インスタ メッセージ リクエスト と は。 インスタグラムでDMのメッセージリクエストがきたらどうする? スパムには「無視」が有効

【Instagram】ダイレクトリクエスト(メッセージリクエスト)の意味とは?

インスタ メッセージ リクエスト と は

【完全保存版】インスタ初心者向け!インスタグラムの使い方完全攻略 October 17, 2017 そもそもダイレクトメッセージって? ダイレクトメッセージとは、その名の通り 特定の人に直接メッセージを送ることができる機能のことです。 インスタグラムでは投稿にコメントをつけることができますが、コメントだと投稿者本人だけじゃなくて、ほかのユーザーも自由に見ることができてしまいますよね。 インスタグラム上で知り合った友達と、個人的にやり取りしたいときに便利ですよね。 まだ知り合って間もない友達には、メールアドレスなど他の連絡先を教えることに不安を感じる方も少なくないと思います。 そういうときにも、ダイレクトメッセージならインスタグラムのアカウントだけで相手とやり取りできるので、安心です。 テキストだけじゃない!写真も送れる ダイレクトメッセージで送れるのは、テキストだけではありません。 写真や動画も自由に貼り付けることができて、「普段はスタンプで顔を隠して投稿してるけど、この人には顔を見せても大丈夫かな」なんていうときにもぴったり。 フォローしていなくても送れる インスタグラムのダイレクトメッセージは、 フォローしていない相手にも送ることができます。 逆に自分がフォローしていない人からメッセージが届いた場合、フィード上での新着通知はありませんが、メッセージのリクエスト一覧に含まれる状態になります。 ここから受け取りの可否を選択できます。 この「知らない人からいきなり届く」状態は、 ブロックをしてその相手からのメッセージは届かなくすることでも解決できます。 相手がメッセージを送る際、そもそも宛先にあなたを指定できなくなるのです。 プロフィール画面の右上(設定メニュー)ではなくて、 タイムラインがある画面の右上なので、間違えないようにしてくださいね。 開いた画面の1番下にある「+新しいメッセージ」をタップすると、次のような画面に移ります。 ここで宛先を検索してください。 検索ボックスの下には、デフォルトで現在のフォロワーが表示されるので、その一覧から選択してもOKです。 今回はお互いにフォローし合っているtestさんに送信することにします。 「テストですよー」というテキストを送ってみます。 送信後の画面です。 受信したtestさん側はどうなるかというと… testさん側では、ホーム画面の右上に「1」という通知が出ています。 ここをタップすると、先ほどの「テストですよー」というメッセージを読むことができるのですが、もし仮にtestさんが今メッセージを送ってくれた人をフォローしていなかった場合は、どうなるのでしょうか。 メッセージを受信したタイミングで、testさんのインスタグラムにはこのような通知が表示されます。 この通知をタップするか、testさんが自分のダイレクトメッセージの画面を開くと… このように、 リクエストが届いているメッセージの一覧画面に移ります。 ここで1番下の「すべて承認しない」をタップするとすべてのメッセージの受信が拒否されますし、「テストですよー」の送信者をタップすると、個別に承認するか拒否するかを選択できます。 ここで「許可する」をタップすると、 フォロワーでなくてもダイレクトメッセージを送り合えるようになります。 ちなみにtestさんが許可してメッセージを読んでくれると、メッセージを送った人の画面では 既読マークがつきます。 過去にダイレクトメッセージでやりとりしたことのある人ともう一度やりとりしたい時は履歴は残っていますので、ホーム画面の右上の紙飛行機マークをタップして過去の過去のチャット履歴から再びダイレクトメッセージでやりとりできます。 相手のプロフィール画面から送ることもできる ダイレクトメッセージは、 送りたい相手のプロフィール画面から送ることもできます。 testさんのプロフィール画面を表示して、右上の「…」をタップしましょう。 表示されたメニューから、1番下の「メッセージを送信」を選びます。 これで相手とのダイレクトメッセージ画面に直接移動することができます。 気を付けたいポイントは? 基本の使い方が分かったところで、ここからはダイレクトメッセージを利用するときに気を付けたいポイントをご紹介します。 「既読」はバレる! 先ほどもお話したように、インスタグラムのダイレクトメッセージには 既読マークがつきます。 LINEで話題になった、読んでいるのに何も返信しない「既読無視」が、ダイレクトメッセージでも発生してしまうということですね。 相手との関係をギクシャクさせないためにも、ダイレクトメッセージは読んだら なるべく早めに返信しましょう。 間違えたらDMを削除できる 違う相手に送ってしまったり、違う画像を貼り付けてしまったりなど、「今のナシ!」と叫びたいことってありますよね。 ダイレクトメッセージでは、 送信したテキストや画像の取り消しができるので、既読がつく前に取り消しできれば、本当になかったことにできるんです。 やり方は簡単!取り消したいメッセージを長押しして、出てきた「送信を取り消し」をタップします。 確認のダイアログボックスが表示されるので、 「送信を取り消し」を選択します。 これで取り消し完了です! 間違ったときだけでなく、「ちょっと言いすぎちゃったかな」というときや、考えが変わったときにも便利なこの取り消し。 ただ、相手がすでに読んでしまったタイミングで取り消しても、「取り消すくらいなら送らないでよ」と逆に怒りを買ってしまう可能性があるので、要注意です! DM(ダイレクトメッセージ)の通知設定 インスタグラムのダイレクトメッセージの通知は自分で設定からオンにしたりオフにしたりすることができます。 今からその設定方法について説明していきます。 まずは自分のプロフィール画面に行きます。 右上の方に歯車のマークがあるのでそこをタップしてください。 少し下の方にスワイプすると設定カテゴリーが出てくるので、その中の 「プッシュ通知の設定」をタップします。 少し下の方にスワイプすると「Instagram Direct」と「Instagram Direct」があり、その中に 「オフ」と「全員」があるので「オフ」に設定すると通知がオフになり「全員」に設定するとすべてのユーザーからの通知を受け取ることができます。 以上でインスタグラムにおけるダイレクトメッセージの通知の設定は終了です。 その他ダイレクトメッセージの機能 その他インスタグラムの機能を使う時に ダイレクトメッセージが関わってくる機能をご紹介いたします。 まず1つがストーリーでコメントを送ると ダイレクトメッセージに反映されてしまうことです。 ストーリーを見てコメントを送るとコメントを受け取った人はダイレクトメッセージにその内容が反映されます。 2つ目がストーリーにユーザー名を載せると ダイレクトメッセージに反映されてしまうことです。 ストーリーでユーザー名を載せると相手のダイレクトメッセージに「ストーリーズであなたについて書きました」と反映されてしまいます。 しっかりとこのことも覚えておきましょう! ダイレクトメッセージは個人的なやり取りに便利! 1対1のやり取りはもちろん、仲間内だけでわいわいお喋りしたいときにも、ダイレクトメッセージはとっても便利。 ちょっと前までは写真共有SNSらしく、画像とセットでないとテキストを送れなかったのですが、今は画像や動画なしでもテキストだけで送信することができます(2017年2月15日現在)。 また、相手が一度閲覧すると消える写真やいいね(ハート)を送ることもできます。 友達の投稿にコメントするとき、入力ボックスの左端にある紙飛行機のアイコンをタップすると、投稿に対して プライベートなコメントをすることもできます。 既読がつくことなど気を付けたいポイントはありますが、それさえ押さえておけば色々なシーンで活用できるのではないでしょうか。 今回ご紹介した使い方を参考に、ぜひみなさんも利用してみてくださいね。

次の

インスタグラムのダイレクトメッセージとは?使い方や注意点

インスタ メッセージ リクエスト と は

Instagramダイレクトの基本 Instagramのダイレクトメッセージ機能〝Instagramダイレクト〟ではInstagram内の写真や動画、位置情報などを個人的なグループで共有するのに便利な機能です。 Instagramダイレクトでは最大15人までのユーザに同時に送信することが可能で、グループとして設定した場合にはそのスレッドをグループチャットとして使用することができます。 Instagramダイレクトで送信することができるものはコチラ。 カメラロールに保存されている写真や動画• Instagramアプリのカメラで撮影した写真や動画• フィードに表示されている投稿• プロフィール• テキスト• ハッシュタグ• 送信する側の問題 1. 非公開アカウントに設定している 非公開アカウントは原則として〝 自分のフォロワーにのみ自分の情報を公開する〟という設定になっています。 フォロワー以外の人に対しては、〝メッセージリクエスト〟が送信され、〝許可〟をタップするとグループメッセージを表示できるようになります。 消去したデータはほかのメンバーのメッセージフィードからも消去されます。 メールフォルダ自体を削除するには、ホーム画面右上の (Androidは)をタップし、削除したいメッセージフォルダを左にスワイプします。 この操作で自分のメッセージフィードからはフォルダが消去されますが、 相手のメッセージフィードにはフォルダは表示されたままになります。 インターネット接続状況が悪い 再起動しない状態でiPhoneなどのデバイスを長時間使用していると、通信状況がわるくなりアプリの動作に支障が出ることがあります。 モバイルデータ通信を使用している場合にはWifiへの切り替えを行う(もしくはその逆)か、一度デバイスの再起動をすると、アプリの動作が改善することがあります。 アプリで動作をすると落ちる Instagramでデバイス内の写真をメッセージに添付しようとした際にアプリが落ちる場合には、デバイスのデータ量が多くなりすぎてデバイスがスムーズに動作するためのストレージが十分に確保できていない可能性があります。 ストレージの容量を増やす方法としてはiCloudに写真や動画などを移す方法の他、DropboxやEvernote、Amazonプライムなどのクラウドストレージにデータを移すという方法も有効です。 受信する側の問題 1. 相手をブロックしている ブロックされた人がブロックをした人にメッセージを送信した場合、送った側には通常通りメッセージ未読の状態として表示されますが、 受信した側には通知されません。 メッセージは ブロックを解除した時点で通知が届くシステムになっています。 ブロックした人からメッセージが届いているかを確認したい場合には、一時的に相手のブロックを解除することで確かめることができます。 ブロックリストの表示方法• 自分のプロフィールにアクセスして、右上にある または をタップ。 アカウントから〝ブロックしているユーザー〟をタップ。 ブロックアカウントの追加や、すでにブロックしているアカウントのブロック解除はそれぞれのアカウントのプロフィール画面から行います。 ブロックリストのユーザ名をタップすると直接アカウントのプロフィールにとぶことができます。 この選択で誤って〝拒否〟してしまうと、以後そのユーザからのダイレクトメッセージの通知を受け取れなくなります。 あえて既読をつけないようにしている 実はこの問題はメッセージトラブルでは一番多いかもしれません。 Instagramのダイレクトメッセージでも、ほかのSNSやLINEと同様、一度みたメッセージには〝既読〟がつくので、あえて相手にメッセージを読んだことを知らせないために メッセージが届いていると知っていてもメッセージを開かないようにしている、(見た=返信しなければならない ため)という人は結構います。 この場合には相手が〝メッセージを読めない〟状態なのでなく、〝あえて見ていない〟ということになるので、どの程度相手に自分のメッセージについて言及するか難しいところですね…。 (既読していることには変わりないですが…。 最新のメッセージが自分のもので、投稿の下に何も表示されていない。 メッセージに気付かないことはある? デフォルト設定の場合、メッセージを受信すると通知が送信されるだけでなく、ホーム画面右上に受信通知のアイコン が表示されるので、気付かないということはほとんどないでしょう。 ただしメッセージの受信通知を ミュートに設定している場合には、相手がメッセージの受信にすぐに気づかないことがあります。 まとめ 今回紹介した方法で解決しない、という場合にはアプリのバグである可能性もあります。 Instagramでは頻繁にバグ修正、バージョンのアップデートが行われているので、アプリの動作がおかしいという場合には最新のバージョンを使用しているか確認し、最新のものにアップデートしておくことをオススメします。

次の

【インスタ】ストーリーのメッセージ機能とは?芸能人ともやり取りできる?

インスタ メッセージ リクエスト と は

Instagramのダイレクトメッセージってどんなもの? Instagramのダイレクトメッセージとは、お互いがフォロー関係にあってもなくても、ダイレクトメッセージを送信することができる機能です。 Instagramの投稿に対して行うコメントのように、誰もが見える場で交わす会話とは異なり、相手と自分だけのクローズドな場で会話をすることができます。 相手のアカウントさえ知っていれば「送信」はできる 相手のアカウントさえ知っていれば、ダイレクトメッセージを送ることができます。 より深いトークを個別にしたい場合などに便利です。 フォロワーじゃない場合は「承認」してもらう必要がある しかし、ここで注意したいのは、ダイレクトメッセージを送信しても必ずしも相手に届くわけではない、という点です。 自分のフォロワーではない相手にダイレクトメッセージを送信した場合には、その相手にはまず「リクエスト」という形で通知が行きます。 そのリクエストを「承認」してもらって初めて、ダイレクトメッセージを受信者に読んでもらえるようになるのです。 つまり、見ず知らずの人にダイレクトメッセージを送信する際は、承認してもらえない可能性もあるので注意が必要です。 ダイレクトメッセージの使い方とメッセージの見え方 では、ダイレクトメッセージがどんな風に送受信されるかを、実際に行って確かめてみましょう。 送信者:ダイレクトメッセージを送信する ダイレクトメッセージを送信するのは、以下の手順です。 この例では、フォロワーではない人に送信する前提で解説します。 ホームタブの「紙ひこうき」のアイコンをタップ• 相手先のアカウントを指定する(「おすすめ」から選ぶことも可能)• メッセージを送信する(写真や動画などを送ることも可能です) 受信者:承認してメッセージを見る• 通知アイコンをタップ• 「リクエスト〇件」をタップ• 「承認する」をタップ 承認をしなくても、一部のテキストは見ることができるようになっています。 画像や動画などは、基本的には承認後に見えるようになるようです。 承認すると、このように画像も表示されました。 送信できるメッセージの種類は? テキスト以外にも、画像や動画の送信もできるInstagramのダイレクトメッセージ。 どんな機能が利用できるのか、みなさんが使い慣れているLINEと比較してみました。 大きく異なるのは、 Instagramのほうが送信できる写真や動画の表現力に長けている、という点でしょう。 ここは、写真のSNSとして栄えたInstagramならではの強みと言えます。 逆にLINEは、生活に密着した機能が充実しており、送金を依頼したり日程調整をしたり、といった機能も利用できますよね。 ですが個人的に思う一番の相違点は、 LINEは身内同士での連絡ツールという役目が強いのに対し、Instagramは知らない人ともつながりやすい本来のSNSの側面が強い点です。 そのため、機能の違いでどちらを利用するか決めるというよりは、だれとコミュニケーションをしたいかでどちらを利用するかが決まってくると感じます。 Instagramのダイレクトメッセージの注意点 最後に、ダイレクトメッセージを使ってみて感じた注意点をいくつかご紹介します。 ダイレクトメッセージを一度拒否したら、再度見つけ出すのは困難 知らない人からダイレクトメッセージのリクエストが届いたとき、その承認を拒否してしまうと、リクエストのリストから消えてしまいます。 アカウント名を覚えていれば、検索してそのリクエストを再度見つけ出すことは可能なのですが、知らない人のアカウント名なんてそうそう覚えてるわけもありません。 拒否をする場合は、しっかり検討してから拒否をしましょう。 スクリーンショットを撮ったことが相手に通知される 一度きりしか表示できないコンテンツが送られてきて、それを表示している際にスクリーンショットを撮った場合、スクリーンショットを撮ったという事実が通知されます。 スクリーンショットを撮る場合は、そのことを念頭に入れてから行いましょう。 改行したいときは? 文字入力を行う場合、スマホ上の文字入力では改行ができません。 メモ帳アプリなどで改行した文章をあらかじめ作成のうえ、ダイレクトメッセージ欄にコピーペーストすると改行した文章を送信することができます。 どうしても改行したい、という方は試してみてください。

次の