台湾 豆乳 スープ。 台湾現地の最新グルメ!日本でも話題のゆるふわ豆乳スープ「鹹豆漿(シェントウジャン)」レシピをお届け♪

塩豆乳スープ(鹹豆漿)の作り方 台湾の伝統的朝食の定番は超簡単!!

台湾 豆乳 スープ

鹹豆漿とは、の一つです。 中国語では「鹹」は塩味を表し、「豆漿」は豆乳を表しますので、塩味の豆乳となり、一般的に日本語では塩豆乳スープと呼んでいます。 台湾ではミルクと言えば、牛乳よりも、むしろ豆乳の方が一般的です。 豆乳専門店があるくらい台湾では飲み物として豆乳が人気があります。 何となく動物性ミルクよりも植物性ミルクの方が体に良さそうですね。 ちなみに、もあります。 豆乳に塩味を付けて飲むと聞くと、一つの疑問が湧きますね。 日本であれば、牛乳には砂糖を入れて、少し甘くして飲むのが一般的ですが、台湾では塩を入れてスープにして具材を入れて飲むのが伝統料理になっています。 鹹豆漿の味は、一旦嵌ってしまうと病み付きになるような美味しさです。 それに、肉料理が多い台湾では珍しく、肉類が使われていないため、何となく身体に良さそうなところも良いですね。 私の感想では、鹹豆漿の味を他の料理で例えるとすれば、茶碗蒸しを限りなくシンプルにして、少し醤油あるいは塩味を強くしたスープというものです。 干し大根のコリコリした食感も干しエビの香ばしい香りもGOOD!! 塩豆乳スープ(鹹豆漿)の材料 材料• 薬味の葱を刻んでおきます。 干し大根を1cm角程度に切っておきます。 鍋で豆乳を温め、塩と醤油と酢で味を調え、軽く沸騰させます。 丼に油條と干し大根を入れておき、その中に上記の豆乳を注ぎます。 ごま油をお好みで垂らし、ネギを添えます。 料理のポイント 「油條」は台湾特有の食材のため、日本ではあまり見られない食べ物ですが、一言で言えば、中華風の味が付けてない揚げパンです。 小麦粉(強力粉)で作られた中華風揚げパンです。 このまま食べることは少なく、一般的には豆漿に漬けて食べるものです。 日本では豆漿を作る時には、わざわざ油條を作らなくても、食パンをカリカリになるまで、オーブントースターで焼いたもので代用しましょう。 あるいは、軽くバターを塗ってから焼けば、更にコクがあり香ばしい香りが引き立ちます。 また、台湾ではサクラエビのような干しエビを軽く炒めたものを、具材として使うことも多いです。 豆乳スープにコクが出て、香りが引き立ちます。

次の

5分でできる、鹹豆漿(台湾風豆乳スープ)

台湾 豆乳 スープ

寝ぼけたカラダを快適にスタートさせるためには、体温を上げるタンパク質をたっぷり含む大豆を朝食に摂りたいもの。 大豆は食物繊維やミネラルなどの栄養素に富んでいるうえ、大豆に含まれるイソフラボンは卵胞ホルモンに似た働きをし、女性らしい体づくりをサポートしてくれるのです。 つまり、朝食にみそ汁を飲むのは大変理にかなっているのですが、「みそ汁を作る時間がないよ〜」とお嘆きの方は、 2分で作れる豆乳スープ「鹹豆漿(シェントウジャン)」はいかがでしょう。 台湾の朝食メニューの定番・豆乳スープ 台湾では大衆に好まれる朝食メニューで、 胃に優しく腹持ちがよいのが魅力です。 作り方もとっても簡単。 温めた豆乳に酢をぐるっと回しがけるだけで、ドロっとしたスープが完成します。 あらかじめ刻んでおいた薬味や具を混ぜて、お好みの味付けでどうぞ。 2分で作れる!台湾流・豆乳スープ「鹹豆漿」レシピ <材料(1人前)>・無調整豆乳:200ml・酢(黒酢がおすすめ):大さじ1・お好みの薬味・具:(針しょうが、長ネギ、シャンツァイ、ごま、桜エビ、ハムのみじんぎり、ザーサイや漬物のみじんぎり、しらす干しなどが合います)、ラー油、しょうゆ、ポン酢など <作り方>(1)豆乳をレンジでチンか、火にかけて温めます。 (2)丼ぶりにお好みの薬味や具を入れて、1を加えます。 (3)酢を回しかけると凝固が始まります。 (4)ハムや漬物の具であれば塩分は十分ですが、お好みに応じてしょうゆなどで味付けを。 (5)油条(揚げパン)を加えると本場の味に。 フランスパンの薄切りやクルトンで代用してもよさそう。 朝一杯の 鹹豆漿で、元気に一日をスタートしましょう! (さとう葉) Main Photo by via.

次の

台湾の個人的ベストオブ朝食「豆乳スープ」。台北の有名店「世紀豆漿大王」へ

台湾 豆乳 スープ

神保町から九段下にかけては役所関連や企業関連が多く、朝の人の流れも多い場所です。 開店前に少しづつ情報が出てきており豆漿のお店であること、そして魯肉飯も同時に出されるとわかれば楽しみでしかたがありません。 開店祝いの花がまだ元気な入り口、夏の向かう日差しに照らされたお店は台湾を思わせるよう。 台湾らしい夏も良いですが、陽が斜めに入る冬も気持ち良さそう。 ランチ時間ということもあり続々と人がきます。 開店2週間でこれだけ増えてくれるのはこの状況で嬉しいことでしょう。 日を追うごとにメニューも増えてきており蛋餅や蔥油餅、胡椒餅も出てきたりと多彩なメニューになりつつあります。 もちろんメインは毎朝絞る豆乳を使ったメニューである豆漿、スープのように飲む 食べる 鹹豆漿や甘い甜豆漿まで揃います。 店内は思いの外広く落ち着いたもの。 朝にゆっくりと食べるのも気持ち良さそうです。 木とコンクリートの素っ気ない雰囲気が好きで通ってしまいます。 間口から見える外は東京なのか、それとも台湾なのか。 そう感じざるおえないものがあります。 ふと見つけた台湾ビールのグラス。 やっぱり台湾好きの仲間だと思ってしまうものでついついニヤリとしてしまいます。 さて、セットなどではなく、魯肉飯と鹹豆漿それぞれ単品をオーダー。 魯肉飯と雞肉飯にはスープがセットされています。 まずは鹹豆漿から。 桜海老の香りと酢の香り、豆乳の良い香りがあり、そして旨味がありつつも優しく朝食としてちょうど良いボリュームがあります。 これに油條を一本追加するのがちょうどよさそう。 鹹豆漿は熱い豆乳に酢と塩分 醤油 を加えることでおぼろ豆腐のように固まったものを食べるもの。 豆乳が固形になり水分が出るために豆乳スープとも思われますが元々は豆乳から分離したもので大豆の旨味を吸ったスープも美味しいんです。 魯肉飯は甘みがあり油がしっかりと落とされたもの。 八角などは感じられず上品に仕上がっています。 汁気は少なくご飯に染みご飯も食べる楽しみは少ないですが持ち帰りも考えるとちょうど良い塩梅になりそうです。 味も濃すぎず飽きない魯肉飯で近くにあって欲しいと思うもの。 営業時間が午前中のため、夕方はやっていませんがまた伺うことにしましょう。 ごちそうさま。

次の