アメリカ マスク。 アメリカ人はマスクをしない!?【嫌う理由と文化の関係】

「マスク着用」で意見衝突する欧米人の特殊事情

アメリカ マスク

アメリカ人はマスクしないって本当? コロナウイルスが世界的に感染拡大して現在、アメリカ合衆国のトランプ大統領がマスクの使用について 「自主的な物」 「やらなくてもいい」 「自分はやらないと思う」 などと発言をして、世間で話題になっています。 たしかに 実際アメリカでは、マスクの着用を嫌う文化があるようですね。 普段マスクを絶対に着用しないニューヨーカーたちがみんなマスクをしていて、現状の異常さを物語っているなどとも言われています。 この記事では、 なぜアメリカ人がマスクの着用を嫌うのか? その理由と文化や国民性との関係について掘り下げてみていきたいと思います。 こういった世界の国々と日本人の差を知っておくと、海外旅行が少し楽しくなったりします。 感情表現が豊か• リアクションが大きい• はっきりと伝える• しっかり自己主張する• フレンドリー などの特徴があります。 『伝えること』をとても重要視しているんですね。 マスクで顔を隠すことで、相手に気持ちや内容をしっかりと伝えられなってしまうのを嫌います。 日本の『察する文化』や『沈黙は金』などの言葉とは大きく違う考え方が見て取れます。 さらには、あえて顔を隠すためにマスクを着用する人もいます。 女性の方は心当たりがある方も多いのではないでしょうか? 菌やウイルスを持っていると思われる アメリカ人でマスクをしていると、既に細菌やウイルス に感染してしまっていると思われてしまいます。 『 人に移してはいけない重大な感染症を持っている』と思われたり 『 重症で体に病原菌が入ってきたらマズイ人』というように見られてしまいます。 一方、中国、韓国、日本などアジアの各国では、風邪などを引いていない健康な人も予防の為にマスクを着用しています。 もし感染症を患っていた場合、マスクしていなければ周りからは「マスクしろ」と注意を受けるでしょう。 強盗かと疑われる マスクで顔を隠すことで、 『何か悪いことをしようと企んでいる』と考えられてしまうようです。 特に最近よく見かける黒いマスクは、ギャングと間違われてしまいます。 大気との関係 大気汚染とマスク着用との関係も見て取れます。 アメリカよりもアジアの方がより大気が汚染されています。 各国の大気汚染ランキングです。 情報元: 上位に中国、タイ、インドといったアジアの国々が目立ちます。 これらのデータをみると、アジア圏でマスクを着用する文化が広がったことに納得ができます。 アメリカにもニューヨークやロサンゼルスなど、大気汚染が深刻な地域があるようですが、国全体としてみればさほど高いランクではなく、先ほど出てきた国民性の部分と相まって、マスクをしない人が多くなったのではないかと思われます。 他のマスクをしない国々 アメリカ以外にもマスクを着用しない文化の国々はたくさんあります。 イギリスをはじめとしたヨーロッパ各国、オーストラリアなどが代表的です。 欧米文化の国々ではマスクの着用は嫌われているようです。 アフリカでマスクについて調べてみたらこんなのが出てきました。 詳しくは調べていませんが、あまり私たちが普段着用するマスクは使用しないのかもしれません。 それを知ってどうするか? もしその国に行くとなったら、 こういうことを知っておくというのはとても重要になります。 仮にアメリカでマスクを着用して電車に乗ったら、みんなが自然と離れていったり、黒いマスクをして、ポリスマンにあらぬ疑いをかけられて、 変なトラブルに巻き込まれてしまうかもしてません。 さらには、マスク着用しちゃいけなかったら花粉症の人はどうするのか? など、 旅先ので起こりそうな困りごとにも考えがおよびはじめます。 今回のマスクについて以外にも、 文化の違いを知らないがために、現地の人に嫌な思いをさせてしまうかもしれません。 海外旅行に行くときは、その国の文化をある程度調べておく必要があります。 すべてを理解することは不可能ですが、その国のことを理解しようする姿勢が見えれば、きっと少しくらいの無礼は許してくれるとおもいます。 まとめ• 欧米人はマスクをしたがらない• コミュニケーションの妨げになる• 感染症や強盗だと思われる• 外国の文化を知ることは大切 もちろんすべての人に当てはまるわけではなく、あくまでその傾向があるという程度でご理解ください。

次の

なぜアメリカ人はマスクが嫌いだったの?日本はマスクで米国はサングラスが流行る理由

アメリカ マスク

コロナは我々の生活様式を変えた。 外出するならマスクが必要だ。 買い物や食事の際も、店内でのマスク着用を呼びかけている所も多い。 世界一の感染者を出し続けているアメリカでも、マスク着用は避けられない現状となった。 とは言えマスクに馴染みのない人々が、すんなりそれを受け入れるのは難しい。 なにせ「」だけで世界的なニュースになるほどだ。 一部のアメリカ人にとってマスクをつけることは、自分のアイデンティティを失うようなものなのだろう。 マスク着用に関するトラブルが相次ぐアメリカでまた事件が起きた。 その靴販売店では、入り口に「マスク着用しなければ入店お断り」を掲げていたのだが、マスクなしの女性が店内に入ってきた。 ・マスク着用をお願いされた女性、ブチ切れて靴箱投げ アメリカ、オクラホマ州オクラホマシティの靴店で事件は起きた。 店員がマスクをしないと店内には入れないと再三注意を促したのだが、女性は一向に気にする様子もなく、自ら商品を選び始め、レジに自分の選んだ靴を持って行った。 レジにいた店員はそこでまた改めて、「一度店を出て、マスクを着用後、商品を買ってください」とお願いした。 それにブチ切れた女性は、店に積んであった靴箱を店員に投げつけたのだ。

次の

アメリカでマスクをするとヤバイ事態に。日本がおかしい?

アメリカ マスク

着用が必須の店も多いが… アメリカにはマスクを毛嫌いする人がたくさんいる。 新型コロナウイルス感染者数と死者数が世界でいちばん多く、現在もその記録を更新中にもかかわらず、マスク着用は「個人の自由」という立場の人が多い。 トランプ大統領もメディアの前でマスクをつけないが、マスクを強制されることは個人の自由の侵害、あるいは政治的な信条ともされ、「反マスク」の抗議デモも時折開催される。 時には宗教的理由や医学的事情からマスクができないと主張し、「マスクしないことを許可する」と役所が発行したかのような偽の「マスク免除カード」まで流通している。 そして、マスク規制に関する怒りの矛先は、保健当局の担当者や店の従業員たちに向けられる。 SNSには、マスクをしないがために入店を拒否された人々が、雄牛のように怒り狂う姿が次々とあげられている。 ある女性は、ショッピングカートの中の物を次々とあらゆる方向に放り投げ、ある女性はわざと人の顔に向かって咳をし、ある女性はひたすらわめき散らす。 こうしたヒステリックな女性たちは、ネット上で「カレン」とあだ名で呼ばれている。 男性の場合は「ケン」が一般的なようだが、カレンほど一般的な言葉ではない。 サンディエゴのスターバックスで働くレニン・グティエレスさん(24)は、マスクなしで現れた「カレン」に「マスクはあるの?」と質問したところ、弾丸のようにののしられた。 店内ではマスク着用がルールというパンフレットを見せることもできなかったとCNNに語っている。 「カレン」はレニンさんの写真を撮ると、「これが私のオーダーを取らなかったスターバックスの店員よ。 次回はマスク免除カードを持って、警察と一緒に待ち伏せしてやる」と自身のフェイスブックに載せた。 このポストには13万件以上ものコメントが寄せられたが、その多くがレニンさんを支持するものだった。 正しいことをしているレニンさんに「チップを払いたい」というコメントがあり、それを見た男性が寄付ページを作成したところ、その日のうちに50万円以上が集まった。 1週間経った29日には、7000名以上から1000万円以上の寄付が集まっている。 レニンさんは繰り返し感謝を述べるとともに、そのお金を一部寄付したうえで、ダンサーになる夢を叶えたいとコメントしている。 反マスク運動が過激化するなかで、マスク着用をめぐって銃撃事件もいくつか起きており、死者も出ている。 全米各地の保健担当職員も、脅迫を受けたり、自宅前で抗議デモをされたり、フェイスブックのライブ放送などをされ、個人的に警備を依頼している人が増えているという。 国立アレルギー・感染症研究所の所長も、数カ月前に脅迫を受けて以来、自宅などに警備をつけている。 同所長は、マスクを徹底的に拒む人は、反科学・反権威的な考えをする人が多く、コロナに対するワクチンができても拒否する可能性が高いと指摘する。 これは集団免疫という観点からも懸念される事態だとCNNに話している。 カレンたちの行動がどの程度影響しているかはわからないが、アメリカでは新規患者数の増加に歯止めがかからず、少なくとも12の州で経済再開の見直しがおこなわれている。 カリフォルニア州やフロリダ州の一部ではバーの営業が再び禁止された。 マスク義務化に対するルールも州によってまちまちだが、カンザス州では来月から公の場でマスクを義務づける条例が施行される予定である。 (取材・文/白戸京子) 外部サイト.

次の