ハングル表記表。 日本語のハングル表記

外来語表記法 (大韓民国)

ハングル表記表

このページでは日本語のひらがな五十音に対応するハングル文字が分かるように一覧表にまとめました。 これを見れば韓国語の読み方も分かるし、ハングルであなたの名前も書けます。 これがあればハングル文字であなたの名前や住所が書けて、 韓国旅行や自己紹介に役立ちます。 日本語は韓国から見れば外国語です。 日本語では外国語はカタカナで書きますが、 韓国語ではそのままハングルで書きます。 例えば韓国旅行などでは名前や住所などをハングルで書く場合もあります。 それに必要なひらがなと対応するハングルの一覧表をまとめました。 韓国語の初心者で勉強中の方は発音の確認に役立ててください。 最後までぜひ読んで下さい。 ひらがな50音とハングル対応一覧表 まずはザックリとひらがな50音とハングル対応一覧表をどうぞ。 あ~んまでの画像(クリックで拡大できます) 大きくなったので2つに分けました。 濁音付き~りょまで(クリックで拡大できます) 解説付きの一覧表 ひらがなに対応するハングルの一覧表です。 行ごとに詳しい解説をしてあります。 あわせて読んでください。 あ い う え お 아 이 우 에 오 あ行(母音)は子音部分にㅇを書きます。 か き く け こ 語頭 가 기 구 게 고 語中 카 키 쿠 케 코 か行は子音のㄱを使います。 か行の場合には有声音化に注意が必要です。 語頭(はじめの音)の場合はそのままか行で発音しますが、語中(はじめの音以外)では 有声音(濁音)になります。 たとえば가가と書くと「かが」と読むことになります。 語中でか行を書く場合は激音のㅋの子音を使います。 激音は有声音化をしないので語中でもか行のままです。 さ し す せ そ 사 시 수 세 소 さ行は子音のㅅを使います。 さ行は語中にあっても有声音化しません。 韓国語には「ざ、ず、ぜ、ぞ」の音がありません。 (このページのまとめ参照) ざ行を書きたい場合は他の子音(ㅈ)を替わりに使います。 た ち つ て と 語頭 다 지 주 데 도 語中 타 치 추 테 토 た行は子音のㄷを使います。 か行と同じく有声音化に注意です。 語中では子音のㅌを使います。 また、た行はち、つの場合には子音が変わります。 子音のㄷは「た、て、と」の音しか表現できません。 ち、つを書く場合はㅈ(語中ではㅊ)を使います。 韓国語には「つ」の音がないので주(語中では추)だと「ちゅ」の発音になりますがこれを代用します。 促音(小さいつ)はパッチムのㅅを使います。 (このページのまとめ参照) な に ぬ ね の 나 니 누 네 노 な行は子音のㄴを使います。 は ひ ふ へ ほ 하 히 후 헤 호 は行は子音のㅎを使います。 ま み む め も 마 미 무 메 모 ま行は子音のㅁを使います。 や - ゆ - よ 야 - 유 - 요 や行は子音はㅇを使います。 韓国語ではや行も母音とされるので母音発音を表すㅇを使います。 母音はや行系の重母音のㅑ、ㅠ、ㅛを使います。 ら り る れ ろ 라 리 루 레 로 ら行は子音のㄹを使います。 わ - を - ん 와 - 오 - ㄴ 「わ」を書く場合は子音はㅇ、母音はわ行系重母音のㅘを使います。 ㅘはㅗとㅏを横に並べたものです。 「ん」はパッチムのㄴを書きます。 「ん」はパッチムでないと書けないので一文字では書けないことになります。 濁音に対応するハングル一覧表 濁音に対応するハングルの一覧表です。 ハングルには濁点がないのでややこしくなります。 韓国語の子音の平音って言語学的には濁音の発音に近いんです。 なのでそのまま子音の平音を使っても濁音として通じます。 語頭でも語中でも濁音になります。 (ややこしいですね) 実際の使用例などはこのページのまとめで解説します。 が ぎ ぐ げ ご 가 기 구 게 고 が行は子音のㄱを使います。 ざ じ ず ぜ ぞ 자 지 주 제 조 ざ行は子音のㅈを使います。 ざ行は韓国語にはない音なので「じゃ行」を代用します。 だ ぢ づ で ど 다 지 주 데 도 だ行は子音のㄷを使います。 た行の場合と同じく「ぢ、づ」の場合はㅈを代用します。 ば び ぶ べ ぼ 바 비 부 베 보 ば行は子音のㅂを使います。 ぱ行と区別するため、語頭にば行が来る場合は子音のㅃ(濃音)を使う場合があります。 ぱ ぴ ぷ ぺ ぽ 語頭 바 비 부 베 보 語中 파 피 푸 페 포 ぱ行は子音のㅂを使います。 語中では激音のㅍを使います。 小さい「や」がつく音一覧表 小さいやがつく音をまとめた一覧表です。 きゃ - きゅ - きょ 갸 - 규 - 교 しゃ - しゅ - しょ 샤 - 슈 - 쇼 ちゃ - ちゅ - ちょ 자 - 주 - 조 ひゃ - ひゅ - ひょ 햐 - 휴 - 효 びゃ - びゅ - びょ 뱌 - 뷰 - 뵤 ぴゃ - ぴゅ - ぴょ 퍄 - 퓨 - 표 みゃ - みゅ - みょ 먀 - 뮤 - 묘 りゃ - りゅ - りょ 랴 - 류 - 료 あなたの名前ハングルで書けます あなたの名前をハングル表記してみましょう。 日本人で多いとされている名前をいくつか例にとってハングル表記します。 こちらを参考としてチャレンジしてください。 (このコーナーでは敬称略させていただきます)下の解説とともにご覧ください。 なので2文字です。 英語の場合も「SATOU」ではなく「SATO」ですよね。 また、一郎の場合も「ICHIROU」ではなく「ICHIRO」になります。 (イチローとカタカナ表記すると違和感はありませんが) このように伸ばす音を文字として表現するのは日本語独特の特徴なんですね。 なので遠藤(ENDO)は엔도、加藤(KATO)は가토となります。 鈴木の場合は「ず」の音が韓国語にはないので「じゅ」を代用します。 なので「すじゅき」のように発音します。 それ以外の注意点としては特に有声音化の発音規則に注意してください。 2番目以降の文字に清音(濁らない音)がある場合は激音を使う、2番目以降に濁音がある場合は平音を使う。 上の例の田中、高橋、渡辺のハングル表記をよく見て平音、激音の使い方をマスターしてください。 このページのまとめ あいうえおのひらがなとそれぞれに対応するハングルの一覧表を作りました。 韓国語にはない音も含まれるので近い音を当てはめている部分もあります。 そのためこのほかの本やサイトと若干違う箇所もあります。 個人の見解によるものなのでどれも間違いではないです。 韓国語にはない音• じ以外のざ行• 語頭の濁音 例えば東京都葛飾区を韓国語で発音すると「도쿄토 가추시카쿠(とうきょうと かちゅしかく)」 のような発音になります。 (「つ」の音を「ちゅ」で代用しています) また、韓国ではピザを「피자(ピジャ)」と呼んでいます。 ざ・ず・ぜ・ぞは韓国語にはない音なのでこれらの音はじゃ・じゅ・じぇ・じょで代用します。 以上、 韓国語であいうえおが書ける、五十音対応表でした。 韓国語の教材選びに迷っている方へ.

次の

韓国語の読み方が分かる。五十音・ハングル一覧表|ハナコンブ

ハングル表記表

この記事の目次• 韓国語で書いた「あいうえお」一覧表 韓国語(ハングル)表記するうえで、いくつか注意点があります!表の下の【注意点】もしっかり見てくださいね! ひらがな あ 아 い 이 う 우 え 에 お 오 か 가(카) き 기(키) く 구(쿠) け 게(케) こ 고(코) さ 사 し 시 す 스 せ 세 そ 소 た 다(타) ち 지(치) つ 즈(츠) て 데(테) と 도(토) な 나 に 니 ぬ 누 ね 네 の 노 は 하 ひ 히 ふ 후 へ 헤 ほ 호 ま 마 み 미 む 무 め 메 も 모 や 야 ゆ 유 よ 요 ら 라 り 리 る 루 れ 레 ろ 로 わ 와 を 워 ん ㄴ 注意か行・た行に()のついた文字がありますが、文頭以外で使う時はカッコの中の文字を使います。 その他の例 名前・地名 ハングル表記 あんな 안나 かんた 간타 しんじ 신지 新宿 신주쿠 仙台 센다이 韓国語で小さい「っ」を書く 韓国語の小さい「っ」もパッチム ㅅを使って書きます。 小さい「っ」も「ん」の時のように前くる文字の下に付けると覚えてください。 名前・地名 ハングル表記 札幌 삿포로 鳥取 돗토리 韓国語の「ざじずぜぞ」の発音 韓国語には「ざじずぜぞ」の発音がありません。 (もっと正確にいうと「z」を使った発音がない) なので韓国の人には日本語の「ざじずぜぞ」が「じゃじじゅじぇじょ」に聞こえるようです。 言葉が違えばそんなこともあるよな! そのため「ざじずぜぞ」を書くときは「じゃじじゅじぇじょ」と同じ書き方を使って表します。 ざ じ ず ぜ ぞ 자 지 즈 제 조 韓国語の「つ・づ」の発音 「ざじずぜぞ」と同じように、 韓国語には日本語の「つ・づ」とピッタリ同じ発音がありません。 なので「つ・づ」は一番発音が近い「ちゅ ・ じゅ」を使って表します。 つ づ 즈(츠) 즈 韓国語は伸ばさない! 韓国語には伸ばすという概念がないんです! なので、「東京(トーキョー)」は「도쿄(トキョ)」と言われますし、「大阪(オーサカ)」だって「오사카(オサカ)」になるんです。 それは名前を書く時も同じことで、例えば「佐藤(さとう)」という名前をハングルで書くと「사토」となります。

次の

ハングルは英語で何て言うの?ハングルの英語表記のルールなどのまとめ

ハングル表記表

この記事の目次• ハングル文字の母音と子音の種類と組み合わせ方 ハングル文字の母音と子音の組み合わせ方は、大きく分けると2種類。 「子音+母音」もしくは「子音+母音+子音」です。 「子音+母音」の組み合わせは日本語と同じなので、わかりやすいと思います。 一方、「子音+母音+子音」は韓国語に特有の組み合わせになります。 最初の子音を「初声」、真ん中の母音を「中声」、最後の子音を「終声 パッチム 」と呼びます。 日本語には子音で終わる文字というのがないので、子音だけの発音を身につける事が韓国語の発音のポイントです。 韓国語の母音と子音の種類と発音 ハングルの2種類の組み合わせ方を覚えたところで、母音と子音それぞれの文字と発音を見ていきましょう。 ハングルの母音と子音の種類と数は以下になります。 母音 計21個 基本母音 10個 二重母音 11個 子音 計19個 基本子音 9個 激音子音 5個 濃音子音 5個 ハングルの基本母音 ハングルの母音を構成する要素は「ー 横棒 」「ㅣ 縦棒 」「ㅏ,ㅓ,ㅗ,ㅜ 棒に付くチョン 」の3つ。 基本母音は以下の10個になります。 ㅑ ya【ヤ】 아 アにチョンを一つ足す 日本語の「ヤ」とほぼ同じだが、 日本語の場 合より口をやや大きく開いて発音する。 広い「オ」。 広い「ヨ」。 狭い「オ」。 ㅛ yo【ヨ】 오 オにチョンを一つ足す 唇を丸くすぼめて、前に突き出して「ヨ」と発音する。 狭い「ヨ」。 ㅠ yu【ユ】 우 ウにチョンを一つ足す 唇を丸くすぼめて、前に突き出して「ユ」と 発音する。 ㅣ i【イ】 縦棒 日本語の「イ」とほぼ同じ。 口を横に引いて発音する。 書き方は「 ㅏ アと ㅑ ヤ」「 ㅓ オと ㅕ ヨ」「 ㅗ オと ㅛ ヨ」「 ㅜ ウと ㅠ ユ」をそれぞれセットで覚えると簡単。 それぞれチョンを足すだけで出来る文字だからです。 発音は「 ㅏ アと ㅑ ヤと ㅓ オと ㅕ ヨ」、「 ㅗ オと ㅛ ヨと ㅜ ウと ㅠ ユ」が口の形で共通しています。 これらに「 ㅡ ウ」と「 ㅣ イ」をそれぞれで覚えましょう。 特に「 ㅡ ウ」の発音は日本語にない音です。 「イ」を出す時の口の形で「ウ」と発音します。 基本母音の発音を解説した動画です。 ハングルの二重母音 二重母音は基本母音を組み合わせて出来る母音です。 ハングルの二重母音は以下の11個になります。 広い「エ」。 広い「イェ」。 狭い「エ」。 狭い「イェ」。 「オァ」というと「ワ」と聞こえる。 「オエ」と言うと「ウェ」と聞こえる。 ちょっと狭い「ウェ」。 「ウオ」と言うと「ウォ」と聞こえる。 「ウエ」と言うと「ウェ」と聞こえる。 「ウイ」と言うと「ウィ」と聞こえる。 「ウイ」と言うと「ウィ」と聞こえる。 二重母音は大きく2つに分けることができます。 1つは 「エ」と「イェ」のグループ。 「エ 애,에 」と「イェ 얘,예 」がそれぞれ2つずつですが、 発音は現在ではほとんど違いがありません。 これらは基本母音の「 ㅏ アと ㅑ ヤと ㅓ オと ㅕ ヨ」に「 ㅣ イ」を足したものになります。 「エ 애,에 」と「イェ 얘,예 」の発音を解説した動画です。 以上で、韓国語の母音21個を全て網羅しました! ハングルの基本子音 続いてハングルの基本子音を見ていきましょう。 基本子音は計9つあり、全て日本語と同じ発音で出すことができます。 母音につける場合は「無音」になり、母音だけの発音をする時に付けます。 パッチムの時は「ン」の音です。 この基本子音9個に母音「 ㅏ ア」を付けた 「 가 カ・ 나 ナ・ 다 タ・ 라 ラ・ 마 マ・ 바 パ・ 사 サ・ 아 ア・ 자 チャ」が日本語でいう「あ・か・さ・た・な・は・ま・や・ら・わ」のような存在です。 「カ・ナ・タ・ラ・・」がハングルの本来の子音の並びですが、初心者が覚えやすい方法として 「あ 아 ア ・か 가 カ ・さ 사 サ ・た 다 タ ・な 나 ナ ・ は ・ま 마 マ ・ や ・ら 라 ラ ・ぱ 바 パ ・ちゃ 자 チャ 」 と日本語の「あいうえお順」に似た並びで覚えるという方法もあります。 辞書を引く時には「カ・ナ・タ・ラ」の順番で並べられているので、最終的にはそちらで覚えてください。 以下は、基本子音と基本母音の組み合わせ一覧表で 「半切表 カナタラ表 」と呼ばれています。 基本的なに平音をベースに、息の吐き方を変えた「派生語」のようなもの。 激音の子音は以下の5つになります。 発音記号の右上にhが付いてますね。 「激しく h 息を出す」と覚えましょう。 また「 ㅎ ヒウッ」は初めて出てきた激音の子音。 実はこの「 ㅎ ヒウッ」は前後の平音を「激音化」させる子音でもあります。 詳しくは以下の記事で解説していますので、よければご覧ください。 激音の子音と基本母音の組み合わせ一覧表 半切表 は以下になります。 濃音も平音から派生して「息の出し方」だけが変わった子音になります。 ハングルの濃音子音は以下の5つ。 例えば、「やっぱり」という日本語を話す時に「っぱ」の部分を取り出した感じが「 빠 パ」という音になります。 濃音の発音動画です。 濃音の子音と基本母音の組み合わせ一覧表 半切表 は以下になります。 パッチムに使われる子音は今回ご紹介した子音以外にはありませんが、日本語にはない「子音だけの発音」になります。 また、パッチム独特のルールなどもありますので、詳しくは以下の記事で別途解説しています。 パッチムについて詳しく知りたい方はぜひご覧くださいね。 ハングルの母音と子音のおすすめの覚え方 ここまで、ハングルの母音と子音の文字と発音、組み合わせ方まで全てご紹介しました。 最後に母音と子音のオススメの覚え方についてお伝えします。 手順1. まずは基本母音を一覧を見ながら順番に声を出して覚えましょう。 最初は発音のポイントをしっかり意識しながら 母音だけで発音する練習をします。 基本母音が問題なく読めるようになったら、 手順2. 次に基本子音と母音の「 ㅏ ア」を組み合わせて 「 가 カ・ 나 ナ・ 다 タ・ 라 ラ・ 마 マ・ 바 パ・ 사 サ・ 아 ア・ 자 チャ」まで声を出して覚えましょう。 基本子音を一通り読めるようになったら 手順3. 激音と濃音に母音の「 ㅏ ア」を組み合わせて発音を練習します。 「平音」「激音」「濃音」の発音のコツが掴めたら、 一覧表 半切表 を見ながら、基本母音との組み合わせで読む練習をしましょう。 これだけ覚えるのにもハングル初心者の人には結構大変なことだと思います。 まずはこの順番で基本母音と子音の読み書きに挑戦してみてください。 これらが問題なく出来るようになったら、次に二重母音を覚えていきます。 手順4. まずは二重母音単体で読めるように練習しましょう。 それが出来るようになったら最後に 子音と二重母音の組み合わせを覚えます。 子音と二重母音の組み合わせはなかなか発音が難しいです。 二重母音単体でしっかり発音出来るようにならないと子音と組み合わせた時に正しく発音できません。 最後にもう一度ポイントをまとめておきたいと思います。 ハングルの母音は基本母音10個、二重母音11個の計21個• ハングルの子音は基本子音 平音 9個、激音5個、濃音5個の計19個• 二重母音は基本母音の組み合わせで、「エ 애,에 」「イェ 얘,예 」と「ワ行」がある• 激音・濃音は基本子音 平音 から派生したもので、息の出し方が異なる• おすすめの覚え方は基本母音と子音を先に覚え、二重母音と子音の組み合わせはその後覚える 今回は主に「子音+母音」の組み合わせ方について解説しました。

次の