ウエスト サイド ストーリー 吹奏楽。 「ウエスト・サイド・ストーリー」セレクション(7曲メドレー)【West Side Story

吹奏楽祭京都2019

ウエスト サイド ストーリー 吹奏楽

シリーズ MFOP フルオーケストラ輸入ポピュラー作品(スコア&パート) 解説 G. Schirmer 1957年に初演されたミュージカルで、1961年には映画化され、その年のアカデミー賞では10部門で賞を受け、世界中に知られるようになりました。 その後、現在になっても、世界各地でミュージカルが公開されています。 ストーリーは白人の不良グループ「ジェッツ」とプエルトリコ系の不良グループ「シャークス」の抗争の中で芽生える「愛と悲劇」を描いたもの。 ストーリー、演出、ダンス、すべてが素晴らしい出来の上、音楽はレナード・バーンスタイン!すべてが名曲です。 10000点ぐらいのミュージカルです。 メドレー収録曲 1. アイ・フィール・プリティ I Feel Pretty 2. マリア Maria 3. サムシング・カミング Something's Coming 4. トゥナイト Tonight 5. ワン・ハンド・ワン・ハート One Hand, One Heart 6. クール Cool 7. アメリカ America (全7曲) 編曲者 ジャック・メイソン(Jack Mason) 作曲者 スティーヴン・ソンドハイム(Stephen Sondheim)レナード・バーンスタイン(Leonard Bernstein) 編成 Condensed Score Flute 1 Flute 2 Piccolo Oboe 1 Oboe 2 English Horn Bb Clarinet 1 Bb Clarinet 2 Bassoon 1 Bassoon 2 Eb Alto Saxophone 1 Eb Alto Saxophone 2 Bb Tenor Saxophone Eb Baritone Saxophone F Horn 1 F Horn 2 F Horn 3 F Horn 4 Bb Trumpet 1 Bb Trumpet 2 Bb Trumpet 3 Trombone 1 Trombone 2 Trombone 3 Tuba Timpani Percussion : Cymbals, Castanets,Snare Drum,Bass Drum,Small Bass Drum,Vibraphone,Claves,Tambourine,Brushes on Snare Drum,Bells Glockenspiel ,Maracas,Bongoes,Cathedral Chimes Tubular Bells ,Hi-Hat or Small Symbal ,Triangle,Xylophone Harp Violin 1 Violin 2 Viola Cello Contra Bass.

次の

吹奏楽譜 「ウエストサイド物語」セレクション 作曲/バーンスタイン 編曲/Duthoit

ウエスト サイド ストーリー 吹奏楽

トニー: マリア: アニータ: リフ:小野田龍之介 ベルナルド: 初のステアラ!席はCブロックの18列でした。 まずこの感想ですが、体調がイマイチだったのもあり第1幕しか観劇しませんでした。 そしてあまりに思い入れがある訳でもないので、エリザの感想ほど熱はありませんのでご注意ください。 ということで。 ですが、ミュージカル・映画ともに見ていない状態で挑みました。 をやっていたこともあり楽曲が好きなのと、キャストが気になるのでチケットを取りました。 まず初ステアラの感想からですが、すごく面白かったです。 事前に検索していて、本当に評判が悪くて心配していたのですが今回は大丈夫でした。 今回比較的上の方の席でサブセンター、そして自分の席からステージ中央に向かって前列・前々列が空席だったので、視界が良好だっただけです。 これがもしセンターブロックだったらと思うとゾッとします。 検索していて出てきた、前々列の人の頭が……という意味が分かりました。 それを除けば面白いステージでした!ちょっと回転する音が気になる時もありましたが、アトションみたいで面白かったです。 ドクの店の1・2階とか、マリアの部屋と店とか、のおうちを見ているような感じで楽しめました。 キャストも、最も観たい組み合わせで取ったので満足です。 マモちゃんのミュージカルを生で観るのは初めてですが、本当に良かった! とても誠実そうで、一生懸命で、真っ直ぐなトニーで、応援したくなるというか。 幸せを祈りたくなります。 歌もちゃんとミュージカルしてました。 やの製作発表の映像だと、ちょっと普通の歌を歌っている感が強いと思ったので……。 上手く言えないけど、歌詞でありながら台詞でもあるすごく好きな歌声でした! 笹本さんのマリアも美しい歌声で、天真爛漫で可愛くて。 トニーとマリアのやり取りを観ていると、微笑ましくてハッピーエンドを願わずにはいられなかったです。 ただ、マリアって時折残酷だなとも思いました。 そしてみもりん!すごく良かった!! 歌もダンスもステキだったし、後ろ姿キレイ。 リフとベルナルドも良かったし、小野田さんの歌声も素晴らしかった。 すごく聞きとりやすい歌声で、なんだか安心感も感じました。 ストーリー的には古きカって感じです。 ロミジュリみたいに変に現代的な演出をするわけでもないので、ちょっと昔を感じる部分もありますがそれで良かったと私は思います。 ロミジュリの携帯が未だ受け入れられていないので。。 ただ、これを言ったら元も子もないのですが、わたしロミジュリとのストーリーあんまり好きじゃない……。 そしてジェット団とシャーク団の諍いの場面とダンスがちょっと長く感じてしまう箇所がいくつかありました。 なので私には自体向いてないタイプのミュージカルなんだなと学んで帰ってきました。 でもセットもすごく好きだし、ステアラの回転する劇場がより楽しさを増してると思うので観れてよかったかなとは思います。 ここ数週続いてるぼんやりした体調不良がなければ、最後まで観て感想を書きたかったなぁ。 Kibunya0370.

次の

【ウィンズスコア】Mambo (from West Side Story)/「ウエスト・サイド物語」より マンボ

ウエスト サイド ストーリー 吹奏楽

<日本キャスト版STAFF>• 【翻訳・訳詞】 竜 真知子• 【演出補】 フリオ・モンヘ• 【振付指導】 大澄賢也• 【歌唱指導】 山口正義• 【音楽監督・指揮】 井田勝大• 【指揮】 木村康人、永原裕哉• 【音響】 エス・シー・アライアンス• 【照明】 アート・ステージライティング・グループ• 【映像】 マグナックス• 【衣裳製作】 森田恵美子(東京衣裳)• 【歌唱指導アシスタント】 新田 恵• 【振付指導アシスタント】 YUMI• 【アクション指導】 木幡良樹• 【稽古ピアノ】 太田美香、麓 朝光• 【稽古ドラム】 山地厚臣、三木洋介• 【演出助手】 河合範子• 【舞台監督】 和田健汰 (キーストーンズ)• 【技術監督】 小林清隆 (キーストーンズ)• 【宣伝】 Loops• 【制作進行】 上野正人、小野塚央、横田梓水• 【制作】 ゴーチ・ブラザーズ.

次の