彼はうじうじしていたが、たまたま落ち込みながら後ろにいた女性に、彼のために一緒の席で食事しないかと声をかけると、女性は席につく。 そして男はトイレを装い出ていってしまい、彼と彼女と二人きりになり、事情を聴いたりして、店を移動して、その後、彼は自転車を押して、彼女と夜の道で会話する。 なんだかぎこちないドタバタをしている。 男女ともかなり不器用そうなキャラなのだが、女性のあまりの不器用さに男性が笑いをもらす。 男性も女性もそんなことはしたことがないというが、本当にないだろうが、女性が居場所もないことから、男性は自室に女性を誘うが、女性に別の部屋を提供してあげる。 男性は正直に前の彼女(演:板谷由夏)が1週間で出ていってしまった。 別に好きな人がいて結婚すると言われたと女性に言う。 女性はその前の彼女はひどい女だと憤る。 私としては、こうしたいい加減な同棲が悲劇を生じるのだと思うが。 女性はまだその女が好きですか。 と聞くが、男性はどうしようもないというようなことをいい、女性が思わず男性を抱き寄せたが、お風呂入れてきますと男性はいったん逃げたが、鏡の前で顔をみたりにおいを確認したりした。 女性が風呂に入っている間に、前の彼女が突然きてしまう。 残っている荷物をとりにきたとあっけらかんとしている。 すると女性同士が鉢合わせする。 女性は前の彼女に怒りを表し、出ていってしまった。 男は女性を追いかける。 見つからない。 見つけた。 男「こんな時間にいくところ、ないでしょう」女「ホテルに泊まるから大丈夫です」しかし、このタイミングで見つかって良かったと思う。 もう少し男性が追うのが遅いと見つからなくなってしまっていただろう。 女「やっぱり、知らない人の部屋に泊まるなんてよくないし、あの人、夜にわざわざ荷物を取りにきたなんておかしい。 戻ってきたんじゃないですか。 だって宮田さんみたいな優しい人、すぐに忘れられるとは思わない。 戻ってください。 まだ好きなんでしょ」「好きじゃない」女はタクシーを拾う。 「行かないでよ」「誰でもいいんですか。 自分のものになりそうだったら、誰でもいいから好きになるんですか。 さっき会ったばかりなのに。 私のこと何も知らないのに。 変です。 今日はありがとうございました。 」いいセリフだ。 男は深夜の東京を走って追いかける。 タクシーの前に飛び出して止めてしまう。 息を切らせて、「頼む。 電話番号教えて。 もう二度と一生会えなくなっちゃうから、電話番号教えてください。 せっかく会えたんだからさ。 さっき会ったばかりだけど、あなたのことなんにも知らないけど、また会いたいんです。 気味悪いですか。 」いいセリフだ。 タクシー運転手が「電話番号くらい教えてやんなよ」と急に後押しする。 BGMもしゃれていると思う。 タクシーが出ていって、男は小躍りしているところで、女性を気にいっていることを示している。 そしてシーンが変わるが、出会いのシーンとしてしゃれた感じにも思える。 ラフな男は探偵だったんだ。 そこになぜか宮田の前の彼女の女がやってくる。 「宮田君。 元気にしてる?」「気になる?」 「ちょっとね。 」「嘘つけ。 あんな城みたいなマンション買っちゃって、大変だよ」探偵神田は、女を調べていた。 そもそも五歳サバ読んでた。 (実は私は10歳サバ読んだ女に婚活で出会ったことがあり・・・。 でも懐かしくもある)。 そして女は組長の女で、交際詐欺師だった。 探偵「あんたやくざなめると長生きしないよ」「外国に逃げたいの。 手伝って。 宮田君の部屋にパスポートがあるの」そういうわけか。 女は探偵の携帯番号をやくざの携帯に入れてしまったとかなんとか。 そうしたこともあるのか、探偵は宮田の部屋からパスポートをとりにいく。 「あんたに事件起こされて新聞なんかに載せられたら、宮田は余計落ち込むよ。 それにやくざから金奪って無事なわけないよ」コメディータッチでもありながらサスペンスタッチにもなってしまった。 個性的な作品な感じだ。 なんかやくざと遭遇しそうな危険な展開から抜け出せたようで、探偵がせっかく改善をはかろうとするが、女は百万を渋るが、探偵が押し切って、返しに忍び込む。 「なんだお前」「バイク便です」みると、後輩が先輩やくざに頭をはられている。 気づかれたが、間一髪、エレベーターで逃げる。 命がけの百万円の仕事だ。 百万をやくざに返し、別の百万を女からもらい。 オンナは「今に私の金の匂いから、 いつか取ろうと思ってたんでしょ」「あんたみたいな考えじゃ自殺するよ。 宮田は中学生時代からの親友だったからだよ」。 「あんたみたいな人嫌いじゃないんだけどね」女が去る。 加藤探偵はハードボイルドだ。 ところがやくざに見つかってしまい、加藤探偵はどうなるのか。 車で事務所まで パンツ一丁で座らされる。 組長が登場すると、詐欺師の女も一緒にいた。 なぜだ。 組長(演:山下規介)が探偵と恋愛詐欺の女を座らせて、「あんたはやくざのメンツをつぶしたんだよ。 あんたの部屋調べたら、あんたいい仕事すんじゃない。 あんたかえっていいよ。 」「ありがとうございます」 しかし、ひどい女と関わるとろくなことがない。 すごい構成だと思うが、100万円はいった荷物は 宮田の部屋にまだあったのに、知らない宮田は前の彼女の整理として全部捨ててしまった。 またピンチだ。 これは宮田とさみしい女の恋愛ものではなかった。 かなり怖い設定なのだが、組長が 山下規介なところがほっとさせてくれる。 キャスティングによってはしゃれにならない。 それにしても詐欺女は悪の度合いが強い。 どこまでもとんでもない感じ。 案の定か、とんでもない金額の札束を持って逃げてしまった。 宮田も加藤探偵も浅井組長も、詐欺女のためにとんでもないことになる。 しかし、映画の工夫というか、軽トラなど、伏線がなるほどと思わせる。 加藤探偵が追い込まれたのも、詐欺女の嘘からであった。 映画はいったん話が逆戻りしたのか、前後の脈絡がちょっとわからなくなった。 さすがに組長、シートベルトをせずに運転していた。 音楽の使い方も面白いと思う。 映画の時間が前後していたんだな。 それでわかってきたが、すごい構成だな。 そして、金が絡むと、 清純そうに思えた、最初のさみしい女さえ・・・。 ここは衝撃的であった。 しかし凝ってるというのか、 すごい作品だと思ってきた私。 金の絡む不信な世の中でも、タクシー運転手のセリフがオアシスに思える。 「不器用でまっすぐな男がいいんだ。 幸せにしてくれるんじゃないか」みたいなセリフを言った。 ところが、最初の女は教えた電話番号は嘘だった。 理由もあるにはあったが、加藤探偵は宮田に嘘を教えたんだよ。 諦めろよ。 というが、宮田は書き間違えたんだよ。 あの人はそういう人じゃないとお人よしである。 少なくとも宮田と加藤探偵の友情は本物だ。 そしてあっ。 と思って、なんだろうと思ったら、この映画はまだ味があった。 しかし、なんともやるせないような。 それでも心ある人はいるんだったというような。 高度な映画かも。 脚本とも、内田けんじ監督は1972年生まれ。

次の

Official髭男dism Pretender 歌詞&動画視聴

僕は君にとって運命の人じゃない

高橋優さんのライブ「来し方行く末」でこの歌を初めて聴いた イントロを聴いた時のトが凄かった。 一音一音、丁寧に鳴るキーボードの音が綺麗で、バイオリンの音は可憐であるけど力強くて、なんだか聴く前から好きになる予感がした。 暗くなったスクリーンや会場全体のライティングの景色が鮮烈に印象に残っていて、その影響なのか個人的な印象なのか「運命の人」には一面の黒にぽっと広がる桜色のイメージがある。 賢くならなくては、気持ちを割り切らなければと考えることの多いなかで、そんな言葉を掛けられたら目が醒める思いだろうと。 「今を駆け抜けて」など、時折、高橋優さんの歌に出てくる「delete key」の単語には様々なニュアンスが込もっていると感じて、好きだなと思う。 初めて聴く歌だったので、聴きながら歌詞を追っていくと少しずつ全体像が分かっていく楽しさがあった。 歌い出しでは、女性視点なのか男性視点なのかまだ分からない。 歌のタイトルから考えると、女性の心境なのかなと予想していた。 しかし歌詞を追っていくと、 友達に戻ろうねと 告げられた君の背中を見ていた という言葉。 ここで初めてあれ?と思った。 この歌では3人それぞれの恋が一方通行で、矢印が重ならない。 でも聴いていて、多分この3人は元は友達同士で、よく一緒に居た3人だったのだろうなと思った。 自らの想いや苛立ちは2人にぶつけることなく過ごしてきたのだろうと思った。 ラストサビの前にきて 愛しても 愛しても 届かぬまんまの想い 友達でいなきゃいけない苦しみなら 僕もよく知ってるよ と歌われた時、ハッとした。 この歌は彼女を見ていた『僕』で、言葉の一つ一つは自らの気持ちでもあったんだと、彼女の視点にしては違う気がすると感じていた違和感が解けて確信に変わった。 ぐっと感情を抑えるようなンで歌われるこの言葉が哀しくて、深々とした痛みを感じた。 この歌詞を聴いてからは、そこから続くラストのサビの聴こえ方が変わる。 それまでは彼女へ向けた応援歌。 そこからは『僕』も含んだ言葉のように聴こえてくる。 第三者の『僕』の目線で語られる彼女の恋は、羨ましくなるようなものではないけれど、これだけ想われていることは羨ましく思う。 もしかすると、そばで見てきた『僕』は彼の本当のところも知っていて、すでに新しい恋人がいることを聞いているのかもしれない。 どちらの事情も見てしまって板挟みなのだろうと想像すると、どこまでやるせないのかと心配になる。 さよなら運命の人 束の間運命の人 というサビがとても好きで、印象的だった。 失恋をした人にかける言葉として、運命の人じゃなかったんだよというフレーズを耳にすることがある。 でもこのフレーズ、恋愛に限らず果たしてそうだろうかと疑問に思ってきた。 結果を見て過程を否定してしまうような、全部をひっくり返してしまうかのような一言が腑に落ちなかった。 そもそも運命の人ってなんだ?タイミング次第で付き合ったり別れたりする恋人ってなんだ?と考えていた。 そんなモヤつきを一瞬にして晴らしてくれたのが「束の間運命の人」という言葉だった。 ずっと隣にいられる存在ではなかったけど、つかのまでも運命の人だったと言えるということが目から鱗だった。 そう言い切れる潔さも素敵だと思った。 上手くいかなかったから、そのままでいられなかったからということは重要ではないと歌詞から伝えてもらった気がした。 この歌の中で恋は成就していないし、それぞれが宙に浮いた恋心を持ったままだけど、タイトルが「運命の人」なのがいいなと思う。 言葉でイメージするような甘い恋の歌ではない裏腹さも好きだ。 昨日までの赤い糸 もう君を縛ってはいないから と彼女に向けて伝える言葉が切実で、本来はいいものとされる運命の赤い糸に絡まって執われることもあると表現する高橋優さんの感性が素敵だと思う。 『僕』としては早く忘れてほしいけど、早く気づいてほしいけど、急かすことはできない焦ったい想いが歌詞いっぱいに溢れている。 その気持ちが溢れ出しているのがこの一文だと感じる。 彼女の傷が癒えれば癒えるほど一緒にいられる時間はまた無くなっていくかもしれないけど、それでも元気になってほしくて、彼女を見てきた『僕』の心境と願望と、僕のところにきてくれたらという下心もすこし。 そんな人間味のある歌詞に魅力を感じた。 この歌のイントロがあまりに綺麗で、ライブの演出にぴったりだったから、私はてっきりライブアレンジのイントロなのかと思っていた。 音源を聴いてそのまんまだったとき、感動した。 ライブで知った曲というのは強く印象に残る傾向にあるようで、Nissyの時は「Aquarium」高橋優さんの時は「運命の人」だった。 視覚的な印象がつくと、頭のなかで思い浮かぶ景色ができてさらに曲を好きになる。 「運命の人」を歌っている高橋優さんは切なくて優しくてズルい表情だった。 あの含みを持った微笑みが、らしくて好きだった。 「運命の人」が収録されているのはアルバムではなくてシングル「」のカップリングだと知ってから、聴きたさのあまりCDを借りてきた。 想像以上にくせになる二人のボーカルと濃い世界観に、ちょっと魅了され始めているかもしれない。 one-time.

次の

Pretender Official髭男dism 歌詞情報

僕は君にとって運命の人じゃない

「Pretender」は、直訳すると「ふりをする人、詐称者」という意味がありますが、なぜこの単語が使われているのでしょうか。 おそらくですが、この曲は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用されていますから、映画の内容に沿って「Pretender」と曲名につけられているのでしょう。 では、曲中ではどういう意味で使われているのでしょうか。 歌詞を簡単に見たところ、どうやらこの曲は「恋愛」について歌われているようです。 なので、あくまで予想ですが、Pretenderとは「好き」という気持ちを詐称するという意味で使われているのかもしれません。 曲名だけで意味を捉えるのは難しいので、歌詞を詳しく見ていきましょう。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 それでも、付き合えば何か変わると思っていたけど結局何も変わらず一人芝居。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 「付き合う」とは一般的に愛し合った二人が互いを呪縛するために取る形式のことです。 わざわざ「付き合う」という行為をとる人間の心理には様々あると思いますが、代表的なものは「自分を満たして欲しい」という気持ちと、「誰にも取られたくない」という心理だと思います。 その代表的な心理のうちの「自分を満たして欲しい」という心理でこの曲の主人公は「君」と付き合い始めたのではないでしょうか。 だから思っていたように自分が満たされなくて、「一人芝居をしているかのようだ。 」と歌っているのでしょう。 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 解釈 もっと違う状況で、もっと違う関係性で 出会えたら何かが変わっていたかもね。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。 君に愛を伝えられたらいいのに。 もっと違う状況で、もっと違う関係性で....。 もっと、もっと。 と切なくすがるような歌詞は主人公の心の奥底の思いを表現しているのかもしれませんね。 ここの歌詞だけ見ると主人公はパートナーのことを本当に好きだったように感じますね。 もしかしたら元から大好きだったけれど、パートナーの日頃の態度から「自分を満たして欲しい」という欲求が満たされなくなってしまったから別れてしまったということなのかもしれません。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 解釈 さようなら。 君の運命の人は僕ではなかったようだ。 辛い事実だけどもう否定できない。 それでも別れたくはないのさ。 その髪に触れただけでも心が痛むのさ。 いやでもそんなんで別れなかったら甘いな。 いやでも... さようなら。 こんな気持ちを感じるってことは僕にとって君はなんなんだろう? 答えはわからないし、わかってはいけないのさ。 たったひとつ確かなのは、「君は綺麗だ」ということ。 どうやらPretenderという歌は主人公はパートナーのことが大好きだけれどパートナーの運命の人ではないから別れるという歌のようですね。 「いやでも」や、「いやいや」という歌詞からは主人公にいかに未練があるかという様子を表現していますね。 しかし、長年連れ添ってきた人と別れるというのは、相当な心理的ストレスがかかります。 ストレスを避けようとするのが人間ですから、未練を感じてしまうのも仕方ないのかもしれません。 解釈 さようなら。 一緒にいれば必ず終わりは来る。 その終わりを引き延した先の未来には君はいないという事実に涙がでる。 そりゃあ苦しいよ。 恋人と付き合えば、「死別」や「浮気による別れ」、「すれ違いによる別れ」など必ず何かしらの「別れ」は来ます。 もし今、読んでいただいている方に大切なパートナーがいらっしゃるなら... 少しでも今の幸せな時間を大切にすることが重要なのかもしれませんね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」.

次の