ほつぺが赤いツム。 ツムツム ほっぺが赤いツム一覧|300万点稼ぐ方法│ツムツム速報

【ツムツムビンゴ8枚目11】ほっぺが赤いツムでオススメは?

ほつぺが赤いツム

ツムツムのビンゴミッション8枚目の11「ほっぺが赤いツムで合計560万点稼ごう」を攻略していこうと思います。 このミッションですが、ほっぺが赤い(ピンクでも可)ツムを使って合計560万点稼ぐとクリアミッションです。 普段どれぐらいのスコアを出せるかで変わってきますが、 100万点付近なら5〜6回で終わりますし、50万点付近でも10回程度で達成できるミッションになっています。 ほっぺが赤いツムも結構いますし、特に8枚目は合計ミッションなど地道系が多いので、該当するツムを使っていると同時クリア達成が可能になります。 まずはほっぺが赤いツムからご紹介しますが、赤というか、ピンクに赤らんでいるツムが該当します。 どう見ても赤じゃなくピンクですが、良く探すと結構いて、下記が該当ツムです。 ほっぺが赤いツムの一覧 ほっぺが赤いツムでオススメは? ほっぺが赤いツムの中で、スキル威力が強くオススメのツムですが、下記になります。 このツムのツムは、序盤からスキル威力も高く、得点を出しやすいツムになります。 どうせなら同時ミッションクリアーを目指しましょう。 また、ビンゴを並行して行うなら、下記ツムを使うことで、それぞれに該当しているミッションが多く、同時クリアが可能になります。 意識するとハートの節約になりますので、参考にしてください。 オススメとしては、 「ミニー(クリスマス可)」「デイジー(クリスマス可)」「ミス・バニー」「アリス」「マリー」 ミニー、デイジー、アリス、マリー ミニー、デイジー、アリス、マリー、ミス・バニー ミス・バニー アリス、ミス・バニー 「8-9」女の子のツムで合計経験値9900を稼ごう ミニー、デイジー、アリス デイジー、マリー ミニー、デイジー、アリス、マリー、ミス・バニー ミニー、デイジー マリー ミス・バニー 以上です。 結構被っているツムが多いので、準々に使って行くと同時にミッションクリアが可能になっています。 8枚目ビンゴはこの他にも、ツム指定が無いミッションも8個ありますし、最初は、なかなか達成しませんが、ラストスパートでガンガン達成していきます。 簡単ですが、地道系ですね^^; 無料でルビーをたくさん増やす裏ワザがあるんです! ルビーでお困りの方、無料でルビーを獲得出来る裏ワザはご存じですか?.

次の

【ツムツムビンゴ8枚目11】ほっぺが赤いツムでオススメは?

ほつぺが赤いツム

メタルライズ!! Secret material! 飛電メタル! メタルクラスタホッパー! It's High Quality. 概要 にが製作したを装填して変身したの強化形態。 極秘という点は、が本形態の名前を知っていた関係から「飛電インテリジェンスにおいて存在が秘匿されていた」という意味と、飛電メタルという素材が「秘伝の素材」であるという意味合いもあるからと思われる。 文だけ見れば飛電メタルという素材を讃えているだけのように見えるが、後述する禍々しさからすると「高品質」というのは些か皮肉の強い表現だろう。 ちなみにこの飛電メタルだが、名称から飛電インテリジェンス製と思われがちだが本社にデータはなく、何故かのアジトにデータが存在しており、何らかの経緯でデータごと盗まれたという考察があるが……? スペック 身長 196. 5cm 体重 110. 7kg パンチ力 44. 8t キック力 93. 0t ジャンプ力 102. 9m(ひと跳び) 走力 1. 2秒(100m) 中間フォームながらも 近年の最終フォームと同等かそれ以上のスペックをもち、キック力はシャイニングアサルトホッパーのほぼ1. 3倍、パンチ力は2倍近くにまで上がっている。 のと比べてもほぼ倍近いどころか、その次のさえも上回るという破格のスペックを持っている。 そのため、後述の能力も合わせて凄まじい戦闘力を誇る。 容姿 その名を表したかの如く、全身が鈍いに輝く金属質な見た目となっており、頭部や肩などが鋭利な形状に変化している。 蛍光イエローの複眼と全身に駆け巡るエネルギーライン兼特殊装甲「MCHライナー」を持ち、造形や配色も前形態のシャイニングアサルトホッパーよりも非常にシンプル。 色合い的に、金や黒をベースとしたとは対になった配色にも見える。 また、今までのやはの素体を使用しているのに対し、こちらは制作元の違いからか、全く新しい素体となっている。 変身プロセスは、大量のバッタが一度巨大バッタになった後分散し、 或人の体を蝕むように身体に纏わり付く非常におぞましいものとなっており、これまでのゼロワンの変身プロセスの中で最も不穏なイメージを抱かせる。 に 無理やり変身させられた初変身時に至っては、暗黒のオーラが終始漂い、更には 変身時のバッタの大群の中に漆黒の個体が多数混じるという状態であり、禍々しさがより一層強調されている。 能力 装甲には硬度・可塑性・密度を自在に変化させる相転移制御特性を持つ特殊金属「飛電メタル」が使用されており、攻撃時には無数の小さなバッタ「クラスターセル」に変形し、ゼロワンから変幻自在に分離して縦横無尽に飛び回る。 その為、攻撃時は素体が丸出しになる。 上述の飛電メタルやクラスターセルを操る機能は「クラスターテンペスト」と呼ばれており、それらは敵味方関係なく襲いかかり、殺到すれば蝗害の如くの装甲だろうと、の装甲だろうと削り取り、空中で集合すれば最強の矛にも盾にもなる。 この能力により、を一瞬にして戦闘不能にし、とっさに回避したも腕部装甲を破壊された。 更に、それまで他を圧倒していたサウザーを 通常攻撃だけで変身解除に追い込み、作中で初の白星を挙げている。 作中は装甲や服装を食い尽くす程度に収まっているが、設定上ではすることを可能としている。 ただし、のように質量が大きすぎると簡単には削り取れない様子。 状況への反応も非常に素早く、サウザーがサウザンドジャッカーを投げつけてセルを使わせた上で背後に回っても、即座に盾を再形成して攻撃を防ぎきった。 サウザーがこのクラスターセルを破るために サウザンドブレイクでこれまでコピーしてきた全てのライダモデルをぶつける必要があったことからも、その防御力の高さが窺える。 クラスターセルを操っている際のゼロワンは その場から移動しておらず、それどころか指一本動かす挙動すら見せていない。 これが操作中の仕様なのか、単に暴走状態だから動けないのかは現時点では不明(ただ、サウザーの首を鷲掴みにしていることから、 そもそも動く必要性すら無かったとも考えられる)。 第23話では自分から動いての格闘戦もしていたが、クラスターセルを操作している間はやはり移動していない(背後の相手に向き直った程度)。 それでいて上述のスペックを見ればわかる通り、通常の格闘戦も強く、相手を踏みつけたりと粗暴且つ機械の如く正確で冷徹な戦闘スタイルを取る。 変身中は衛星アークに接続された状態になり、変身者はアークの滅亡の意志( おびただしい数の「凶」「殺」「怨」「痛」「恨」等の負の感情を連想させると人間の悲鳴で表現されている)に晒され苦しむ事となる。 しかも 変身者のながら、アークの意志それ自体にも苛まれ続けるという恐ろしい事態に陥る(これは強制割込みプログラム「プリズメントチェイン」により、アークからの遠隔操作を受けるようになっている事や後述のプログライズキーの仕様によるもの)。 このため、 変身中は終始無言で唸り声を上げる事もなく、基本的に常に顔を俯け、相手の攻撃を受けてもほぼ無反応という、人間が変身しているとは思えない程の無機質さを漂わせている。 変身による反動もアサルトウルフほどではないようだがあるらしく、さらに変身後の或人の目にはアークから浴びせられた人間の悪意や天津への憎しみが残っており、アークもそれに反応するかのように怪しく発光する様子が見られ、第24話ではベッドの中で悪意に苛まれているような描写も見られた。 ちなみに、このプログライズキー自体に悪意のデータを保護するための断熱コーティングがなされている事に加えて、自分から変身解除できないように、上述の形で という機能がある為、破壊は困難であると推測される。 その上、一度でも使用すればゼロワンドライバーは他のプログライズキーを一切認証しなくなるようプログラムが書き換えられてしまうので、 一度変身したら自力で変身解除不能、それができたとしても 他の形態に変身できず嫌でもメタルクラスタホッパーを使わざるを得なくなる、という非常に厄介な性質を持っている。 このため、第22話では生身の天津に対し攻撃を加えようとした所を、「これ以上は流石にヤバい」とに無理矢理ベルトを剥ぎ取られた事で、第23話では不破と協力したにキーを引き抜かれてようやく変身が解除された。 上記の戦闘力の凄まじさも相まって、不破からは 「ゼロワンじゃない別の何か」と評されている(変身直後のゼロワンの複眼が赤から、若草色に変化した事もそれを裏付けると思われる)。 変身解除させられ危うく命を落としかねなかったにも関わらず、むしろ天津は 「ZAIAのシナリオがクライマックスに達する」と喜んでいる様子であり、この形態を生み出したのには何か意味があると思われるが…? 暴走の克服 「フフッ…わかんねえだろ。 俺もわかんない」 「でも、俺だけの力じゃできなかった!」 「ヒューマギアを信じたから、できたんだ!」 第24話にてアークの悪意に対抗するべくヒューマギア達の善意を集めて製造された の入手によって暴走を克服し、自らの意思で制御が可能となった。 これ以降、クラスターセルの使い方の幅が広がり、従来の使い方に加え、刃に変換して斬撃の威力を増強したり、刃の部分を飛ばしたり、刃先から手裏剣のごとく飛ばしたり、果ては 空中に足場を作り出したりと多彩な戦術を見せている。 ちなみに暴走時よりも明らかに大量のクラスターセルを使うことが度々あるが、以前のように素体が丸出しになる描写は少なくなっている。 さらに。 なお、これに伴って他の形態にも再び変身が可能になったほか、変身プロセスも禍々しさの薄い黄色い発光を伴ったものに変化している それでも一定の禍々しさはあるのがメタルクラスタホッパーならではの魅力でもある。 その為、『宿命のギャグバトル』では「ゼロワン最強の姿」と紹介されており、登場までは と並ぶゼロワンライダー最強格とされていた。 ただ、メタルクラスタホッパーは大量のバッタでの破壊、言わば 一貫性がメインなのに対し、ランペイジバルカンは多彩なライダモデルの打ち分けに重きを置いた 多様性に特化している点で対になるというのが興味深いところである。 ただ、ランペイジバルカンがチップへの干渉でまともに戦えないことがある中、ゼロワンにはそういった干渉が無い為、現状アークに1対1の戦いでは唯一まともに喰らい付くことが出来る存在である。 なお、を踏まえれば「最強のゼロワン」という表現自体は間違っていない。 使用アイテム 第31話では・の「バーニングレインラッシュ」とのを披露し、サウザーを撃退した。 この時はクラスターセルを盾型に形成してサウザーの迎撃をかわし、円錐状に再形成しつつ突撃するという形式だった。 ではを指揮棒にクラスターセルを敵に嗾しかけ、トドメに二回本命のメタルライジングインパクトを浴びせる演出となっている。 ガンバライジングでの必殺技• 鎧武ズアビリティ(オンステージングカバンストラッシュ) アタッシュカリバーにをセットし発動。 との2刀流で相手を切る技。 オンステージングインパクト オンステージング鎧武プログライズキーを起動し、鎧武を呼び出してから一緒に無頼キックを放つ。 初変身の際、変身終了直後の複眼は 赤だった。 が、たった7秒で蛍光イエローに染まったため 『幻のメタルクラスタホッパー』と呼ばれてたとか呼ばれて無いとか。 衛星ゼアがキーを構築していたら複眼が赤いままだった可能性も考えられる。 実は2月のジャンクションにて先行登場しており、公式サイトでの予告画像、 (cluster=集まる、大群)と言う不穏な要素から、ネット上では早くも 「暴走フォームなのではないか?」と不安視されており、銀一色の色合いも相まって多くのライダーファンの脳裏にトラウマとして焼き付いているを思い出す意見も見られていた。 自分の意思に反して暴走してしまう形態は、過去のライダー作品にも存在していたが、メタルクラスタホッパーの場合は自身が動かずとも、バッタの群れが攻撃を代行する形になっており、変身中も自我は保たれているため、余計に 「自分の意思に反して攻撃してしまう様を見せつけられる」一面が際立っている。 正に 「バッタの群れが体現した人間の悪意」を見せ付けるエグい形態と言える。 或人(や視聴者)が天津に対して溜めに溜めた怒りが皮肉にもでハッキングされたヒューマギアと同じ形で爆発し、図らずも天津が言ったように「感情で暴走するヒューマギアと同じ」になり果ててしまったエグい展開や上記の恐ろしい変身も相まって、人によっては ハザード以上にトラウマになった視聴者も存在する。 本形態へ変身し、人間の悪意に晒された或人を心配する声も多い。 上記の通り、ハザードを彷彿とさせる、もしくは上回る恐ろしい戦闘能力から、 2代目ハザードフォームという異名を付けられている。 一方で、「 のようにCGに相当金がかかっているのでは?」という別の心配をする声もある(そちらもモチーフの1つに、バッタの大群が含まれている)。 そのためか、第23話以降はバッタの大群攻撃は控えめになっている。 元ネタはバッタが相変異を起こし、集団で移動するように性質が変化した 群生相、およびそれによって引き起こされる と思われる。 バッタモチーフのライダーは多く居るものの、バッタの害虫としての側面である群生相を直接的にモチーフとしたのは今回が初となる。 天津は第23話にて 「バッタは本来大群で作物を荒らし最後は共食いまでする獰猛な生物」と語っており、敵味方の区別がつかない状態になるこの形態の説得力を高めている。 偶然にも、登場直前の2月3日にはアフリカ東部でサバクトビバッタが大量発生し、政府が国家非常事態を宣言した事がニュースになった。 旧約聖書・出エジプト記に登場する契約の箱アークには、マナを納めた金の壺、アロンの杖、十戒を記した石版が入っており、その一つであるアロンの杖は十の災いを引き起こした。 その八番目の災いに蝗の災いがあり、朝方にイナゴの大群が押し寄せ、太陽の光を遮り地上の草木は食い尽くされた。 アークにメタルクラスタホッパーのキーを作らせた天津垓は「仮面ライダーの 神話」なる言葉を発したことがあるが……。 複数の金属原子が一個の化合物分子のような特定の配列構造を形成した状態は「金属 クラスタ錯体」と呼ばれ、これもメタルクラスタホッパーの名前および金属のバッタを変幻自在に攻守に扱う能力の由来の一つとなっていると考えられる。 共々、とは思えぬスペックの高さや能力から、 「はこれらを上回るとんでもない強さのバケモノが誕生するのでは?」という別の懸念もされている。 登場時期的には2月なのでのポジションに見えるが3つ目の強化形態なのでの強化フォーム枠ではないかとも言われている 実際、スペックは トリニティを上回るので違和感はないが。 その一方、第34話では文字通り「作物を荒らしてしまう」二次被害を恐れてか農業用ハウスの敷地内では変身せず、続く第35話では変身解除までには至っていないものの4体のを相手に苦戦を強いられており、クラスターテンペストを活かしづらい状況や敵とはやや相性が悪いようである(前者では同じく中間形態のが接近戦で被害拡大を防いだほか、やはり中間形態のは、第16話にて大量のギーガーを相手にした際、シャインシステムを使ってこれらを一瞬で粉砕している)。 それは、や、でも同様である。 防衛線での圧勝なんて出来るのは一部のRPGやアクション・無双系のゲーム位である。 色合いや肩装甲の形状から、ののも連想させる。 実際、このフォームの発表直後のにて、その兄弟とコラボしたキャンペーンカードが出た。 変身音自体は今までのと比べると音楽調(それもメタル繋がりかメタル調)になっており、TVCMや玩具の音声の良さからとても暴走するとは感じなかった視聴者もいた模様。 或人を演じる氏は衛星アークに接続された状態の夢を実際に見たと言い、「自分の中になんか響いちゃってるな」と思ったようである。 関連タグ :暴走フォームかつ、お互いほぼ一色の体色や、 初登場時にトラウマになったフォームという点、アプローチは違うとはいえ、ある理由から この形態じゃないと戦えない等、暴走フォームの中でも特に共通点が多い。 また、が同じシステムを利用している。 :モチーフの1つ。 特に暴走状態のイラストにこのタグがつけられることが多い。 関連記事 親記事.

次の

【ツムツム】ほっぺが赤いツムを使ってマイツムを合計320コ消そう

ほつぺが赤いツム

メタルライズ!! Secret material! 飛電メタル! メタルクラスタホッパー! It's High Quality. 概要 にが製作したを装填して変身したの強化形態。 極秘という点は、が本形態の名前を知っていた関係から「飛電インテリジェンスにおいて存在が秘匿されていた」という意味と、飛電メタルという素材が「秘伝の素材」であるという意味合いもあるからと思われる。 文だけ見れば飛電メタルという素材を讃えているだけのように見えるが、後述する禍々しさからすると「高品質」というのは些か皮肉の強い表現だろう。 ちなみにこの飛電メタルだが、名称から飛電インテリジェンス製と思われがちだが本社にデータはなく、何故かのアジトにデータが存在しており、何らかの経緯でデータごと盗まれたという考察があるが……? スペック 身長 196. 5cm 体重 110. 7kg パンチ力 44. 8t キック力 93. 0t ジャンプ力 102. 9m(ひと跳び) 走力 1. 2秒(100m) 中間フォームながらも 近年の最終フォームと同等かそれ以上のスペックをもち、キック力はシャイニングアサルトホッパーのほぼ1. 3倍、パンチ力は2倍近くにまで上がっている。 のと比べてもほぼ倍近いどころか、その次のさえも上回るという破格のスペックを持っている。 そのため、後述の能力も合わせて凄まじい戦闘力を誇る。 容姿 その名を表したかの如く、全身が鈍いに輝く金属質な見た目となっており、頭部や肩などが鋭利な形状に変化している。 蛍光イエローの複眼と全身に駆け巡るエネルギーライン兼特殊装甲「MCHライナー」を持ち、造形や配色も前形態のシャイニングアサルトホッパーよりも非常にシンプル。 色合い的に、金や黒をベースとしたとは対になった配色にも見える。 また、今までのやはの素体を使用しているのに対し、こちらは制作元の違いからか、全く新しい素体となっている。 変身プロセスは、大量のバッタが一度巨大バッタになった後分散し、 或人の体を蝕むように身体に纏わり付く非常におぞましいものとなっており、これまでのゼロワンの変身プロセスの中で最も不穏なイメージを抱かせる。 に 無理やり変身させられた初変身時に至っては、暗黒のオーラが終始漂い、更には 変身時のバッタの大群の中に漆黒の個体が多数混じるという状態であり、禍々しさがより一層強調されている。 能力 装甲には硬度・可塑性・密度を自在に変化させる相転移制御特性を持つ特殊金属「飛電メタル」が使用されており、攻撃時には無数の小さなバッタ「クラスターセル」に変形し、ゼロワンから変幻自在に分離して縦横無尽に飛び回る。 その為、攻撃時は素体が丸出しになる。 上述の飛電メタルやクラスターセルを操る機能は「クラスターテンペスト」と呼ばれており、それらは敵味方関係なく襲いかかり、殺到すれば蝗害の如くの装甲だろうと、の装甲だろうと削り取り、空中で集合すれば最強の矛にも盾にもなる。 この能力により、を一瞬にして戦闘不能にし、とっさに回避したも腕部装甲を破壊された。 更に、それまで他を圧倒していたサウザーを 通常攻撃だけで変身解除に追い込み、作中で初の白星を挙げている。 作中は装甲や服装を食い尽くす程度に収まっているが、設定上ではすることを可能としている。 ただし、のように質量が大きすぎると簡単には削り取れない様子。 状況への反応も非常に素早く、サウザーがサウザンドジャッカーを投げつけてセルを使わせた上で背後に回っても、即座に盾を再形成して攻撃を防ぎきった。 サウザーがこのクラスターセルを破るために サウザンドブレイクでこれまでコピーしてきた全てのライダモデルをぶつける必要があったことからも、その防御力の高さが窺える。 クラスターセルを操っている際のゼロワンは その場から移動しておらず、それどころか指一本動かす挙動すら見せていない。 これが操作中の仕様なのか、単に暴走状態だから動けないのかは現時点では不明(ただ、サウザーの首を鷲掴みにしていることから、 そもそも動く必要性すら無かったとも考えられる)。 第23話では自分から動いての格闘戦もしていたが、クラスターセルを操作している間はやはり移動していない(背後の相手に向き直った程度)。 それでいて上述のスペックを見ればわかる通り、通常の格闘戦も強く、相手を踏みつけたりと粗暴且つ機械の如く正確で冷徹な戦闘スタイルを取る。 変身中は衛星アークに接続された状態になり、変身者はアークの滅亡の意志( おびただしい数の「凶」「殺」「怨」「痛」「恨」等の負の感情を連想させると人間の悲鳴で表現されている)に晒され苦しむ事となる。 しかも 変身者のながら、アークの意志それ自体にも苛まれ続けるという恐ろしい事態に陥る(これは強制割込みプログラム「プリズメントチェイン」により、アークからの遠隔操作を受けるようになっている事や後述のプログライズキーの仕様によるもの)。 このため、 変身中は終始無言で唸り声を上げる事もなく、基本的に常に顔を俯け、相手の攻撃を受けてもほぼ無反応という、人間が変身しているとは思えない程の無機質さを漂わせている。 変身による反動もアサルトウルフほどではないようだがあるらしく、さらに変身後の或人の目にはアークから浴びせられた人間の悪意や天津への憎しみが残っており、アークもそれに反応するかのように怪しく発光する様子が見られ、第24話ではベッドの中で悪意に苛まれているような描写も見られた。 ちなみに、このプログライズキー自体に悪意のデータを保護するための断熱コーティングがなされている事に加えて、自分から変身解除できないように、上述の形で という機能がある為、破壊は困難であると推測される。 その上、一度でも使用すればゼロワンドライバーは他のプログライズキーを一切認証しなくなるようプログラムが書き換えられてしまうので、 一度変身したら自力で変身解除不能、それができたとしても 他の形態に変身できず嫌でもメタルクラスタホッパーを使わざるを得なくなる、という非常に厄介な性質を持っている。 このため、第22話では生身の天津に対し攻撃を加えようとした所を、「これ以上は流石にヤバい」とに無理矢理ベルトを剥ぎ取られた事で、第23話では不破と協力したにキーを引き抜かれてようやく変身が解除された。 上記の戦闘力の凄まじさも相まって、不破からは 「ゼロワンじゃない別の何か」と評されている(変身直後のゼロワンの複眼が赤から、若草色に変化した事もそれを裏付けると思われる)。 変身解除させられ危うく命を落としかねなかったにも関わらず、むしろ天津は 「ZAIAのシナリオがクライマックスに達する」と喜んでいる様子であり、この形態を生み出したのには何か意味があると思われるが…? 暴走の克服 「フフッ…わかんねえだろ。 俺もわかんない」 「でも、俺だけの力じゃできなかった!」 「ヒューマギアを信じたから、できたんだ!」 第24話にてアークの悪意に対抗するべくヒューマギア達の善意を集めて製造された の入手によって暴走を克服し、自らの意思で制御が可能となった。 これ以降、クラスターセルの使い方の幅が広がり、従来の使い方に加え、刃に変換して斬撃の威力を増強したり、刃の部分を飛ばしたり、刃先から手裏剣のごとく飛ばしたり、果ては 空中に足場を作り出したりと多彩な戦術を見せている。 ちなみに暴走時よりも明らかに大量のクラスターセルを使うことが度々あるが、以前のように素体が丸出しになる描写は少なくなっている。 さらに。 なお、これに伴って他の形態にも再び変身が可能になったほか、変身プロセスも禍々しさの薄い黄色い発光を伴ったものに変化している それでも一定の禍々しさはあるのがメタルクラスタホッパーならではの魅力でもある。 その為、『宿命のギャグバトル』では「ゼロワン最強の姿」と紹介されており、登場までは と並ぶゼロワンライダー最強格とされていた。 ただ、メタルクラスタホッパーは大量のバッタでの破壊、言わば 一貫性がメインなのに対し、ランペイジバルカンは多彩なライダモデルの打ち分けに重きを置いた 多様性に特化している点で対になるというのが興味深いところである。 ただ、ランペイジバルカンがチップへの干渉でまともに戦えないことがある中、ゼロワンにはそういった干渉が無い為、現状アークに1対1の戦いでは唯一まともに喰らい付くことが出来る存在である。 なお、を踏まえれば「最強のゼロワン」という表現自体は間違っていない。 使用アイテム 第31話では・の「バーニングレインラッシュ」とのを披露し、サウザーを撃退した。 この時はクラスターセルを盾型に形成してサウザーの迎撃をかわし、円錐状に再形成しつつ突撃するという形式だった。 ではを指揮棒にクラスターセルを敵に嗾しかけ、トドメに二回本命のメタルライジングインパクトを浴びせる演出となっている。 ガンバライジングでの必殺技• 鎧武ズアビリティ(オンステージングカバンストラッシュ) アタッシュカリバーにをセットし発動。 との2刀流で相手を切る技。 オンステージングインパクト オンステージング鎧武プログライズキーを起動し、鎧武を呼び出してから一緒に無頼キックを放つ。 初変身の際、変身終了直後の複眼は 赤だった。 が、たった7秒で蛍光イエローに染まったため 『幻のメタルクラスタホッパー』と呼ばれてたとか呼ばれて無いとか。 衛星ゼアがキーを構築していたら複眼が赤いままだった可能性も考えられる。 実は2月のジャンクションにて先行登場しており、公式サイトでの予告画像、 (cluster=集まる、大群)と言う不穏な要素から、ネット上では早くも 「暴走フォームなのではないか?」と不安視されており、銀一色の色合いも相まって多くのライダーファンの脳裏にトラウマとして焼き付いているを思い出す意見も見られていた。 自分の意思に反して暴走してしまう形態は、過去のライダー作品にも存在していたが、メタルクラスタホッパーの場合は自身が動かずとも、バッタの群れが攻撃を代行する形になっており、変身中も自我は保たれているため、余計に 「自分の意思に反して攻撃してしまう様を見せつけられる」一面が際立っている。 正に 「バッタの群れが体現した人間の悪意」を見せ付けるエグい形態と言える。 或人(や視聴者)が天津に対して溜めに溜めた怒りが皮肉にもでハッキングされたヒューマギアと同じ形で爆発し、図らずも天津が言ったように「感情で暴走するヒューマギアと同じ」になり果ててしまったエグい展開や上記の恐ろしい変身も相まって、人によっては ハザード以上にトラウマになった視聴者も存在する。 本形態へ変身し、人間の悪意に晒された或人を心配する声も多い。 上記の通り、ハザードを彷彿とさせる、もしくは上回る恐ろしい戦闘能力から、 2代目ハザードフォームという異名を付けられている。 一方で、「 のようにCGに相当金がかかっているのでは?」という別の心配をする声もある(そちらもモチーフの1つに、バッタの大群が含まれている)。 そのためか、第23話以降はバッタの大群攻撃は控えめになっている。 元ネタはバッタが相変異を起こし、集団で移動するように性質が変化した 群生相、およびそれによって引き起こされる と思われる。 バッタモチーフのライダーは多く居るものの、バッタの害虫としての側面である群生相を直接的にモチーフとしたのは今回が初となる。 天津は第23話にて 「バッタは本来大群で作物を荒らし最後は共食いまでする獰猛な生物」と語っており、敵味方の区別がつかない状態になるこの形態の説得力を高めている。 偶然にも、登場直前の2月3日にはアフリカ東部でサバクトビバッタが大量発生し、政府が国家非常事態を宣言した事がニュースになった。 旧約聖書・出エジプト記に登場する契約の箱アークには、マナを納めた金の壺、アロンの杖、十戒を記した石版が入っており、その一つであるアロンの杖は十の災いを引き起こした。 その八番目の災いに蝗の災いがあり、朝方にイナゴの大群が押し寄せ、太陽の光を遮り地上の草木は食い尽くされた。 アークにメタルクラスタホッパーのキーを作らせた天津垓は「仮面ライダーの 神話」なる言葉を発したことがあるが……。 複数の金属原子が一個の化合物分子のような特定の配列構造を形成した状態は「金属 クラスタ錯体」と呼ばれ、これもメタルクラスタホッパーの名前および金属のバッタを変幻自在に攻守に扱う能力の由来の一つとなっていると考えられる。 共々、とは思えぬスペックの高さや能力から、 「はこれらを上回るとんでもない強さのバケモノが誕生するのでは?」という別の懸念もされている。 登場時期的には2月なのでのポジションに見えるが3つ目の強化形態なのでの強化フォーム枠ではないかとも言われている 実際、スペックは トリニティを上回るので違和感はないが。 その一方、第34話では文字通り「作物を荒らしてしまう」二次被害を恐れてか農業用ハウスの敷地内では変身せず、続く第35話では変身解除までには至っていないものの4体のを相手に苦戦を強いられており、クラスターテンペストを活かしづらい状況や敵とはやや相性が悪いようである(前者では同じく中間形態のが接近戦で被害拡大を防いだほか、やはり中間形態のは、第16話にて大量のギーガーを相手にした際、シャインシステムを使ってこれらを一瞬で粉砕している)。 それは、や、でも同様である。 防衛線での圧勝なんて出来るのは一部のRPGやアクション・無双系のゲーム位である。 色合いや肩装甲の形状から、ののも連想させる。 実際、このフォームの発表直後のにて、その兄弟とコラボしたキャンペーンカードが出た。 変身音自体は今までのと比べると音楽調(それもメタル繋がりかメタル調)になっており、TVCMや玩具の音声の良さからとても暴走するとは感じなかった視聴者もいた模様。 或人を演じる氏は衛星アークに接続された状態の夢を実際に見たと言い、「自分の中になんか響いちゃってるな」と思ったようである。 関連タグ :暴走フォームかつ、お互いほぼ一色の体色や、 初登場時にトラウマになったフォームという点、アプローチは違うとはいえ、ある理由から この形態じゃないと戦えない等、暴走フォームの中でも特に共通点が多い。 また、が同じシステムを利用している。 :モチーフの1つ。 特に暴走状態のイラストにこのタグがつけられることが多い。 関連記事 親記事.

次の