江戸時代 性の乱れ。 江戸の人は胸に興味なし?春画に描かれるフェティシズム

江戸の人は胸に興味なし?春画に描かれるフェティシズム

江戸時代 性の乱れ

イラスト/フォトライブラリー 『酒井伴四郎の日記』として知られる史料がある。 和歌山(紀州)藩の下級藩士、酒井伴四郎が万延元年(一八六〇)に江戸詰となり、五月二十九日の江戸到着以来、およそ半年間の四谷の藩邸暮らしを克明に記した日記である。 このとき、酒井伴四郎、二十八歳。 日記のなかに食事の記録、とくに外食や買い食いについての記述が多数あることから、幕末期の江戸の食生活を示す資料として用いられることが多い。 ところが、性の見世物に関する記述もあり、当時の江戸の性文化がわかる。 以下に紹介するが、原文のままではわかりにくいので、筆者が現代語訳するとともに適宜、補記した。 七月十六日 五人連れで藩邸を出て、いんきん田虫の療治に出かけた。 いんきん田虫は内股や睾丸に発生する皮膚病で、かゆみがひどい。 藩邸内の長屋で共同生活をしているため、五人とも感染してしまったのであろう。 まず上野の手前で餅を食い、さらに浅草で蕎麦を食った。 浅草広小路の医師にいんきん田虫の療治をしてもらったあと、みなで浅草寺に参詣し、お化けの見世物を見物した。 その後、芋や蛸の甘煮を肴に酒を呑み、連れ立って吉原に行き、花魁道中を見物した。 屋台店で西瓜をひときれ食ったあと、両国に行き、みなで見世物小屋にはいった。 おこなわれていたショーは「おめこのさね」(女性器のことには違いないが、部位の詳細は不明)で、俵や半鐘を釣り上げるというものだった。 さらに、二十歳くらいの女が陰部をあらわにし、ひとりの男が張形(はりがた/男性器の形をした玩具)を挿入すると、女があえぎながら腰を使う出し物もあった。 こんな露骨なショーが堂々とおこなわれていたのである。 伴四郎は、「いずれも面白し」と、感想を記している。 男五人が息を呑み、目を凝らして一点をながめている姿が想像できる。 小屋のなかに高い椅子状のものをこしらえ、そこに坐った女が着物と腰巻をまくり、大股びらきをして、陰部をむき出しにしている。 男が火吹き竹のようなものを口に当て、ふっと息を吹いて陰部にあてるという遊びである。 女は巧みに腰を動かして直撃を避けながら、「それ、もっと、きつうくお吹きよ。 エエ、上だよ、上だよ。 アレサ、下を、下を」と、客をあおる。 大勢の男たちがニヤニヤしながら、その様子をながめている。 この絵を見たとき、筆者はいくらなんでも春画の誇張であろうと思った。 しかし、『酒井伴四郎の日記』に記されている内容と照らすと、このような性の見世物が江戸の盛り場で演じられていたのは間違いないようだ。 その野放図さは現代以上かもしれない。

次の

江戸時代の時刻 辰時(とき)

江戸時代 性の乱れ

遊女や娼婦は「世界最古の職業」とも考えられているのだとか。 確かに、キリスト教の福音書にもこれらの職業の女性が登場しますもんね。 では、日本ではいつ頃からこれらの職業が登場したのでしょうか? この記事では、 日本における遊女の歴史について分かりやすくまとめてみました! 日本における遊女の誕生 世界の「遊女の歴史」 先にも書いた通り、性を売ることを職業とした女性はキリスト教の福音書に登場するほど長い歴史を持ちます。 私が調べたところ最も古い娼婦の記録は紀元前3,000年前のもの。 古代メソポタミア文明でのことです。 メソポタミア文明では娼婦を「神聖な職業」とも考えていて、宗教的な儀式にも登場することがあったようです。 日本での誕生は平安時代 日本では古代より性について奔放だったものの、職業としての遊女は存在していませんでした。 職業として出現したのは 平安時代のころ。 白拍子(歌に合わせて舞をまう男装の芸人)・ 傀儡子(人形を使った芸能を行う芸人)といった芸能女性が職業の内容を変化させていきました。 「遊女」の発展と「芸者」の誕生 平安時代に誕生したばかりの遊女の職業は、芸能的な側面が強いものでした。 しかし近世(室町幕府後期ごろから)に入ると各地に遊女街・遊郭が誕生し、芸能中心だった遊女の形が変化。 二分化していきます。 性を売る職業に特化した女性を特に「遊女」と呼び、 芸能を専門にした女性を「芸者」と呼ぶようになりました。 江戸の遊郭「吉原」の登場 徳川家康が征夷大将軍となり江戸に幕府を開くと、江戸の男性人口は急激に多くなります。 それに伴い江戸各地に遊女屋が造られるようになりました。 ところがこの遊女屋の乱立は、江戸の町に治安や風紀の乱れを引き起こしてしまいます。 これを問題視した遊女屋の主人たちが、 遊女屋を江戸の一角にまとめて外界と遮断した空間を作ることを提案したのです。 こうして作られた遊女街が「吉原遊郭」と呼ばれるもの。 遊女屋主人たちは数年がかりで、この吉原遊郭を誕生させました。 吉原遊郭での厳しいきまり 吉原では江戸の治安の維持や風紀の乱れを防ぐために厳しいきまりが存在していました。 吉原は退廃した空間のイメージでしたが、こうしたきまりによって秩序が維持されていたようです。

次の

性の乱れについて

江戸時代 性の乱れ

現在、性の乱れと言いますが・・・、 女性の貞操が言われ出したのは、江戸時代・末期ぐらいからだと思います。 それまで、 平安時代の貴族は、嫁入り前の通い婚・夜這い、など普通で、 正式に婚姻が決まるまで、複数の男たちと関係していたのです。 帝(天皇)に嫁ぐ予定の娘は、別格扱いらしいが・・。 戦国時代は、他人の正室であれ、子持ちであれ、後家であれ、御構いなし!権力者が気に入れば横取り! 江戸時代ですら、婚前性交は当たり前。 遊郭から身受けした遊女を正妻にする例もあったようです。 結婚するまで処女だとか、嫁に行けない、などの古臭い考えは、 じつは、日本では、江戸末期~昭和後期までの、短い間だけなのです。 元服前の男子でさえ、性の対象。 男色も文化。 公家文化の文化圏ですからそうなってしまったのでしょうか・・。 大名階級の女性でも江戸時代には何度も離縁されたり再婚している 例があるようですが、立場的に不利になることは 全くなかったようです。 お隣韓国は同時代頃婚約者に死なれたというだけで 一生独身だったというのに・・日本でこのような目にあったのは 将軍家継(幼くして亡くなった)の婚約者等 ごく少数だったのではないかと思います。 庶民階級となると・・戦後になっても一部では 夜這い・歌垣(お祭りにともなって行われる乱婚)のような ものがあったようです。 夏のいわゆる「盆踊り」というのも もともとはそういった男女の出会いの場だったそうですよ。 厳しい恋愛感・男女感というのは 一部の裕福な階級や知識人から始まったのではないでしょうか。 梅毒がコロンブスの新大陸発見により、ヨーロッパに持ち込まれ、全世界に広まるのに2年間程度しかかからなかったそうです。 日本人だけが貞操観念に疎いというのは、偏見でしょう。 性行為感染症なので貞操観念を維持するときは男も協力する必要があります。 性行為感染症が蔓延したので、貞操の必要性が認識されたということではないでしょうか? 「汝、姦淫するなかれ」とイエス・キリストは話していますが、十字軍へ従軍した騎士は妻に貞操を守らせるために鍵のかかる金属製の貞操帯を装着させたりしています。 男は女を信用していません。 また中世の領主は初夜権をもっていました。 江戸時代には大衆社会の風呂では混浴でしたので、渡来した外人は性行為感染症対策のため混浴禁止を幕府役人に進言したりしています。 武士社会では姦淫した場合切捨て御免であったので、そんなに簡単に貞操を捨てたわけではありません。 あまり自虐的に考える必要はないとおもいます。 ただ、欧米ではアダルト関係のメディアは子供の目に触れないように配慮されていますし、少女ポルノも所持するだけで検挙されたりしますので、日本はいまこそ法的整備を進めないと恥ずかしいことになります。 私も質問者さまの意見に賛成です。 源氏物語なんて、1000年前に女性が書いた文学作品として世界でも類がないものですが、そのテーマが「浮気と不倫」であり「近親相姦」じゃないですか。 それを、女性が書いて発表できたところに、日本の性に対するオープンなところが見て取れます。 中国では、宮廷に使えるために虚勢しなければいけない宦官と呼ばれる男官吏集団がいましがた、確か近代以前の世界史上ではこうした宦官制度を採用していなかった(=王妃に対する夜這いを良心に任せた)のは、日本とどこか1カ国だけだったと聞いたことがあります。 バブルの時代には、ナンパされて一夜を過ごす目的でハワイに行った日本人女性が「イエローキャブ」なんて言われてましたが、恥ずかしくも、性にオープンな日本人の面目躍如と言ったところです。 A ベストアンサー 規範がなくなった証拠といえますね。 核家族化したときからいろいろいわれてますが、、まず、宗教がなくなって、生命観を教える手立てがうすれ、、つぎに、モラルだの、常識だのがなくなったといわれ、、 今では規範がなくなり、ルールも守れなくて、、万引きが増えてるそうです。 今の人は、命は大事と口で言いますが、、心ではわかってない鈍感さがあると思います。 ですから、幼児虐待という非人間性が出てくるわけです。 ここまでひどいことは普通ないんですが、、、宗教的には救いがたい罪というほどの認識だったり、 外国では、そういう見方が常識だったりしますから。 実際のところ、ひどい状態だと思います。 たとえば、生命を、仏の命は誰にでもあるといわれます。 そうみたとき、幼児虐待など、生命にしてることを考えたら、、、魔の働きでしょうか? 性の問題も、、根本的には、脳内麻薬の働きに注意するということ。 むかしからセックス中毒という言葉があるとおり、脳内麻薬が働くのを、多くの宗教では、それを防ごうとしてるように見えますね。 恋愛状態の脳は、コカイン中毒に似てるそうですよ。 健康的に、マラソンでランナーズハイならいいんでしょうが、、、確かにセックスばっかりやってると頭がにごってきたような重くなりますし、体が怠けてきますね。 乱れといっても、変体になっていくというのは、異常な考え方にもなっていくんでしょうね。 つまりは、おかしくなったというぐあいに。 まぁ、いくら抜いても1銭にもならない、経済からいえば、ただの無駄。 動物的反応であり、そこに自分なんかない。 体のただの反応。 そういうものを意思の力で操縦するという考えはありましたが、、今はそういうものまで伝わってないのでしょうか? 崩壊ですか?子供が生まれないのは、罰だと聞いたことがありますね。 日本は少子化になってますね。 経済も半減するのは目に見えてますし、、、もう贅沢はできない時代になってしまったのでしょう。 性の乱れといういったんを見ることで、、そうした堕落や下落、下降が連鎖的に「見える」というたぐいのものではないでしょうか 規範がなくなった証拠といえますね。 核家族化したときからいろいろいわれてますが、、まず、宗教がなくなって、生命観を教える手立てがうすれ、、つぎに、モラルだの、常識だのがなくなったといわれ、、 今では規範がなくなり、ルールも守れなくて、、万引きが増えてるそうです。 今の人は、命は大事と口で言いますが、、心ではわかってない鈍感さがあると思います。 ですから、幼児虐待という非人間性が出てくるわけです。 ここまでひどいことは普通ないんですが、、、宗教的には救いがたい罪とい... Q 詳しい方教えてくださると助かります。 貞操観念は明治以降、西洋思想を吸収する際に付随して作られ、昭和になって広く広まったとする説もある一方、 源氏物語にも、ある種の貞操観念が見られる、と 小耳に挟みました。 実際のところどうなのでしょうか。 日本では昔から、祭りの際のフリーセックスや、政府が積極的に遊郭を作る、大名はホモが多い、などホモ、ヘテロを問わず性風俗に関してはゆるやかだったとされています。 でも一方で独占欲や嫉妬もあり、そのため「貞操」が重視される、というのは昔からあったと思います。 勝手な想像ですが、 江戸時代女が男よりも多くなって、女性は操を守るなんていってられなくなり性風俗が乱れる。 彼らはキリスト教徒で、処女信仰なんてのもあるくらいだから当然の反応。 そろそろヨーロッパの物まねも飽きてきたので、ちょっと乱れてみる なんて思っています。 多分間違っていると思うので、 誰か日本における貞操観念の変遷についての定説を教えてください。 よろしくお願いします。 詳しい方教えてくださると助かります。 貞操観念は明治以降、西洋思想を吸収する際に付随して作られ、昭和になって広く広まったとする説もある一方、 源氏物語にも、ある種の貞操観念が見られる、と 小耳に挟みました。 実際のところどうなのでしょうか。 日本では昔から、祭りの際のフリーセックスや、政府が積極的に遊郭を作る、大名はホモが多い、などホモ、ヘテロを問わず性風俗に関してはゆるやかだったとされています。 でも一方で独占欲や嫉妬もあり、そのため「貞操」が重視される、というのは... A ベストアンサー 中世のヨーロッパにキリスト教国に初夜権という制度があったように、日本にもそういうものがあったようなんですね。 (ヨーロッパの初夜権制度が本当にあったのかどうかまだ確信はなく、実際あったとしても税金みたいなもので、金を払えば領主や聖職者に花嫁を寝取られずに済んだのか、金が無い農奴はどうしていたのか、何故そのような伝説が生まれたのか定かではないのですが) さて、日本にあった初夜権。 村の長老が新婦の処女を奪ってあげるという風習があったという話を聞いたことがあります。 真実はどうなのか今の段階ではわかりませんが、こんな話があります。 aozora. html 【日本の歴史は、語部と言はれた、村々国々の神の物語を伝誦する職業団体の人々の口頭に、久しく保存せられて居た律文が、最初の形であつた。 此を散文化して、文字に記したのが、古事記・日本紀其他の書物に残る古代史なのである。 だから成立の始めから、宗教に関係して居る。 神々の色彩を持たない事実などの、後世に伝はりやうはあるべき筈がないのだ。 並みの女のやうに見えて居る女性の伝説も、よく見て行くと、きつと皆神事に与つた女性の、神事以外の生活をとり扱うて居るのであつた。 事実に於て、我々が溯れる限りの古代に実在した女性の生活は、一生涯或はある期間は、必巫女として費されて来たものと見てよい。 】 【「神の嫁」として、神に出来るだけ接近して行くのが、此人々の為事であるのだから、処女は神も好むものと見るのは、当然である。 】 という具合に、日本の初夜権という概念は、普通の女性達が結婚初夜に庄屋に処女を奪ってもらっているのがあたり前だったというのは、誤りであると思えます。 後世になると、その特別な女性はもっともパワーを持った神の使者であると同時に、権力を欲しがる男に力を与える儀式を与えるため寝るものを、軽蔑的に見るようになり、神殿に仕える娼婦と捉えたのではないかと思えます。 これは世界各地の巫女たちも、異教徒たちがその宗教を馬鹿にする時の材料として使っていたようです。 で、朱色の鳥居がいくつもあって、そこをくぐって到達する。 これは通過儀式だったのではないかと思えます。 朱色=血。 血は穢れたものであると考えられていましたが、実は清めるものでもあるとも捉えられていた。 ユダヤ教に血を塗った家だけ、神による災いがふりかからなかったという話がありますが、日本にも同じ神話があります。 さて、遊女はいつ頃誕生したのかはまだわかりません。 江戸時代に一角に遊郭を設けたようなのですが、私の想像では町ができるようになり、貧富の差が拡大していき、富めるものが町に集まりだして、彼らの娯楽として遊郭が発展したのではないかと思えます。 飢饉などで、年貢を納めることができない家が、娘を売るようになったり、子どもを芝居をして回り金銭を得る業者に売ったりなどするようになったのではないかと思います。 遊郭においては管理されていたようで、誰でも遊郭を開いていいというわけではなかったようです。 その時代の頃、特権階級の人たち限定ではなく、一般庶民にどうような貞操観念があったのかはわかりません。 世界で唯一日本人とユダヤ人には処女信仰が無いと聞いたことがあります。 日本ではキリシタン弾圧が行われましたが、理由があったようです。 来た頃は日本に危害を加えない穏やかな団体だと思われ認められたようなのですが、来たキリスト教のその団体の闇の部分が露呈し、恐ろしい団体だとして迫害が始まったようなのです。 その団体が大名に弾圧された理由の一つが人身売買。 gameou. htm これは一つにしかすぎず、日本から追放されるに至った悪事はまだまだあるようです。 ただし、これはキリスト教団の本部がやっていたことではなく、キリスト教団に公認された団体がやっていたこと。 その団体がキリスト教団の宣教部門を担当し、世界各地にキリスト教を広めるため宣教活動をしていたので、表向きは宣伝部門だったわけですが、実はキリスト教の戦闘部隊・諜報部隊という側面も持っていたわけです。 日本にやってきた理由も宣教が本当の目的ではなかった。 確かにキリスト教の本家本元は清貧・貞節をスローガンとして掲げていますが、実際やった内容を見ると異常なまでに性に対する強迫観念に囚われた人が本部に集ったのではないかと思えます。 聖職者は妻と性交してはならない。 子どもを儲けてはならない。 それができないなら罰金、投獄、公開鞭打ち刑、しまいには結婚の無効まで決めてしまったようなんです。 神の祝福とは子どもを授かることですが、何故かキリスト教はその神の祝福を否定するということを教えているという変な団体です。 日本の貞操観念が一体どんなものかわかりませんが、あるとすれば、身分制度が撤廃されたあと、それでも庶民とは違う高貴な家系だとするため利用されたのではないかと思います。 結婚とは家と家の結びつきです。 家と家の結びつきのために不可欠なのが娘。 婚姻関係になれば縁がむすばれ、相手の権力・財産の恩恵が与えられる。 そういうわけで、なるべくいい権力者に嫁がせたい。 それで箱に入れておいて、家が望まない男が近づかないようにした。 これが日本の貞操観念の実体じゃあないのでしょうか。 中世のヨーロッパにキリスト教国に初夜権という制度があったように、日本にもそういうものがあったようなんですね。 (ヨーロッパの初夜権制度が本当にあったのかどうかまだ確信はなく、実際あったとしても税金みたいなもので、金を払えば領主や聖職者に花嫁を寝取られずに済んだのか、金が無い農奴はどうしていたのか、何故そのような伝説が生まれたのか定かではないのですが) さて、日本にあった初夜権。 村の長老が新婦の処女を奪ってあげるという風習があったという話を聞いたことがあります。 真実は... amazon. 最近ある漫画で、昨今の日本の少子化は日本人は恋愛が苦手で、従来の「お見合い」が無くなった結果ではないかという題材から、あるミュージシャン(矢沢永吉風)が過疎の村の村長と組んで、離島に若者を送り込み、強引にくっつけてしまってカップリングを成立させるという話を読んだけど、ここの質問を読んでいても出会いがないとか彼女(彼氏)ができないなど、それなりに結婚したい気持ちはあるのにできないという質問が多々ある。 このあたりから考えていくと、村祭で飲んで騒いで男女が一緒になるとか、後家さんが若者を夜這いに誘うとか、現代ではちょっとと思うような習慣も、性がおおらかな時代においてはそれなりに意味があったのだろうと思います。 それと質問とは外れますが、これも小説で貴人の性生活で、殿様がお相手を指名して寝所に入ると、薄暗い場所で顔におしろいを塗って口や目は描くので、入れ替わっても誰が誰だか判らないと嘆く場面が出てきますが、夜這いとか妻問婚もこれに近くて、顔の美醜はさほど関係ないんだろうなと思ってしまった。 amazon. 最近ある漫画で、昨今の日本の少子化は日本人は恋愛が苦手で、従来の「お見合い」が無くなった結果ではないかという題材から、あるミュージシ... Q 源氏物語のあらすじを読んでみて、平安時代の「女性の貞操観念」にふと疑問を抱きました。 (ちなみに、結構ネットで調べてみましたが、明瞭な答えを得れませんでした・・。 ) 例えば、源氏は父の女御である藤壺と契ったり、頭の中将の元愛人の夕顔のもとに通ったり、終盤の薫と匂宮と浮舟の関係などなどに関して、なんだか凄く性に関してフリーな感覚を抱きました。 当時の貴族の女性は滅多に人前に出ないし、親は今より娘を大事にする時代のはず。 いったい、当時の貞操観念はどのようになっていたのでしょうか。 下記三項目が現在の疑問点です。 (イ)そもそも貞操観念はだいたいいつ頃定着し始めたのか。 (貞操観念というよりは処女性や穢れという考えでしょうか。 ) (ロ)(当時の人々に「穢れ」という考えがあったのならば)男性は女性の貞操を気にしてなかったのか。 (ハ)もしも浮気関係が露呈してしまった場合、どうなるのか。 もしまた違う疑問点が出ましたら、補足質問するかもしれません。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 平安時代は「通い婚」ですから、男性が女性の家に通ってきてる間は結婚している事になるでしょうが、明日からはもう、通ってこなくなるかも知れないわけで、保証がないのなら、それに縛られる事もなかったんじゃないでしょうか? 男のほうも、毎日通っていても、毎日、家にあげてもらえる保証はないわけで、ある日突然「今日はダメ」となって、そのまま通っても通っても会ってもらえないという事も多々ありましたから、これまた何の保証もありませんから・・・ (イ)戦国時代に日本にやってきたルイス・フロイスが、その著書の中で「日本女性は処女の純潔を重んじない。 それを欠いても名誉も失わないし、結婚も普通にできる」と書いていますし、大名のお姫様も、政略結婚などで、次から次へと、別の男性に嫁ぐという事もありましたから、少なくとも戦国時代までは、「一生ひとりの男性に・・・」という考えはなかったと思います。 江戸時代になって儒教の教えが浸透して、徐々に貞操観念なるものが生まれ始めた頃に、杉田玄白らが「ターヘルアナトミア」を翻訳した「解体新書」を発表して、その中に女性にのみ存在する「処女膜」なる物の存在が書かれていた事から、一気に純潔が重んじられるようになったようです。 もちろん処女膜という言葉も玄白が作った物です。 (ロ)上記のように、江戸中期頃までは、貞操を気にしないのが常識ですから、女性も男性も気にしてないと思います。 (ハ)源氏物語をご存知なら、宇治の浮舟の家の前で薫と匂宮がバッタリというのもご承知だと思いますが、あんな感じじゃないですか? 浮気した事を責めるのではなく、当人たちが、この先どうしたいか?という事だと思います。 「他の男が通って来てるなら、もういいや」とそのまま、どっちか(あるいは両方とも)が身をひくのか? 「いや、それでもモノにしたい」 と思ったて、何とか彼女の気をひこうとするか? 平安時代は「通い婚」ですから、男性が女性の家に通ってきてる間は結婚している事になるでしょうが、明日からはもう、通ってこなくなるかも知れないわけで、保証がないのなら、それに縛られる事もなかったんじゃないでしょうか? 男のほうも、毎日通っていても、毎日、家にあげてもらえる保証はないわけで、ある日突然「今日はダメ」となって、そのまま通っても通っても会ってもらえないという事も多々ありましたから、これまた何の保証もありませんから・・・ (イ)戦国時代に日本にやってきたルイス・フロ... Q 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。 熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。 今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。 平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。 でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか? 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。

次の