えひめ 丸 事故。 「えひめ丸」事故、もうひとつの視点

えひめ丸事故

えひめ 丸 事故

突然 奪われた命 毎年2月10日、愛媛県の宇和島水産高校では9回の鐘の音が響き渡る。 今から18年前のえひめ丸の事故で犠牲となった9人の数だけ鐘が鳴らされる。 平成13年2月、ハワイ沖で漁業実習に出ていた宇和島水産高校の実習船 「えひめ丸」が緊急浮上してきたアメリカの原子力潜水艦「グリーンビル」に衝突され沈没したのだ。 事故当時えひめ丸には、生徒や教官、乗組員併せて35人が乗っていた。 事故の一報を受け、宇和島水産高校には家族らが集まってきた。 テレビの映像を頼りに家族の安否を確認する家族。 テレビの前では、 歓喜の声と悲鳴が交錯していた…。 しかし生徒4人、教官2人、乗組員3人、併せて9人が行方不明となった。 そこでアメリカ側に求めたのは海底600メートルに沈んだえひめ丸の引き揚げだった。 しかし船体の引き揚げは簡単に進まなかった。 多額の費用がかかるほか、海の事故に対する日本とアメリカの考え方の違いからアメリカ側の理解が得られなかったのだ。 当時、記者会見でえひめ丸の引き揚げを強く訴えたのは行方不明になった指導教官、中田淳さんの父、和男さんだった… 教官中田さんの父 和男さん: 息子が乗っていたえひめ丸に何の過失があるんでしょうか?えひめ丸を引き揚げていただきたい… 事故から18年たった今、中田和男さんは、当時をこう振り返る… 中田和男さん: 生存か死亡かわかりませんけど、船を引き揚げて息子に女房を会わせてあげられるんやったら、それが一番やなと思って…引き揚げだけに力を入れました。 当時、アメリカと交渉に当たった加戸守行 前愛媛県知事はこう振り返る… 加戸守行 前愛媛県知事: 日本人は遺体を求めます。 これが日本の弔意の文化です。 だから船体を引き揚げてほしい。 愛媛県だけでなく国を挙げて取り組むべきことだった。 ようやく、えひめ丸の引き揚げが始まったのは事故から半年後の8月 作業は深海600メートルに沈んだえひめ丸をワイヤーを使って海面近くまで引き揚げそのままゆっくりと浅瀬まで曳航するという危険を伴うプロジェクトだった。 船長が娘から安全を祈願してもらったお守りのミサンガだった…。 中田和男さん; 船長は私に『頑張って必ずえひめ丸を引き揚げるから、お父さんたちも頑張ってください…』と言って船長の娘さんが引き揚げ作業の安全を祈って作ったミサンガを腕から外されて、私にこれを持っとってくれ…必ずえひめ丸を引き揚げて帰ってくるっていってくださったんです… 息子の帰りを待ち沖での作業を見守る中田さんの家族… そしてようやく、深海からのえひめ丸の引き揚げに成功した。 当時、引き揚げ船の船長は、メディアの取材にこのように応えていた… ミサンガを贈った引き揚げ船の船長: 引き揚げは大変困難な作業で、毎日が挑戦の連続だった… 何度もアクシデントがあったが成功させたい一心で引き揚げた、毎日が戦いだった。 その後、数日かけてゆっくりと浅瀬に曳航されたえひめ丸。 事故から8ヶ月がたちようやくダイバーによる船内の捜索が始まった…。 船内に取り残された遺品とともに1人、そしてまた1人、行方不明者が遺体で発見された。 そして中田淳さんも… 祈り続けた息子との再会の時がようやく訪れた…。 中田淳さんはハワイで家族が見守る中、荼毘に付された…。 結局、捜索では9人の行方不明者のうち8人が遺体で発見されたが生徒の1人だけが見つからなかった…。 捜索の後、えひめ丸はハワイ沖40キロの地点に再び曳航され1800メートルの深海で深い眠りについた。 引き継がれる事故の教訓 現在、山口県で暮らす中田和男さん。 家の仏壇には今も、あのミサンガが備えられている。 船内から見つかったスーツも掛けられ18年前と変わらないままだ。 船内から見つかった遺品の中には淳さんが担当していた生徒の部屋の鍵も見つかった。 中田和男さん: 食堂に横たわっていて、この鍵だけは持っていたんだろうね…生徒の部屋の鍵だからね… 事故当時は、船酔いするから体調が悪いからって食堂にいたらしい… 9人の犠牲者を出した悲惨の事故。 この事故を教訓にえひめ丸の設計も見直された。 以前えひめ丸は大きな魚槽を備えていたため居住スペースへの配慮が後回しとなり、生徒たちの部屋は海面より下にあったのだ。 以前のえひめ丸の居住スペース 新しいえひめ丸はより安全な設計を目指して魚槽は大幅に縮小され生徒の居住スペースは海面より上に設けられた。 新しいえひめ丸の居住スペース 宇和島水産高校で今も続くえひめ丸での航海実習が行われている…。 中田さんは航海の無事をいつも祈っていると話す 中田和男さん: 親の見送りを受けて出発し、笑顔で親の元へ帰ってきてほしい、それだけです… 外国で起きた外国の軍隊が起こした事故だったけど、骨にはなったけど遺体を返してくれたことだけは、皆さんに本当に感謝しています。 4月9日。 今年も宇和島水産高校に73名の生徒が入学してきた。 武智誠治校長: 本校で学ぶ皆さんには、事故のことを後世に伝えるだけでなく、命の大切さをしっかりと感じてほしいと思います。 事故を忘れず安全を願いながら、これからも生徒たちは海で学んでいく。 (テレビ愛媛).

次の

偏向『えひめ丸』ゴルフで批判され辞任した森氏の例を出して、安倍総理退陣に結びつける上田晋也さん

えひめ 丸 事故

愛媛県立宇和島水産高等学校練習船「えひめ丸」(5代)。 ホノルル港にて。 2003年6月18日撮影。 基本情報 船種 漁船 [ ] 船籍 所有者 愛媛県 建造所 新来島どっく 波止浜 [ ] 母港 宇和島港 航行区域 遠洋 国際航海 船舶番号 136571 信号符字 7JPF 9267845 432370000 経歴 起工 進水 竣工 要目 499トン 56. 47m 登録長 50. 25m 垂線間長 48. 00m 型幅 9. 50m 深さ 6. 42ノット 試運転最高 航海速力 12. 60ノット 搭載人員 60名 うち乗組員20名,教官2名,生徒38名 旅客定員 40名 うち教官2名,生徒38名 20名 えひめ丸(えひめまる)は、の実習船。 初代の船名は「愛媛丸」と漢字で表記。 2002年に就航した5代目が運用されている。 概要 5代目 [ ] 本船はの漁業実習、航海や機関の実習、海洋観測や海洋生物の調査と研究を行う。 マグロ漁の実習は沖で行っている。 海技士の養成に使用されている。 愛媛丸(初代) [ ] (昭和32年)に竣工(総トン数214. 51t、450馬力、定員40名)。 えひめ丸(2代) [ ] (昭和44年)に竣工(総トン数407. 89t、1,000馬力)。 えひめ丸(3代) [ ] (昭和56年)に竣工(定員60名)。 えひめ丸(4代) [ ] (平成8年)に竣工(総トン数499t、1,800馬力)。 2月にアメリカ・ハワイ州のオアフ島沖で米原子力潜水艦に衝突され沈没し、実習生4名、教官2名、船員3名が死亡する惨事となった()。 えひめ丸(5代) [ ] (平成14年)に竣工(総トン数499t、1,800馬力)。 7月3日、愛媛県宇和島市の岸壁に係留されていた船内でトイレ清掃作業中に硫化水素とみられるガスが発生し、専攻課程の学生2人と職員3人が搬送された(いずれも軽症)。 エピソード 特記無きは5代目 [ ]• 煙突マークは校章。 水高祭でマグロが販売される事がある。 漁獲したマグロの解体ショーが開催される事がある。 歴代のえひめ丸は観測した気象情報を気象庁に通報しており、2000年6月1日に4代目が気象庁長官表彰を受賞した。 本記事の一番最初の写真の撮影者はである。 画像 5代目 [ ]• 愛媛県立宇和島水産高等学校. 2017年6月29日閲覧。 総務省. 2017年6月29日閲覧。 愛媛県立宇和島水産高等学校 2012年12月10日. 2017年6月29日閲覧。 愛媛県立宇和島水産高等学校海洋技術課 2016年9月1日. 2017年6月29日閲覧。 愛媛県立宇和島水産高校 2017年6月20日. 2017年6月29日閲覧。 愛媛県立宇和島水産高等学校. 2015年7月3日閲覧。 愛媛県生涯学習センター. 2015年7月3日閲覧。 愛媛県生涯学習センター. 2015年7月3日閲覧。 産経WEST. 2017年1月27日閲覧。 中国四国農政局松山地域センター 2011年12月. 2017年6月29日閲覧。 神戸新聞社 2014年5月5日. 2017年6月29日閲覧。 YahooJapanNews. 2017年6月29日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

えひめ丸慰霊碑,Ehime

えひめ 丸 事故

2001年に米ハワイ沖で愛媛県立宇和島水産高校(同県宇和島市)の実習船えひめ丸が米原潜に衝突され沈没、実習生ら9人が亡くなった事故は10日で発生から15年。 遺族らの悲しみは癒えず、同校関係者は再発防止を誓う。 事故をきっかけに、ハワイと愛媛の間には新たな絆も生まれた。 教員としてえひめ丸に乗船していた牧沢弘さん(当時37)を亡くした妻の美香さん(51)は「2年に1度は遠洋航海に行っていたので、まだそこから帰っていないように感じる」と話す。 当時は就学前だった長男はこの春、高校を卒業する。 長男には事故について詳しく話しておらず、美香さんは「今もあまり考えないようにしている」と言う。 水口龍吉さん(63)、欣子さん(57)夫妻の長男、峻志さん(当時17)は事故で唯一遺体が見つかっていない。 欣子さんは「子供の同級生が結婚したと聞くたび、生きていたらと寂しさを感じてしまう。 当時を思うと今もつらいが、憎しみの感情は持たないようにしてきた」。 毎年、現地の追悼式典に参加している龍吉さんは「これからも息子に会いに、ハワイに行き続ける」と語った。 えひめ丸は事故の翌年、後継船が造られた。 米軍側の過失が原因の事故だったが、宇和島水産高では安全マニュアルを改良するなど対策を強化。 現在も回数を減らして実施されているハワイ沖への遠洋航海前には、実習生も参加して脱出訓練を行っている。 同校の教員で、航海時の安全対策の責任者を務める揚村勝幸さん(54)は「二度と事故を繰り返してはならない。 安全は祈るものではなく、実行するものだ」と決意を述べた。 13年からは県などが毎年、交流事業として高校生8人をハワイに派遣している。 4泊6日の日程で生徒らは、ホノルルにある慰霊碑も訪問。 昨年10月に派遣された県立今治西高1年の村上玉実さん(16)は事業がきっかけで、事故について知ったという。 「実際に慰霊碑の前で説明を受け、ショックを受けた。 私たちと同じくらいの年齢で、同じようにハワイに行くことを楽しみにしていたはず」とうつむいた。 海沿いの公園にある慰霊碑には毎週土曜日、清掃ボランティアが訪れ、約1時間かけて布で磨く。 事故当時ハワイ日系人連合協会の会長だったケン・サイキさん(74)らが始め、02年の建立以来、在ハワイの各県人会や地元の高校生など延べ千人以上が参加した。 遺族とも交流を深めてきたサイキさんは「海の安全や限りある命について考える大切な時間だ。 悲しい事故だったが、今では愛媛とハワイの間にすばらしい橋が懸かった」と語った。 生徒4人、教員2人、船員3人が亡くなった。 05年に米運輸安全委員会が公表した調査報告書は、乗組員間の意思疎通の欠如や、体験搭乗していた民間人が安全確認の妨げになったことが事故原因と指摘した。 〔共同〕.

次の