伊崎利夫 東電。 【映画】福島50のあらすじネタバレと感想!原作についても!

【映画「FUKUSHIMA 50」(フクシマフィフティ)トークイベント~門田隆将氏と若松節朗監督】

伊崎利夫 東電

Fukushima 50 (フクシマフィフティ) 監督 脚本 原作 『死の淵を見た男 と』 製作 椿宜和(企画プロデュース) 二宮直彦 製作総指揮 (製作代表) 出演者 音楽 撮影 () 編集 () 製作会社 「Fukushima 50」製作委員会 配給 公開 上映時間 122分 製作国 言語 『 Fukushima 50』(フクシマフィフティ)は、に公開された。 著の書籍『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』を原作に 、に伴う発生時にに留まって対応業務に従事した約50名の作業員たち・通称「」の闘いを描く。 監督は、主演はと。 新作のの中では初めてドルビービジョン、を用いた制作作業を日本国内で完結した。 でも上映された。 尚、は制作に於いて一切無関係であり協力等はしていない。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2020年1月)() 午後2時46分、9. 0、最大7という日本の観測史上最大となる地震が発生し、巨大津波がを襲った。 津波による浸水で全電源を喪失して(SBO)となり、冷却不能の状況に陥った原子炉は、このままでは 炉心溶融 により想像を絶する被害がもたらされることは明らかだった。 1・2号機当直長伊崎ら現場作業員は、原発内に残り原子炉制御に奔走する。 全体指揮を統括する吉田所長は部下たちを鼓舞する一方、状況を把握しきれていない本店や官邸に対し怒りをあらわにする。 しかし、現場の努力もむなしく事態は悪化の一途をたどり、近隣の人々は避難を余儀なくされる。 官邸が試算したこの事故による最悪のシナリオでは被害範囲は半径250km、避難対象人口は約5000万人にも及び、それは「東日本の壊滅」を意味する。 現場に残された唯一の手段は「ベント」で、未だかつて世界で実施されたことのないこの手段は作業員が体ひとつで原子炉内に突入して行う手作業が要求される。 外部と遮断され何の情報も入らない中、ついに作戦は始まる。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 伊崎利夫 演 - 福島第一原発 1・2号機当直長。 演 - 福島第一原発 所長。 前田拓実 演 - 福島第一原発 5・6号機当直長。 野尻庄一 演 - 福島第一原発 発電班長。 大森久夫 演 - 福島第一原発 管理グループ当直長。 平山茂 演 - 福島第一原発 第2班当直長。 井川和夫 演 - 福島第一原発 第2班当直副長。 伊崎遥香 演 - 伊崎利夫の一人娘。 避難先ののにて音信不通となった父の身を案じる。 伊崎智子 演 - 伊崎利夫の妻。 遥香とともに避難所に避難し、伊崎を案じる。 滝沢大 演 - 遥香の恋人。 にて遥香の無事を願う。 演 - 内のにて陣頭指揮を執り、突如自ら福島第一原発へ向かう。 浅野真理 演 - 福島第一原発 緊急対策室総務班職員。 その他 [ ] 加納勝次 演 - 福島第一原発 第1班当直副長。 矢野浩太 演 - 福島第一原発 第3班当直長。 本田彬 演 - 福島第一原発 第1班当直主任。 工藤康明 演 - 福島第一原発 管理部当直長。 内藤慎二 演 - 福島第一原発 5・6号機当直副長。 西川正輝 演 - 福島第一原発 第1班補機操作員。 宮本浩二 演 - 福島第一原発 第1班補機操作員。 小宮弘之 演 - 福島第一原発 第1班補機操作員。 山岸純 演 - 福島第一原発 第1班当直主任。 小川昌弘 演 - 邱太郎 福島第一原発 第1班主機操作員。 松田宗介 演 - 福島第一原発 第1班主機操作員。 樋口伸行 演 - 福島第一原発 保全部部長(復旧班長)。 辺見秀雄 演 -。 ジョニー 演 -。 佐々木明 演 - 福島第一原発 防災安全部部長。 五十嵐則一 演 - 福島第一原発 復旧班電源チーム。 望月学 演 - 福島第一原発 復旧班注水チーム。 内閣官房長官 演 - 原子力安全委員会委員長 演 - 首相補佐官 演 - 経済産業大臣 演 - 原子力安全・保安院 院長 演 - 前田かな 演 - 前田拓実の妻。 福原和彦 演 - 福島第一原発 ユニット所長(副本部長)。 小野寺秀樹 演 - 東都電力 常務。 新聞記者 演 - 松永 演 - 避難住民。 伊崎敬造 演 - 伊崎利夫の父。 竹丸吾郎 演 - 東都電力。 スタッフ [ ]• 原作:『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』(刊)• 監督:• 脚本:• 音楽:• 演奏︰、、• 製作代表:• エグゼクティブプロデューサー:• 製作:堀内大示、大角正、布施信夫、井戸義郎、丸山伸一、安部順一、五阿弥宏安、、柴田建哉、岡畠鉄也、五十嵐淳之• 企画:水上繁雄• 企画プロデュース:椿宜和• プロデューサー:二宮直彦• 撮影:()• 照明:杉本崇• 美術:• サウンドデザイナー:• 録音:鶴巻仁• 編集: ()• スクリプター:幸縁栄子• 衣装:加藤哲也• ヘアメイク:齋藤恵理子• キャスティング:椛澤節子• 技術指導:平野勝昭• ラインプロデューサー:梶川信幸• 宣伝プロデューサー:北原夏樹• 音楽プロデューサー:小野寺重之• Special Thanks to the and• 制作協力:• 助成:文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)• 配給:、• 製作:「Fukushima 50」製作委員会(KADOKAWA、松竹、、、、、、、、、) 製作 [ ] この節のが望まれています。 主に: 原子力発電所シーンの撮影 ( 2020年1月) 「復興五輪」と銘打たれた「・」の開催を控え、「今一度、震災の記憶と向き合い、復興への思いを新たにする作品を世に問う、それこそが映画人の使命である」として、におけるを描いた本作が製作された。 撮影は実際の現場を忠実に再現した巨大セットを用いて、11月から4月にかけて行われた。 原子力発電所以外の描写についてもリアリティを追求し、「(Operation Tomodachi)」を再現したシーンではにて撮影が行われた。 関係者の協力を得て前例のないへの撮影申請を行い、粘り強い交渉を経て撮影が実現。 作戦会議の場面では施設内の作戦会議室を用いて、東北支援へ発進する場面では米軍のを実際に飛行させて撮影が行われ、また基地内で募集した本物の米兵が多数として出演している。 本作には在日米軍が撮影に協力しているが、これは日本の映画史上初の試みである。 さらにの協力の下、総理大臣が福島第一原発を緊急訪問した場面では要人移動用の輸送ヘリコプターを用いて、空から原子炉建屋へ放水を行った場面では大型輸送用ヘリコプターを用いて撮影が行われ、放水シーンでは実際に作戦に従事した隊員らの協力により被曝を防ぐためのアクリル板や装備などが機体内部に忠実に再現されている。 評価 [ ] が運営するの「キネ旬Review」では、3人のレビュアーが全員星5つ中1つの最低評価とし、映画評論家のは「戦後日本への道をなぞり、迷いなく美化するような展開に呆然とした」、は「この作品は検証や哀悼や連帯ではなく、動揺や怒りや対立を呼びおこす」、は「自然を甘く見ていたというだけの結論。 何を隠蔽したいのか。 若松監督、承知の上の職人仕事か」と揃って厳しいコメントをつけた。 は、作中で混乱の元凶のように描かれている「総理」は、他の登場人物は実名であるのに対して、彼だけ実名ではなく言い逃れできるようになっており、なぜ所長と同程度に描かなかったのかと疑問を呈し。 それは首相側の事情の視点の欠落につながり、作中では「総理が現地へ行くことになったのでベントが遅れ、被害が拡大した」となっているが、東電側にも不備があった事実が抜け落ちていると指摘する。 また、実際は各種報告書でも推察できるように「想定外の大津波」ではなかったにも関わらず、まるで人間の想定を超えた事態だったと作中では描かれており、東電の責任から目を背けているという批判もある。 当時首相であったは本作に関して「周囲の人は、描き方が戯画的だとか色々言ってくれるんですが、そんなに、ひどいとは感じていません。 劇映画ですしね」と語っている。 は、Twitterで「約2時間ぼくは泣きっぱなしだった」とツイートした。 脚注 [ ] []• スクリーンオンライン. 2018年11月20日. 2019年7月9日閲覧。 シネマトゥデイ. 2018年11月20日. 2019年7月9日閲覧。 2018年11月20日. 2020年1月28日閲覧。 com. 2019年4月17日. 2019年7月9日閲覧。 blueprint. 2019年7月10日. 2019年7月10日閲覧。 2019年9月9日. 2020年1月16日閲覧。 2019年9月9日. 2019年9月9日閲覧。 : p. 2019年9月9日. 2020年1月16日閲覧。 FNN. jppプライムオンライン. 2019年4月17日. 2020年1月28日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年11月19日. 2020年1月28日閲覧。 クランクイン! ハリウッドチャンネル. 2019年11月19日. 2020年1月28日閲覧。 キネマ旬報. 2020年3月24日閲覧。 現代ビジネス. 2020年3月24日閲覧。 ハーバー・ビジネス・オンライン. 2020年3月24日閲覧。 2020年3月24日閲覧。 関連項目 [ ] いずれも福島第一原発事故をテーマにしている。 (2013年)• 映画 (2016年) 外部リンク [ ]• Fukushima50JP -• - (英語)•

次の

fukushima50を見る3つの方法!audibleだと無料体験が可能♪

伊崎利夫 東電

Contents• fukushima50とは 「fukushima50」は、90人以上への独自取材と実名証言でつづられた門田隆将氏のノンフィクションが原作。 津波に襲われ全電源が喪失した福島第一原子力発電所で、現場に踏みとどまった作業員たちを統率。 メルトダウンの危機に立ち向かった名もなき戦士たちの5日間の、緊迫感に満ちた多くの人々がそれぞれに生きようとするドラマへと導いた。 その魂を込めた思いがこもった作品です。 fukushima50という言葉事態は2011年3月11日2:46に発生した東日本大震災の際に福島第1原子力発電所の対応業務に従事していた人員のうち、同発電所の事故が発生した後も残った約50名の作業員に対し欧米など日本国外のメディアが与えた呼称です。 以下、映画のストーリーの流れの抜粋です。 マグニチュード9. 0、最大震度7という巨大地震が起こした想定外の大津波が、福島第一原子力発電所(イチエフ)を襲う。 浸水により全電源を喪失したイチエフは、原子炉を冷やせない状況に陥った。 このままではメルトダウンにより想像を絶する被害をもたらす。 1・2号機当直長の伊崎ら現場作業員は、原発内に残り原子炉の制御に奔走する。 全体指揮を執る吉田所長は部下たちを鼓舞しながらも、状況を把握しきれていない本店や官邸からの指示に怒りをあらわにする。 しかし、現場の奮闘もむなしく事態は悪化の一途をたどり、近隣の人々は避難を余儀なくされてしまう。 官邸は、最悪の場合、被害範囲は東京を含む半径250㎞、その対象人口は約5,000万人にのぼると試算。 それは東日本の壊滅を意味していた。 いまだ世界で実施されたことのないこの手段は、作業員たちが体一つで原子炉内に突入し行う手作業。 外部と遮断され何の情報もない中、ついに作戦は始まった。 伊崎利夫 演 - 佐藤浩市 福島第一原発 1・2号機当直長。 吉田昌郎 演 - 渡辺謙 福島第一原発 所長。 前田拓実 演 - 吉岡秀隆 福島第一原発 5・6号機当直長。 野尻庄一 演 - 緒形直人 福島第一原発 発電班長。 大森久夫 演 - 火野正平 福島第一原発 管理グループ当直長。 平山茂 演 - 平田満 福島第一原発 第2班当直長。 井川和夫 演 - 萩原聖人 福島第一原発 第2班当直副長。 伊崎遥香 演 - 吉岡里帆 伊崎利夫の一人娘。 避難先の富岡町の避難所にて音信不通となった父の身を案じる。 伊崎智子 演 - 富田靖子 伊崎利夫の妻。 遥香とともに避難所に避難し、伊崎を案じる。 滝沢大 演 - 斎藤工 遥香の恋人。 会津若松にて遥香の無事を願う。 内閣総理大臣 演 - 佐野史郎 首相官邸内の危機管理センターにて陣頭指揮を執り、突如自ら福島第一原発へ向かう。 浅野真理 演 - 安田成美 福島第一原発 緊急対策室総務班職員。 福島民友新聞記者 演 - ダンカン• 松永 演 - 泉谷しげる 避難住民。 ヴァイオリニスト 五嶋龍• チェロ奏者 長谷川陽子 大御所2人をダブル主演のような形で起用する本作品 1号機と2号機の当直長・伊崎(佐藤浩市)やその他の作業員は残りの原子炉を制御するために奔走しております。 福島第一原発内の全体を指揮する吉田所長(渡辺謙)は部下たちを鼓舞しながら、状況を全く把握していない本店の人間や官邸の人間に怒りを露わにします。 音楽においても題名のない音楽会の司会を務めるヴァイオリニストの五嶋龍が音楽を担当しています。 小ペン fukushima50の感想や意見、ストリーミング化について等 SNSまとめ fukushima50の感想から映画のストリーミング化についても含めてまとめてみました。 今作品に対して、前向きな感想がある一方。 否定的な言葉も同時にいくつもありました。 戦争映画や、時代劇だと「いのちを捧げて」やらねばならないことがでてくる。 いまの時代は「いのち」は無条件に守られるべきものとされるから、「いのちを捧げる覚悟」は描きにくい。 映画『Fukushima50』は、事実としてそういう場面があったので、それを描いている。 約2時間ぼくは泣きっぱなしだった。 開始30分で 恥ずかしいほど泣きました。 笑 リーダーたちの責任感に 共感し、感動しました。 そして最後。 五輪聖火は 震災復興を祈念し 福島から出発する、と。 そこに、東北出身でもないぼくがランナーとして携われることが とても光栄で、もひとつ泣きました。 — Yume Wo Katare Onagawa WoKatare Fukushima50を観ました。 震災はまだ終わってない。 それを認識させてくれました。 コロナの影響で今は映画館に人が少ないですね、、、 皆様にも観て頂きたいですが、体調管理はしっかりしなきゃですね。。 豪華キャストには驚いたが、吉田所長をもちあげ過ぎ、東電を美化するとんでもない作品。 吉田所長ら50人は確かにベントで決死隊で臨んだが、東電の彼らがまるで日本を救ったかのような描き方はやり過ぎ。 当時の首相・菅直人を徹底的な愚弄した描き方も名誉を毀損。 — ジャーナリスト 田中稔 minorucchu Nスペ見た。 クラスター対策班版の『Fukushima50』だった。 限られた資源で頑張って感染爆発まで時間稼ぎした(立派な仕事)けど、クラスター対策ではもうお手上げ、という現状を描いている。 F50では、2号機爆発は起こらず東日本壊滅を回避という奇跡がおきたが、ウイルス相手にそれが期待できるのか。 — 添田孝史 sayawudon ああ、 に感じていた既視感の正体がやっと分かった。 原発事故の時にFukushima 50とか言って作業員の方達を持ち上げて、 彼らを危険な所に追いやった東電や政府の落度から目を背けさせる構図と同じなんだ。 現場を英雄視することで、社会構造の問題から目を背けさせる手だ。 — 義香 HmLv0 Fukushima50って言ったのは海外の方じゃないですかね。 この映画東電・政府から何も入ってないよね? ラスト吉田所長の手紙でまた泣く。 あの現場の全ての皆さんに、トモダチと言ってくれた米軍に、福島の皆さんに今年、も美しく咲いてくれた桜に感謝します。 外出自粛中に家族全員で家で観られる事と9年前と"今"が重なるからだろうか。 コロナと闘う医療従事者の使命感には頭が下がる。 9年前、福島の人々が日本を救ったことを多くの方に知って欲しい。 — 門田隆将 KadotaRyusho 小ペン 『Fukushima50』。 実は問題の本質を何も語ってないのにドラマとしてのカタルシスで「なんかほだされてしまう」作りになってて観る人を完全にはぐらかすんだよね。 「評価」が高いのがその証拠。 騙されちゃってるなあ、みんな。 実は相当悪質。 「トータル的な騙し」やってる映画なんです。 要注意。 — 福田裕彦 8歳648ヶ月 YasuhikoFK ずっと観たかったので、Amazonprimeでレンタルしました! Fukushima50 自分はこの年の1月に東北自動車道で玉突き事故 不幸中の幸いで死者0 に遭い、2月に退職し地元へ戻りました。 色々と考えさせられます。 — ぶるーまうんてん bluemountainsak この人もAmazonプライムのレンタルしたんだ!仲間だぁー 周木律「Fukushima50」角川文庫 話題の映画を小説でも読んでみました ってか小説ってより映画を文章にしたってことね ほぼほぼシナリオ通り 覚悟を決めてサービス建屋に残る決断した辺りの各人の気持ちはさすがにグッとくるものがありました それよりやっぱり映画の中の吉岡秀隆や火野正平が素敵だった — ホッシー hossy5 当時の日本がこれ程の危機に瀕していたなんて…その事実もですし、知らずに過ごしていた自分も恐ろしい…。 自然に対して人間が勝手な線引きをする事がどれだけ浅はかであるか…思い知らされます。 合わせて4月17日からオンラインで本作品の有料配信を開始しました。 全国の映画館が新型コロナウイルスの影響から劇場の休業が相次いでおり、公開中の作品を公開期間中に配信するのは初めての試みのようです。 デジタル配信 デジタル配信についても映画館で見るのと同じ料金がかかり1,900円になります。 また、デジタル配信は18社から配信されています。 期限があって5月6日までの期間限定配信になる為、それ以降は再度映画館でのみになるかもしれませんし、引き続きデジタル配信が継続されるかもしれません。 デジタル配信の良いところは映画館で2人で見に行くと3,800円かかるところが、1人分の1,900円で2人でも3人でも見られます。 また、48時間のレンタル期限を守れば何回でも見られるため、映画より大分融通が利く視聴方法だと思います。 ぼくはAmazon派だから上ので見ちゃった。 fukushima50 書籍で見る:無料~704円 「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」映画の原作 2012年11月22日発売された著書、ノンフィクション作家門田隆将によって書かれた。 菅直人、班目春樹、吉田昌郎をはじめとした東電関係者、自衛隊、地元の人間など、90名以上の証言をもとに記した、渾身のノンフィクション。 左側のリンクはkindleアプリでの金額、右側は文庫のリンクで置きました。 「fukushima50」 2020年1月23日発売された著書、メフィスト賞受賞作家・周木律の筆によって、いち早く小説化。 オリジナルエピソードも描かれる、迫真のノベライズ版 左側のリンクはkindleアプリでの金額、右側は文庫のリンクで置きました。 また、だと 30日間無料体験・若しくは 299円で3か月間のキャンペーンプランをやっているため、どちらかを利用すると「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」は無料で読むことができます。 無料体験期間内で解約すれば別途費用は出ずに読むことができます。 小ペン fukushima50 オーディオブックで聴く:無料~3,000円 オーディオブック版『小説 Fukushima 50』が、3月6日よりAudible(オーディブル)で配信開始しております。 全編通して声優の井上和彦さんが朗読、地震発生後の登場人物たちの心情が渾身の演技で力強く表現されており、オーディオブックならではの『Fukushima 50』の世界を体感できます。 映画を観た方や、小説を読んだ方にも、聴きごたえのある作品に仕上がっています。 井上さんの朗読がとても素晴らしいので、1人でナレーター、俳優それぞれ、女性などについても別の役を演じているというのがきちんとわかり映画を見なくてもこの朗読を聞くだけでFukushima50を堪能できると思います。 は 30日間の無料体験がありますので、無料体験で聞けば無料で聴くことができます。 1ヶ月以内に解約すれば買った本は聴き続けられますので、始めてすぐに解約してもOKです。 3,000円というのは非会員でコインを使わないで購入した場合なので、お試しで会員になって聴けばやめてしまっても良いと思います。 その場合にかかる費用はありません。 Amazonオーディブルについてはこちらで詳しく書いています。 fukushima50 見る3つの方法 まとめ fukushima50は3つの媒体で見ることができます。 個人的におススメは本かオーディオブックで一度見て・聴いてから映画を体験した方が内容理解がグッと深まります。 もちろん映画だけでも良いですが、描写等についてテンポよく進むが故、また映画だと一部分除かれている点などがある為、本やオーディオブックでじっくりと内容を知ってもらえたらと思いました。

次の

吉田昌郎

伊崎利夫 東電

マグニチュード9. 0、最大震度7という巨大地震が起こした想定外の大津波が、福島第一原子力発電所(イチエフ)を襲う。 浸水により全電源を喪失したイチエフは、原子炉を冷やせない状況に陥った。 このままではメルトダウンにより想像を絶する被害をもたらす。 1・2号機当直長の伊崎ら現場作業員は、原発内に残り原子炉の制御に奔走する。 全体指揮を執る吉田所長は部下たちを鼓舞しながらも、状況を把握しきれていない本店や官邸からの指示に怒りをあらわにする。 しかし、現場の奮闘もむなしく事態は悪化の一途をたどり、近隣の人々は避難を余儀なくされてしまう。 官邸は、最悪の場合、被害範囲は東京を含む半径250㎞、その対象人口は約5,000万人にのぼると試算。 それは東日本の壊滅を意味していた。 いまだ世界で実施されたことのないこの手段は、作業員たちが体一つで原子炉内に突入し行う手作業。 外部と遮断され何の情報もない中、ついに作戦は始まった。 『日本海大海戦 海ゆかば』『魚影の群れ』(83)、『THE 有頂天ホテル』(06)、『ザ・マジックアワー』(08)、『最後の忠臣蔵』(10)、『あなたへ』『のぼうの城』(12)、『起終点駅 ターミナル』(15)でも同賞優秀賞を受賞している。 近年の作品として、『愛を積むひと』(15)、『花戦さ』(17)、『北の桜守』(18)、『友罪』(18)、『空母いぶき』『ザ・ファブル』『記憶にございません』『楽園』(19)など。 福島第一原発所長 吉田昌郎 [渡辺 謙] ハリウッドデビュー作となった『ラスト サムライ』(03)でアカデミー賞助演男優賞にノミネート。 以来、『SAYURI』(05)、『バットマン ビギンズ』(05)、『硫黄島からの手紙』(06)、『インセプション』(10)、『GODZILLA ゴジラ』(14)、『ゴジラ キング・オブ・モンスター』(19)などハリウッドの話題作に出演を果たす。 映画デビュー作は『瀬戸内少年野球団』(84)。 『明日の記憶』(06)、『沈まぬ太陽』(09)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『絆 -きずな-』(98)、『千年の恋 ひかる源氏物語』(01)、『陽はまた昇る』(02)で同賞優秀助演男優賞を受賞。 その他の代表作は『タンポポ』(85)、『海と毒薬』(86)、『北の零年』(05)、『はやぶさ 遥かなる帰還』(12)、『許されざる者』(13)、『怒り』(16)など。 日大芸術学部卒業後、TVドラマのAD、演出補を経て、共同テレビジョンに入社。 「振り返れば奴がいる」(93)、「それが答えだ!」(97)、「やまとなでしこ」(00)など数多くの人気ドラマの演出を手がける。 映画監督として『ホワイトアウト』(00)、『沈まぬ太陽』(09)で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞。 その他の映画監督作は『COMPLEX BLUE』(94)、『子宮の記憶 ここにあなたがいる』(06)、『夜明けの街で』(11)、『柘榴坂の仇討』(14)、『空母いぶき』(19)。 監督を務めた主なドラマは「弟」(04)、「救命病棟24時」「熟年離婚」(05)、「石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜」(17)など。 「地球の王様」(12)では舞台の演出を手がけた。 テンプル教会は合唱団が設立される前から著名な音楽家達との関わりが多く、英国国教会のための楽曲がここで作曲されたり、1734年に当時教会付きのオルガニストで作曲家だったジョン・スタンレーの演奏を聴きにヘンデルが訪れたりするなどがあった。 合唱団は、現オルガニスト兼音楽監督のロジャー・セイヤーらの下、テンプル教会での聖歌隊活動に加え、演奏会活動やCDリリースでも高く評価されている。 近年では、2015年6月にマグナカルタ制定800周年記念式典にてエリザベス女王とエジンバラ公の御前でジョン・ラッター作曲の「Give the king thy judgements, O God」を演奏し、シンガポールとオーストラリアへの単独演奏旅行を成功させ、2017年9月にはルター派宗教改革500周年を記念したドイツでの演奏旅行を成功させた。 2018年クリスマスにはロイヤルアルバートホールにてジョン・ラッター自身の指揮でロイヤルフィルハーモニー管弦楽団と演奏している。 『Fukushima 50』 オリジナル・サウンドトラック 計器類まで全て再現された 中央制御室 手動でベントを行う上で「最前線」となった中操は、停電の時間などもあり、基本的には「薄暗い」状態が続く。 指揮をとるのは佐藤浩市が演じる伊崎当直長。 緊対の吉田所長からの指示を受け、高い放射線量の中、誰がベントへ向かうのか。 佐藤の「まず俺が行く」という覚悟を決めたセリフに、不安を抱える他の運転員たちも「僕が」「俺が」と次々に手を挙げる。 ベテランのキャストは毅然とした表情に、そして若いキャストは真剣そのものの表情となり、ワンカットごとに現場のテンションが上がっていく。 その間も、元運転員の方の「緊急時も走ってはいけない。 急ぐ時は早足で」などのアドバイスで、徹底的にリアリティが追求された。 その中操のセットの撮影で最も過酷を極めたのが、1号機原子炉建屋の爆発時のシーンだ。 突然の爆発による激しい振動が起こる。 監督からの「予期しない揺れでパニック状態に」という指示で、運転員のキャストたちが防護マスクを探して右往左往するなか、天井の板や蛍光灯が落下してくるのだ。 この落下は「手動」で行われ、天井板や蛍光灯が細かくワイヤーで繋がれ、セットの脇でそのワイヤーを持ったスタッフが、タイミングよく手を離す。 一度落としたら、元の状態に戻すまで長い時間がかかるので、一発勝負の緊張感が漂う。 監督の「バーン!」という掛け声とともに、見事に天井が崩れ、セット中にホコリが舞い、スモークがたかれる。 俳優たちは椅子から転げ落ちるなどパニック状態を演じながらも、ケガがないように立ち位置には細心の注意を払う。 作品の中でも最もチャレンジングな撮影は無事に終了し、爆発時の生々しい映像への期待が高まった。 セットの中心には福島第一原発全体のジオラマが置かれ、それを囲むようなテーブルに渡辺謙らが座り、刻一刻と変わる状況に対応し、苦渋の決断を繰り返していく。 「時刻」が重要なので、本番のたびに壁の時計の針が直される。 本社からのあまりに無謀な指令に、声を荒げる渡辺謙の熱演は迫力満点だ。 この緊対には、佐野史郎が演じる総理大臣もやって来るが、彼に対して状況を説明する吉田の長いセリフには、「電動弁」「炉心を冷却」など複雑な用語も入るので、渡辺謙は本番前の時間に何度も練習を繰り返していた。 そんな渡辺の吉田役に感動していたのが、現場を見学に来た吉田所長を知る人たち。 「背中の曲がり方や首の動きが吉田所長にそっくり。 後ろ姿は本人かと思うほどで、のりうつったかのようだ」と口々に話す。 徐々にやつれていく作業員たちを描写するため、本作の撮影はほぼ順撮りで行われた。 中操のメンバーがこの緊対に加わる後半シーンは、作品が描く「5日間」の終盤でもあり、役柄と同じようにヒゲを剃らず、疲れきった顔のキャストたちが、自分たちの任務をまっとうする決死の演技に、撮影現場の熱量はピークに達するのだった。

次の