キャット ウォーク 幅。 キャットウォークの幅はどうきめる?設置する際のポイントもお伝えします。|リノベーション情報サイト &Reno

キャットウォーク付き壁面本棚 収納棚 リバーシブル 木製 [幅60]

キャット ウォーク 幅

キャットウォークをDIY(自作)するときの板の寸法や幅は、部屋の形や猫の動線を考えて設計することで決まります。 キャットウォークの幅は猫の大きさにもよりますが、20cm前後あれば大丈夫だと思います。 位置については、タンスや棚やカラーボックスなどをどう使うか、キャットタワーとの関係、壁にキャットウォークと同じ幅のステップ板を設置するなら下地の木材位置を確認して設置するなどいろいろな検討が必要になります。 キャットウォークとは!? まず、キャットウォークとは何かというと、ここでは、ねこが通れるような高いところにある通路のことを言っています。 家の中や外を自由に行き来している猫さんもいるけど、少しでも外に出ると、ノミやダニが体についてしまい、そこから病気になったりすることもあるので、完全室内飼いで育てて欲しいんだね。 また、外ねこさんだと厳しい気候などの環境のため、5年以内に亡くなってしまうことが多いそうですが、室内で飼っている猫は10年以上生きられることも多いそうです。 キャットウォークは欠かせません?! 完全室内飼いの場合キャットタワーだけでなく、キャットウォークは絶対!必要ではないかと思っています。 何故なら・・・ キャットウォークが猫に与える効果とは!? 外ねこさんは広い道や広場を思いっきり走ったりできますが、室内飼いのねこが走れるのはそんなに広くない?家の中に限られます。 そこでキャットタワーを設置して上下運動を取り入れることで運動量を増やしたのですが、キャットウォークを作ることによって、そこまで行くためと戻ってくることで上下運動を増やせるのと、キャットウォークを歩くことによる運動もできることになります。 運動をしないと太ってしまい、太るといろいろな病気になる確率が上がってしまうので、できる限り運動のできる環境を作りたいのです。 食事も少し減らした結果、今は5.2㎏~5.3㎏で安定しています。 (本当は4㎏台が理想?) また、運動以外にも、人間の手の届かないところで落ち着いて休めるので、ストレスにならない効果もあると思います。 キャットウォークを利用する飼い主が増えている! ネットでキャットウォークを検索するとすごい数の検索結果が出てきます。 また、インスタグラムやツイッターの猫好きさんの間でも、キャットウォークの話題は多くなってきている印象があります。 やはり、完全室内飼いが増えていることもあり、キャットウォークを設置している家は増えている傾向のようです。 キャットウォークをつくるときの注意点とは?! うちでキャットウォークをつくったときに注意したことを書いておきます。 キャットウォークをつくるまえに一度読んでもらうと、失敗することなく上手に作れると思います。 ねこの動線をつくるのが大切な理由とは!? ねこの動きを見ていると縦横無尽です。 人間はイスやテーブルやソファーや机やカウンターやベッドなどは、当然よけて歩きますが、ねこは走ったままジャンプして飛び乗ります。 かと思えばあっという間に飛び降りて窓際で外を見ています。 キャットウォークを作るときもどこから登れるようにするか、壁に棚を作るのか、キャットタワーを置いて、そこから登れるようにするのか、タンスや棚やボックスなどを設置して登れるようにするのかなど部屋の状況を考えて、人間とは全く違う、ねこの動線を考えます。 人間の動線と同じように考えると、運動能力の高いねこにはつまらないものになってしまうので、興味を持ってもらえるようにがんばろう! また、ねこは上から降りてくるのが少し苦手です。 下りの動線をどのように取るのかもよく考えてから、ステップ棚や台やボックスを設置しましょう。 爪を出しているで硬質な音がするのですが、フローリングのせいでまったく爪が効かず、滑っているようです。 つるつる滑るのは、ねこの足腰に負担がかかりあまりよくないので、キャットウォークの材質もこだわりを持って選んだほうがいいでしょう。 コストの関係などで材質が滑りやすいものになってしまった場合、フェルト地の滑らない敷物を張っておけば大丈夫です。 これはニトリで買ったのですが、21㎝程の幅ですが、切って調整したり、剥がして洗えるので汚れても安心です。 また、キャットウォークの幅は、ねこがUターンできるだけの幅があれば安心です。 飼っているねこさんの大きさにもよるので一概に言えませんが、20㎝~30cm程度の幅があれば十分ではないでしょうか。 キャットウォークを設置する位置で気を付けることは?! キャットウォークを設置する位置はあまり高いところにしない方が良いです。 できれば手が届く位置に作るのが良いと思います。 手の届く高さにしておけば、壊れたときに修理するのも簡単にできるので安心だね。 キャットウォークと照明の高さにも気を使って! 照明器具は蛍光灯を使っている家が多いと思いますが、人間にはわからないのですが蛍光灯は素早く点滅しているんだそうです。 ねこは動体視力が良いのでその点滅がわかるようです。 キャットウォークの上で休んでいるときに、その点滅が目に入ればゆっくりできないと思うので、できればキャットウォークよりも照明の位置が下になるようにしてあげましょう。 または、照明器具をLEDのものにするのも良いそうです。 板はコストも考えてSPF材(ホワイトウッド)幅は18.4㎝、支える金具はアルミ製や銅製など大きさや壁、柱との色合いも考えて選びました。 キャットウォークをどうDIY(自作)するか? キャットウォークを作成する部屋を眺めて、どこにどれくらいのキャットウォークを設置するかを考えました。 キャットタワーや机、棚、エアコン、カーテンレールなどの位置や幅も考えて検討します。 それが決まったら、必要な板のサイズ(幅は18.4㎝)と支える金具の数と大きさを決めます。 (一度だけ、慌てて落ちたことがありましたが、ケガもせず大丈夫でした。 あまり心配しなくても良いかも?) 手作り DIY(自作) のキャットウォークとは キャットウォークには手作りのものでなく、市販されているものもたくさんあります。 市販されているものは支える支柱が見えないように設置できるものやキャットタワーと一体となっているものなどおしゃれできれいなものが多いのですが、やはり既製品なので長さや高さなどは調整できる幅が限られているので、本当に自分の部屋にあったキャットウォークを設置するなら手作りでDIY(自作)するしかありません。 手作りのDIY(自作)キャットウォークを取り付ける 市販のキャットウォークは強度が計算されて作られていますが、手作りのDIY(自作)の場合取り付けの強度を考えないと落下の不安があります。 特にねこはその身体能力からジャンプして飛び乗ることも多いので、自分の体重の何倍もの荷重に耐えられるようにして取り付けましょう。 棚やカラーボックスなどを利用してキャットウォークに登れるようにすることも有効です。 用意した材料はどんなもの?! キャットウォークの板は、SPF材(ホワイトウッド)にしました。 ホームセンターで、杉、松、桐、パイン材いろいろな材木を見ましたが、厚さ・幅・長さ・値段を考えてSPF材(ホワイトウッド)にしました。 部屋の柱の色合いによっては「サーモウッド」も良いと思います。 棚支えの金具は、両端を支えられる大きなものが1階で6個、2階で9個、中間の補強用に小型のものを1階で3個、2階のステップ棚用に4個使いました。 ドア枠などに固定する場合、長さとともに幅にも注意します。 ちゃんと板や棚を支えられるようにL字の斜めにも補強がされているものが良いと思います。 また1階には、壁のちょうどいい場所に木の下地がなかったので、メッシュパネルとポールを利用してステップを設置しました。 色合いと形は感性で選びましたが、一番大事なのは強度です。 費用(コスト)はどれくらいかかったの? 1階 SPF材(ホワイトウッド)と端材(凸凹の段差調整のため)、棚受け金具、メッシュパネルなどで2万3千円。 後から作った渡りはしごが約4千円。 2階 SPF材(ホワイトウッド)と棚受け金具で約1万3千円。 市販のものを使って作るよりは、かなり安くできると思います。 また壁に下地がなくて、ポールとメッシュパネルを使いステップ棚を取り付けましたが、石膏ボード用の「石膏ボードアンカー」を使えばもっと安い費用で済みます。 使用した道具はどんなもの? まず、ドアの枠材などがない壁に金具を取り付ける場合のネジがちゃんと効く下地(柱・板)が壁の後ろにあるかどうかを調べるための道具。 左は先の穴から針が出て、石膏ボードは突き抜けるが木材は抜けないので、下地の有無がわかるものです。 右は壁の表面を動かすと光と音で下地がある場所を教えてくれるものです。 調べた後、ネジが効く下地がある場所にガムテープを貼ってステップ棚などを取り付けました。 SPF材(ホワイトウッド)の切断はノコギリを使って自分で切ってもいいのですが、事前に設計図で長さや形を決めてあったので、ほとんどホームセンターでカットしてもらいました。 (1カット30円) 棚受け金具を取り付けるドライバーは、インパクトドライバーがあると楽です。 下地探しとノコギリと(インパクト)ドライバーがあれば大丈夫だね。 透明なキャットウォークも作りたい! 今回は設置しなかったのですが、透明なキャットウォークをいつか作りたいと思っています。 時間が出来たら、割れそうで重そうなガラスよりも軽くて強度のあるアクリル板を使ってDIY(自作)したいと思います!! 壁に穴を開けずにキャットウォークを設置する方法とは?! ホームセンターで見ていたら、ツーバイフォー材を利用して、壁に穴を開けずにステップ棚やキャットウォークを設置できる道具がいろいろありました。 ほかにも、うまく使えば壁や柱に直接ネジ止めしなくてもキャットウォークを設置できそうなものもありました。 うちは自宅なのでキャットウォークは、柱やドアの枠材に直接ネジ止めしました。 ただ、ステップ棚は下地がないところに設置する必要があったので、2本のポールを天井まで伸ばして突っ張って、その間にメッシュパネルを取り付け、メッシュパネルにステップ棚を固定キャットウォークに登れるようにしました。 賃貸などで壁に穴を開けられない場合でも、キャットウォークやステップ棚を設置する方法がいろいろあることもわかりました。

次の

猫と暮らす家具選び。おすすめのキャットウォーク&キャットタワー12選

キャット ウォーク 幅

猫を飼っている家庭ではほとんどが室内飼いといわれています。 しかし、室内で飼う場合はどうしても運動不足になりがち。 そんなときに活躍してくれるのが キャットウォークや キャットタワーです。 室内で飼われているのがほとんどなため、運動不足解消だけではなく、ストレスを軽減してくれる役割も担っています。 キャットウォークというと大がかりなリフォームが必要だと思われるかもしれませんが、 家具と兼用で使える便利なキャットウォークや、狭いスペースにも適した 突っ張り式のキャットタワーなども展開されています。 今回はキャットウォーク一体型の家具やキャットタワーの選び方を解説しつつ、人気の家具ブランドLOWYA(ロウヤ)のキャットウォークやキャットタワーを種類別にご紹介していきます。 キャットウォークの選び方 キャットウォークとは、名前の通り 猫の歩く道です。 もちろん、広い空間で思いっきり遊ばせてあげるのが一番ではありますが、人と暮らす以上スペースにも制限がでてきます。 また、賃貸マンションなどでは壁に工事をして取り付けるわけにもいかない場合がほとんどです。 そんなときには、 家具と兼用になっているキャットウォークもぜひ視野に入れてみてください。 見た目も普通の家具とあまり変わらず、家具として使えるので部屋のスペースの問題も解決してくれるでしょう。 大きさで選ぶ 家具と一体化しているキャットウォークなので、設置する場合は室内で ある程度のスペースが必要です。 元々の使い道にプラスの機能としてのキャットウォークなのでそこまで圧迫することはありませんが、必ず事前に寸法をチェックしておくことが重要です。 特に、 高さがある家具だと天井までの距離が狭くなってしまうこともあるので注意が必要です。 遊べる形状で選ぶ キャットウォークにも様々な種類があります。 階段を駆け上ったり、トンネルをくぐったりなどの バリエーションが豊富なものを選ぶとより楽しく遊ぶことができますね。 また、遊び場と収納のどちらにも使えるスペースがあると荷物が増えても安心です。 耐荷重で選ぶ 耐久性や安全面からそれぞれの家具には 耐荷重が設定されています。 駆け上がったり飛び乗ったりすることを想定して、必ず耐荷重は守って使用してください。 体重が重い場合は、しっかりした造りのものを選ぶと安心ですね。 デザイン、カラーで選ぶ キャットウォークであり家具でもあるこれらのアイテム。 部屋のインテリアに合わせて選びたいですね。 同じ家具のシリーズで組み合わせができたりもするので、素材や色味なども考慮して選ぶとよいでしょう。 賃貸マンションの場合の注意点 賃貸マンションでペットを飼う場合、ペット可の物件を選ぶことはもちろんですが、加えて家具を置くスペースを確保することも重要です。 完成品などの場合は 家具の搬入や搬出に問題がないかどうかも考慮しましょう。 また、高いところから飛び降りる機会も増えるため、床がフローリングなどの場合は 防音対策なども気をつけた方がよいかもしれません。 では、ここからは「収納棚」「テレビ台」「猫ハウス・トンネル付きテーブル」の3つについて、種類別におすすめアイテムをご紹介していきます。 pinimg. com 登ったり降りたりできる階段、ひょっこり顔を出せるトンネル、階段状のキャットウォークが特徴のオープン収納です。 階段の段差は猫が上り下りしやすい高さになっています。 トンネルの場所は、シリーズで組み合わせたときに隣とつながるように設計。 また、背板の位置を変えることができるので、置く位置に合わせた配置ができるのもポイントです。 サイズ:123. 8kg 耐荷重:12kg(階段ステップ)8kg(収納棚) 素材:プリント紙化粧パーティクルボード カラー:ナチュラル 価格:10,990円 木製キャットウォーク付き壁面収納(シェルフ) さきほど上で紹介した棚とつなげて使える同シリーズの収納。 女性でも届く高さで見晴らしの良いキャットウォーク、トンネルの中はまったりとくつろげる猫ハウスをつくりました。 使いやすいオープン収納の下には、フタの取り外しで開閉ができる大容量の収納スペースを用意しています。 クッションなどのかさのあるアイテムを収納するのにも便利なスペース。 同シリーズの「ステアーズ」や「ストレージ」と組み合わせて置くことで、さらに大容量の収納を叶えてくれます。 サイズ:105. pinimg. com デザイン性と機能性を両立した大容量の収納棚です。 猫のスムーズな動線を確保しながら収納力にも優れています。 眺めのよい高さとくぐって通り抜けできるトンネルで満足してくれること間違いなし。 猫ハウスの中は、開閉式の扉でつながっているので、お掃除も簡単です。 オープン棚は書籍などを収納したり小物を飾ったりするのにもおすすめ。 背板はナチュラルとホワイトの2つの色から選べるリバーシブル仕様です。 pinimg. com スリムでコンパクトな設計ながら、きちんと猫の動線も確保されています。 洞穴のような猫ハウスで安心してお昼寝もしてくれそうですね。 正面からは見えにくい秘密の裏側通路も確保。 秘密基地感覚で楽しく遊ぶことができます。 おしゃれでナチュラルな木目調は部屋のインテリアにも合わせやすいのでおすすめ。 背板もナチュラルとホワイトの2色からリバーシブルで選べます。 pinimg. com 壁面収納、キャットウォークとテレビ台としての機能のすべてを叶えています。 眺めのよい絶妙な高さと高い位置にあるトンネル、交差ステップなど遊んで楽しい要素も充実しています。 上下の抜け穴もあるので、飽きずに遊べそう。 約32~43インチまでのテレビが収納可能。 オープン棚にはAV機器をすっきりとおさめることができます。 裏側には配線を通しやすいコードスリットも用意。 下段の引き出し収納はプッシュオープン式ながら猫に開けられにくい設計になっています。 扉収納の中は可動棚なので、アイテムに合わせた設定ができるのもうれしいですね。 各ユニットの連結部分はボルトとナットでしっかりと固定されているので安心です。 pinimg. com おしゃれですっきりとしたデザインが特徴のテレビボード。 最上段のトンネルをくぐれる仕様は狭くて高い場所が大好きな猫にはぴったりです。 交差ステップは、猫が登ったり降りたりしやすい絶妙な高さを試行錯誤して設計されています。 テレビの大きさは約32インチから49インチまで対応。 レコーダーなどの機器と合わせて、背面のコードスリットでスマートな収納ができます。 おしゃれな木目調のデザインはナチュラルとウォルナットの2色展開です。 2kg 耐荷重:15kg(天板)12kg(上部トンネル)12kg(交差ステップ板)10kg(ネコハウス)25kg(テレビ収納スペース)10kg(オープン収納)7. pinimg. com 家具の街でもある大川の職人がつくりあげた国産のキャットウォーク付きテレビボード台です。 上部には見やすい天窓付きで、いつでもかわいい姿を見ることができます。 トンネルやのぞき穴、ステップなどの設備も充実。 テレビの大きさは約32インチから43インチまで対応しています。 コード穴付きなので配線のごちゃつきもなし。 可動棚やオープンラックでアイテムの収納にも適しています。 上下セパレート式の半完成品でのお届けで、完成までは4箇所のネジ止めのみ。 組立が苦手な人にもぴったりです。 pinimg. com デザイン性に優れた猫ハウス付きのローテーブルです。 暗くて狭いスペースと黒ガラスを使った天窓付のスペースで楽しく遊ぶことができます。 天板の裏面には脱臭シートを配置し、快適な使い心地を実現しています。 また、天板には安全面を考えた強化ガラスを採用しているのもポイント。 半完成品でと到着で、天板のガラスを設置するだけの簡単組立なのもうれしいですね。 pinimg. com 4方向に通り抜け可能なトンネルを配置したローテーブルです。 中央の猫ハウスは洞穴仕様でお昼寝にもぴったり。 90センチ四方のテーブルサイズはリビングに置いてもちょうどよいサイズ感です。 中央の猫ハウス上部には天板でフタをすることも可能なので、お昼寝中やテーブルを広く使いたいときにも活躍してくれます。 家具と独立しているので置く場所を選ばずにコンパクトなものなら簡単に移動も可能です。 猫が喜ぶ素材や仕掛けも盛りだくさん。 遊びや昼寝の定位置としても、安心できる空間になること間違いなしですね。 気になる土台の安定感や爪とぎスペースなどにも注意して選んでいきましょう。 大きさで選ぶ キャットタワーは名前の通りタワーの形なので、 設置面積は少なくてすみます。 種類によって高さが異なるので、部屋のスペースに合わせたサイズ選びが大切です。 家具は高さがあるとそれだけ圧迫感も感じてしまうので注意が必要です。 遊べる種類で選ぶ 上ったり隠れたりトンネルをくぐったりと様々な遊びができるキャットタワー。 部屋になっていたりお昼寝スペースとしても活躍してくれます。 好みの遊び方や使い方に合わせたアイテムを選びましょう。 また、おもちゃを付属して遊んだり爪とぎスペースがあるものもあります。 飼い猫の行動に合ったものを選ぶと満足度も上がるでしょう。 足場の強度で選ぶ 飛び乗ったり飛び降りたりすることを考えると、キャットタワーの場合 足場の強度は重要です。 使っている素材や造り、柱の太さなどもチェックしましょう。 また、実際に使っている人の口コミも参考にしてみるとよいですね。 耐荷重で選ぶ 足場の強度と合わせて、安全面から 耐荷重は必ず確認が必要です。 また、高さがあると転倒の危険もあるので置く位置や設置方法にも注意が必要です。 耐荷重にはある程度のゆとりをもったものを選ぶことをおすすめします。 おすすめキャットタワー つっぱりタイプキャットタワーおもちゃ・お昼寝ベッド付き 天井までの突っ張りタイプなので、安定感も抜群です。 天井付近の突っ張り部分には金属パーツなどに直接ふれないように布製のカバーも用意。 トンネル、ハンモック、猫ハウスなど設備も充実しています。 ベッドの側面はウレタン素材でフワフワの極上な寝心地です。 付け替え可能な4種類のおもちゃ付です。 好奇心をくすぐる6つのアトラクションで大満足の一台です。 見晴らしのよい展望台、爪とぎスペースも用意。 子猫にもぴったりな広々ステップもうれしいですね。 さらに、ぐらつき予防として台座にネジが埋まるような設計になっているので安心ですね。 まるで小さな遊園地のようにわくわくする仕掛けがたくさん。 最上部には展望台、体のサイズが小さい子猫も登りやすい1枚板のステップや麻素材の爪とぎコーナー、リゾート気分のハンモックは取り外し可能です。 分厚い土台とネジ止めしきの支柱でグラつきも予防しながら安心して使うことができます。 9kg 耐荷重:15kg 素材:麻、ポリエステル、MDF 繊維板 カラー:ベージュ 価格:5,990円 まとめ 室内飼いが一般化してきている近年、大切なペットが家の中でも楽しく遊べて、運動不足などでストレスを貯めないことが大切ですね。 家具としても使えるキャットウォークや遊びのバリエーションが広がるキャットタワーで、飼い猫も飼い主も快適な暮らしを手に入れましょう。

次の

建築のキャットウォーク足場とは?【施工管理が解説】

キャット ウォーク 幅

猫を飼っている家庭ではほとんどが室内飼いといわれています。 しかし、室内で飼う場合はどうしても運動不足になりがち。 そんなときに活躍してくれるのが キャットウォークや キャットタワーです。 室内で飼われているのがほとんどなため、運動不足解消だけではなく、ストレスを軽減してくれる役割も担っています。 キャットウォークというと大がかりなリフォームが必要だと思われるかもしれませんが、 家具と兼用で使える便利なキャットウォークや、狭いスペースにも適した 突っ張り式のキャットタワーなども展開されています。 今回はキャットウォーク一体型の家具やキャットタワーの選び方を解説しつつ、人気の家具ブランドLOWYA(ロウヤ)のキャットウォークやキャットタワーを種類別にご紹介していきます。 キャットウォークの選び方 キャットウォークとは、名前の通り 猫の歩く道です。 もちろん、広い空間で思いっきり遊ばせてあげるのが一番ではありますが、人と暮らす以上スペースにも制限がでてきます。 また、賃貸マンションなどでは壁に工事をして取り付けるわけにもいかない場合がほとんどです。 そんなときには、 家具と兼用になっているキャットウォークもぜひ視野に入れてみてください。 見た目も普通の家具とあまり変わらず、家具として使えるので部屋のスペースの問題も解決してくれるでしょう。 大きさで選ぶ 家具と一体化しているキャットウォークなので、設置する場合は室内で ある程度のスペースが必要です。 元々の使い道にプラスの機能としてのキャットウォークなのでそこまで圧迫することはありませんが、必ず事前に寸法をチェックしておくことが重要です。 特に、 高さがある家具だと天井までの距離が狭くなってしまうこともあるので注意が必要です。 遊べる形状で選ぶ キャットウォークにも様々な種類があります。 階段を駆け上ったり、トンネルをくぐったりなどの バリエーションが豊富なものを選ぶとより楽しく遊ぶことができますね。 また、遊び場と収納のどちらにも使えるスペースがあると荷物が増えても安心です。 耐荷重で選ぶ 耐久性や安全面からそれぞれの家具には 耐荷重が設定されています。 駆け上がったり飛び乗ったりすることを想定して、必ず耐荷重は守って使用してください。 体重が重い場合は、しっかりした造りのものを選ぶと安心ですね。 デザイン、カラーで選ぶ キャットウォークであり家具でもあるこれらのアイテム。 部屋のインテリアに合わせて選びたいですね。 同じ家具のシリーズで組み合わせができたりもするので、素材や色味なども考慮して選ぶとよいでしょう。 賃貸マンションの場合の注意点 賃貸マンションでペットを飼う場合、ペット可の物件を選ぶことはもちろんですが、加えて家具を置くスペースを確保することも重要です。 完成品などの場合は 家具の搬入や搬出に問題がないかどうかも考慮しましょう。 また、高いところから飛び降りる機会も増えるため、床がフローリングなどの場合は 防音対策なども気をつけた方がよいかもしれません。 では、ここからは「収納棚」「テレビ台」「猫ハウス・トンネル付きテーブル」の3つについて、種類別におすすめアイテムをご紹介していきます。 pinimg. com 登ったり降りたりできる階段、ひょっこり顔を出せるトンネル、階段状のキャットウォークが特徴のオープン収納です。 階段の段差は猫が上り下りしやすい高さになっています。 トンネルの場所は、シリーズで組み合わせたときに隣とつながるように設計。 また、背板の位置を変えることができるので、置く位置に合わせた配置ができるのもポイントです。 サイズ:123. 8kg 耐荷重:12kg(階段ステップ)8kg(収納棚) 素材:プリント紙化粧パーティクルボード カラー:ナチュラル 価格:10,990円 木製キャットウォーク付き壁面収納(シェルフ) さきほど上で紹介した棚とつなげて使える同シリーズの収納。 女性でも届く高さで見晴らしの良いキャットウォーク、トンネルの中はまったりとくつろげる猫ハウスをつくりました。 使いやすいオープン収納の下には、フタの取り外しで開閉ができる大容量の収納スペースを用意しています。 クッションなどのかさのあるアイテムを収納するのにも便利なスペース。 同シリーズの「ステアーズ」や「ストレージ」と組み合わせて置くことで、さらに大容量の収納を叶えてくれます。 サイズ:105. pinimg. com デザイン性と機能性を両立した大容量の収納棚です。 猫のスムーズな動線を確保しながら収納力にも優れています。 眺めのよい高さとくぐって通り抜けできるトンネルで満足してくれること間違いなし。 猫ハウスの中は、開閉式の扉でつながっているので、お掃除も簡単です。 オープン棚は書籍などを収納したり小物を飾ったりするのにもおすすめ。 背板はナチュラルとホワイトの2つの色から選べるリバーシブル仕様です。 pinimg. com スリムでコンパクトな設計ながら、きちんと猫の動線も確保されています。 洞穴のような猫ハウスで安心してお昼寝もしてくれそうですね。 正面からは見えにくい秘密の裏側通路も確保。 秘密基地感覚で楽しく遊ぶことができます。 おしゃれでナチュラルな木目調は部屋のインテリアにも合わせやすいのでおすすめ。 背板もナチュラルとホワイトの2色からリバーシブルで選べます。 pinimg. com 壁面収納、キャットウォークとテレビ台としての機能のすべてを叶えています。 眺めのよい絶妙な高さと高い位置にあるトンネル、交差ステップなど遊んで楽しい要素も充実しています。 上下の抜け穴もあるので、飽きずに遊べそう。 約32~43インチまでのテレビが収納可能。 オープン棚にはAV機器をすっきりとおさめることができます。 裏側には配線を通しやすいコードスリットも用意。 下段の引き出し収納はプッシュオープン式ながら猫に開けられにくい設計になっています。 扉収納の中は可動棚なので、アイテムに合わせた設定ができるのもうれしいですね。 各ユニットの連結部分はボルトとナットでしっかりと固定されているので安心です。 pinimg. com おしゃれですっきりとしたデザインが特徴のテレビボード。 最上段のトンネルをくぐれる仕様は狭くて高い場所が大好きな猫にはぴったりです。 交差ステップは、猫が登ったり降りたりしやすい絶妙な高さを試行錯誤して設計されています。 テレビの大きさは約32インチから49インチまで対応。 レコーダーなどの機器と合わせて、背面のコードスリットでスマートな収納ができます。 おしゃれな木目調のデザインはナチュラルとウォルナットの2色展開です。 2kg 耐荷重:15kg(天板)12kg(上部トンネル)12kg(交差ステップ板)10kg(ネコハウス)25kg(テレビ収納スペース)10kg(オープン収納)7. pinimg. com 家具の街でもある大川の職人がつくりあげた国産のキャットウォーク付きテレビボード台です。 上部には見やすい天窓付きで、いつでもかわいい姿を見ることができます。 トンネルやのぞき穴、ステップなどの設備も充実。 テレビの大きさは約32インチから43インチまで対応しています。 コード穴付きなので配線のごちゃつきもなし。 可動棚やオープンラックでアイテムの収納にも適しています。 上下セパレート式の半完成品でのお届けで、完成までは4箇所のネジ止めのみ。 組立が苦手な人にもぴったりです。 pinimg. com デザイン性に優れた猫ハウス付きのローテーブルです。 暗くて狭いスペースと黒ガラスを使った天窓付のスペースで楽しく遊ぶことができます。 天板の裏面には脱臭シートを配置し、快適な使い心地を実現しています。 また、天板には安全面を考えた強化ガラスを採用しているのもポイント。 半完成品でと到着で、天板のガラスを設置するだけの簡単組立なのもうれしいですね。 pinimg. com 4方向に通り抜け可能なトンネルを配置したローテーブルです。 中央の猫ハウスは洞穴仕様でお昼寝にもぴったり。 90センチ四方のテーブルサイズはリビングに置いてもちょうどよいサイズ感です。 中央の猫ハウス上部には天板でフタをすることも可能なので、お昼寝中やテーブルを広く使いたいときにも活躍してくれます。 家具と独立しているので置く場所を選ばずにコンパクトなものなら簡単に移動も可能です。 猫が喜ぶ素材や仕掛けも盛りだくさん。 遊びや昼寝の定位置としても、安心できる空間になること間違いなしですね。 気になる土台の安定感や爪とぎスペースなどにも注意して選んでいきましょう。 大きさで選ぶ キャットタワーは名前の通りタワーの形なので、 設置面積は少なくてすみます。 種類によって高さが異なるので、部屋のスペースに合わせたサイズ選びが大切です。 家具は高さがあるとそれだけ圧迫感も感じてしまうので注意が必要です。 遊べる種類で選ぶ 上ったり隠れたりトンネルをくぐったりと様々な遊びができるキャットタワー。 部屋になっていたりお昼寝スペースとしても活躍してくれます。 好みの遊び方や使い方に合わせたアイテムを選びましょう。 また、おもちゃを付属して遊んだり爪とぎスペースがあるものもあります。 飼い猫の行動に合ったものを選ぶと満足度も上がるでしょう。 足場の強度で選ぶ 飛び乗ったり飛び降りたりすることを考えると、キャットタワーの場合 足場の強度は重要です。 使っている素材や造り、柱の太さなどもチェックしましょう。 また、実際に使っている人の口コミも参考にしてみるとよいですね。 耐荷重で選ぶ 足場の強度と合わせて、安全面から 耐荷重は必ず確認が必要です。 また、高さがあると転倒の危険もあるので置く位置や設置方法にも注意が必要です。 耐荷重にはある程度のゆとりをもったものを選ぶことをおすすめします。 おすすめキャットタワー つっぱりタイプキャットタワーおもちゃ・お昼寝ベッド付き 天井までの突っ張りタイプなので、安定感も抜群です。 天井付近の突っ張り部分には金属パーツなどに直接ふれないように布製のカバーも用意。 トンネル、ハンモック、猫ハウスなど設備も充実しています。 ベッドの側面はウレタン素材でフワフワの極上な寝心地です。 付け替え可能な4種類のおもちゃ付です。 好奇心をくすぐる6つのアトラクションで大満足の一台です。 見晴らしのよい展望台、爪とぎスペースも用意。 子猫にもぴったりな広々ステップもうれしいですね。 さらに、ぐらつき予防として台座にネジが埋まるような設計になっているので安心ですね。 まるで小さな遊園地のようにわくわくする仕掛けがたくさん。 最上部には展望台、体のサイズが小さい子猫も登りやすい1枚板のステップや麻素材の爪とぎコーナー、リゾート気分のハンモックは取り外し可能です。 分厚い土台とネジ止めしきの支柱でグラつきも予防しながら安心して使うことができます。 9kg 耐荷重:15kg 素材:麻、ポリエステル、MDF 繊維板 カラー:ベージュ 価格:5,990円 まとめ 室内飼いが一般化してきている近年、大切なペットが家の中でも楽しく遊べて、運動不足などでストレスを貯めないことが大切ですね。 家具としても使えるキャットウォークや遊びのバリエーションが広がるキャットタワーで、飼い猫も飼い主も快適な暮らしを手に入れましょう。

次の