コロナ 終息 いつ。 コロナいつまで続く?終息宣言の目処は?専門家の厳しい見解があかされる!?

新型コロナ:コロナ禍はいつ収まるのか 京大・山中氏が出した答え :日本経済新聞

コロナ 終息 いつ

私が思うには、4月10日 昨日 東京都が自主規制を促しましたが、結果的には無意味になると思います。 既に手遅れた感が否めないし、東京単独で行っても、東京への人の流入は阻止できないので、このままではコロナ免疫集団が出来るか、相当数の感染者が出て、ようやく危機感を持った者が慌てだし本当の自粛を始めるまでは収まらないと思います。 中国やヨーロッパではピークを過ぎたと言っていますが、一時的なものだと思っています。 ピークが過ぎたと思い、自粛を止めると、再び感染者が増大すると思います。 徐々に、一日の感染者は減っていき集団免疫によっていずれは終息宣言が出るとは思いますが、経済的にもガタガタとなると思います。 しかも、南米、アフリカ程ではないにしても先進国の中では日本が一番長く、しかもダメージをうけることになるでしょう。 今、世界は第三次世界大戦の最中だと思います。 その最中に、満員電車で通勤したり学生が平然と動き回っていて終息する理由がないと思っています。 現在の政府の危機意識の乏しさを鑑みると、このままだと集団免疫を形成しない限り終息はないと思っています。 勿論、国民の行動の自粛の欠如も含めてですが。 ちなみに、集団免疫を形成するためには集団において60~70%と言われているようですから日本に置き換えると7800万人ということになり、現在の日本の致死率からすると156万人以上ということになるかもしれません。 しかしながら、そうなるまでに、流石に平和ボケした日本人でも危機感が生まれるでしょうし、政府だってマスクを配るより人の動きを止めるようになると思いたいです。 中国が終息を数ヶ月で出来たのは、ある意味「赤」の国で共産党一党で独裁国家だからだったと思います。 ヨーロッパでも強制的に人の動きを止めていて、その結果が終息に繋がっていますが、日本の政府には今のところその権限がありません。 人々は「自粛」と言いながら自由に行動しています。

次の

新型コロナ“第2波”はいつ来る? 歴史家・磯田道史が見通す「終息までのロードマップ」

コロナ 終息 いつ

コロナ収束見込みはどうなっている?意見は大きく分かれます 新型コロナウイルスの収束がいつになるのか気になります。 この閉塞感・不安感のある状態がいつまで続くのか。 多くの人が話しているところです。 ビル・ゲイツ 例えばビル・ゲイツ。 マイクロソフトの創業者で世界的な大富豪ですが、実はビル&メリンダ・ゲイツ財団を作っています。 世界における病気や貧困への対策をしていて、病気やウイルスへの研究も行っているそうですね。 そんなビル・ゲイツは 「6月頃にいったん落ち着く」と発言したようです(本人の発言は見つけられませんでした)。 ただ、これは一時的な落ち着きで、ワクチンが完成して流通するまで本当の終わりとはならないとも言っているみたいです。 ブラジル保険省 ブラジル保険省は 「ブラジルでは4月か5月に新型コロナウイルス感染拡大がピークに達し、9月中旬まで感染流行が続く」と言っています。 また、呼吸器疾患の発生率が高い秋季・冬季での感染拡大の危険性や新型コロナウイルス感染の入院患者に必要な集中治療室(ICU)・人工呼吸器・診断テストの不足について警告しています。 考察してみた 楽観的な説から悲観的な説までいろいろありますが、結局、新型コロナウイルスに対抗するためには2つの条件のうちどちらかが達成されないといけないんじゃないかな?と思います。 人類のほとんどが免疫を獲得する• ワクチンが製造され、世界中に安く流通する 今は外出自粛などで抑え込んでいる国や地域もありますが、 元の生活に戻してしまうととたんに感染拡大につながると思います。 免疫を獲得していないと感染してしまうわけですし。 免疫についてもいろいろな説がありますね。 免疫を獲得すれば通常の生活に戻っていい• 罹患していったん陰性になったものの、また陽性になることがある このあたりも不明な点が多すぎます。 となるとやはり ワクチンや特効薬が流通しないといけないわけですね。 ただ、ワクチンや特効薬の開発には時間がかかります。 収束までの道のりはまだまだ長いのではないでしょうか。 広告 収束か終息か。 読み方は同じでも意味が違う! 新型コロナウイルスが収束か終息か。 読み方は同じ「しゅうそく」でも意味が違います。 なので、もし文献や記事を読むときには意味の違いに注意して読むことをおすすめします。 終息の意味 ものごとや混乱が完全に終わること 新型コロナウイルスのケースで言うと、特効薬やワクチンが開発されて世界中に流通したとか、何らかの理由で新型コロナウイルスが全滅したとか。 そんな状態のことをいいます。 収束の意味 ものごとや混乱がいったん落ち着くこと 新型コロナウイルスのケースで言うと、外出禁止や入国禁止などで感染者が増えなくなった、感染拡大が大幅に鈍化した場合などが当たります。 いったん落ち着いていても、 根本解決にはなっていないので「終息」とは大きな違いがあります。 ニュースや新聞、文献などを読むときには十分に注意した方がいいです。 ただ、その文章を書いた人がそこまで意識しているかどうかは微妙です。 感覚で書いているかもしれないです。 なので、タイトルだけ見て判断するのではなく、 記事などは本文まで読むことをおすすめします。 「終息!」というタイトルでも、記事の中身は「落ち着いただけ」ということもあるでしょうね。 新型コロナウイルスが収束した国ってある? 新型コロナウイルスが「収束」した国や地域はあるのかチェックしてみました。 代表的なのは 「台湾」ではないでしょうか。 台湾では感染者や濃厚接触者、海外から戻った人には14日間の隔離を義務付けて、徹底したようです。 逆に外出自粛などはそれほど強く求めていないみたいですね。 4月16日・17日と2日連続で感染者ゼロを達成しています。 やっぱり官民一体となって、対策をすると効果的ということがよく分かります。 日本では、海外から帰国した人が勝手に移動するなどのケースもありました。 広告 コロナ終息後の生き方はどう変わる? 新型コロナウイルスの終息はいつかまったく見通しが立ちません。 ですが、終息後は大きく生活様式が変わりそうです。 まず今でも顕著なのが 「マスクの製造」です。 今まではほとんどが中国からの輸入に頼っていました。 それが今回の大きなマスク騒動に発展しています。 中国での工場の停止が一番大きいですが、輸出禁止措置があったとか、新型コロナウイルスの震源地である中国産は使いたくないとか。 いろんな原因があって、国産化が進んでいます。 大手としてはパナソニック・シャープ・アイリスオーヤマ。 ユニチャームはもともと国内製造もしていましたが、生産力の向上に舵を切りました。 どうしても国産だと高価になりますし。 バランスですよね。 あとは テレワークが広がったという変化もあります。 慣れていないので「飽きた」「集中できない」ということもありますが、実際に出社しなくてもいい仕事って山ほどありますし、ムダな仕事もたくさんあります。 それらが見直されています。 営業もわざわざ行くのではなく、テレビ会議ですることで、訪問件数が劇的に伸びているという人も。 新規は難しいかもしれませんが、定期訪問であればテレビ会議で十分なこともありますよね。 訪問する側の負担も減りますが、訪問される側の負担も減ります。 指定の時間に間違いなく話ができるわけですから、予定が立てやすいのも大きなメリットです。 車移動による事故の確率も激減するというメリットも。 このように今後、 生活は大きく変わりそうです。 withコロナとも言われる時代がやってくるかも。 withコロナという言葉が使われることも増えてきています。 新型コロナウイルスを完全に駆逐できるのかどうか分かりません。 完全に死滅させることができないなら、現在の季節性インフルエンザのように、新型コロナウイルス対策をしながらの生活になるかもしれません。 秋ごろには「インフルエンザ・コロナウイルス混合予防接種」なんかを受ける時代が来るかもしれませんね。

次の

医師1,346名が回答!

コロナ 終息 いつ

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。 この場合は、「めりはり」のない形で数年続いていく可能性が高くなる。 「患者数には増減があるだろうが、社会的に一定の規制を必要とする状況が続く可能性が出る」と菅谷医師は危惧する。 新型コロナウイルスの感染で東京五輪は21年夏に延期された。 ただ、季節が逆になる南半球諸国では、日本のある北半球と互い違いの形で流行が盛んになる可能性がある。 この点について菅谷医師は「WHOによるパンデミック宣言の取り下げは、22年の春頃の南半球の流行状況を見て、同年の7~8月になるのではないか」とみる。 その場合でも、公衆衛生組織の弱体なサハラ以南のアフリカや中南米、中央アジア諸国では数年間は潜伏する形での流行が続く可能性が高いため「入国時の検疫などを厳しくしていく必要があるだろう」と指摘している。 yahoo. 台湾を見れば分かるように隔離を適切に行っていれば日本国内での感染爆発は防げたはずです。 2月中旬までは感染拡大をしていなかったところを見ると、2月下旬からの3月にかけての帰国組をいい加減な検疫・防疫をしたツケは大きいですね。 国土交通相と厚労省の粗末な仕事のツケを国民に責任転嫁する最近の世論の流れは実に腹立たしいですね。 ダイプリの帰宅組ですらルールが統一されずにスポーツジムでクラスターを作る結果になりましたから。 今回の行政の仕事はハッキリ言って0点です。 3密に対するトラウマから、多少感染拡大が収まった程度では、簡単には元のような生活には戻らないだろう。 新幹線や飛行機を使った旅行や、満員のスタジアムでスポーツ観戦出来るようになるまでは相当先になるのではないか? オリンピックはまず無理。 これ以上の五輪への無駄金投入は世論が許さないでしょう。 もはや関係者以外、興味ない。 1918年から約3年間流行したスペイン風邪、約100年前のウイルス流行とは 比べられないが、今回の新型コロナウイルスも最低1年は続くと思う。 世界中でワクチン開発が進められているが、ワクチンが完成し私達の 手元まで届くのに1年以上かかると言われている。 2021年に開催できなければ、それ以上の延期はないといわれている東京五輪、 中止の可能性は高いでしょうね。 東京オリンピックをやりたい気持ちはわかりますが一年後も無理でしょうね。 ウイルス感染症の専門家が収束するのに2年はかかると言ってます。 感染の波が何回か押し寄せて、収束に向かうらしいです。 夏の高校野球の甲子園も駄目でしょう。 残念ですが東京オリンピックは中止になります。 予測が当たらなければいいのですが・・・・・今の世界のコロナ感染状況では厳しいですね。 ニュージーランドのように早めに外国人の流入をシャットダウンすべきでした。 中国やインバウンドに忖度した安倍政権の落ち度です。 緊急事態宣言ですが、強制力がない。 一昨日も仕事帰りスーパーに行ったら、混雑する中で子ども2人を連れた父親と思しき男が買い物かごも持たず店内をブラブラしていました。 一定数こういう人間はいますし、感染は拡がるでしょう。 たとえ先進国がある程度終息したとしてもアフリカや南米、東南アジア などでは当分続くでしょう。 来年の五輪なんて準備期間を考慮したらもう風前の灯火。 最初から二年延期なら可能性があったが自分の任期優先したからね。 少なくとも来年の五輪は無いって、絶対に。 バッハ会長と森氏は2022年の開催を押していたけど安倍氏は何故か来年で押し切った。 どうしてなんだろうねぇ。 仮に阪大と大阪市大がこの夏から臨床を開始するワクチンがこの年末か来年初頭に接種可能になったとしても来年開催の五輪は無理。 再来年なら可能性があったけど。 俺は折角巨額の費用を出して建設した施設を考えると是非やってもらいたかったから、来年を押した安倍氏の気持ちが全然分からなかった。 絶対に無理だと思ってたからねぇ。 元々この五輪は出発からデタラメだったね。 よくもこれだけ問題が出てくるなと思ってた。 あの時日本の運命が傾いたな。 やはり亡くなった人達を出汁にして名前ばかりの「復興五輪」で招致したからだよ。 罰が当たったんだ。 この五輪が無かったら東北の復興に金をかけられた。 何より今回の感染の広がりも検査間引きなどせず酷い事にはならなかった。 もう、政府も東京都も関連企業も、オリンピック中止による経済損失も計算に入れて、今後を考えた方が良い。 行動変容は、都内に限れば少なくとも4月7日前にそれなりに起こっていたし、できる人はテレワークなり外出自粛なり既にしていた。 それでもストレス感じていた人が多数だったのに、緊急事態宣言でそっからさらに大幅に行動変容しろっていうのは無理がありすぎる。 もうあとは、感染者を減らすのではなく、なるべく死者が出ないようにするしかないんじゃないかな。 その上で、有効性のあるワクチンと治療薬の開発を急ぐしかない。 本当にWHOとテドロスは犯罪者だ。 最初からキチンと対応していればここまで拡散する事は無かったでしょう!日本も安倍が中国に遠慮し過ぎとオリンピックの為に感染者少なく見せる為にここまでなってしまった。 今思うと3月1日から3週間、思い切ってヨーロッパでやってる外出禁止令を出して、スーパーやコンビニくらいしか営業しない…買い物以外の外出は罰せられるくらいの事をやっていたら今頃どうなっていたかな?今も極力外出は自粛してますが、今のように中途半端な自粛要請をダラダラ続けても、いつまでも終息しないような気がしてきた。 日本は中国やオリンピックを考慮したために初動に失敗し、検査数を少なくして感染者数が少なく見えることより海外諸国からの信用を大きく失いました。 働き方を改善するのにいいチャンスだと思うんだけど、ウチの会社はコロナも精神論だと言ってコロナを舐めているとしか思えない。 熱が出ても、査定に響くと脅され出勤を強要される。 こういった会社はまだまだたくさんあるのでは…。 時代遅れの会社が多くある日本は強制で休みをとらせないとコロナはいつまで経っても収束しないのでは… 普通のトップ、政府なら今の状況でオリンピック開催は無理だと思い、全力で感染者拡大防止策をきめ細かにやるのだが、現状、医療関係者や知事からあおられて対処しているのみ。 即、トップ、政府、関係官僚は変えてやった方がいいと思う。 国からの危機感はまるでなく、知事や医療関係者は危機感を伝えている。 本来、そのあたりを見越して国が引っ張るが。 トランプ、プーチン、メルケルはそのあたりは強力だ。 犬とじゃれあって優雅にコーヒーを飲むトップはもう無理だ。 日本株式会社のトップ、政府はオワコンですよ。 即変えないと。

次の