シカト 意味。 無視とシカトの違いについて

シカトの語源とは?無視という意味で使われるようになった由来。

シカト 意味

「 シカト」とは「 無視をする」という意味です。 若者の間でよく使われている言葉です。 無視をすることを「シカトする」、無視されることは「シカトされる」といいます。 「シカト」の由来は花札 「シカト」は実は『花札』に由来する言葉です。 花札のそっぽを向いている絵柄をした10月の鹿のカードが語源です。 「そっぽをむく」から転じて「無視をする」になりました。 実はこの「シカト」以外にも以下のような花札由来の言葉がいくつかあります。 ・ピカイチ ・三下 ・ボンクラ ピカイチ 抜きん出た人を「ピカイチな人」などと言いますが、この「ピカイチ」も花札由来の言葉です。 花札における手役の中に、はじめに配られた札が一枚のみ二十点の札で残りの札が全てカス札の役があります。 この20点札が「光り物 ピカ 」で1枚のみであることから「ピカイチ」が「抜きん出たもの」という意味になりました。 三下 「取るに足らないもの」という意味の「三下」 これは花札などで行われるおいちょかぶに由来します。 おいちょかぶでは花札を2枚引いて、合計が9に近いほど強いという遊びです。 ここで2枚引いた合計が2や3ではほとんど勝ち目がないことから、三下 3より下 が「取るに足らないもの」という意味になっています。 ボンクラ 頭の働きの鈍い人を「ボンクラ」と言います。 この言葉も花札由来の言葉です。 「ボンクラ」を漢字で書くと「盆暗」となります。 この「盆」は「賭博場」のことを指し、「暗」は「負けの様子」を表す言葉です このことから、ギャンブルで負けてばかりの人を「ボンクラ」と呼ぶようになり、転じて「頭の働きが鈍い人」という意味でも使われるようになりました。 次は「シカト」の使い方をみていきます。 「シカト」の使い方・例文 「シカト」は以下のように使われます。

次の

「シカト」って何が語源? 昭和30年代から使われ始めた言葉なの!?

シカト 意味

「 シカト」とは「 無視をする」という意味です。 若者の間でよく使われている言葉です。 無視をすることを「シカトする」、無視されることは「シカトされる」といいます。 「シカト」の由来は花札 「シカト」は実は『花札』に由来する言葉です。 花札のそっぽを向いている絵柄をした10月の鹿のカードが語源です。 「そっぽをむく」から転じて「無視をする」になりました。 実はこの「シカト」以外にも以下のような花札由来の言葉がいくつかあります。 ・ピカイチ ・三下 ・ボンクラ ピカイチ 抜きん出た人を「ピカイチな人」などと言いますが、この「ピカイチ」も花札由来の言葉です。 花札における手役の中に、はじめに配られた札が一枚のみ二十点の札で残りの札が全てカス札の役があります。 この20点札が「光り物 ピカ 」で1枚のみであることから「ピカイチ」が「抜きん出たもの」という意味になりました。 三下 「取るに足らないもの」という意味の「三下」 これは花札などで行われるおいちょかぶに由来します。 おいちょかぶでは花札を2枚引いて、合計が9に近いほど強いという遊びです。 ここで2枚引いた合計が2や3ではほとんど勝ち目がないことから、三下 3より下 が「取るに足らないもの」という意味になっています。 ボンクラ 頭の働きの鈍い人を「ボンクラ」と言います。 この言葉も花札由来の言葉です。 「ボンクラ」を漢字で書くと「盆暗」となります。 この「盆」は「賭博場」のことを指し、「暗」は「負けの様子」を表す言葉です このことから、ギャンブルで負けてばかりの人を「ボンクラ」と呼ぶようになり、転じて「頭の働きが鈍い人」という意味でも使われるようになりました。 次は「シカト」の使い方をみていきます。 「シカト」の使い方・例文 「シカト」は以下のように使われます。

次の

「シカト」って何が語源? 昭和30年代から使われ始めた言葉なの!?

シカト 意味

「無視」は一般的、「シカト」は特殊な口語表現 「無視」とは……• 人や物の存在価値を認めないことや、或る物をそれが無いように振る舞うこと。 人や物をないがしろにすること。 例) 信号を無視する。 人の忠告を無視する。 「シカト」とは……• 無視したり、仲間外れにしたりすること。 相手の存在価値を否定するように振る舞うこと。 また、「シカト」は関東地方での使用頻度が高いとされます。 例) 「おい、シカトするなよ!」 こうして見比べてみると、「無視」は物や人に対して一般的に用いられる表現であり、「シカト」はちょっと特殊な状況下(喧嘩など)で人に対して使われる口語表現だということがわかります。 目上の方に道を教える時、「紛らわしい看板がありますが、それはもう全然シカトして、ずっと先に進んでください」とは言わないでしょう。 無視について 前述の通り、 「無視」とは人や物の存在価値を認めないことです。 人対人で、相手が自分を無視している、または自分が相手を無視している。 この状況は冷ややかな喧嘩(冷戦状態)そのものですが、集団で一人の人を無視することを「村八分」と言います。 秩序を乱した村人に対し、制裁を加える意味で「火事」と「葬式」の二つを除いた交際を一切断つのです。 すれ違っても知らんぷり、田植えや米の収穫時にも手伝ってくれない、恐ろしいことには家族の誰が病気になっても医者さえ来てくれない、というのが村八分です。 あとの二分については…… 「火事」は他所に延焼が広がるかもしれないので消火活動を手伝い、 「葬式」も、例えば得体の知れぬ病気で亡くなった場合の感染症が他所に拡がるのを防ぐため(昔は土葬でしたので)などの理由で手伝います。 村に留まることを許さずに追い出したり、その村の風習によっては赤ずきんを被せて無視することもあるのだとか。 また、上記の理由とは違い、「はじく」や「はぶく」が村八分の語源になっているという説もあります。 最近では、LINEでの「未読無視」と「既読無視」が繊細な方の心を悩ませる原因になっています。 「全く読んでいません」という事実を見せつけてくる「未読無視」と、「読んだはずなのに、なぜ返信が来ない?」と焦りを感じさせられる「既読無視」。 ダメージが大きいのは一体どちらでしょう? 「未読無視」にはいくつかの理由が考えられます。 忙しくて読めていない。 読んだことすら相手に知られたくない。 読んだり返信したりする気分ではない。 「既読無視」にはいくつかの理由が考えられます。 忙しくて返信できない。 「読みました」という意志表示。 大した用件ではないのでわざわざ応えなくても良いだろう。 LINEのやり取り自体が億劫。 返信したくない。 いずれにせよ、無視したままの状態では人間関係の修復はできません。 スポンサードリンク シカトについて 「シカト」は、ちょっと特殊な状況下において、無視する意味合いで使われます。 その多くは口語表現として使われ、「花札」の鹿が語源とされています。 花札の花の絵柄は、数字の代わりになっており、12カ月のそれぞれの月に、花の絵柄が描かれています。 10月の花札の絵柄は紅葉で、更にその中に首をひねって後ろ向きの(そっぽを向いているようにも見える)鹿が描かれています。 「鹿(しか)」+「10(とう)」=しかとう が転じて、賭博師の間では「しかとう」が「無視」の隠語となりました。 その数年後、しかとうが転じて「シカト」となり、今では誰でも気軽に使えるようになったのです。 ちなみに、花札の1月から12月までの花(植物)の絵柄は……• 1月(松)• 2月(梅)• 3月(桜)• 4月(藤)• 5月(菖蒲)• 6月(牡丹)• 7月(萩)• 8月(すすき)• 9月(菊)• 10月(紅葉)• 11月(柳)• 12月(桐) です。 この中でも、牡丹は猪肉、紅葉は鹿肉、桜は馬肉の隠語となっています。 まとめ 無視とシカトの違いについて見てきました。 周囲を気にせず、他人を「無視」して勝手気ままに振る舞う、という意味の四字熟語に「傍若無人」なんていうのがあります。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の