藤田 医科 大学 岡崎 医療 センター。 藤田医科大学岡崎医療センター

スタッフ紹介

藤田 医科 大学 岡崎 医療 センター

藤田学園(愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98 理事長 星長清隆)は、感染拡大防止のため横浜港で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号より、陽性反応が出るも発症のない乗客乗員及びその同行者(濃厚接触者)を受け入れました。 今回の開院前岡崎医療センターでの受け入れに際しては、地域住民、対応する医療者の安全・安心を最優先に考えました。 開院前のため、医療施設ではなく、収容施設としての対応(経過観察)しました。 開院前の準備段階のため居住環境が整っていませんでしたが、食事の提供を含め、受け入れた乗客の皆さまにご不便をおかけしないよう、全力で対応しました。 皆さまのご厚意や行政機関、学園職員が一丸となって取り組んだおかげで、滞在者に快適な環境を提供するだけでなく、二次感染者を出すことなく今回の受け入れ対応を終えることができました。 ありがとうございました。 船内感染者が450人を超え、感染者の受け入れ先確保が急がれる中、厚生労働省より要請をいただきました。 さまざまな困難が予想されますが、医療機関として日本のため、乗客乗員のためにできることを考えた時、このような結論にいたりました。 感染防止対策は飛沫感染、接触感染が絶対に発生しないように以下の対策をしました。 (以下は感染対策の一部) 1、滞在者の区画に入る者は適切な手順で防護をする ・絶対に付着面はさわらない ・マスク着用の際は、息が漏れないことを確認 ・マスク本体には触れずに外す ・手順の都度、手指衛生を徹底 2、ゾーニングを確実に行い、その場所をクロスしない ・4階以上を居住エリアにする ・使用するエレベーターを限定する ・入口からの導線などは的確にサインを貼り、不潔エリアを明確にする 3、衛生管理及び手順の教育を行った者のみが管理区域に入る ・管理区域入室者の入室管理の徹底 4、不潔ゾーンに入る職員は少数限定し、対応する (今回は、病院で医療を提供するのではなく、一時的にお預かりすることが目的のため少数で対応しています) 【滞在者の居住】 ・居住フロアは4階以上に限定され、各階からの退出は厳重なセキュリティで管理され、各階から退出はできません。 ・入所時に本人識別のリストバンドを掛けさせていただき、個人管理を徹底。 施設の空調は各階で区切られております(空気感染が起こることは確認されておりませんが、想定を拡大して対応。 ) ・メディカルチェック(体温、動脈血酸素飽和度、お体の具合等)を実施 【不潔エリア入室職員のマナーなど】 ・職場(岡崎医療センター)と自宅の往復のみで、途中には立ち寄らない ・食事は岡崎医療センターで提供 ・不潔エリアで使用した物品などは、清潔エリアに持ち込まない ・現在の岡崎医療センターの入り口は1カ所しかありません。 他の入り口は必要時のみ開錠 その他衛生管理は徹底しています。 滞在中は、メディカルチェックや健康相談のほか、テレビやiPad、新聞を提供するなど過ごしやすい環境の提供に努めています。 食事は、お弁当を1日3食提供しています。 アレルギー食や菜食主義食、ハラルなど宗教上の食制限にも対応しています。 弁当にはデザートもつき、滞在者からの評判も高いです。 そのほか、ご支援でいただいたイチゴやドーナッツなども提供しています。 日本ゼネラルフード株式会社様には、急な依頼であったにも関わらず、入所までに、提供体制を整えていただきました。 また、滞在者の飽きないメニューを考えるとともに、多様なリクエストに合わせたお食事を毎食提供いただき、その細かな対応に心から感謝いたします。 ご了承願います。 厚生労働省様、愛知県様、東海北陸厚生局様、豊川市保健所様、名古屋医療センター様、名古屋検疫所様 ・マスク、エプロン、グローブ、アルコールなど 愛知県歯科医師会様 ・歯ブラシ、歯磨き粉、マウスウォッシュ、デンタルフロス、歯間ブラシ、入れ歯洗浄剤 株式会社まるや八丁味噌、合資会社八丁味噌、有限会社生駒組、太田油脂株式会社、小原建設株式会社、株式会社フジケン、富士ファイン株式会社、東海光学株式会社、三菱自動車工業株式会社 岡崎製作所、株式会社サガミホールディングス、株式会社COARSE STARS、オト リバーサイドテラス テナント一同様 ・和風パイ手風琴のしらべ、味噌かりんとう、玄米ぽんせん、毎日えごまキャンディ、とうもろこしチップス、おかかせんべい、八丁味噌(味噌汁)、赤いきつねと緑のたぬき、箱ティッシュ ZARAME様 ・ドーナッツ 株式会社NTT ドコモ様 ・マスク 10,000 枚(うち3,000 枚は岡崎市教育委員会に譲渡) 岡崎市若手農業グループ様 ・いちご、トマト、無洗米 大塚製薬株式会社ニュートラシューティカルズ事業部様 ・ボディメンテドリンク、カロリーメイトリキッドカフェオレ 株式会社白井様 ・洗濯洗剤ナノックス、シャンプー・リンス(使い捨てタイプ、ミニボトルタイプ)、ボディソープ(ミニボトル) 森の合唱隊様・ボーイスカウト稲沢第9団様 ・手作りの脳トレゲーム 碧海信用金庫 ・ミネラルウォーター、缶コーヒー、インスタントコーヒー、インスタントコーヒー(スティックタイプ) 京都かもがわICLS有志の皆様 ・阿闍梨餅、茶の菓 三給株式会社様 ・ドーナツ、パン、水、フルーツゼリー、紙パック飲料(まめピヨ、野菜生活) スギホールディングス様 ・飲料水、食品、日用品など多数 中部牛乳様 ・牛乳 株式会社TSUTAYA様 ・雑誌(3種類) 株式会社ファミリーマート様 ・カップ麺、水、お茶、ゼリー マルサンアイ株式会社様 ・水 小原建設株式会社様 ・お菓子 株式会社名古屋銀行様 ・フェイスタオル 三重県志摩市あおさ生産業者 有志一同様 ・あおさ トヨタグループ半導体技術研究会一同様 ・タオル 株式会社コモ様 ・コモパン 株式会社ドミー様 ・ヨーグルト、バナナ サガミホールディングス様 ・アサヒおいしい水 ㈱ホットスタッフ様 ・タオル、水 この度は貴病院岡崎医療センターに多大なお世話になりましたころ、心より御礼申し上げます。 開業前のまったく使用されていないこんなきれいな所にて今日まで13日間御丁寧な看護師スタッフの皆様のお陰で何不充なく心穏やかに過ごし無事私も家内も2回の陰性を確認し本日退所出来る事となりましたことただただ感謝の思いでいっぱいです。 皆様にお会いしお礼をのべることが出来ませんので書面にて失礼をいたすことお許し下さい。 それからお電話で日本ケータリング金びょうたん様にも毎回工夫の美味しいお弁当ありがとうございました。 そして差し入れをして下さった企業、個人の多くの皆様ありがとうございました。 又岡崎小学校4,5,6年生の児童の皆さんの寄せ書き元気づけられありがとうございました。 末筆ではありますが貴病院スタッフ皆様の御健康をお祈りし、貴病院が無事開院され御発展されますこと心よりお祈り申し上げます。 ありがとうございました。 御礼状(小学校関係者の皆様方へ).

次の

ご挨拶(鈴木 克侍)

藤田 医科 大学 岡崎 医療 センター

藤田学園(愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98 理事長 星長清隆)は、感染拡大防止のため横浜港で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号より、陽性反応が出るも発症のない乗客乗員及びその同行者(濃厚接触者)を受け入れました。 今回の開院前岡崎医療センターでの受け入れに際しては、地域住民、対応する医療者の安全・安心を最優先に考えました。 開院前のため、医療施設ではなく、収容施設としての対応(経過観察)しました。 開院前の準備段階のため居住環境が整っていませんでしたが、食事の提供を含め、受け入れた乗客の皆さまにご不便をおかけしないよう、全力で対応しました。 皆さまのご厚意や行政機関、学園職員が一丸となって取り組んだおかげで、滞在者に快適な環境を提供するだけでなく、二次感染者を出すことなく今回の受け入れ対応を終えることができました。 ありがとうございました。 船内感染者が450人を超え、感染者の受け入れ先確保が急がれる中、厚生労働省より要請をいただきました。 さまざまな困難が予想されますが、医療機関として日本のため、乗客乗員のためにできることを考えた時、このような結論にいたりました。 感染防止対策は飛沫感染、接触感染が絶対に発生しないように以下の対策をしました。 (以下は感染対策の一部) 1、滞在者の区画に入る者は適切な手順で防護をする ・絶対に付着面はさわらない ・マスク着用の際は、息が漏れないことを確認 ・マスク本体には触れずに外す ・手順の都度、手指衛生を徹底 2、ゾーニングを確実に行い、その場所をクロスしない ・4階以上を居住エリアにする ・使用するエレベーターを限定する ・入口からの導線などは的確にサインを貼り、不潔エリアを明確にする 3、衛生管理及び手順の教育を行った者のみが管理区域に入る ・管理区域入室者の入室管理の徹底 4、不潔ゾーンに入る職員は少数限定し、対応する (今回は、病院で医療を提供するのではなく、一時的にお預かりすることが目的のため少数で対応しています) 【滞在者の居住】 ・居住フロアは4階以上に限定され、各階からの退出は厳重なセキュリティで管理され、各階から退出はできません。 ・入所時に本人識別のリストバンドを掛けさせていただき、個人管理を徹底。 施設の空調は各階で区切られております(空気感染が起こることは確認されておりませんが、想定を拡大して対応。 ) ・メディカルチェック(体温、動脈血酸素飽和度、お体の具合等)を実施 【不潔エリア入室職員のマナーなど】 ・職場(岡崎医療センター)と自宅の往復のみで、途中には立ち寄らない ・食事は岡崎医療センターで提供 ・不潔エリアで使用した物品などは、清潔エリアに持ち込まない ・現在の岡崎医療センターの入り口は1カ所しかありません。 他の入り口は必要時のみ開錠 その他衛生管理は徹底しています。 滞在中は、メディカルチェックや健康相談のほか、テレビやiPad、新聞を提供するなど過ごしやすい環境の提供に努めています。 食事は、お弁当を1日3食提供しています。 アレルギー食や菜食主義食、ハラルなど宗教上の食制限にも対応しています。 弁当にはデザートもつき、滞在者からの評判も高いです。 そのほか、ご支援でいただいたイチゴやドーナッツなども提供しています。 日本ゼネラルフード株式会社様には、急な依頼であったにも関わらず、入所までに、提供体制を整えていただきました。 また、滞在者の飽きないメニューを考えるとともに、多様なリクエストに合わせたお食事を毎食提供いただき、その細かな対応に心から感謝いたします。 ご了承願います。 厚生労働省様、愛知県様、東海北陸厚生局様、豊川市保健所様、名古屋医療センター様、名古屋検疫所様 ・マスク、エプロン、グローブ、アルコールなど 愛知県歯科医師会様 ・歯ブラシ、歯磨き粉、マウスウォッシュ、デンタルフロス、歯間ブラシ、入れ歯洗浄剤 株式会社まるや八丁味噌、合資会社八丁味噌、有限会社生駒組、太田油脂株式会社、小原建設株式会社、株式会社フジケン、富士ファイン株式会社、東海光学株式会社、三菱自動車工業株式会社 岡崎製作所、株式会社サガミホールディングス、株式会社COARSE STARS、オト リバーサイドテラス テナント一同様 ・和風パイ手風琴のしらべ、味噌かりんとう、玄米ぽんせん、毎日えごまキャンディ、とうもろこしチップス、おかかせんべい、八丁味噌(味噌汁)、赤いきつねと緑のたぬき、箱ティッシュ ZARAME様 ・ドーナッツ 株式会社NTT ドコモ様 ・マスク 10,000 枚(うち3,000 枚は岡崎市教育委員会に譲渡) 岡崎市若手農業グループ様 ・いちご、トマト、無洗米 大塚製薬株式会社ニュートラシューティカルズ事業部様 ・ボディメンテドリンク、カロリーメイトリキッドカフェオレ 株式会社白井様 ・洗濯洗剤ナノックス、シャンプー・リンス(使い捨てタイプ、ミニボトルタイプ)、ボディソープ(ミニボトル) 森の合唱隊様・ボーイスカウト稲沢第9団様 ・手作りの脳トレゲーム 碧海信用金庫 ・ミネラルウォーター、缶コーヒー、インスタントコーヒー、インスタントコーヒー(スティックタイプ) 京都かもがわICLS有志の皆様 ・阿闍梨餅、茶の菓 三給株式会社様 ・ドーナツ、パン、水、フルーツゼリー、紙パック飲料(まめピヨ、野菜生活) スギホールディングス様 ・飲料水、食品、日用品など多数 中部牛乳様 ・牛乳 株式会社TSUTAYA様 ・雑誌(3種類) 株式会社ファミリーマート様 ・カップ麺、水、お茶、ゼリー マルサンアイ株式会社様 ・水 小原建設株式会社様 ・お菓子 株式会社名古屋銀行様 ・フェイスタオル 三重県志摩市あおさ生産業者 有志一同様 ・あおさ トヨタグループ半導体技術研究会一同様 ・タオル 株式会社コモ様 ・コモパン 株式会社ドミー様 ・ヨーグルト、バナナ サガミホールディングス様 ・アサヒおいしい水 ㈱ホットスタッフ様 ・タオル、水 この度は貴病院岡崎医療センターに多大なお世話になりましたころ、心より御礼申し上げます。 開業前のまったく使用されていないこんなきれいな所にて今日まで13日間御丁寧な看護師スタッフの皆様のお陰で何不充なく心穏やかに過ごし無事私も家内も2回の陰性を確認し本日退所出来る事となりましたことただただ感謝の思いでいっぱいです。 皆様にお会いしお礼をのべることが出来ませんので書面にて失礼をいたすことお許し下さい。 それからお電話で日本ケータリング金びょうたん様にも毎回工夫の美味しいお弁当ありがとうございました。 そして差し入れをして下さった企業、個人の多くの皆様ありがとうございました。 又岡崎小学校4,5,6年生の児童の皆さんの寄せ書き元気づけられありがとうございました。 末筆ではありますが貴病院スタッフ皆様の御健康をお祈りし、貴病院が無事開院され御発展されますこと心よりお祈り申し上げます。 ありがとうございました。 御礼状(小学校関係者の皆様方へ).

次の

病院概要・病院施設基準

藤田 医科 大学 岡崎 医療 センター

藤田医科大学岡崎医療センターは令和2年(2020年)4月1日に、藤田医科大学の第4教育病院として、岡崎市針崎町に新規開設されます。 最寄り駅はJR岡崎駅です。 病床数は400床です。 開院の目的は、西三河南部地区にあたる岡崎市および幸田町の医師不足解消と、年間およそ1万6千件ある救急車要請のうち、同地区の病院に搬送できるのが8千件で、残る8千件は他地区へ搬送している状況の改善です。 整形外科は開設時に4人体制で臨みます。 全員が日本専門医機構認定の整形外科専門医で、整形外科全般にわたり十分な経験を積んでいます。 整形外科全分野の中での専門は、3名が上肢、1名が下肢です。 脊椎の専門医は本院から特定の曜日に派遣される予定です。 将来的には初期体制の2倍の医師が従事して、上肢・下肢・脊椎の各分野の専門医が常勤することをめざしています。 指導体制が充実すれば、研修医を募集して、次代を担う若手医師を育成してまいります。 当初は病院開設の目的どおり、2次救急を主体とした救急外傷を中心に診療してまいります。 対象となる部位は、脊椎および四肢などの支持骨格、運動器です。 年齢の老若にかかわらず、また外傷のエネルギーの大小にかかわらず診療してまいります。 幼小児の骨折、脱臼、青壮年の高エネルギー外傷、高齢者の低エネルギー外傷まで幅広く対応する所存です。 特に高齢化社会を迎え、健康寿命を延長させて生命寿命との差を短縮させることは、整形外科分野でも重要な目標です。 骨折発生から手術までの待機時間は、機能的予後のみならず、生命的予後にも関与します。 適切に対応していく所存です。 藤田医科大学岡崎医療センター整形外科は、救急外傷の治療を第1目的として、少ない人数で開設致します。 整形外科医4名、熱い心で診療に臨みます。 同地区におられる医療関係者の皆様に御助力をお願いすることも多いと存じますが、なにとぞ、宜しくお願い申し上げます。 藤田医科大学 整形外科.

次の