面接自己紹介。 説得力が違う!面接の自己紹介で人事の心を掴む3つの戦略

面接官の心をつかむ自己紹介〜転職活動の面接必勝術〜|転職Hacks

面接自己紹介

転職の面接における 自己紹介の意義と 効果的な答え方のポイント 面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ 面接では様々な質問がなされますが、最初に聞かれることが多いのが「自己紹介」です。 転職面接で自己紹介を求められたとき、人事担当者が何を知りたがっているのか、また、どのように答えればいいのかをご説明します。 転職面接における自己紹介とは? 自己紹介は、初対面の方やあまり親しくない方に対して、自分のことを知ってもらうために行うものです。 転職面接においても同じで、自己紹介は「自分がどういう人間なのか」採用担当者に掴んでもらうためにあります。 自己紹介をした段階で、「この人はおもしろい経歴を持っている」「この部分をもっと詳しく聞いてみたい」と思わせることができれば、その後の質疑応答で、さらに話は盛り上がるでしょう。 反対に、自己紹介で「コミュニケーション能力があまり高くない」「こちらが求めているものを理解できていない」と判断されると、印象が悪くなってしまいます。 つまり、自己紹介は、面接官の第一印象を左右するものだといえます。 自己紹介をするときに気を付けなければいけないのが、「自分自身の魅力をアピールしなければいけない」と思いすぎて、自己PRのようになってしまうことです。 自己PRが自分の能力をアピールするためのものであるのに対し、自己紹介は、自分の経歴を簡単に説明するものです。 混同しないようにしましょう。 採用担当者がチェックする3つのポイント 自己紹介で採用担当者がチェックするポイントは大きく3つあります。 それぞれについて見ていきましょう。 人柄 話し方やしぐさ、経歴のまとめ方などには人柄が表れます。 声のトーンや表情、話す速度にも気を付けて自己紹介をしましょう。 経歴 自己紹介をしてもらうことで、応募者がどのような経歴を持っているのか、その概略を知ることができます。 履歴書や職務経歴書に書いてある内容を、簡単にまとめて伝えましょう。 限られた時間内での説明力 自己紹介は、それほど長く話すものではありません。 そのため、短い時間内で自分の経歴の要点を、かいつまんで説明する能力があるかについても見られています。 自己紹介は4つのブロックで構成する 自己紹介は、4つのブロックで組み立てられます。 これらのブロックを意識しながら、自己紹介の文言を考えていきましょう。 ここでは、各ブロックの説明と、それらを踏まえた自己紹介例をご紹介します。 名前 自己紹介をするときは、まずは、名乗らなければいけません。 内容にばかり気をとられて、肝心の名前を言い忘れることがないように注意しましょう。 経歴 名乗った後は、応募先企業につながる経歴について説明します。 学歴については必ずしもふれる必要はありません。 しかし、仕事内容に関連する場合は、大学での研究内容やそれをどう仕事につなげたのかについて、軽くふれてもいいでしょう。 なお、何年にどこの企業に入社したのかといった、履歴書をなぞるような説明は不要です。 現在の職務内容 続いて、現職、もしくは前職について、業種と職務内容を簡単に説明します。 結びの言葉 全ての内容を話し終えた後には、「本日はどうぞよろしくお願いいたします」という言葉で締めましょう。 <自己紹介例> 田中太郎と申します。 本日は面接の機会を頂きありがとうございます。 本日はどうぞよろしくお願いいたします。 自己紹介の長さ 自己紹介は、特に指定がない場合は1分以内に収めるようにします。 あまり長く話さず、要点だけをまとめるようにするのがポイントです。 ただし、「1分」「3分」など、長さを指定される可能性もあります。 1分の自己紹介しか考えていなかった場合、「3分でお願いします」と時間指定をされると、話すことがなくなってしまうおそれがあります。 あらかじめタイマーをセットして、長さに応じた自己紹介の内容を考えておきましょう。 このとき、指定された時間を超えることがないように気を付けてください。 自己紹介の印象を良くする5つのコツ 転職の自己紹介は、簡潔に自分自身の経歴を説明するものなので、内容自体を考えるのはそれほど難しくはありません。 しかし、面接官は自己紹介の内容だけを見ているわけではありません。 その人の話し方やテンポ、コミュニケーション能力などを総合的に判断することになります。 第一印象を左右することになる自己紹介では、次の5点に気を付けて回答するようにします。 姿勢を正す 猫背だと、暗くだらしない印象になってしまいます。 姿勢を正して、まっすぐ椅子に座るようにしてください。 自分ではまっすぐに座っているつもりでも、左右どちらかに傾いていたり、顎が前に出過ぎてしまっていたりする場合があります。 鏡を見ながら正しい姿勢をキープする練習をするとともに、他人に姿勢をチェックしてもらうとより効果的です。 明るい表情を心掛ける 緊張していると、どうしても表情が硬くなってしまいがちです。 無理に笑う必要はありませんが、適度ににこやかな表情で話をすると、明るくはつらつとした印象になります。 電車の中やエレベーターで、ふと鏡や窓に映った自分の顔を見て「疲れている」と感じたことがある方も多いのでは。 気を抜いていると、表情は暗く疲れた印象になってしまいます。 意識して目と口元に力を入れるようにしてください。 丸暗記しようとしない 暗記しているセリフを、感情を込めて話すことができるのは、よほど演技力の高い人や、スピーチ慣れしている方だけでしょう。 丸暗記した言葉を話すと、抑揚をつけずにただ読み上げているような印象になってしまい、不自然です。 面接官にも「暗記してきたんだな」と思われてしまいます。 話す内容と順番だけを意識しておいて、後は自分の言葉で自然に話すようにしてください。 早口にならない 焦ったり、緊張したりすると、ついつい早口になってしまうことがあります。 最初の質問では、特に意識して、ゆっくりと、わかりやすく話すようにしてください。 ただし、不自然なほど遅く話す必要はありません。 友人や家族にスピードをチェックしてもらったり、自分の声を録音して聞き直してみたりすると、他人からどう聞こえるのかを客観的に理解できます。 大きめの声でハキハキと話す 声が小さいと、何を言っているのか聞き取るのが大変ですし、どことなく暗い印象になります。 面接官が聞きやすいよう、普段の話し言葉よりもやや大きめの声を意識して、ハキハキと話しましょう。 面接の自己紹介は自分を相手に知ってもらう手段 自己紹介は、何を話すのかさえわかっていれば、それほど難しい質問ではありません。 しかし、最初の質問で失敗してしまうと、その後も焦りや緊張が続いてしまいかねません。 相手に自分のことを知ってもらうためにも、きちんと準備をしてから面接に挑みましょう。

次の

「面接での自己紹介?このように話をしていこう!」

面接自己紹介

転職の面接における 自己紹介の意義と 効果的な答え方のポイント 面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ 面接では様々な質問がなされますが、最初に聞かれることが多いのが「自己紹介」です。 転職面接で自己紹介を求められたとき、人事担当者が何を知りたがっているのか、また、どのように答えればいいのかをご説明します。 転職面接における自己紹介とは? 自己紹介は、初対面の方やあまり親しくない方に対して、自分のことを知ってもらうために行うものです。 転職面接においても同じで、自己紹介は「自分がどういう人間なのか」採用担当者に掴んでもらうためにあります。 自己紹介をした段階で、「この人はおもしろい経歴を持っている」「この部分をもっと詳しく聞いてみたい」と思わせることができれば、その後の質疑応答で、さらに話は盛り上がるでしょう。 反対に、自己紹介で「コミュニケーション能力があまり高くない」「こちらが求めているものを理解できていない」と判断されると、印象が悪くなってしまいます。 つまり、自己紹介は、面接官の第一印象を左右するものだといえます。 自己紹介をするときに気を付けなければいけないのが、「自分自身の魅力をアピールしなければいけない」と思いすぎて、自己PRのようになってしまうことです。 自己PRが自分の能力をアピールするためのものであるのに対し、自己紹介は、自分の経歴を簡単に説明するものです。 混同しないようにしましょう。 採用担当者がチェックする3つのポイント 自己紹介で採用担当者がチェックするポイントは大きく3つあります。 それぞれについて見ていきましょう。 人柄 話し方やしぐさ、経歴のまとめ方などには人柄が表れます。 声のトーンや表情、話す速度にも気を付けて自己紹介をしましょう。 経歴 自己紹介をしてもらうことで、応募者がどのような経歴を持っているのか、その概略を知ることができます。 履歴書や職務経歴書に書いてある内容を、簡単にまとめて伝えましょう。 限られた時間内での説明力 自己紹介は、それほど長く話すものではありません。 そのため、短い時間内で自分の経歴の要点を、かいつまんで説明する能力があるかについても見られています。 自己紹介は4つのブロックで構成する 自己紹介は、4つのブロックで組み立てられます。 これらのブロックを意識しながら、自己紹介の文言を考えていきましょう。 ここでは、各ブロックの説明と、それらを踏まえた自己紹介例をご紹介します。 名前 自己紹介をするときは、まずは、名乗らなければいけません。 内容にばかり気をとられて、肝心の名前を言い忘れることがないように注意しましょう。 経歴 名乗った後は、応募先企業につながる経歴について説明します。 学歴については必ずしもふれる必要はありません。 しかし、仕事内容に関連する場合は、大学での研究内容やそれをどう仕事につなげたのかについて、軽くふれてもいいでしょう。 なお、何年にどこの企業に入社したのかといった、履歴書をなぞるような説明は不要です。 現在の職務内容 続いて、現職、もしくは前職について、業種と職務内容を簡単に説明します。 結びの言葉 全ての内容を話し終えた後には、「本日はどうぞよろしくお願いいたします」という言葉で締めましょう。 <自己紹介例> 田中太郎と申します。 本日は面接の機会を頂きありがとうございます。 本日はどうぞよろしくお願いいたします。 自己紹介の長さ 自己紹介は、特に指定がない場合は1分以内に収めるようにします。 あまり長く話さず、要点だけをまとめるようにするのがポイントです。 ただし、「1分」「3分」など、長さを指定される可能性もあります。 1分の自己紹介しか考えていなかった場合、「3分でお願いします」と時間指定をされると、話すことがなくなってしまうおそれがあります。 あらかじめタイマーをセットして、長さに応じた自己紹介の内容を考えておきましょう。 このとき、指定された時間を超えることがないように気を付けてください。 自己紹介の印象を良くする5つのコツ 転職の自己紹介は、簡潔に自分自身の経歴を説明するものなので、内容自体を考えるのはそれほど難しくはありません。 しかし、面接官は自己紹介の内容だけを見ているわけではありません。 その人の話し方やテンポ、コミュニケーション能力などを総合的に判断することになります。 第一印象を左右することになる自己紹介では、次の5点に気を付けて回答するようにします。 姿勢を正す 猫背だと、暗くだらしない印象になってしまいます。 姿勢を正して、まっすぐ椅子に座るようにしてください。 自分ではまっすぐに座っているつもりでも、左右どちらかに傾いていたり、顎が前に出過ぎてしまっていたりする場合があります。 鏡を見ながら正しい姿勢をキープする練習をするとともに、他人に姿勢をチェックしてもらうとより効果的です。 明るい表情を心掛ける 緊張していると、どうしても表情が硬くなってしまいがちです。 無理に笑う必要はありませんが、適度ににこやかな表情で話をすると、明るくはつらつとした印象になります。 電車の中やエレベーターで、ふと鏡や窓に映った自分の顔を見て「疲れている」と感じたことがある方も多いのでは。 気を抜いていると、表情は暗く疲れた印象になってしまいます。 意識して目と口元に力を入れるようにしてください。 丸暗記しようとしない 暗記しているセリフを、感情を込めて話すことができるのは、よほど演技力の高い人や、スピーチ慣れしている方だけでしょう。 丸暗記した言葉を話すと、抑揚をつけずにただ読み上げているような印象になってしまい、不自然です。 面接官にも「暗記してきたんだな」と思われてしまいます。 話す内容と順番だけを意識しておいて、後は自分の言葉で自然に話すようにしてください。 早口にならない 焦ったり、緊張したりすると、ついつい早口になってしまうことがあります。 最初の質問では、特に意識して、ゆっくりと、わかりやすく話すようにしてください。 ただし、不自然なほど遅く話す必要はありません。 友人や家族にスピードをチェックしてもらったり、自分の声を録音して聞き直してみたりすると、他人からどう聞こえるのかを客観的に理解できます。 大きめの声でハキハキと話す 声が小さいと、何を言っているのか聞き取るのが大変ですし、どことなく暗い印象になります。 面接官が聞きやすいよう、普段の話し言葉よりもやや大きめの声を意識して、ハキハキと話しましょう。 面接の自己紹介は自分を相手に知ってもらう手段 自己紹介は、何を話すのかさえわかっていれば、それほど難しい質問ではありません。 しかし、最初の質問で失敗してしまうと、その後も焦りや緊張が続いてしまいかねません。 相手に自分のことを知ってもらうためにも、きちんと準備をしてから面接に挑みましょう。

次の

面接で自己紹介をする時の必須項目3つ|適切な長さや例文・NG例文

面接自己紹介

自己紹介は第一印象に大きな影響を与える こんにちは。 キャリアアドバイザーの北原です。 就活生から 「自己紹介って何を言えばいいんですか?」 「自己紹介ではどんな内容が好まれますか?」 という声を多く聞きます。 自己紹介は面接が始まって最初に話す内容となり、第一印象に大きな影響を与えます。 第一印象がよければ、その後の面接もスムーズに進みやすいです。 ハロー効果という心理作用があるのですが、これは、相手の目立った特徴や印象によって、他の関係のない特徴も判断してしまうというものです。 ポジティブにハロー効果を作用させるためにも、自己紹介は重要になってきます。 自己紹介で与えた情報がその後にも影響を及ぼすことを理解して、内容を考えることが大切です。 では、どのように自己紹介をすればいいのでしょうか。 この記事では、自己紹介に盛り込むべき項目と上手な伝え方についてご紹介していきます。 自己紹介に盛り込むべき項目3つ キャリア アドバイザー 必須の内容をチェックして文章を考えておけば、当日の不安が軽くなりますよ。 面接の自己紹介に盛り込みたい内容は複数ありますが、特に重要な項目は大きく3つに分けられます。 これから紹介する項目が満たされていないと、面接官側が求める自己紹介としては不十分になる可能性が高いです。 基本情報とは、大学・学部・学科名、氏名です。 専攻コースや専門で勉強していることがあるなら、それらを伝えてもいいでしょう。 これらの基本情報は自己紹介の前提となる部分です。 他にどのような項目が盛り込まれていようと、この基本情報がないだけで自己紹介としては不足します。 確認を取るため、あるいは資料の間違いを防ぐために、基本情報の確認は必ずおこなわれます。 ごく稀にですが、大学名を伏せて自己紹介するよう求める企業もあります。 この例外を除いては、大学・学部・学科名、氏名は必ず述べるようにしましょう。 学生時代の活動や経験• 学業・ゼミでの研究内容• アルバイト• ボランティア活動• 部活動・サークル活動• 趣味や特技 面接で自己PRや学生時代頑張ったことについて話すことがあると思うので、その時に話す内容を自己紹介で触れておくのもいいですね。 長々と話すと自己紹介の趣旨からズレるので、簡潔に話すことが大切です。 面接の意気込みは、その時の正直な気持ちを伝えるだけで構いません。 「緊張していますが精一杯頑張ります」「力を出し切れるよう精一杯取り組みます」といった、分かりやすいストレートな表現でも大丈夫です。 意気込みがなく「〇〇をしていました。 よろしくお願いします」で終わるのと、「〇〇をしていました。 本日は緊張していますが精一杯頑張ります。 よろしくお願いします」とでは、印象に違いがあると思います。 自分の素直な気持ちを話すことで、緊張もほぐれやすいです。 面接官の印象に残るような自分なりの自己紹介を考えてみましょう!サクサク考え付く方はそこから情報を削っていき、考え付かない人は簡潔に必要最低限の内容を考えてからそこから肉付けさせていきましょう。 また、自己紹介は伝えなければいけない内容(学校、学部学科、名前など)を除けば「フリー」の内容が多いです。 面白い経験や変わったアルバイトをしている人はそういった点をアピールしていくのもいいですね! 面接官の印象に残って、そこからお話が広がることもあります。 アイスブレイクのように、自身と面接官の方との間の距離感を縮めることも出来るのでいいかもしれませんね!ただ、もし変わった経験などをお話する際は、深堀される可能性が高いのでしっかりと詳しい内容が話せるように準備しておきましょう。 自己紹介で印象付けることが出来ればその後の面接が進めやすくなると思うので、入口からつまずかないようにしっかりと準備をしましょう! 自己紹介をする際のポイント 面接官から「自己紹介をどうぞ」と言われて話し始めると思いますが、ただ淡々と上記で紹介した項目を話すのはNGです。 話す長さや話し方などに気を付ける必要があります。 極端に自己紹介が短かったり、反対に長々と話しすぎたりすると印象が悪くなる可能性があるので、しっかりとポイントをおさえておきましょう。 企業によっては時間を設けないこともありますが、1分程度で求められることが多いです。 1分程度であれば長すぎる印象がありませんし、盛り込むべき内容を簡潔に話すことができます。 1分で話す場合、文字数にして200〜300文字程度のアピールが必要となります。 短すぎるとアピール不足、長すぎるとだらだらした印象を与えてしまいイメージが悪くなる可能性が高いです。 文章にして覚える場合は、項目を箇条書きで頭に入れておきましょう。 暗記だけだと、緊張して最初の一言目が出ないときに何も話せなくなってしまいます。 こちらの記事では、自己紹介を1分でする方法を紹介しています。 例文やNG例文も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 冒頭でもお伝えしたように、自己紹介は第一印象に大きな影響を与えるため、声や表情も大切になってきます。 普段より大きめで少し高めの声を意識し、笑顔を心がけましょう。 また、面接官の目を見て話すことも大切です。 下を向いたりキョロキョロしたりすると、自分に自信のない印象を与えます。 自分に自信がない様子だと「この子大丈夫かな?」「なんか不安だな…」と思われてしまうのです。 自分が面接官だったときに、まっすぐこちらを見てハキハキ話す就活生と、目線が下がり気味でか弱い声の就活生がいたら、前者の方が安心して話せる気がしませんか?声や表情、目線などに気を配っていい印象を与えましょう。 話し手が聞き手に与える影響のうち、「言語情報 話している内容 」が7%、「聴覚情報 話し方、声のトーンなど 」が38%、「視覚情報 表情や立ち居振る舞い、見た目など 」が55%だそうです!見た目の印象は笑顔や明るさはとても大事ですね!面接会場に入る前からしっかりとスイッチを入れることが大切です。 「失礼します」の声のトーンひとつでも「明るくて元気な人だな」という印象を与えることはできます。 緊張してしまうかとは思いますが、印象でプラスになればその後の面接もスムーズに運ぶと思います。 オススメのスイッチの入れ方としては、接客業や塾講師などのアルバイトをしている方はその時の自分になることを意識するといいです。 しかし、自己PRをしてしまうと面接官の意図から外れてしまいマイナスの印象を与えてしまいます。 面接官は自己紹介を通して「履歴書の人物と同じか確認したい」「就活生の人柄を知りたい」「アイスブレイクをしたい」と考えています。 そこで自己PRをしてしまうと「求めている情報ではないな…」と思われてしまうのです。 基本情報などを伝えずにアピールだけに力を入れても、面接官には何も伝わらない可能性が高いと言えます。 むしろコミュニケーション力が低いと思われるかもしれません。 自己PRをする時間は別にあるので、まずは自己紹介をきちんとしましょう。 必要項目を踏まえた自己紹介の例文 自己紹介の必要項目を把握したところで、実際のどのような内容でアピールするか、より具体的に考えていきましょう。 例文を参考にしながら、どのような点がよいか、あるいは悪いかを考えることが大切です。 内容や構成にも注目しながら、評価される自己紹介とはどのようなものかさらに理解を深めていきましょう。 この文章の良い点は「印象に残りやすい点」と「パーソナリティが見えやすい点」です。 例えば「カジキマグロ」というキーワードはなかなか面接で出てくるキーワードではないため、面接官はそのキーワードに必ず反応します。 面接終了後も「あのカジキマグロの子ね!」と記憶に残りやすいため、非常に良い自己紹介と言えます。 また、エピソードの中からも我慢強さを感じ取ることが出来るため、そのイメージを持ったまま学生時代頑張ったことなどの話に移ることが出来、アドバンテージになりやすいです。 何を伝えたいかに寄りますが、エピソードが2つあるとより強みも表現できるかと思いますので、水泳以外に性格を表すことのできるエピソードを盛り込むのもいいかもしれません。 大学時代は居酒屋のキッチンでアルバイトをしていました。 特技は大量のオーダーを一気に効率よくさばくことで、繁盛店で働いたことで、常に物事の優先順位を考え、行動できるようになりました。 この能力は日常生活でも活かされ、今日も最良の選択をして、御社の面接会場に行き着くことが出来ました。 面接では私の最も良いところを正確にアピールし、合格を勝ち取りたいと考えています。 本日は、よろしくお願い致します。 自身の情報を開示しながら、能力や個性に言及できているのは、評価できるポイントでしょう。 アピールの主軸であるアルバイトの経験から「優先順位を決めて行動できる」というキーワードに繋げられており、全体的なアピールの着地点もここにまとめられています。 選考への意欲も提示できており、自身の特徴と合わせた言い回しによって、より印象的にアピールできているでしょう。 欲を言えば、アメリカ文化のどんなところに魅力を感じているのかがわかると、よりよくなる気がします。 改善が必要な点としては、「多くの人達と触れ合うことで、言葉の壁を超えたコミュニケーションが可能」があげられます。 どのように工夫して言葉の壁を乗り越えたのかが伝えられたほうがいいですね。 また、後半に出てくる企業に対しての「壁を乗り越えたコミュニケーション」について説明が不足している印象を受けます。 私は多趣味で、新しいことにどんどん興味を持ち、挑戦しています。 中学、高校でもたくさんの趣味を持ちましたが、大学時代ではさらに幅広い物事に挑戦しています。 例を挙げると、華道や茶道、釣り、海外旅行、山登り、フェンシングなどがあります。 どれも今では辞めてしまいましたが、他では得られない貴重な経験が出来たと思います。 豊富な経験を活かして、社会人になっても活躍したいと考えています。 自身の特徴を提示できているものの、内容がよくありません。 多趣味という点はよいですが、次から次に挑戦して、すべて辞めてしまっている点がNGです。 何かを始めてはすぐに辞めてしまっていると、飽き性だと思われかねません。 仕事を始めてもすぐに辞めるのではないかと思われ、マイナス印象でしょう。 また、選考への意気込みも曖昧で、志望企業への意気込みというよりは、就活全体の意気込みになっている点も、NGポイントと言えます。 学生時代にカスタマーサポートのアルバイトをしていたため、幅広い年代の方と話すことができます。 アルバイトではノルマ達成という課題があり、それを乗り越えるためにトーク内容やコミュニケーションの取り方を見直しました。 御社に入社後も色々な人とのコミュニケーションを楽しみ、貢献できるように努力します。 この例文は、自己紹介ではなく自己PRになっています。 基本的な情報を話せていないので、もう一度やり直すように言われてしまうでしょう。 緊張しているかもしれませんが、落ち着いて話すようにすれば大丈夫です。 自己紹介は3つの項目を1分以内で話そう 面接の最初のアピールである自己紹介は、選考をスムーズに突破するための重要な足掛かりになります。 自己紹介は第一印象に大きな影響を与えるため、声の大きさや表情などにも気を配ることが大切です。 面接官と視線を合わせて、ハキハキと話しましょう。 緊張する場合は、「緊張していますが、精一杯頑張ります」などと正直に話すのもいいです。 面接官は自己紹介で「履歴書の人物と同じか確認したい」「就活生の人柄を知りたい」「アイスブレイクをしたい」と考えているため、長くなりすぎたり自己PRのようになったりするのは避けましょう。 1分程度で「基本情報」「学生時代の活動や経験」「面接への意気込み」を伝えることが大切です。

次の