について了解しました 英語 メール。 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

I understandと I understoodの違い、使い分け方をネイティヴに聞いてみた

について了解しました 英語 メール

「了解しました」とは 「了解しました」という言葉は、ビジネスシーンだけでなく、誰もがなじみのあるフレーズでしょう。 まずはこの「了解しました」の意味からひも解いていきます。 「理解しました」という意味の丁寧語 「了解」に使われている漢字には、いずれも理解する・よくわかるという意味があり、「了解」はさとること・わかることという意味です。 「了解しました」とすることで、「理解しました」という意味の丁寧な表現になります。 さらに、「了解いたしました」とすると、より丁寧な印象です。 また、ただ理解するというだけでなく、事情を把握して認める、というニュアンスも「了解しました」は含みます。 フランクな間柄では「了解です」でもOK 「了解しました」という表現の他に、「了解です」という言い方もよくされます。 「了解です」とはややフランクな表現で、友人同士や同僚間などフラットな関係で使われる表現です。 ビジネスシーンでも親しい間柄では「了解しました」というと他人行儀な印象を与えがちですので、間柄によっては「了解です」としても問題ありません。 尊敬語・謙譲語としての意味はない 「了解しました」は丁寧な表現なので敬語の一種ともいえるのですが、一方で、相手を立てるような尊敬の意味や自分を低く見るような謙譲のニュアンスはありません。 これが、ビジネスシーンでの使用の是非が問われる理由のひとつです。 「理解しました」という意味の表現はいくつかあるため、「了解しました」ではなく、尊敬や謙譲のニュアンスを含む表現が適切とされるケースも多いようです。 「了解しました」、ビジネスでの使い方のポイントは? 「了解しました」は分かりましたという意味で使える言葉ですが、ビジネスシーンで使う際には少々注意が必要です。 上司に使っても厳密には失礼ではない そもそも、「了解しました」という表現は、言葉としては丁寧語に当たり、厳密にいうと目上の人に使っても失礼ではありません。 関係性にもよりますが、社内の直属の上司であれば、「了解しました」や「了解いたしました」は丁寧語として使っても問題のない表現です。 目上の人には言い換えたほうが無難 一方で、「了解しました」は、尊敬や謙譲の意味を持たないことから、ビジネスでの使用には不向きとする意見が近年では定着しつつあります。 一部の人とはいえ、失礼だと考える人がいる以上、上司や取引先など多数の人と接するようなビジネスシーンでは言い換えたほうが無難と言えるでしょう。 ビジネスでの使用は、同僚など社内における身内の使用にとどめておいた方が無難です。 「了解しました」の類語とその違い 「了解しました」と似た意味の言葉は、他にもいくつかあります。 尊敬や謙譲の意を加えた表現など、便利な類語を紹介します。 「承知しました」がビジネスで好まれる ビジネスシーンで「分かりました」と答える際に最も適しているといわれるのが「承知しました」という表現です。 「承知」には、事情などを知っていること・わかっていること・承諾すること、という意味があります。 「承(うけたまわる)」は、「聞く」の謙譲語です。 そのため、「承知しました(いたしました)」も謙譲のニュアンスを持ちます。 「かしこまりました」は要望や命令に使う 「承知しました」と同様の表現に、「かしこまりました」があります。 目上の人に対して「分かりました」という意味で使えるのは同じですが、厳密にいうと、少しニュアンスが異なります。 「承知しました」が「分かりました」という意味で幅広く使えるのに対し、「かしこまりました」は相手の要望などを受け「(その指示について)お受けしました」「承りました」という意味になります。 「契約変更の件、かしこまりました」というと、契約変更についてお受けしました、という意味になるというわけです。 「了承しました」は目上の人が使う表現 「了解しました」と似た言葉に「了承しました」があります。 「了承」とは事情を理解し、納得するという意味の言葉で、シンプルにいうと、「わかりました、それでOKです。 」「わかりました、それでよいでしょう」といったニュアンスです。 目上の人が目下の者に対して使うような意味合いがあるのが特徴です。 そのため、「了承しました」という表現よりは、「ご了承いただけますか」や「部長にはご了承いただいております」といった表現をよく使用します。 メールでも使える「了解しました」の英語表現 「了解しました」を英語でいう際には、どういった表現を使うのでしょう。 ビジネスメールでも使える表現を紹介します。 「Noted」や「Certainly」を使う 「了解しました」という場合には、「Noted」や「Certainly」という単語を使います。 たとえば、• Noted(了解しました)• Understood/I understood(了解しました)• Duly noted(承知いたしました)• Certainly(かしこまりました) といった表現があります。 「Noted」は社内向けの表現で、「Noted with thanks(感謝を込めて了解しました)」という風な使い方もします。 「Certainly」は取引先など社外に対しても使える非常に便利な表現です。 依頼への「了解」は「approve」を使う 何か依頼を受けた際に承るという意味を込めて「了解」という場合には、「approve」を使います。 たとえば、• We have approved your request(ご依頼承りました) といった文章になります。 日程への「了解」は「acknowledge」 メールでは日程調整や変更の連絡をすることは多いものです。 たとえば、「11月5日(月)の打ち合わせ、了解しました」という場合には、• I acknowledge the meeting on Monday 5 November. といいます。 「acknowledge」には、認めるという意味の他、認識するという意味もあります。 まとめ 「了解しました」は、本来は目上の人に使っても問題のない表現ですが、現代のビジネスシーンでは敬語のニュアンスの強い「承知しました」や「かしこまりました」という表現が好まれます。 必ずしも誤用というわけではありませんが、ビジネスでは「承知しました」という表現に言い換えた方が無難です。 相手との関係性に合わせて言い換えるようにしましょう。

次の

かしこまりましたの意味・使い方・英語表現を解説|承知しましたとの違い

について了解しました 英語 メール

外人と英語で話す時はなぜかコミュ障が治る。 どーも、ぽけなむです。 実は前職で海外取引先とのやりとりを担当するチームにおり、 英語は比較的得意なんです。 メールのやりとり、日常会話くらいなら問題なし。 (ビジネス会話はちょいきついです) そんな前職時代、海外取引先とメールのやり取りをしていた頃、当時の上司(じじい)から言われたことがあります。 「メールで了解しましたとか承知しましたって言いたい時は I understoodだろ。 だって理解してるのは過去なんだから。 」 そう、私は分かりました、とメールで言う時は I understandを使っていました。 全然間違いだとは思わなかったし、正直どっちでもいいと思ってました。 どっち使おうが間違いじゃないだろうと。 ただ、上司から言われると直さざるをえない 社会人あるあるですが、 意外と上司は部下のメール見てるんですね。 で、色々口出してくる。 それから私は、分かりましたとか、了解しました、の時は I understoodを使うようにしました。 ただ、なんかしっくりこない。 納得いかなかった私はまずGoogle先生に聞いてみることに 「I understand understood 違い」で検索 まずは一番上に出てきたページをチェック。 」とは言わない のです。 引用: ん??早速答え出たか?? 実はunderstandは、「分かる」という一時の動作ではなく、 「わかっている」という状態を表す単語なのです。 よって、• なるほど。 ネイティヴのイギリス人と会うことに ちょうどその頃、某無料で使える出会い系アプリをやっており、そこでたまたま日本に住んでるイギリス人と繋がりました。 話はトントンと進み、 language exchangeも込みで会うことに。 (日本人の女の子もこんな簡単だったいいのに) そこで気になっていたI understand とI understood の違いを聞いてみました。 ビジネスメールで分かりました、と言いたい時はどちらを使うべきか。 答えはI understand だった そのイギリス人が言っていたことはざっくりこんな感じ。 「 I understoodは使わないかな。 メールを見たのが何日か前なら別にいいけど、基本的にはメールを見てすぐ返すでしょ? I understandの方が自然かな。 その上司は間違ってるから気にしない方がいいわ。 」 〇ソジ〇イが (なんで正しい使い方してた俺が注意されなきゃいけねーんだよ。 仕事中Youtubeばっか見てる老害が。 ) ま、間違った覚え方しなくて助かったしいっか。 仕事だと上司から間違ったこと教えられるなんてしょっちゅうあるので、鵜呑みにしないで自分で調べることも大事ということを学ぶいいきっかけでした。 何事もポジティブに考えることが大事ですね。 ただ「understood」という使い方なら間違いではないそうです。 まとめ• 総じてI understand の方が正解!!• 上司の言ってることが正しいとは限らない(自分でも調べる!!) あのじじい、いつまでもI understood使って恥かいてりゃいいさ。 しかし英語のニュアンスって難しいですね〜。 まあ今回はunderstandが正解と分かりましたが、細かいニュアンスなので気にしないってのも全然あり。 英語で一番大事なのは、間違いを恐れずトライしまくることです。 失敗を恐れて喋らないってのが一番あかんです。 ちなみに英語のビジネスメールで 1番重要なことはカッコいい文章を書くことじゃなく、 自分が伝えたいことを分かりやすく正確に伝えること。

次の

「了解しました」の英語!上司に使える敬語のビジネス表現6選!

について了解しました 英語 メール

記事の目次• オフィス会話編 まずは、話し言葉で使う「了解しました」の英語フレーズを見ていきましょう! Certainly. 了解しました。 上司がお願いしてきたことに対して、「承知しました。 もちろんやります。 1語ではありますが、非常に丁寧な印象になります。 「かしこまりました」に近い英語表現とも言えますね! A: Can you finish this by tonight? (これ今夜までに終わらさせてくれる?明日の会議で必要なんだ。 ) B: Certainly. (もちろんです。 ) こんな受け答えでも大丈夫!こちらは友達との日常英会話でも使える表現です。 もちろん上司に対しても使えます! Absolutely. (もちろんです。 ) That would be fine. 了解しました。 上司から何か提案や指示を出された時に、「それで問題ありません」と伝えつつ「了解しました」と言いたい時に最適! 依頼された内容に、何も問題がない時に使いたいですね。 A: Could you change the last slide of this powerpoint? (このパワーポイントの最後のスライドを変更してくれますか?) B: Yes, that would be fine. (はい、大丈夫です。 ) I would be happy to. 了解しました。 何かを人にお願いする時、いやいやと返答されると嫌な感じがしますよね。 自分自身はそういう印象を出したくないものです。 この場所には本来、相手のためにしてあげる行動を表す動詞がきます。 しかしあえて言うまでもないので、省略をしたこの英語表現が定着しているわけ! A: Could you possibly attend the conference with me next week? (来週の協議会に私と一緒に参加できたりしますか?) B: Yes, I would be happy to. (はい、喜んで。 ) Understood. 了解しました。 受け身形を使い、相手の発言内容をしっかり受け止めたことを伝えているんですね! A: You will have to contact him directly in order to get a deal. (契約を取るためには、彼に直接コンタクトを取らなくてはいけないようですね。 ) B: Understood. I will make an appointment right away. (了解しました。 今すぐ約束を取り付けます。 (ご依頼を了解しました。 ) I have received your correspondence. 貴信 了解しました。 しかし現在ではメールなどの通信手段に対しても使われます。 送られてきた内容を受け取ったことを相手に伝えたい際、メールに記載できるフレーズです! 一回のメールに対してのみでなく、「やりとり」にフォーカスを置いているのがポイント!広い意味で使うことができます。 シンプルにこの言い方でもOK。 I have received your message. (貴信了解しました。 ) 「受け取った」という意味では、他にもこんな英語フレーズがオススメ。 I have received your document. (資料を受け取りました。 ) スポンサーリンク 気をつけるポイント 最後に、「了解しました」の英語表現を使う上で、知っておきたいポイントをお伝えします! 「了解しました」の訳は1つではない! 日本語では様々なシチュエーションで「了解しました」を使うことができます。 しかし同じような感覚で、英語でも1つの表現で様々な場面に対応できるとは限りません! そのため、「了解しました」の表現にあたる英語フレーズは、その都度状況に合わせて言い方を変えていく必要があります。 1つの英語表現だけを覚えるのではなく、場面ごとに使い分けができるよう、色々レパートリーを用意しておきましょう! 実はカジュアルな「了解しました」の表現に注意! 一般的に「了解しました」の英語訳と知られているフレーズはいくつかありますが、その中には仲の良い友達間でしか使われないようなカジュアルなものも多く存在します。 何も考えず「これも了解って意味なんだ」という気持ちで、そのまま上司に使ってしまうと大変なことに!知らない間に「了解っすー」のようなニュアンスで返答をしていることになりかねません。 「了解しました」という気持ちをしっかり伝えようとするあまり、つい連発してしまうのかもしれません。 「構わない」という許可を出しているような意味合いが強いので、部下が上司に対して何回も使うのは不適切になってしまいます。 そもそも同じワードを繰り返すのも、印象が悪いですよね。 イライラしていたり、相手を急かしているようなイメージで見られてしまうかも…。 しかしこれは無線を使ったコミュニケーションで言われる言葉なので、あまり職場で交わされる英語ではありません!軍隊等のイメージが強くなります。 これは社内の同僚間で主に使われる表現で、「メモしておくよ」や「今後も覚えておくよ」といった意味合いで使われます。 おわりに いかがでしたか? 今回は上司に対しても使える、丁寧な「了解しました」の英語フレーズをご紹介しました! 「了解」は非常に便利な日本語であるため、使えるシチュエーションが幅広いもの。 しかもカジュアルからフォーマルなシチュエーションでも使えてしまうので、英語訳を考える際に逆にやっかいなものです。 その時の状況や使い相手を見極め、一番適切な英語フレーズを使えるよう頑張ってくださいね!.

次の