アリナミン f 糖衣錠。 25mgアリナミンF糖衣錠の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

25mgアリナミンF糖衣錠[武田薬品工業]の飲み合わせ(禁忌)や効果・副作用情報 [カラダノート] みんなのお薬口コミ

アリナミン f 糖衣錠

>ビタミンB 1製剤 価格 5mg1錠:5. 9円/錠 製薬会社• 販売 : 製造販売元 : 効能・効果 用法・容量 効能・効果• ビタミンB 1欠乏症の予防及び治療• ビタミンB 1の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、甲状腺機能亢進症、妊産婦、授乳婦、はげしい肉体労働時等)• ウェルニッケ脳症• 脚気衝心• 下記疾患のうちビタミンB 1の欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合• 神経痛• 筋肉痛、関節痛• 末梢神経炎、末梢神経麻痺• 心筋代謝障害• 便秘等の胃腸運動機能障害• 術後腸管麻痺• ビタミンB 1欠乏症の予防及び治療、ビタミンB 1の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給、ウェルニッケ脳症、脚気衝心以外の効能・効果に対して、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。 用法・用量• 通常、成人には1日量1~6錠(フルスルチアミンとして5~30mg)を1回1~2錠ずつ、1日1~3回に分けて食後直ちに経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 禁忌 副作用 注意 適用上の注意 薬剤交付時 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。 [PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。 ] 薬物動態 血中濃度 本剤は消化管からの吸収がよく、投与量に比例して速やかに吸収され、高い血中ビタミンB 1濃度を持続する(健康人)。 排泄 本剤の経口投与により、尿中ビタミンB 1排泄量は投与量に比例して増加する(健康人)。 体液・組織内移行 本剤はリポイド易溶性で組織に対する親和性が強く、血球等によく移行する。 また、体内貯留性がよい(健康人)。 代謝 本剤は細胞内で速やかに非酵素的にビタミンB 1に復元した後エステル化され、多量の結合型B 1(コカルボキシラーゼ)を生成する(健康人)。 武田薬品工業株式会社 薬剤一覧• 武田テバ薬品株式会社 薬剤一覧•

次の

50mgアリナミンF糖衣錠の効果・用法・副作用

アリナミン f 糖衣錠

25mgアリナミンF糖衣錠に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 コルサコフ症候群 ウェルニッケ脳症 ビタミンB1欠乏症 25mgアリナミンF糖衣錠の主な効果と作用• ビタミンB1の不足により起こる脚気、神経痛、関節痛などの症状を改善するお薬です。 体内の糖質、タンパク質、脂質などの 代謝に重要なビタミンB1製剤です。 25mgアリナミンF糖衣錠の用途• 脚気衝心• の ビタミンB1の補給• 授乳婦のビタミンB1の補給• 消耗性疾患のビタミンB1の補給• 妊産婦のビタミンB1の補給• 激しい肉体労働時のビタミンB1の補給• の治療• の予防• ビタミンB1欠乏の胃腸運動機能障害• ビタミンB1欠乏の関節痛• ビタミンB1欠乏の筋肉痛• ビタミンB1欠乏の術後腸管 麻痺• ビタミンB1欠乏の心筋 代謝障害• ビタミンB1欠乏の神経痛• ビタミンB1欠乏の• ビタミンB1欠乏の末梢神経炎• ビタミンB1欠乏の末梢神経麻痺• ビタミンB1代謝障害の胃腸運動機能障害• ビタミンB1代謝障害の関節痛• ビタミンB1代謝障害の筋肉痛• ビタミンB1代謝障害の術後腸管麻痺• ビタミンB1代謝障害の心筋代謝障害• ビタミンB1代謝障害の神経痛• ビタミンB1代謝障害の• ビタミンB1代謝障害の末梢神経炎• ビタミンB1代謝障害の末梢神経麻痺• 食事からの摂取が不十分のビタミンB1の補給 25mgアリナミンF糖衣錠の副作用.

次の

医療用医薬品 : アリナミン (商品詳細情報)

アリナミン f 糖衣錠

>ビタミンB 1製剤 価格 5mg1錠:5. 9円/錠 製薬会社• 販売 : 製造販売元 : 効能・効果 用法・容量 効能・効果• ビタミンB 1欠乏症の予防及び治療• ビタミンB 1の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、甲状腺機能亢進症、妊産婦、授乳婦、はげしい肉体労働時等)• ウェルニッケ脳症• 脚気衝心• 下記疾患のうちビタミンB 1の欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合• 神経痛• 筋肉痛、関節痛• 末梢神経炎、末梢神経麻痺• 心筋代謝障害• 便秘等の胃腸運動機能障害• 術後腸管麻痺• ビタミンB 1欠乏症の予防及び治療、ビタミンB 1の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給、ウェルニッケ脳症、脚気衝心以外の効能・効果に対して、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。 用法・用量• 通常、成人には1日量1~6錠(フルスルチアミンとして5~30mg)を1回1~2錠ずつ、1日1~3回に分けて食後直ちに経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 禁忌 副作用 注意 適用上の注意 薬剤交付時 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。 [PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。 ] 薬物動態 血中濃度 本剤は消化管からの吸収がよく、投与量に比例して速やかに吸収され、高い血中ビタミンB 1濃度を持続する(健康人)。 排泄 本剤の経口投与により、尿中ビタミンB 1排泄量は投与量に比例して増加する(健康人)。 体液・組織内移行 本剤はリポイド易溶性で組織に対する親和性が強く、血球等によく移行する。 また、体内貯留性がよい(健康人)。 代謝 本剤は細胞内で速やかに非酵素的にビタミンB 1に復元した後エステル化され、多量の結合型B 1(コカルボキシラーゼ)を生成する(健康人)。 武田薬品工業株式会社 薬剤一覧• 武田テバ薬品株式会社 薬剤一覧•

次の