クラウド pbx こす と 削減 アイル ネット。 サービス概要|ひかりクラウドPBX|法人向けサービス|NTT西日本

クラウドPBXの事業者一覧!各社の特徴も解説【19社】

クラウド pbx こす と 削減 アイル ネット

ソフトウェアならではの利点ですよね!幾つかの会社では、クラウドPBXの無料トライアルを実施しています。 クラウドPBXの無料トライアル 従来の「」やインターネット回線を利用する「」は、オフィスにハードウェアの機器やサーバーを設置しなければならないので、無料で試せる機会がほとんどありません(一部の「」はソフトウェアですが、たとえソフトウェアが無料でも、インストールを行うためのサーバを用意する必要があります)。 一方、「」は、サービスを提供している企業のサーバーにインターネット経由でアクセスを行い、クラウド上に構築されたPBXの機能を利用するため、ハードウェアやサーバーを自社で揃える必要がなく、なかには無料で試せるトライアル期間を設けていることもあります。 これなら導入後に「失敗した!責任取らなー」言うて、腹をかっさばくこともないな。 新人GメンKEICHI クラウドPBXの無料トライアルおすすめ5選 「クラウドPBXを導入しようか?」「どのクラウドPBXにしたら良いか?」「初めてだけど使えるか?」など、クラウドPBXの導入時には様々な迷いや不安が生じることと思います。 それらの迷いや不安を払拭するためにも、トライアル期間の活用は有効的です。 操作性や使い心地を確認し、疑問点や不安点をクリアにしておきましょう。 NTTコミュニケーションズ株式会社『Arcstar Smart PBX』 出典:NTTコミュニケーションズ NTTコミュニケーションズ株式会社が提供するクラウドPBXの『Arcstar Smart PBX』は、基本機能の他に、社員のスマホを内線化する機能が備わっており、外出時や出張時でも内線として利用することができます。 また、設定の変更もWeb上で簡単に行えます。 ただし、無料トライアル期間は外線サービスを提供しておらず、通話の品質は内線のみで確認することになります。 トライアル期間は10営業日で、操作性や品質を確かめるには充分な期間が設定されています。 さらに内線IDは20個まで登録することが可能です。 トライアル期間でもWeb上で登録の変更ができるので、IDの増減などを試してみましょう。 NTT東日本/NTT西日本『ひかりクラウドPBX』 出典:NTT東日本 NTT東日本・NTT西日本が提供する『ひかりクラウドPBX』は、クラウドを利用することで、PBXの設備が不要になるため、導入コストや保守コストを大幅に削減することができます。 また、拠点間を内線として繋ぐことができ、どんなに離れていても通話は無料です。 拠点間の連絡が密な企業には最適なサービスでしょう。 さらに、NTTが提供しているサービスなので、安心感が違います。 こちらも、 無料トライアル期間は10営業日で外線サービスには接続できません。 トライアルで利用できる内線のID数はNTT東日本とNTT西日本で若干の違いがあり、NTT東日本は20個まで、NTT西日本は10個まで登録することが可能です。 コスパに優れ、アフターサポートにも定評がある企業で、チャットでの問い合わせにも対応しているため、電話が使えない状況でも迅速な問題解決が期待できます。 株式会社三通テレコムサービス『clocall(クラコール)』 出典:株式会社三通テレコムサービス 24時間365日体制で保守サービスを行っている『clocall(クラコール)』は、内線ユーザーと電話回線がセットになっている分かりやすい料金体系で、月額料金は980円(1ユーザー)と驚くほどの低価格を実現しています。 この料金には保守サービス代まで含まれており、なおかつネット環境が整っていれば初期費用も掛かりません。 留守番電話サービスや営業時間外アナウンス、IVR・音声自動応答(お問い合わせの方は1番、住所変更の方は2番を押して下さい等の音声自動応答)、通話録音などはオプション追加をしなくても利用でき、東京・横浜・名古屋・大阪など一部の地域では市外局番の電話番号が使えます。 無料トライアル期間は1ヶ月で、3ユーザー(3内線)まで登録が可能です。 また、内線通話で音声の品質確認はできますが、外線サービスを利用するためには本契約を行う必要があります。 株式会社アイルネット『iスマートBiz』 出典:株式会社アイルネット 株式会社アイルネットが提供するクラウドPBX『iスマートBiz』は、サービス開始から10年以上の歴史を誇り、企業規模や業種を問わずに数多くの企業が導入しています。 利用中の電話番号をそのまま引き継ぐことができる点がメリットの1つに挙げられ、スマホの内線化も可能です。 無料トライアル期間は2週間で、スマホ内線用アプリ『iSmart』をインストールすることで、保留・転送・ピックアップ機能を使うことができます。 「App Store」や「Google Play」から無料版をダウンロードした後、必要な設定を行うと内線電話機にもなるので、この期間中に通話の音質などをチェックしてみましょう。 無料トライアルでのチェック項目と注意点 無料トライアル期間中に試して欲しいポイントは以下の3点です。 使い勝手や音質の良さなど、個人によって感じ方が異なるので、必ず複数のスタッフでチェックを行いましょう。 地下鉄の駅構内や繁華街、社用車の中やビル内など、外回りを行う営業スタッフは、動きながら使うことを想定して試すと良いでしょう。 管理画面やスマホ画面の操作性 設定の変更などをインターネット上で簡単に行えることが「」のメリットの1つですが、管理画面に英語が多く分かりにくいケースや設定完了までに時間を要するケースもあります。 特に変更する事項がない場合でも、実際に管理画面を見て、操作性や分かりやすさをチェックしてみましょう。 また、スマホに専用アプリをダウンロードして、内線化する場合も同様です。 転送や保留などの機能を簡単に使えるか?ボタンは押しにくくないか?など、複数のスタッフで確認します。 問い合わせ時の対応 「」の導入後も、プランの変更や保守の依頼など、様々な理由で継続的に業者と連絡を取ることになります。 長く良好な関係を築くためにも、お試し期間中に対応のチェックをしましょう。 たとえ提案や契約の際に、親切で感じが良くても、導入後には人が変わったように、対応が遅れることや雑な説明を繰り返されることは多々あります。 また、担当者が専門知識に乏しいと不具合時の復旧も遅れてしまいます。 お試し期間は「OFFICE PHONE」の3ヵ月を除けば、10日~1ヶ月に設定されていることが多く、限られた期間内なので、疑問や不具合は出ないかもしれません。 そのような場合は、分からない用語についての質問でも構いません。 何らかの理由を見つけて、対応の良し悪しを確認しておきましょう。 「」で紹介されています。 機能や操作性(拡張性)の面でも後悔している体験談があるので、参考にしてみて下さい。 【注意点】トライアル期間終了後の継続について トライアル期間が終了した後、継続の意思確認があるのか?それとも自動的に本契約になるのか?は、必ず事前に確認しておきましょう。 また、デモ機の無料貸し出しでトライアルを行う場合は、返却期日にも注意が必要です。 【まとめ】クラウドPBXの無料トライアルは手軽で実用的! 特に初めて「」を導入する際は、無料トライアルを利用して、実際に品質や機能を試し、オフィスに向いているか?スタッフがストレスなく使えそうか?など、こまかくチェックすることをおすすめします。 また、「クラウドPBX」はサービス会社によって使い方や機能が異なります。 操作性を確かめたうえで、スタッフからも意見を集め、業務効率の改善やコスト削減に効果的なサービスを選びましょう。 スマホを内線として使う場合は、専用アプリをダウンロードするだけなので、気軽に試せるできることも大きなポイントです。 無料期間を上手に活用することが、最適な「クラウドPBX」を導入するための効果的な手段と言えます。 Gメン史上最強のイケメン調査員。 高学歴のハイスペックだが省エネ気質で低所得。 神経質すぎるところがあり、心はいつもスリ放題。 辿り着けない地図を広げて勘を武器に進む生きザマは、退屈を恐れる人々に希望や勇気を与える。 四半世紀にわたって花嫁募集中。 関連する記事• 目次 1. コードレスビジネスフォンを使いたい!2. コードレスビジネスフォンの種類2. カールコードレスビジネスフォン2. アナログコードレ[…]• 目次 1. 建設業・建築業・工事業向けのビジネスフォンは?1. 建設業・建築業・工事業のビジネスフォンに必要な機能1. 電話帳機能1. […]• 目次 1. IP電話とは?IP電話とビジネスフォンの特徴の違い1. IP電話はインターネット回線を利用した電話1. IP電話とNTTひかり[…].

次の

IP電話網の整備で実現した、1万3,000世帯の「市内電話無料化」

クラウド pbx こす と 削減 アイル ネット

クラウドPBXとは、構内に置いていたPBX(Private Branch eXchange:構内交換機)をクラウド化し、インターネット上で通話・通信を行うことで、従来の電話環境を改善することができるサービスです。 場所を選ばずに電話環境を構築できるほか、設定もWebブラウザやアプリケーション上で簡単に行うことがでる点が特長です。 しかし、クラウドPBXといっても様々な機能があり、従来のPBXと比較してどんなメリットがあるのかわかりづらいのが難点です。 クラウドPBXの仕組みや機能を知りたい• 従来のPBXとクラウドPBXの違いを知りたい• クラウドPBXを活用するメリットを知りたい といったお悩みを抱えてはいないでしょうか? 本記事では、そんなお悩みを解決するためにクラウドPBXの基礎知識から従来のPBXとの違い、メリットを解説します。 クラウドPBXを導入する際にぜひご活用ください。 クラウドPBXの基礎知識 クラウドPBXとは、PBXをインターネット上から利用できるサービスのこと。 クラウドPBXを活用することで場所を問わず、安価に電話環境を構築することが容易になりました。 ちなみにPBXはオフィスに設置するハードウェアのことで、電話を交換する役割を担います。 つまり、外線を社内の複数の内線電話につなげたり、内線同士を相互接続します。 PBXはハードウェアを購入する必要があり、拠点ごとにPBXを設置する必要があります。 また、回線の増減や設定、保守が切れた時の買い替えが必要でメンテナンスも業者に依頼しなければなりません。 そのため、PBXの導入には大きなコストがかかります。 クラウドPBXでは、従来のPBX導入の障害となっていたコスト削減に寄与します。 インターネットからサービスが提供されるため、ハードウェアを購入する必要がなく、拠点が分散していてもサービスを利用できるのが特徴です。 また、回線の増減や設定もブラウザから行うことができ、自社でメンテナンスを行う必要はありません。 コストや運用面を考えても電話環境の構築にはクラウドPBXがオススメです。 PBXの種類 PBXはITの進歩により様々な技術を取り入れて進化してきました。 進化の過程で登場したPBX、IP-PBX、クラウドPBXについて解説します。 PBX 最初に登場したPBXは、社内の内線同士を接続するのに外線を経由しなければならない課題を解決するために生まれました。 PBXを利用することで外線を経由しなくて済み、内線同士の通話料金がかからなくなったのです。 また、外線を複数の内線端末に対応させることも可能になりました。 しかし、従来の固定電話型であるPBXは比較的高価です。 電話回線を利用しているため、拠点ごとにPBXを設置する必要があり、導入コストが高くつきます。 また、回線の増減や設定には業者に依頼する必要があり、運用コストも大きくなりがちです。 PBXには耐用年数があるため、保守が切れた後の買い替えに伴う選定や移行にもコストを意識しなければなりません。 IP-PBX IP-PBXとは、IP電話機で外線通話や内線通話を中継するIP型PBXです。 IP-PBXはネットワーク回線を利用して内線環境を構築できるため、電話機の増設や設定変更を業者に依頼しなくて済み、運用コストを削減できます。 また、インターネットがつながっていれば、IP-PBXを一拠点に導入するだけで拠点間での内線網を構築できます。 CTI連携によりコンピューター上のアプリケーションと連携できるのも魅力の一つです。 しかし、IP-PBXはオフィスに設置する必要があるため、ハードウェアの購入や設置工事といった導入コストはかかります。 クラウドPBX クラウドPBXとは、従来オフィス内に設置する必要があったPBXをインターネット経由で利用できるサービスです。 インターネットがつながっていればPBX機能を利用できるので、従来のPBXやIP-PBXのようにハードウェアを導入する必要がありません。 また、クラウドPBXはサービス提供者がメンテナンスを行います。 そのため、サービスのメンテナンスに時間を割かれることがなく、運用を意識する必要はありません。 クラウドPBXの機能 クラウドPBXはインターネットを活用することで従来のPBXよりも活用の幅が広がりました。 クラウドPBXが備えている機能について解説します。 活用の幅が広がる基本機能 クラウドPBXでは、ダイヤルインや内線通話、保留、転送など従来のビジネスフォンで利用できる機能が備わっています。 ビジネスフォンから乗り換える際も今まで使えていた機能が使えなくなることはありません。 むしろクラウドPBXを導入することで、場所を問わず内線で通話でき、保留や転送もモバイルフォンから利用できるようになります。 簡単スムーズな設定変更 事業所の移転や部署のレイアウト変更の際には電話環境の設定変更が必要です。 従来のPBXでは業者に依頼する必要がありましたが、クラウドPBXを導入すればその必要はありません。 ブラウザ上から番号の追加や削除、変更といった設定が簡単に変えられます。 顧客応対が効率化する便利機能 多くの顧客からの問い合わせに対応するためには、顧客応対を効率化しなければなりません。 クラウドPBXには顧客応対を効率化する便利機能が搭載されています。 例えば、IVR機能は顧客の問い合わせに応じて自動音声で応対し、適切なオペレーターに割り振ることでオペレーターの取り次ぎ時間を削減。 また、オペレーターの担当部門ごとに着信を割り振れるグループ着信も顧客応対の効率化に寄与します。 コンピューター上で全て完結 インターネットを活用したクラウドPBXであれば、電話機を用意することなく、コンピューター上で電話業務が完結します。 電話機の代わりとなるのがソフトフォンです。 コンピューター上で発着信を行うことができ、ダイヤルしなくてもクリック一つで発着信を制御できます。 また、クラウドPBXで忘れてはならないのがCTI機能です。 CTI機能は、顧客の電話番号から顧客情報を検索し、コンピューター上に表示します。 電話を取る前に相手がわかるので、顧客に応じた応対が可能です。 クラウドPBXと接続できる電話機の種類 クラウドPBXはインターネットを活用して様々な電話機と接続できます。 クラウドPBXと接続できる電話機について解説します。 SIP端末 SIP端末とは、インターネットを介して電話を行うことができる端末のこと。 よく使われているのがIP電話です。 ビジネスフォンとは異なり、LANケーブルを接続することで電話をすることができます。 従来のPBXでは電話回線を利用していたため、電話機の増設は業者に依頼する必要がありました。 しかし、SIP端末ではLANケーブルの付け替えや設定を自社で行えます。 ソフトフォン ソフトフォンとは、インターネットを介してコンピューター上での電話を可能とするソフトウェアです。 従来のPBXでは実現できないインターネットを活用した電話環境を構築できます。 電話機を購入する必要がなく、コンピューター上にソフトウェアをインストールするだけで使えるのが利点です。 サービスによっては、ソフトフォン自体にCRMや通話録音といった機能が付加されています。 さらにコンピューター上のアプリケーションと連携できるのも魅力です。 モバイルフォン(携帯電話) クラウドPBXはフィーチャーフォンやスマートフォンにも対応。 インターネットがつながれば利用できるので、社内だけに留まらず社外でも利用できます。 モバイルフォンを内線化すれば、自宅でリモートワークも可能になり、活動の幅が広がります。 クラウドPBXを導入することで実現できること クラウドPBXについて解説してきましたが、クラウドPBXを導入すると何が変わるのでしょうか?クラウドPBXを導入することで実現できることを解説します。 スモールスタートで電話環境を構築 クラウドPBXはスモールスタートに適しています。 インターネットがあれば利用できるため、ハードウェアの購入といった導入コストが必要ありません。 また、従来のPBXのように設置工事もいらないため、スピーディーに導入することが可能です。 サービスによりますが、おおむね5営業日ほどでクラウドPBXを使い始められます。 ベンチャー企業や新規事業を始める際にローリスク・ローコストでスモールスタートを切ることが重要です。 全国だけでなく海外拠点であっても簡単に電話環境を構築 クラウドPBXを導入すれば多拠点であっても電話環境の構築が容易です。 従来のPBXでは拠点ごとにハードウェアを用意し、設置や配線に工事が必要でした。 しかし、クラウドPBXはインターネットからサービスが提供されるので、場所を問わず利用できます。 事業所の規模拡大やリモートワークの導入など拠点を分散させることも多々ありますが、クラウドPBXの導入が実現への近道です。 機動的な運用 クラウドPBXでは、ブラウザから簡単に番号の追加や削除、変更といった設定を変えられます。 そのため、新規事業や事業所の移転といった状況に合わせた迅速な運用が求められるときに真価を発揮します。 また、運用コストも利用状況に合わせて調節できるので、事業の状況に合わせて機動的な運用が行えます。 まとめ 電話環境の構築にはクラウドPBXがオススメです。 インターネットがあれば使えるので場所を問わず利用でき、導入コストも抑えてスピーディーに導入できます。 利用状況に応じて課金されるため、小規模から始めるスモールスタートにもうってつけです。 従来のPBXやIP-PBXについて費用面や運用面から比較してもクラウドPBXが最善と言えるでしょう。 電話環境の構築や改善のためにクラウドPBXを検討する足がかりとなれば幸いです。

次の

iスマートBiz|デバイス|T

クラウド pbx こす と 削減 アイル ネット

目次 クラウドPBXとは? 電話交換機や構内交換機と呼ばれるPBX(Private Branch Exchange)は、企業内に設置され、外線との接続や、内線の管理、内線同士の通話などを制御する機器を指しますが、最近はクラウド型のPBXを導入する企業が増えています。 クラウドPBXは、従来のPBXやビジネスフォンなどの通信機器に備わった外線ボタンやグループ着信、転送といった基本的な機能をクラウド上のサーバーで実現することで、スマホの内線利用や、外出時の内線の受電が行えるサービスです。 クラウドサービスのため、PBXを設置する必要もなく、異動やレイアウト変更の場合も工事は不要で、簡単にWeb上で設定変更が可能です。 社用のスマホ端末の支給をせずとも、社員の所有する各自のスマホを利用でき、BYOD(Bring your own device。 私的デバイスの活用)の観点から見ても利便性が高く、クラウドPBXは今後さらに導入が加速すると言われています。 法定耐用年数6年と言われている既存のPBXからの買い替え時の選択肢としても注目です。 なお、多くの方が気になるであろう点を一つ補足しておきましょう。 自分のスマホを使っても、クラウドPBXで営業時間外設定ができるため、営業時間外や休日にかかってきてしまう心配はありません。 クラウドPBXをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。 とに同意の上、 資料をダウンロードしてください。 クラウドPBXの導入メリットとは?(3つの導入理由) クラウドPBXを利用すると便利そうなことが分かりましたが、実際にどのような変化が見られるのでしょうか。 導入メリットは大きく分けて「利便性(働き方の多様化への後押し)」「コスト削減」「BCP対策」の3つが挙げられます。 それぞれ詳しくご紹介します。 この一つの機能は、複数の大きな意味を持ちます。 立場別に見てみましょう。 まず、普段から外出が多い社員にとっては、会社から支給されたスマホと2台持ちする必要がなくなり、外出中でも会社にかかってきた取引先からの電話をそのまま受けられるため、機会損失や折り返しの手間が減ります。 折り返しのためにオフィスに帰社する必要もなくなります。 次に、オフィスで外線電話を受けた人にとっても、取り次ぐ際に取り次ぎ相手の外出の有無を確認する必要なく、内線で取り次げるため、転送の手間が減ります。 そもそも、設定や運用次第では取り次ぎの機会をぐっと減らすこともできます。 また、自宅やシェアオフィスなど、リモートワークでの社員にとっても、利便性が高まることは容易に想像できます。 今までは社外で働く人は固定電話にかかってくる電話には出られず、リモートワークや外出など、社外にいる人が増えるほど、社内で在席している人に電話対応の負担が集中するという問題がありましたが、クラウドPBXを導入することで電話に縛られることがなくなります。 外出の多い社員や、リモートワーク社員のみならず、最近増えているオフィスのフリーアドレス化などの面でも、クラウドPBXは働き方改革の大きな後押しになるツールといって間違いないでしょう。 レイアウト変更や組織改編による内線番号の割り当て変更時も、既存のPBXのように配線工事や業者による設定の手間がなく、担当者がWeb画面上で簡単に切り替えできるため、その点でも利便性に優れていると言えます。 成長中の企業で、こまめなオフィス移転が予想される場合でも、移転時に電話番号を変更する必要なく、継続して同じ番号を利用できる点も大きなメリットとなるでしょう。 コスト削減 利便性と並んでクラウドPBX導入のメリットともいえるのが、大幅なコスト削減が期待できることです。 導入事例の中には導入前と比べて70~80%超削減できた、という例もあります。 一口にコストといっても様々な種類があり、大きく3つに分けられます。 まず、「通話料削減」。 外出先でも内線同士なので無料で通話できるため、わざわざ外線でかけていた場合と比べて通話料が減ります。 次に、「端末費用削減」が挙げられます。 もしBYODを推し進めるのであれば、自身のスマホを利用してもらい、端末を会社支給する必要がなくなるため、端末代金が削減できます。 もちろん会社支給の端末での利用もOKです。 最後は「諸経費の削減」です。 クラウドPBXの様々な機能を利用することで、今まで契約していた転送サービスや音声ガイダンス等のサービスの利用料金が不要となりますし、レイアウト変更時の業者の手配も要らなくなります。 また、職場環境によって大きな違いがあるかもしれませんが、例えば電話の折り返しのために帰社していた外回りの社員が、クラウドPBXを利用することで、外出先で用件を済ませられるようになれば、残業時間が減り、残業代の削減も見えてくるでしょう。 BCP対策 クラウドPBXはBCP(事業継続計画)対策としても期待されています。 万一の災害発生時は最初に通信設備を復旧させなければならない、となりがちですが、クラウドPBXであれば復旧作業はサービス運営会社に任せられるため、それ以外の初動対応を先に行えるようになります。 BCP対策は、利便性向上やコスト削減ほど、全ての企業ですぐにメリットを実感できるわけではありませんが、自治体などを中心に、BCP対策を目的としてクラウドPBX導入を決めているケースも増えています。 クラウドPBXならではの活用例 クラウドPBXの導入メリットがあることがわかりましたが、具体的にはどのような活用方法があるのでしょうか。 クラウドPBXならではの活用例をいくつか見ておきましょう。 外部サービスとの連携 クラウド型Web電話帳等、様々なアプリと連携することで、より自由度高く利用できるようになります。 例えばWeb電話帳アプリといっても保有する情報は電話番号だけではありません。 いちいち連絡先を登録しなくてもあらかじめアプリに登録のある連絡先を参照することができ、そこからさらにSkypeのようなツール名を選択すると、自動的にSkypeが立ち上がって連絡が取れるようになります。 異動の多い職場においても、新しい環境でのメンバー構成や連絡先のスピーディな把握に役立ちます。 また、クラウドPBXの発着信データをSalesforce等の顧客管理システムと連携することにより、いつ誰と話したのかの営業活動の見える化も可能です。 コールセンター立ち上げ 新規のコールセンター立ち上げはもちろんのこと、キャンペーンやトラブル対応などで一時的に受付窓口を増やしたい、暫定的にコールセンターを設けたい、といった場合にも、クラウドPBXを利用することで簡単に立ち上げることができます。 複数の回線サービスを組み合わせて利用できるクラウドPBXを利用すれば、通常の固定番号の他、ナビダイヤルやフリーダイヤルにも対応できます。 キャンペーンでの取りこぼしを防ぐのはもちろんのこと、リコールやクレームの際に電話がつながらないといった第二の問題を引き起こさないためにも、担当者が簡単に設定を変えるだけで受付回線を増やせるクラウドPBXのメリットが活きてきます。 クラウドPBXの比較のポイント 導入規模 クラウドPBXによって、利用により適した導入規模があります。 数千名以上を想定したサービスは少なく、数百名規模、数十名規模を想定したサービスが主流です。 導入規模によって価格帯もかわりますので、自社の導入規模にとってコストパフォーマンスのよいサービスはどれか、という確認は必要です。 管理者のメンテナンス作業の簡単さ クラウドPBXでは、オフィスのレイアウト変更や人事異動などが発生した際に、電話工事会社に依頼して番号の設定変更をしてもらうのではなく、管理者で設定変更を行うようになります。 アプリケーションとの連携性 例えば、スマートフォンを持ち歩くようになると、これまでのように部署の電話番号にかけて、そこからその人に電話をつないでもらう、というやり方ではなく、担当者にピンポイントで電話をかけられるようになります。 その際に、連絡が必要な相手を事前に登録しておこうとしたり、何かの一覧表から連絡先を探そうとしたりすると、とても手間になります。 それらを避けるために、Web電話帳サービスの活用は有効なので、そのようなサービスと連携できる、もしくは機能として備えているクラウドPBXを選ぶと便利です。 主なクラウドPBXサービス スムーズなコミュニケーションに役立つ、おすすめのクラウドPBXをご紹介します。 とに同意の上、 資料をダウンロードしてください。 Arcstar Smart PBX(NTTコミュニケーションズ株式会社) (出所:Arcstar Smart PBX公式Webサイト) 1,000名以下の中堅や中小規模向け。 PBXやビジネスフォンなどの通信設備の購入やメンテナンスの負担を削減するとともに、オフィス外での外線での受電などで多様な働き方の実現ができるクラウドPBX。 転送やグループ着信などの設定変更はWeb上で簡単に設定可能。 スマートフォンにArcstar Smart PBXのアプリケーションをインストールするだけで、内線端末として利用できるようになり、外出先からでも費用がかからずに内線通話を行える。 複数の回線サービスを組み合わせることができ、他アプリケーションとの連携にも定評あり。 特にWeb連絡帳アプリの「連絡とれるくん」との連携が特長。 外線サービスや端末レンタル料など別途要。 トビラフォンCloud(トビラシステムズ株式会社) (出所:トビラフォンCloud公式Webサイト) ユーザー数約600万人のトビラフォンブランドのクラウドPBX。 スマホにアプリを入れるだけで最短で翌営業日から利用開始できる。 社内共有電話帳や内線・保留・転送などにも対応。 内線が無料なだけでなく、トビラフォン Cloud利用企業間であれば外線通話も無料な点も嬉しい。 独自の迷惑電話防止技術で集めた約30,000件の迷惑電話番号リストで、迷惑電話を自動的にブロック。 通信はすべて暗号化。 発着信管理、迷惑電話リスト、録音データなどは管理画面で一括操作できる。 録音機能や電話転送機能なども基本料金に含まれている。 初期費用:30,000円• 内線電話、外線電話、パーク保留、転送、留守電、だけでなく、UC機能(UnifiedComminication)を実装しており、IM(インスタントメッセージ/チャット)、電話会議、Web会議、プレゼンス(在籍確認)などが利用可能。 ひかりクラウドPBX(東日本電信電話株式会社(NTT東日本)) (出所:ひかりクラウドPBX公式Webサイト) 内線通話機能やPBX機能をクラウド上のサーバーから提供し、専用アプリケーションを用いることで、スマートフォンを内線化するクラウドPBX。 従来のPBXやビジネスフォンとの併用も可能なため、段階的にクラウド化したい会社にも向いている。 光アクセスサービス・Wi-Fi環境・情報セキュリティ対策、電話環境といったICT環境をまるごと任せられる「まるらくオフィス」サービスがあるため、一気に変えたい場合や、新規導入時などにも安心。 料金 月額10,000円(10IDパック)~。 初期費用や工事費などは別途。

次の