きめ つの や い ば ピアノ。 「反撃の刃 / 和楽器バンド」のピアノ・ソロ譜(初級)

【アップライトピアノ総合】アップライトをお探しなら新所沢パルコ店へ!

きめ つの や い ば ピアノ

目次 Contents• そもそも差別化とは? 差別化について、勘違いされている方も多いのではないかと考えるのですが、差別化とは一体どういうことなのでしょう? 他のピアノ教室に比べて、何かが優れているという優位性のことなのでしょうか? そうではないんですね。 差別化とは他より優れている・・ということではなく、他との「違い」のことです。 「他のピアノ教室とはここが違うよ」ということを打ち出していくのが差別化です。 ですから、差別化とは決して「何かが優れていなければできない」「すごいものがなければできない」ということではないんですね。 他のピアノ教室にはない、独自のものがあれば十分に差別化できていると言えます。 とはいえ、差別化をするのだって「生徒募集」のためですからなんでも OKではないですよね。 ピアノ教室に通われる方にとって、メリットを感じられることでなければいけません。 「このピアノ教室に通いたい!!」と思えるような差別化でなければいけないのです。 関連記事: 差別化するために経営セミナーに参加する 多くのピアノ講師が、音楽に関する専門知識、テクニック知識、演奏に関する学びはよりたくさんの経験を積んでいますが、こと「経営」に関しては、知識ゼロに等しい・・といったところです。 そのため、ピアノ教室の経営が緊迫している今では、ピアノ講師を対象にした経営セミナーが多く開催されていますね。 ホームページの作り方、ブログの作り方などのネット集客に関する内容が多いでしょうか?? 全く知識のない方は、一度受講されてみるのも良いかと思います。 インターネットを使った集客の仕組みを知るということは、これからのピアノ教室経営においては必須なので、知っておくべきことだと考えられます。 しかし、懸念されることもありますよ!!! セミナー内容をそのまま実践した場合、多くのピアノ教室が同じコンテンツのホームページになったり、同じデザインのホームページになったり、同じ書き方のプロフィールになってしまうことが考えられます。 表現を学ぶ音楽家として、そこは考えておきたいところ。 セミナーで学んだことを必ず「自分のピアノ教室に置き換えて活用する」ことが大切です。 教室の雰囲気• 生徒さんの対象年齢• レッスンコンセプト• 地域での「ピアノ教室」の在り方 など、ご自分のピアノ教室に置き換えて、テンプレートなり、原稿なり考えることが必要です。 それができてこそ、個性が表れ、差別化できるものだと考えております。 関連記事: 差別化できる具体例 では、どのようなことで他のピアノ教室との「差別化」ができるかを考えてみましょう。 差別化とはあくまでも、他のピアノ教室の「違い」であり、かつ、生徒さん側にメリットのあることです。 レッスン場所 レッスン会場(自宅のレッスン室)が、学校の近く、スーパーの近く、郵便局の近く、銀行の近くなど、わかりやすい場所、また交通アクセスの便利な場所にあるというのは「差別化」できます。 えぇ? そんなことが?? ピアノ教室への問い合わせで「車で行くことは可能ですか?」「ピアノ教室へのアクセスで目印になるものはありますか?」という内容はとても多いのです。 ということは、皆さんが車で行きやすい、場所がわかりやすい、駐車場があるということを前提にピアノ教室を探していることがわかります。 そこで「〇〇小学校正門横」「〇〇スーパー駐車場の南側」と打ち出すことは、ピアノ教室の差別化に繋がりますし、生徒さんにとってメリットのあることだと思います。 いくつかあるピアノ教室でも、最初に問い合わせてみようという気持ちになります。 フリーレッスン レッスンに通う時間帯で悩んでいる方って、案外多いんです。 定時に通いたいけど、仕事が不定期。 子供を通わせたいけど、両親の仕事の都合で時間帯が合わない。 ピアノが習えない~ この 2点は、体験レッスンで多く聞かれる悩み事でもあります。 そこで、フリーレッスン日を作り、差別化する方法もアリだと思います。 例えば。 水曜日はフリーレッスン実施日。 お仕事が不定期な方、練習が毎日できない方、月一で通いたい方のためのレッスンプログラムです。 という感じで悩み事にピックアップすることは、大きな「差別化」だと考えられます。 そこで悩んでいた方は、間違いなく問い合わせをすることでしょう。 特別プログラムレッスン レッスンへの問い合わせからヒントを得ていることなのですが・・ d  ̄  ̄ 定期的に「特別プログラム」を取り入れるのも「差別化」をはかることが出来ます。 「中学生対象・・夏休みの宿題課題に取り組む全 3回レッスン」 「クリスマス企画・・きよしこの夜をマスターしよう全 4回レッスン」 「楽譜を読むための基礎知識・・全 10回レッスン」 など、特別プログラムを定期的に開催していくことで、ピアノ教室の存在を知っていただく機会が増えます。 また、例に挙げたレッスン例は実際にご希望を寄せられた内容でもあります。 希望している方がいるということは需要があるということなので、そのような内容を単発で開催するのは、他のピアノ教室と差別化できることですし、後の入会にも繋がることです。 何よりも望んでいる方へのメリットは大きいですね! お楽しみイベント 他のピアノ教室では行なっていない「イベント」を実施することで差別化をはかることができます。 年末に〇〇合唱団の第九に参加する。 夏休み〇〇ツアー開催(音楽資料館に行く、コンサートに行くなど) 〇〇教室との合同発表会(ピアノ以外の習い事とジョイント発表会をするなど) これについては、運営者のアイデアが鍵を握ります。 「これからピアノを習いたい」と考えている方が魅力を感じそうなイベントを考え、打ち出すことも「差別化」に繋がります。 もちろん、在籍の生徒さんにも喜んでもらえるものを考えましょう。 入会特典をつける ピアノ教室に入会した際の「特典」をつける。 ありがちなことではありますが、お近くのピアノ教室がされていないことでしたら「差別化」になりますね。 iTune、 amazonのギフト券など、入会していただいた感謝の気持ちが感じられるような特典で良いと思います。 差別化という点で、考えても良い内容ではないでしょうか? いくつか例をあげましたが「差別化」についても運営するピアノ教室の魅力の一つだと感じます。 どのようなアイデアを取り入れるかが、運営者の力量とも言えますね。 生徒募集にしても、差別化にしても大切なことは、ご自分が生活している地域性をよくリサーチすることだと思います。 (マーケティングといわれるものですね。 ) 日本全国にある、それぞれのピアノ教室、必ずしも同じことが適用できるわけではありません。 地域性や県民性、ピアノに関する関心度にズレが生じるからです。 良いアイデアも、不発に終わってしまうことは多々あるんです。 安易に取り入れるのではなく、ご自分の環境なども十分に配慮して活用することが大事。 また、何よりもレッスンに来ていただく方のメリットを一番に考えることで、大きな「差別化」へと繋がっていきます。 ピアノ教室である以上、レッスン内容が第一ですが、仕事として運営していく上で考えなければいけないことの一つ「ピアノ教室の差別化」についてのお話、みなさまのご参考になれば幸いです。

次の

おすすめの電子ピアノ15選|初心者でも安心!選び方・特徴を紹介

きめ つの や い ば ピアノ

目次 Contents• そもそも差別化とは? 差別化について、勘違いされている方も多いのではないかと考えるのですが、差別化とは一体どういうことなのでしょう? 他のピアノ教室に比べて、何かが優れているという優位性のことなのでしょうか? そうではないんですね。 差別化とは他より優れている・・ということではなく、他との「違い」のことです。 「他のピアノ教室とはここが違うよ」ということを打ち出していくのが差別化です。 ですから、差別化とは決して「何かが優れていなければできない」「すごいものがなければできない」ということではないんですね。 他のピアノ教室にはない、独自のものがあれば十分に差別化できていると言えます。 とはいえ、差別化をするのだって「生徒募集」のためですからなんでも OKではないですよね。 ピアノ教室に通われる方にとって、メリットを感じられることでなければいけません。 「このピアノ教室に通いたい!!」と思えるような差別化でなければいけないのです。 関連記事: 差別化するために経営セミナーに参加する 多くのピアノ講師が、音楽に関する専門知識、テクニック知識、演奏に関する学びはよりたくさんの経験を積んでいますが、こと「経営」に関しては、知識ゼロに等しい・・といったところです。 そのため、ピアノ教室の経営が緊迫している今では、ピアノ講師を対象にした経営セミナーが多く開催されていますね。 ホームページの作り方、ブログの作り方などのネット集客に関する内容が多いでしょうか?? 全く知識のない方は、一度受講されてみるのも良いかと思います。 インターネットを使った集客の仕組みを知るということは、これからのピアノ教室経営においては必須なので、知っておくべきことだと考えられます。 しかし、懸念されることもありますよ!!! セミナー内容をそのまま実践した場合、多くのピアノ教室が同じコンテンツのホームページになったり、同じデザインのホームページになったり、同じ書き方のプロフィールになってしまうことが考えられます。 表現を学ぶ音楽家として、そこは考えておきたいところ。 セミナーで学んだことを必ず「自分のピアノ教室に置き換えて活用する」ことが大切です。 教室の雰囲気• 生徒さんの対象年齢• レッスンコンセプト• 地域での「ピアノ教室」の在り方 など、ご自分のピアノ教室に置き換えて、テンプレートなり、原稿なり考えることが必要です。 それができてこそ、個性が表れ、差別化できるものだと考えております。 関連記事: 差別化できる具体例 では、どのようなことで他のピアノ教室との「差別化」ができるかを考えてみましょう。 差別化とはあくまでも、他のピアノ教室の「違い」であり、かつ、生徒さん側にメリットのあることです。 レッスン場所 レッスン会場(自宅のレッスン室)が、学校の近く、スーパーの近く、郵便局の近く、銀行の近くなど、わかりやすい場所、また交通アクセスの便利な場所にあるというのは「差別化」できます。 えぇ? そんなことが?? ピアノ教室への問い合わせで「車で行くことは可能ですか?」「ピアノ教室へのアクセスで目印になるものはありますか?」という内容はとても多いのです。 ということは、皆さんが車で行きやすい、場所がわかりやすい、駐車場があるということを前提にピアノ教室を探していることがわかります。 そこで「〇〇小学校正門横」「〇〇スーパー駐車場の南側」と打ち出すことは、ピアノ教室の差別化に繋がりますし、生徒さんにとってメリットのあることだと思います。 いくつかあるピアノ教室でも、最初に問い合わせてみようという気持ちになります。 フリーレッスン レッスンに通う時間帯で悩んでいる方って、案外多いんです。 定時に通いたいけど、仕事が不定期。 子供を通わせたいけど、両親の仕事の都合で時間帯が合わない。 ピアノが習えない~ この 2点は、体験レッスンで多く聞かれる悩み事でもあります。 そこで、フリーレッスン日を作り、差別化する方法もアリだと思います。 例えば。 水曜日はフリーレッスン実施日。 お仕事が不定期な方、練習が毎日できない方、月一で通いたい方のためのレッスンプログラムです。 という感じで悩み事にピックアップすることは、大きな「差別化」だと考えられます。 そこで悩んでいた方は、間違いなく問い合わせをすることでしょう。 特別プログラムレッスン レッスンへの問い合わせからヒントを得ていることなのですが・・ d  ̄  ̄ 定期的に「特別プログラム」を取り入れるのも「差別化」をはかることが出来ます。 「中学生対象・・夏休みの宿題課題に取り組む全 3回レッスン」 「クリスマス企画・・きよしこの夜をマスターしよう全 4回レッスン」 「楽譜を読むための基礎知識・・全 10回レッスン」 など、特別プログラムを定期的に開催していくことで、ピアノ教室の存在を知っていただく機会が増えます。 また、例に挙げたレッスン例は実際にご希望を寄せられた内容でもあります。 希望している方がいるということは需要があるということなので、そのような内容を単発で開催するのは、他のピアノ教室と差別化できることですし、後の入会にも繋がることです。 何よりも望んでいる方へのメリットは大きいですね! お楽しみイベント 他のピアノ教室では行なっていない「イベント」を実施することで差別化をはかることができます。 年末に〇〇合唱団の第九に参加する。 夏休み〇〇ツアー開催(音楽資料館に行く、コンサートに行くなど) 〇〇教室との合同発表会(ピアノ以外の習い事とジョイント発表会をするなど) これについては、運営者のアイデアが鍵を握ります。 「これからピアノを習いたい」と考えている方が魅力を感じそうなイベントを考え、打ち出すことも「差別化」に繋がります。 もちろん、在籍の生徒さんにも喜んでもらえるものを考えましょう。 入会特典をつける ピアノ教室に入会した際の「特典」をつける。 ありがちなことではありますが、お近くのピアノ教室がされていないことでしたら「差別化」になりますね。 iTune、 amazonのギフト券など、入会していただいた感謝の気持ちが感じられるような特典で良いと思います。 差別化という点で、考えても良い内容ではないでしょうか? いくつか例をあげましたが「差別化」についても運営するピアノ教室の魅力の一つだと感じます。 どのようなアイデアを取り入れるかが、運営者の力量とも言えますね。 生徒募集にしても、差別化にしても大切なことは、ご自分が生活している地域性をよくリサーチすることだと思います。 (マーケティングといわれるものですね。 ) 日本全国にある、それぞれのピアノ教室、必ずしも同じことが適用できるわけではありません。 地域性や県民性、ピアノに関する関心度にズレが生じるからです。 良いアイデアも、不発に終わってしまうことは多々あるんです。 安易に取り入れるのではなく、ご自分の環境なども十分に配慮して活用することが大事。 また、何よりもレッスンに来ていただく方のメリットを一番に考えることで、大きな「差別化」へと繋がっていきます。 ピアノ教室である以上、レッスン内容が第一ですが、仕事として運営していく上で考えなければいけないことの一つ「ピアノ教室の差別化」についてのお話、みなさまのご参考になれば幸いです。

次の

メジャー|国際基督教大学(ICU)

きめ つの や い ば ピアノ

ドラムセットの仕組み フィルインの前にドラムの仕組みを見てみましょう。 ドラムセットは次のような組み合わせで構成されています。 フィルインは、主に「 スネアドラム」や「 キックドラム」、「 タム類」、そして適度にシンバル類を入れたり入れなかったりして作っていきます。 ピアノロールの見方 フィルインの打ち込み例ではピアノロールを使って説明していきます。 例の前にピアノロールの見方を簡単に説明していきましょう。 キックドラム キックドラムは一番下の「 赤色のノート」で表しています。 スネアドラム スネアドラムは「 黄色と桃色」で、両手で叩くことを想定して2本の鍵盤を使用しています。 ハイハット ハイハットはスネアドラムの上の方に表示されています。 タム 今回は4種類のタムを使用します。 ピアノロールでは上から 音の高い順に割り当てています。 クラッシュシンバル クラッシュシンバルは2種類を使用していて、 ノートを長く伸ばして区別しています。 スネアドラムのみを使ったフィルイン まずは一番基本的なスネアドラムのみのフィルインを作ってみましょう。 スネアのみのフィルは単調になりやすいので、 強弱でアクセントをつけたり、リズムを跳ねさせたりして使うと効果的です。 スネアだけのフィルインでも全然物足りなさを感じさせないものが作れます。 スネアとタムを使ったフィルイン スネアだけで作ったフィルインの一部をタムに置き換えてみました。 タムを入れることでまとまり感が一層高まりました。 スネアとキック、タム、ハイハットを使ったフィルイン アクセントとして「オープンハイハット」を混ぜています。 ハイハットは腕で叩くものなので、2本の腕で無理なく演奏できるフレーズを作るのがポイントです。 サビの前など、これから盛り上げるきっかけを作りたい時には1小節から2小節をフィルインにすることで盛り上がりの前兆を表現できます。 まとめ ドラムセットの使い所は馴染みがないと少しわかりずらいと思います。

次の