メチル メチオニン スルホニウム クロリド。 KEGG DRUG: メチルメチオニンスルホニウムクロライド

メチルメチオニンスルホニウムクロライド(胃粘膜保護・修復成分)・・・キャベジンに

メチル メチオニン スルホニウム クロリド

英 , 同 商 、 関 、、 UpToDate Contents 全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe. bartter and gitelman syndromes• clinical manifestations and evaluation of metabolic alkalosis• cystic fibrosis clinical manifestations and diagnosis• pathogenesis of metabolic alkalosis• control of red blood cell hydration Related Links• 医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301] 2 個々の器官系用医薬品 23 消化器官用薬 232 消化性潰瘍用剤 2321 メチルメチオニン製剤 D00177 メチルメチオニンスルホニウムクロライド JAN ; メチルメチオニンスルホニウムクロリド• 成分名 分量 働き メチルメチオニンスルホニウムクロリド 150. 0mg 胃粘膜修復成分 炭酸水素ナトリウム 700. 0mg 制酸成分 炭酸マグネシウム 250. 0mg 制酸成分 沈降炭酸カルシウム 1200. 0mg 制酸成分 ロートエキス3倍散 90. 0mg (ロート... キャベジンU 1g中に: メチルメチオニンスルホニウムクロリド・・・50mg メタケイ酸マグネシウム・・・・400mg 沈降炭酸カルシウム・・・200mg 重質炭酸マグネシウム・・・150mg 適応 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎 Related Pictures Japan Pharmaceutical Reference 薬効分類名• 消化性潰瘍・胃炎治療剤 販売名• キャベジンUコーワ配合散 組成 成分・含量• 1g中 メチルメチオニンスルホニウムクロリド 50mg、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム 400mg、沈降炭酸カルシウム 200mg、炭酸マグネシウム 150mg 添加物• カルメロースNa、D-ソルビトール、 l-メントール、硬化油、ステアリン酸ポリオキシル、ステアリン酸グリセリン、トウモロコシデンプン、銅クロロフィリンNa、グリチルリチン酸2K 禁忌• 甲状腺機能低下症又は副甲状腺機能亢進症の患者〔高カルシウム血症をおこすことがある。 透析療法を受けている患者〔長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症があらわれるおそれがある。 〕 効能または効果• 下記疾患における自覚症状及び他覚所見の改善• 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎• 通常成人1回1. 0〜1. 5gを1日3回経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 慎重投与• 腎障害のある患者〔高カルシウム血症、高マグネシウム血症、長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症をおこすおそれがあるので定期的に血中マグネシウム、アルミニウム、リン、カルシウム、アルカリフォスファターゼ等の測定を行うこと。 心機能障害のある患者〔症状を悪化させるおそれがある。 肺機能障害のある患者〔症状を悪化させるおそれがある。 高マグネシウム血症の患者〔高マグネシウム血症を悪化させるおそれがある。 高カルシウム血症の患者〔高カルシウム血症を悪化させるおそれがある。 リン酸塩低下のある患者〔アルミニウムにより無機リンの吸収が阻害される。 〕 薬効薬理 メチルメチオニンスルホニウムクロリドの各種実験潰瘍、胃粘膜損傷に対する作用• 実験潰瘍(エタノール、塩酸エタノール、塩酸アスピリン)における胃粘膜損傷を抑制する。 インドメタシン前処理ではこれらの作用は低下する(ラット) 3。 実験潰瘍で胃血流を増加する(イヌ) 4。 エタノール潰瘍に対して胃粘膜表層部の粘液糖蛋白量を増加・保持させる(ラット) 5。 胃切除後の残胃粘膜の変性防止を認め、上皮の再生、粘液分泌を認める(イヌ) 6。 メチルメチオニンスルホニウムクロリドとメタケイ酸アルミン酸マグネシウム・沈降炭酸カルシウム・炭酸マグネシウムの配合意義• 実験潰瘍を抑制し、上記制酸剤配合による協力効果が認められる(ラット) 7 8。 有効成分に関する理化学的知見 メチルメチオニンスルホニウムクロリド 一般名• メチルメチオニンスルホニウムクロリド Methylmethionine Sulfonium Chloride 化学名• 3-Amino-3-carboxypropyldimethyl sulfonium chloride 分子式• C 6H 14ClNO 2S 分子量• 199. 70 融点• 白色の結晶又は結晶性の粉末で、わずかに特異なにおいがある。 水に極めて溶けやすく、エタノール 99. 5 、アセトン又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。 また、吸湿性である。 メタケイ酸アルミン酸マグネシウム 性状• 白色の粉末又は粒で、におい及び味はない。 水又はエタノール 95 にほとんど溶けない。 1gを希塩酸10mLと加熱するとき、大部分溶ける。 沈降炭酸カルシウム 性状• 白色の微細な結晶性の粉末で、におい及び味はない。 水にほとんど溶けないが、二酸化炭素が存在すると溶解性を増す。 エタノール 95 又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。 希酢酸、希塩酸又は希硝酸に泡立って溶ける。 炭酸マグネシウム 性状• 白色のもろい塊又は粉末で、においはない。 水、エタノール 95 、1-プロパノール又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。 希塩酸に泡立って溶ける。 飽和水溶液はアルカリ性である。 無極性。 無電荷 -CH2-CH2-S-CH3• メチル基を供与できる。 必須アミノ酸。

次の

メチルメチオニンスルホニウム:キャベジンU

メチル メチオニン スルホニウム クロリド

英 関 、 UpToDate Contents 全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe. bartter and gitelman syndromes• clinical manifestations and evaluation of metabolic alkalosis• potassium and hypertension• control of red blood cell hydration• cystic fibrosis clinical manifestations and diagnosis Related Links• 塩化ビタミンU;S-メチルメチオニンスルホニウムクロリド;ビタスU;... 無極性。 無電荷 -CH2-CH2-S-CH3• メチル基を供与できる。 必須アミノ酸。

次の

KEGG DRUG: メチルメチオニンスルホニウムクロライド

メチル メチオニン スルホニウム クロリド

キャベジンU 製 スポンサード リンク 成分(一般名) : キャベジンU(製) 製品例 : キャベジンUコーワ配合散 ・・ 区分 : 消化性潰瘍用剤/その他/消化性潰瘍・胃炎治療剤 PR 概説 胃酸をおさえ、胃の粘膜を保護するお薬です。 胃炎や胃潰瘍に用います。 作用 【働き】 胃の粘膜が弱ると、胃酸の刺激で胃炎や胃潰瘍(胃粘膜の傷)を起こしやすくなります。 このお薬には、数種類の有効成分が配合されます。 これらがいっしょに作用することで、効果が高まります。 【薬理】• メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、沈降炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム:胃酸を中和する制酸薬です。 胃粘膜の保護作用もあります。• メチルメチオニンスルホニウムクロライド:胃を守る粘液を増やしたり、胃粘膜の血流をよくすることで、胃酸に対する防御機能を高めます。 傷ついた組織の修復を助ける作用もあります。 特徴 古くからある胃腸薬です。 鎮痛薬など他の薬による胃の荒れを予防するのに、いっしょに処方されることもあります。 注意 【診察で】• 腎臓病など持病のある人は医師に伝えてください。• 服用中の薬は、医師に教えてください。 【注意する人】 甲状腺機能低下症や、透析を受けている人には用いません。 心臓病や腎臓病のある人も慎重に用います。 適さないケース..甲状腺機能低下症、副甲状腺機能亢進症、透析を受けている人。• 注意が必要なケース..心臓病、腎臓病のある人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 同時服用により、他の薬の吸収をじゃまする性質があります。 たとえば、テトラサイクリン系抗生物質、ニューキノロン系抗菌薬、強心薬のジギタリス製剤・・これらの薬効を減弱させるおそれがあります。 服用時間を2〜3時間あければ大丈夫です。• 骨粗鬆症の薬のビタミンD3製剤(ワンアルファ、アルファロール)との併用で、高カルシウム血症や高マグネシウム血症を起こす可能性があります。 とくに、腎臓の悪い人は注意が必要です。• クエン酸製剤(ウラリットなど)と同時に飲むと、この薬のアルミニウム分の吸収が異常に増える可能性があります。 同時服用は避け、2〜3時間あけて飲んでください。• カルシウム(Ca:1日1g以上)や、牛乳(1日1リットル以上)の大量摂取は控えましょう。 この薬の影響で、ミルク・アルカリ症候群(高カルシウム血症、高窒素血症、アルカローシス等)を起こすおそれがあります。 【使用にあたり】• 指示どおりにお飲みください。 ふつう、1日3回飲みます。 多めの水で飲むとよいでしょう。• 胃に食べ物のない食前や食間、また就寝前に飲むと効果的です(食後のこともありますので、指示どおりに)。 【検査】 長期服用時、とくに腎臓の悪い人は血液の電解質に異常がないか検査を受けてください。 効能 下記疾患における自覚症状及び他覚所見の改善。 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎。 用法 通常成人1回1. 0〜1. 5gを1日3回経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用でわりと多いのは、便秘または下痢です。 長期大量服用時、とくに腎臓の悪い人や高齢の人は、高カルシウム血症や高マグネシウム血症、アルミニウム脳症やアルミニウム骨症などにも念のため注意してください。 定期的に検査を受けていれば大丈夫です。 便秘、下痢、吐き気、口の渇き• 高カルシウム血症..だるい、脱力感、食欲不振、吐き気、吐く、口の渇き、腹痛、頭痛、めまい、いらいら感、かゆみ、筋力低下、筋肉痛。• 高マグネシウム血症..だるい、吐き気、吐く、口が渇く、皮膚発赤、まぶたが下がる、筋力低下、眠気、血圧低下、徐脈、息苦しい、意識がうすれる。• アルミニウム脳症・アルミニウム骨症..口ごもる、異常な言動、認知障害、吐く、意識の乱れ、けいれん、関節の痛み、貧血。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の