ガンランス 砲撃 攻撃力 関係。 ガンランス

ガンランス

ガンランス 砲撃 攻撃力 関係

さてさて 昨日リリスくんと話していたら、ガンランスについてさっぱりわからないから教えてくれ!!とのことでしたので、今日はそちらについて書きたいと思います。 リリスくんは韋駄天大好きなので、属性砲のほうから興味をもったようですね・・・ 私もガンランサーなわけではないので、私の把握してる範囲内で説明したいと思います。 もし間違ってるところあったら教えてくださいね!! 砲撃について まず、ガンランスといえば!!の砲撃についてになります。 今までにも私の記事の中でもいくつもガンランスを紹介していますが、いつも必ず砲撃タイプを載せるようにしています。 この砲撃によって使い方にかなり差がつきますので・・・ 砲撃については肉質無視になりますので、基本的には斬肉質の弱いところに突きを行って、硬いところには砲撃という感じになります。 つまり肉質しっかりと把握してないと本領が発揮できない武器ですので、本当に使いこなすためには相当な知識が必要になります。 砲撃タイプは通常砲撃、拡散砲撃、放射砲撃にわかれます。 この砲撃の攻撃力は、その武器の攻撃力や属性に左右されません。 問題になるのは砲撃のタイプとLv、砲術スキルだけになります。 ガンランスという武器は砲撃をはさむことによって、武器でのコンボ回数をリセットできるという武器になりますので、最も長く連続攻撃ができるタイプということになるのかな。 基本的には通常攻撃がメインのダメージソース。 当然連続して攻撃をしていくというタイプではありませんので、チャンスを見つけたら砲撃を撃ちこんで・・・とというような使い方になるのかな。 しっかり突きをしながら、砲撃も組み込んでってタイプですね。 装填数は3発。 もっとも砲撃と突きのバランスの良いガンランスってことになるのかな。 大体ダメージ的には通常砲撃Lv5<放射砲撃Lv3<拡散砲撃Lv2という感じになっています。 ク゛スン が、放射と拡散砲撃には弱点もあって放射砲撃は前方に、拡散砲撃は広範囲に当たり判定がでますのでその範囲に味方がいると吹っ飛ばしてしまいます。 これがそのまま当たり判定なのかはわからないですけど、放射砲撃のリーチはかなりのものがありますし、拡散砲撃は自分の周りを大体包み込むように判定がでると思ってもらえるといいのかな。 放射の前方リーチはこの角度だと画面に入りきってないですねw ですので、放射砲撃の場合であれば水平砲撃(そのまま横に撃つ)のはご法度ですし、拡散砲撃なら周りに味方がいる状態で撃たないほうがいいということですねw 属性連撃砲 大体砲撃タイプの特徴はこんなところなのですが、最近はダンディや黒レイアガンスの実装もあって、かなり属性砲が熱い視線を浴びています。 この属性連撃砲のダメージについてですが、砲術スキルはほとんど関係なく属性値と装填数が非常に問題になってきます。 (砲撃タイプは関係してきます。 通常<放射<拡散の順に同じ属性値なら一撃は強い) 装填している弾をそのまま全部打ち出すわけですから(砲撃タイプがダメージに関係するとはいえ)、単純に属性値が高く、かつ装填数の多い武器が良いということになります。 そう、装填数が多く(通常砲撃)、かつ高属性である・・・ ダンディダンディの連撃砲が強いのは当然なのですよねw HC剛ナズチの怒り状態に対して、弱点のナズチの左脚と腹に全ての砲撃が当たったと仮定すると855dmgを一回で与えることができます。 で、今回話題になっているアンノウンのガンスである刻竜銃槍は属性値はデフォで1000と吹っ飛んでるものの拡散砲撃のため装填数が2と少なく、W属性強化の轟雷による連撃砲でも632しかダメージを当てることができません。 では、この刻竜銃槍は連撃砲は使えないのかというとそれを可能にするのが メンマくんが両方所持していますのでSSを撮らせていただきましたw 以前にも書きましたが、砲皇の効果は ・超高級耳栓が発動 ・ガンランスの攻撃力が1. 2倍に上がり、攻撃がはじかれなくなる。 この中にある装填数UPがこの場合鬼のような効果を発揮します。 単純に弾数が一発増えるわけですから、ダメージが1.5倍の948となり、ダンディダンディのダメージを抜きます。 つまりダンディを超えるダメージを叩きだせるガンランスが全ての属性で実装されたと言えるわけですねーw ですので、これを利用すれば最近話題になっていますが、剛ガロンなども流水ガンスを使えば一瞬で沈めることができます。 上のSSは昨日の優先の上位ノノですがw 現状、属性の通るモンスターであればガンランスが最強の武器となっているといっていいのかもしれません。 まぁ、ただ・・・秘伝限定だということをお忘れなく・・・ あと一分以内でモンスター沈められないとHBきれちゃうので・・・ そこも砲皇であれば冷却時間半分ですので、刻竜銃槍での属性砲を満喫したかったら砲皇になってからがいいと思いますw ブログランキング参加しています。 ポチリと押してもらえるとすごくうれしいです^^.

次の

各種砲撃について

ガンランス 砲撃 攻撃力 関係

砲撃レベルによる威力補正 ガンランスは武器ごとに砲撃レベルがLv1~Lv4まで設定されており、 Lvが高いほど砲撃ダメージが上昇します。 戦闘でフルバーストや溜め砲撃などを積極的に使うなら、 砲撃Lv4のガンランスが最適です。 ただ、現時点では 砲撃Lv4の武器が存在するのは通常型と放射型のみで、拡散型はLv3までのものしかありません。 00で砲撃Lv4の拡散型ガンランスが実装されました。 スポンサーリンク 装弾数の違い 装弾数は「通常型」が最も多い5発、次いで「放射型」が3発、「拡散型」は2発となっています。 通常型 放射型 拡散型 スキルなし 5発 3発 2発 砲弾装填数UPあり 6発 4発 3発 スポンサーリンク 砲撃タイプごとの威力検証 砲撃タイプによって威力が変わるアクションは4種類あります。 通常砲撃(単発)• 溜め砲撃• フルバースト• 竜撃砲 これらの攻撃は 砲撃レベルと 砲撃タイプの補正を受けて最終的な威力が決まります。 なお、 竜杭砲は砲撃タイプによる影響を受けません。 フィニッシュの爆発部は「砲撃レベル・砲術スキル」、複数回発生する多段ダメージは「肉質・砲撃レベル・攻撃力」でダメージが決まります。 ということで、それぞれのダメージを調べてみました。

次の

【MHW:IB】生産武器最強ガンランス紹介!現段階最強状態の武器も紹介します!とりあえずコレを作れば完璧!ver10.12

ガンランス 砲撃 攻撃力 関係

モンハンダブルクロスにおけるガンランスの考察記事です。 この記事では、ガンランスの攻撃の核となる、砲撃について考察していきます。 ガンランスはランスと並び全武器中ナンバーワンのガード性能を持つのが大きな特徴の一つですが、攻撃においては、モンスターの肉質を無視して固定ダメージを与えることができる「砲撃」が特徴的な武器です。 モンハンクロスより「ヒートゲージ」という、砲撃を継続的に行うことによって突きの威力を高める要素が加わったため、砲撃を絡めた戦法が過去作以上に必要になってきました。 ここでは、モンスターとの戦いにおいて、砲撃をどのように使っていけばいいか、砲撃タイプごとに考察していこうと思います。 【1】通常タイプ (1)基本情報 装填数:5発 通常砲撃の威力:小 通常砲撃の射程:中 通常砲撃の範囲:狭 斬れ味消費:2 溜め砲撃による攻撃力補正:1.2倍 得意とする砲撃:フルバースト(攻撃力補正1.2倍) (2)考察と基本的な戦い方 1発あたりの威力が最も低い砲撃タイプです。 単発で砲撃をしていくだけなら、他の砲撃タイプにした方がいいです。 その代わり、装填数は最も多いので、それを生かした戦い方と相性がいいです。 装填数が多いことのメリットは、やはり全弾発射する「フルバースト」の威力でしょう。 最大5発の弾を同時に発射できる上に、攻撃力補正1.2倍がかかるので、その威力はとてつもないです。 例えばスキル「砲術王」発動、砲撃レベル5で5発フルバーストを打てば、その威力は200近くになります。 大タル爆弾Gの威力が150なので、それを超える火力ということになります。 凄まじい火力ですね。 通常タイプでは積極的にフルバーストを狙っていきたいところです。 ブレイヴスタイルで繰り出せるブレイヴフルバーストはさらに威力が上がるので、ブレイヴスタイルとの相性も抜群です。 マルチプレイでは、味方を吹き飛ばさないように気をつけなければならないので、なかなか思うように打つ機会を作れないのですが・・・。 装填数が多いことのメリットは他にもあって、突きの間に通常砲撃を挟むことによって、突きを連続して行うことができます。 突きによる攻撃回数を増やせるため、状態異常武器を使う時なんかは、状態異常属性の蓄積値を溜めやすくなるのでおすすめです。 【2】放射タイプ (1)基本情報 装填数:3発 通常砲撃の威力:中 通常砲撃の射程:長 通常砲撃の範囲:狭 斬れ味消費:2 溜め砲撃による攻撃力補正:1.2倍 得意とする砲撃:竜撃砲(攻撃力補正1.2倍) (2)考察と基本的な戦い方 放射タイプは通常砲撃が前方に爆風が伸び、通常タイプよりも射程が長いのが特徴です。 段数も少なくないので、通常砲撃も十分に使いやすい砲撃タイプです。 ただし、砲撃は味方を巻き込むと悲惨なことになるので、味方が密集しているときは斬り上げから派生して真上へ砲撃するといいでしょう。 放射タイプの一番のメリットは竜撃砲の威力に1.2倍の補正がかかることです。 スキル「砲術王」発動、砲撃レベル5の竜撃砲の威力は300近くになります。 大タル爆弾G2個分程度のダメージということですね。 こちらも間違いなく強力です。 放射タイプではとにかく、竜撃砲が溜まったらどんどん発射していくくらいの気持ちで竜撃砲を発射する回数を増やしたいところです。 ただ、ヒートゲージの管理面でやっかいなのが、竜撃砲を打つとヒートゲージが固定されてしまうことです。 従来の作品では気兼ねなくモンスターとの出会い頭にまずは1発竜撃砲をお見舞いすることができたのですが、クエスト開始時はヒートゲージが低い状態で始まるので、クエスト開始後いきなり竜撃砲を打ってしまうとヒートゲージが低い状態で固定されてしまいます。 突きのダメージが減ってしまうので、ダメージ効率が落ちてしまうので、その兼ね合いが難しいところです。 狩技「竜の息吹」を使えばヒートゲージを最大で固定できますが、クエスト開始時は当然狩技ゲージも溜まっていないので使うこともできないですし・・・。 素早くヒートゲージを上げて、竜撃砲を打てる状態にすることが重要になります。 【3】拡散タイプ (1)基本情報 装填数:2発 通常砲撃の威力:大 通常砲撃の射程:短 通常砲撃の範囲:広 斬れ味消費:1 溜め砲撃による攻撃力補正:1.44倍 得意とする砲撃:溜め砲撃 (2)考察と基本的な戦い方 装填数が少ない代わりに、1発の通常砲撃の威力が最も高い砲撃タイプです。 突きの中にコンスタントに砲撃を使っていく連携をしていく形が基本となるので、ヒートゲージの管理はしやすい砲撃タイプです。 特筆すべきは溜め砲撃の威力です。 攻撃力補正1.44倍という高い倍率により、砲術王発動時、砲撃レベル5の溜め砲撃1発の威力は80程度になります。 2連発で溜め砲撃ができればそれだけで大タル爆弾Gを超える威力になります。 ただ、実際はモンスターもそこまで長く隙をさらしてくれるわけではないので、通常砲撃+溜め砲撃くらいの連携で精一杯という場合が多いでしょう。 それでも大タル爆弾Gと同等の威力を出せるので十分に強力ですが。 放射タイプでも述べましたが、マルチプレイで通常砲撃を使う際は斬り上げから派生すると味方を巻き込みにくいです。 拡散タイプは砲撃の範囲が横に広いので、他の砲撃タイプ以上に味方を巻き込みやすいので注意が必要です。 以上、ガンランスにおける砲撃タイプごとの考察記事でした。 私ははじめてモンハンをプレイしたときはプレイもお粗末なもので、最初は竜撃砲を当てることでしかまともにダメージを与えることができないくらいの腕でした。 なので、竜撃砲には絶対の信頼をおいてこれまでの作品では戦ってきたのですが、ヒートゲージの仕様によって竜撃砲も思考停止でぶっぱできなくなってしまいました。 やはり竜撃砲こそがガンランスのアイデンティティであり、欠かせない魅力なので、ぜひとも今後のシリーズでは今以上に爽快感のある竜撃砲が打てるようになってほしいと思います。 カテゴリー• 344• 105• 8 アーカイブ•

次の