べいすたーずそくほう。 天鳳

東山温泉御宿東鳳公式サイト|絶景露天風呂が人気の宿

べいすたーずそくほう

米国政府が、企業で相次ぐ会計不祥事に向けて制定した、企業改革のための。 2002年7月成立。 を提出したポール・サーベンス(Paul Sarbanes)とマイケル・G・オクスリー(Michael G. 正式な名称は「Public Company Accounting Reform and Investor Protection Act of 2002:会計改革および投資家保護法」。 これに倣い、2006年6月には日本でも、(日本版ソックス法)と呼ばれるが制定された。 出典 ナビゲート ビジネス基本用語集について の解説 巨額のが判明したなどを機に、不正会計の防止策として02年7月に成立した米のこと。 の法案を提出した米議員2人の名前から「サーベンス・オクスレー法(SOX法)」と呼ばれる。 日本でも08年度から、米法を参考にした「日本版」が施行され、全上場企業が対象になる。 同法は、社内に適正な会計手続きの があり、守られていることを経営者自らが証明し、のを受けるよう求めている。 企業は、手続きの適正さを検証できるように、業務の流れやチェック態勢を文書にしておく必要がある。 の株式市場に上場する外国企業には、06年7月15日以降に終わるから適用される。 多くの日本企業は07年3月期決算から適用される。 2007-03-13 朝日新聞 朝刊 1経済 出典 朝日新聞掲載「キーワード」 朝日新聞掲載「キーワード」について の解説 企業の粉飾決算や不正会計処理を防ぐため、内部統制を強め、管理・点検体制を整えることを義務づけた企業改革法をさす。 アメリカで2001年以降、エネルギー企業大手のや通信企業大手のワールドコムなどの不正事件が相次いだ反省から、2002年にアメリカ議会で成立した。 日本でも2004年(平成16)以降、長年にわたる西武鉄道の株式名義偽装やカネボウの粉飾決算が明るみに出たり、ライブドアの粉飾決算などが相次ぎ、2008年度から日本版SOX法(内部統制報告制度)が導入された。 アメリカのSOX法は、該当する企業から独立した取締役で構成する監査委員会の設置を上場企業に義務づけ、監査法人の任命や報酬、監督に責任を負わせたほか、匿名の告発を処理するよう定めている。 最高経営責任者(CEO)や最高財務責任者(CFO)は財務諸表の内容に責任をもつ。 不適切に財務諸表を修正させた場合にはボーナスの返還、故意の虚偽記載には最長20年の禁錮刑 きんこけい や500万ドル以下の罰金を科している。 2006年(平成18)施行の金融商品取引法に基づいて導入された日本版SOX法は、上場企業が管理すべき範囲をアメリカの場合よりも限定・簡素化した内容となった。 社内での不正を防ぐ管理体制を強化し、管理体制を点検・評価した「内部統制報告書」を決算とともに公表し、有価証券報告書とともに内閣総理大臣に提出するよう定めた。 同報告書は公認会計士または監査法人の監査を受ける必要があり、この結果をまとめた「内部統制監査報告書」も決算時の公表を義務づけた。 内部統制報告書などの開示書類に虚偽記載があった場合、個人には懲役5年以下ないし500万円以下の罰金が科せられる。 [編集部].

次の

SOX法(そっくすほう)とは

べいすたーずそくほう

膵嚢胞(すいのうほう)とは? 膵嚢胞(すいのうほう)とは、膵臓の内部や膵臓の周辺にできる 「嚢胞」という液体がたまった袋のことをです。 大きさは数mm程度の小さなものから10cmを超える大きさのものまでさまざまであり、発生する個数にも個人差があります。 膵嚢胞はCT検査やMRI検査などを受けた際に偶然発見されるケースが多く、近年では画像診断の技術向上とともに、発見されるケースが増えてきています。 膵嚢胞には、真性嚢胞と仮性嚢胞の2種類があり、真性嚢胞には先天性のものと腫瘍性のものがあります。 腫瘍性のものの中には、がん化する恐れのあるものもあります。 がん化しやすい嚢胞 膵嚢胞は、膵炎などの炎症性疾患によって形成されるものと、炎症とは関係なく形成されるタイプのものがあります。 炎症に伴ってできる膵嚢胞はがん化の可能性はほとんどありません。 しかし、 炎症とは関係なく形成されるタイプの膵嚢胞はがん化することもあるので注意が必要です。 がん化しやすい膵嚢胞は、「腫瘍性嚢胞」と呼ばれますが、膵管内乳頭粘液性腫瘍・粘液性嚢胞腫瘍・漿液性嚢胞腫瘍などが代表的です。 最も患者数が多いのは膵管内乳頭粘液性腫瘍ですが、年に1%ほどががん化するとされており、嚢胞部以外に膵臓内にがんが発生することがあります。 また、粘液性嚢胞腫瘍と漿液性嚢胞腫瘍は中年以降の女性に多く見られ、粘液性嚢胞腫瘍はがん化する可能性が高いので手術による切除がすすめられます。 一方、漿液性嚢胞腫瘍は粘液性よりもがん化する可能性は低いですが、サイズが大きくなる場合などは手術をすることもあります。 膵嚢胞は何が原因で発生するの? 膵嚢胞の原因は、仮性嚢胞と真性嚢胞でそれぞれ異なります。 仮性嚢胞の原因 急性膵炎や慢性膵炎、外傷など 真性嚢胞野原因• 先天性• 遺伝的な要因• 腫瘍性 原因は詳しく分かっていない。 何らかの原因で良性の腫瘍が悪性に変化したと考えられている。 悪性化にはタバコやアルコールなどの生活習慣が関係している。 膵嚢胞にができると、どんな症状が現れる? 膵嚢胞ができても症状はほとんど出ないため、検査画像で偶然発見されるケースが多いですが、吐き気や嘔吐、腹痛などの症状が現れることがあります。 また、膵嚢胞が破裂すると腹部に細菌感染を引き起こし大量出血することがあります。 大量出血すると、吐血・失神・意識の低下・重い腹痛などの症状が現れるため緊急に医療処置を受ける必要があります。 膵嚢胞はどうやって治療するの? 膵嚢胞の治療は嚢胞のタイプによって大きく異なります。 最も多く見られる 膵管内乳頭粘液性腫瘍の場合は悪性化するケースは少ないため基本的には治療をせずに経過を見ていくこととなります。 しかし、 膵炎を頻繁に引き起こすケースやがん化が強く疑われる場合は手術による切除が検討されます。 粘液性嚢胞腫瘍はがん化する可能性が高いため基本的には手術が必要となります。 そして、 膵炎や外傷の後にできるタイプの仮性膵嚢胞で小さなサイズのものは、自然に消えることもあるため経過観察が行われますが、 巨大化した場合は破裂する危険があるので、胃カメラで嚢胞内に溜まった液体を排出する治療や手術による切除が行われることも少なくありません。 食事療法で治る? 膵嚢胞の中でも、慢性膵炎などが原因となって生じるタイプのものは食事に注意する事で治ることもあります。 食事療法としては、膵臓に負担をかけないよう、脂肪分の少ない食事を心がけ、アルコールを控えることが大切です。 しかし、腫瘍性嚢胞の場合には食事療法を行っても嚢胞が消退することはありません。 膵嚢胞の中にはがん化するタイプのものもあるため、自己判断で食事療法を続けず、定期的な経過観察を受けるようにしてください。 おわりに:良性の膵嚢胞でも、欠かさず経過観察を 膵嚢胞は破裂しない限り、症状が出ることはほとんどありませんが、最初は良性のものでも悪性化することがあります。 もし膵嚢胞ができた場合は、定期的に経過観察を続けていきましょう。

次の

天鳳

べいすたーずそくほう

米国政府が、企業で相次ぐ会計不祥事に向けて制定した、企業改革のための。 2002年7月成立。 を提出したポール・サーベンス(Paul Sarbanes)とマイケル・G・オクスリー(Michael G. 正式な名称は「Public Company Accounting Reform and Investor Protection Act of 2002:会計改革および投資家保護法」。 これに倣い、2006年6月には日本でも、(日本版ソックス法)と呼ばれるが制定された。 出典 ナビゲート ビジネス基本用語集について の解説 巨額のが判明したなどを機に、不正会計の防止策として02年7月に成立した米のこと。 の法案を提出した米議員2人の名前から「サーベンス・オクスレー法(SOX法)」と呼ばれる。 日本でも08年度から、米法を参考にした「日本版」が施行され、全上場企業が対象になる。 同法は、社内に適正な会計手続きの があり、守られていることを経営者自らが証明し、のを受けるよう求めている。 企業は、手続きの適正さを検証できるように、業務の流れやチェック態勢を文書にしておく必要がある。 の株式市場に上場する外国企業には、06年7月15日以降に終わるから適用される。 多くの日本企業は07年3月期決算から適用される。 2007-03-13 朝日新聞 朝刊 1経済 出典 朝日新聞掲載「キーワード」 朝日新聞掲載「キーワード」について の解説 企業の粉飾決算や不正会計処理を防ぐため、内部統制を強め、管理・点検体制を整えることを義務づけた企業改革法をさす。 アメリカで2001年以降、エネルギー企業大手のや通信企業大手のワールドコムなどの不正事件が相次いだ反省から、2002年にアメリカ議会で成立した。 日本でも2004年(平成16)以降、長年にわたる西武鉄道の株式名義偽装やカネボウの粉飾決算が明るみに出たり、ライブドアの粉飾決算などが相次ぎ、2008年度から日本版SOX法(内部統制報告制度)が導入された。 アメリカのSOX法は、該当する企業から独立した取締役で構成する監査委員会の設置を上場企業に義務づけ、監査法人の任命や報酬、監督に責任を負わせたほか、匿名の告発を処理するよう定めている。 最高経営責任者(CEO)や最高財務責任者(CFO)は財務諸表の内容に責任をもつ。 不適切に財務諸表を修正させた場合にはボーナスの返還、故意の虚偽記載には最長20年の禁錮刑 きんこけい や500万ドル以下の罰金を科している。 2006年(平成18)施行の金融商品取引法に基づいて導入された日本版SOX法は、上場企業が管理すべき範囲をアメリカの場合よりも限定・簡素化した内容となった。 社内での不正を防ぐ管理体制を強化し、管理体制を点検・評価した「内部統制報告書」を決算とともに公表し、有価証券報告書とともに内閣総理大臣に提出するよう定めた。 同報告書は公認会計士または監査法人の監査を受ける必要があり、この結果をまとめた「内部統制監査報告書」も決算時の公表を義務づけた。 内部統制報告書などの開示書類に虚偽記載があった場合、個人には懲役5年以下ないし500万円以下の罰金が科せられる。 [編集部].

次の