カビゴン リサイクル型。 【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【必見育成論!】最強カビゴンの作り方!

カビゴン リサイクル型

耐久力が高い• 環境に多いゴーストタイプに強い• 型が豊富で読みにくい• 雑に使っても強い• 耐性が優秀 カビゴンはHPの種族値が、ガラルで使えるポケモン中、ソーナンス、ホエルオーに次いで3番目に高く、攻撃、特防共に110ありとても優秀です。 また、努力値を防御に振れば、HPの高さと相まって、物理でも特殊でもどちらでも受けることができます。 さらに、耐性の優秀さから、 環境トップに君臨するミミッキュ、ドラパルト、ラプラスなどに強いのも強さの秘訣です。 カビゴンが一番厄介なのは、その型の多さです。 型を読み間違えて行動すると、負けにつながってしまうこともあるため、型が多いというのはそれだけで強いです。 カビゴンの型 では、ここからは、環境にいる主なカビゴンの型を簡単に紹介します。 性格補正が何もない場合には特に表記しません。 ダイマックスしている場合にはポケモンの名前の前にGを表記します。 性格はほとんどが「わんぱく」であることが多いです。 努力値を防御に振り切ることで総合的な耐久力を上げています。 技構成はのしかかりの代わりに、からげんきを採用している型もいます。 また、 あくびを採用している型が一定数いるので、注意が必要です。 広い技範囲をもっていて、人によって採用する技に個性がでます。 カビゴンが使える技のタイプは上記の他に、草、電気、氷、岩、地面、格闘、エスパー、毒と豊富すぎる技を使えます。 この型のカビゴンはあくびなどの変化技を持っていないので、その点は安心できますが、見くびっていると痛い目にあいます。 相手をカビゴン一匹で積ませることもできる恐ろしい型で、 環境に割と多いです。 対策をしないと、まともに戦うのは無理に等しいです。 また、有利な相手にはのしかかりなどで攻撃していきます。 この型の最大の特徴は、まもるを持っていることで、あくび、たべのこしとの相性が抜群です。 努力値は基本的には耐久力を上げるように振り分けますが、素早さに少し振ることで、上からあくびを打てる相手を増やすように調整した型もいます。 さらに、 サイクル戦でも使いやすいことから、比較的採用率が高く、環境にいるカビゴンの中でも、この型が結構多い印象です。 「じわれ」を持った型も多いので注意が必要です。 カビゴン対策案 カビゴンのキョダイマックスが解禁されたときは、はらだいこ型が多かったのですが、最近はのろい型が増え、ランクマ上位陣の影響もあって、まもる入りのカビゴンもとても多いです。 型が多くて対策しずらいですが、基本的に変化技を打つカビゴンが多いため、そこに焦点を当てました。 よって、私の考えたカビゴン対策案は以下の通りです。 火力で押し切る のろいや、はらだいこなど、積まれると手をつけられない状態になってしまうので、その前に倒すという方法です。 ハチマキヒヒダルマ 特性:ごりむちゅうでハチマキを持たせれば、簡単に倒すことができます。 6~134. しかし、 相手がダイマックスしてしまうと、上記のように防御に全振りしたカビゴンは倒せません。 「ばかぢから」は、打った後攻撃力が下がってしまい、ギリギリダイマカビゴンに一歩及ばずです。 根性ローブシン よくカビゴン対策と言われるポケモンです。 しかし、根性の発動に1ターン要するので、その間に「あくび」を入れられて、次のターンに「まもる」なんてされたら、ただの起点になってしまいます。 よって、すべてのカビゴンに有効だとは言いにくいです。 上から眠らす カビゴンは足が遅いので、そこを逆手にとって逆に眠らせて起点にしてやろうという作戦です。 不眠ヨルノズク 催眠術は命中が不安定なので、万が一外れてもあくびで眠らない不眠をもったヨルノズクが強いのでは?と考えました。 しかし、あまりにもカビゴン対策に特化しすぎて他のポケモンに出しにくいのが難点です。 ふくがんバタフリー 命中が安定していて、他のポケモンにも出しやすいといえば、この型。 技構成は「ねむりごな」「みがわり」「ちょうのまい」「ぼうふう」の食べ残し持ちです。 古代の型ですが、素早さがバタフリー(70族)より遅い相手には有効です。 また、 選出の段階で相手にバタフリー対策として、草タイプのポケモンや、「ラムのみ」持ちのポケモンを誘導できるので、相手の選出を絞れるという点では、強く使えると思います。 しかし、古代の型なので、既に対策されているパーティや戦い方を知っている方がほとんどなので、使いにくそうではあります。 ちょうはつで何もさせない カビゴンは変化技を使う型がほとんどなので、「ちょうはつ」を入れてしまえば、機能停止させることができ、さらに起点にできる可能性もあります。 しかし、ちょうはつを覚える有名な型だと、読まれる可能性が高いので、「ちょうはつ」を使うポケモンの条件として、以下の3点が重要です。 ミミッキュやドリュウズなどにも強い• カビゴン以外にも汎用的に使える 上記2点の強みがあります。 実際に私はランクマッチでニャヒートを使って、シーズン4最高3桁まで行けました! まあ、最終は5桁まで落ちたんですけどね…。 とにかく、 第一線で戦えるだけの実力があります。 詳しい育成論や使い方などは、説明すると長くなってしまいますので、型を紹介している記事のリンクを貼っておきます。 興味が湧いた型はぜひ、読んでみてください! まとめ 長くなってしまいましたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございます。 当記事では、カビゴンの型とその対策について書いてきました。 カビゴンは自分で使ってても、強さを感じるかなり強いポケモンです。 何らかの対策をして、ランクマを勝ち抜きましょう。 では、よいポケモンライフを!.

次の

【ソードシールド】豊富な型と高耐久を持ったポケモン!カビゴンの対策【ポケモン剣盾】

カビゴン リサイクル型

耐久力が高い• 環境に多いゴーストタイプに強い• 型が豊富で読みにくい• 雑に使っても強い• 耐性が優秀 カビゴンはHPの種族値が、ガラルで使えるポケモン中、ソーナンス、ホエルオーに次いで3番目に高く、攻撃、特防共に110ありとても優秀です。 また、努力値を防御に振れば、HPの高さと相まって、物理でも特殊でもどちらでも受けることができます。 さらに、耐性の優秀さから、 環境トップに君臨するミミッキュ、ドラパルト、ラプラスなどに強いのも強さの秘訣です。 カビゴンが一番厄介なのは、その型の多さです。 型を読み間違えて行動すると、負けにつながってしまうこともあるため、型が多いというのはそれだけで強いです。 カビゴンの型 では、ここからは、環境にいる主なカビゴンの型を簡単に紹介します。 性格補正が何もない場合には特に表記しません。 ダイマックスしている場合にはポケモンの名前の前にGを表記します。 性格はほとんどが「わんぱく」であることが多いです。 努力値を防御に振り切ることで総合的な耐久力を上げています。 技構成はのしかかりの代わりに、からげんきを採用している型もいます。 また、 あくびを採用している型が一定数いるので、注意が必要です。 広い技範囲をもっていて、人によって採用する技に個性がでます。 カビゴンが使える技のタイプは上記の他に、草、電気、氷、岩、地面、格闘、エスパー、毒と豊富すぎる技を使えます。 この型のカビゴンはあくびなどの変化技を持っていないので、その点は安心できますが、見くびっていると痛い目にあいます。 相手をカビゴン一匹で積ませることもできる恐ろしい型で、 環境に割と多いです。 対策をしないと、まともに戦うのは無理に等しいです。 また、有利な相手にはのしかかりなどで攻撃していきます。 この型の最大の特徴は、まもるを持っていることで、あくび、たべのこしとの相性が抜群です。 努力値は基本的には耐久力を上げるように振り分けますが、素早さに少し振ることで、上からあくびを打てる相手を増やすように調整した型もいます。 さらに、 サイクル戦でも使いやすいことから、比較的採用率が高く、環境にいるカビゴンの中でも、この型が結構多い印象です。 「じわれ」を持った型も多いので注意が必要です。 カビゴン対策案 カビゴンのキョダイマックスが解禁されたときは、はらだいこ型が多かったのですが、最近はのろい型が増え、ランクマ上位陣の影響もあって、まもる入りのカビゴンもとても多いです。 型が多くて対策しずらいですが、基本的に変化技を打つカビゴンが多いため、そこに焦点を当てました。 よって、私の考えたカビゴン対策案は以下の通りです。 火力で押し切る のろいや、はらだいこなど、積まれると手をつけられない状態になってしまうので、その前に倒すという方法です。 ハチマキヒヒダルマ 特性:ごりむちゅうでハチマキを持たせれば、簡単に倒すことができます。 6~134. しかし、 相手がダイマックスしてしまうと、上記のように防御に全振りしたカビゴンは倒せません。 「ばかぢから」は、打った後攻撃力が下がってしまい、ギリギリダイマカビゴンに一歩及ばずです。 根性ローブシン よくカビゴン対策と言われるポケモンです。 しかし、根性の発動に1ターン要するので、その間に「あくび」を入れられて、次のターンに「まもる」なんてされたら、ただの起点になってしまいます。 よって、すべてのカビゴンに有効だとは言いにくいです。 上から眠らす カビゴンは足が遅いので、そこを逆手にとって逆に眠らせて起点にしてやろうという作戦です。 不眠ヨルノズク 催眠術は命中が不安定なので、万が一外れてもあくびで眠らない不眠をもったヨルノズクが強いのでは?と考えました。 しかし、あまりにもカビゴン対策に特化しすぎて他のポケモンに出しにくいのが難点です。 ふくがんバタフリー 命中が安定していて、他のポケモンにも出しやすいといえば、この型。 技構成は「ねむりごな」「みがわり」「ちょうのまい」「ぼうふう」の食べ残し持ちです。 古代の型ですが、素早さがバタフリー(70族)より遅い相手には有効です。 また、 選出の段階で相手にバタフリー対策として、草タイプのポケモンや、「ラムのみ」持ちのポケモンを誘導できるので、相手の選出を絞れるという点では、強く使えると思います。 しかし、古代の型なので、既に対策されているパーティや戦い方を知っている方がほとんどなので、使いにくそうではあります。 ちょうはつで何もさせない カビゴンは変化技を使う型がほとんどなので、「ちょうはつ」を入れてしまえば、機能停止させることができ、さらに起点にできる可能性もあります。 しかし、ちょうはつを覚える有名な型だと、読まれる可能性が高いので、「ちょうはつ」を使うポケモンの条件として、以下の3点が重要です。 ミミッキュやドリュウズなどにも強い• カビゴン以外にも汎用的に使える 上記2点の強みがあります。 実際に私はランクマッチでニャヒートを使って、シーズン4最高3桁まで行けました! まあ、最終は5桁まで落ちたんですけどね…。 とにかく、 第一線で戦えるだけの実力があります。 詳しい育成論や使い方などは、説明すると長くなってしまいますので、型を紹介している記事のリンクを貼っておきます。 興味が湧いた型はぜひ、読んでみてください! まとめ 長くなってしまいましたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございます。 当記事では、カビゴンの型とその対策について書いてきました。 カビゴンは自分で使ってても、強さを感じるかなり強いポケモンです。 何らかの対策をして、ランクマを勝ち抜きましょう。 では、よいポケモンライフを!.

次の

【剣盾S3使用構築】尻尾すり替え+トリル展開鈍いカビゴン【最終13位】

カビゴン リサイクル型

はじめに 「ぽけっとふぁんくしょん!」の影響すごいですね!今までほとんど訪れる人がいないブログですが、インターネット大会「シンプルシンフォニー」のパーティ紹介の記事を挙げたとたん、ブログを開始してから最も多い来訪者を記録しました! というわけで、今回もの人気にあやかろうという下心が見え見えですが... 現環境の自分が育成済みのの型紹介をしていこうと思います! まずはの能力値からどうぞ。 の基本データ 特性:めんえき、、くいしんぼう() HP:160 攻撃:110 防御:65 特攻:65 特防:110 素早:30 初代からいるノーマルタイプので高めの攻撃を持ち、攻撃範囲も広めです。 物理耐久は過信できないものの、驚異的な特殊耐久があります。 のろい+リサイクルで積むもよし、トリル要員+はらだいこで圧倒的な火力で上から殴り相手パーティを壊滅させるもよし、じわれ、カウンター、じばくで相手の意表を突くもよし、どくどく、あくび、ふくとばしなどで場を整えるもよし... しかし、火力に振っていないおんがえしではのいかくなしでもみがわりを割れないため、個人的には火力の高いをつかうことが多いです。 また、相手からのダメージ+反動で木の実による回復を誘発することが出来る点もポイントが高いです。 おんがえし 安定の主力技でタイプ一致の火力は最大153。 くいしんぼうの特性でない場合は、こちらを使うことが多いです。 のしかかり 威力は下がりますが、麻痺を撒きつつダメージを与えることができます。 素の火力はタイプ一致で105と低めですが、状態異常では210となり、の180を大きく上回ります。 じしん・10まんばりき 鋼や岩タイプに対して有効なサブウェポン。 ゲンガーや相手によく打ちます。 対策やでは10まんばりきが採用されることもあります。 対ゴーストタイプに打ちます。 Yや対策に使用。 ほのおのパンチ 、相手の場合、これが無いときついです。 れいとうパンチ 、、、対策に使用。 ヘビーボンバー 皮の破れたやを一撃で屠ります。 じわれ 打つ側も打たれる側もヒヤヒヤする一撃必殺技。 私のカビちゃんは文字通り一撃で沈むことが多いです... たわわなボディを弾ませてかわせ!カビちゃん 泣 カウンター やの意表をつけます。 ヨプのみを持たせておくと、格闘タイプに対しても役割を持つことができます。 じばく ノーマルZで一体持って行ったあとに、じばくしてうまくいけば2体の相手を瀕死に追い込むこともできます。 どくどく ポリゴン2やなどの耐久崩しに使用。 自分が特性めんえきで相手がどくどくを打ってきた場合、アドを取ることもできます。 あくび・ふきとばし ステロ要因と組み合わせることで相手の場を荒らすことができます。 最後の相手の駒に身代わり持ちを残してしまったり、ちょうはつ持ちにはきつい状況を強いられるため、立ち回りには工夫が必要です。 リサイクル 特性くいしんぼうと第7世代からフィラのみなどの効果が変更されたことで大幅にカビちゃんが強化されました。 木の実をリサイクルすることで疑似が可能となります。 はたきおとすに注意! 型紹介 それでは、さっそく私が育成した愛するカビちゃんたちを紹介したいと思います。 他のブログのを参考にしている子もいるため、の記載は控えさせていただきます。 のろい・くいしんぼう型 特性:くいしんぼう 持ち物:半分回復きのみ いじっぱり Habd おんがえし or じしん リサイクル のろい 第7世代になって一般的になったの型。 個人的には積まなくてもそこそこの火力が出せ、反動ダメージできのみ回復圏内にHPを調節できるがおすすめ! 積む前にや、が対面したり、どくどくややけどには注意が必要。 また、回復圏内に入らない程度までHPを調節されてZわざが飛んでくることがあります。 と組んで状態異常を防いだり、でZ技を透かすなどの対策をしましょう! 基本的にや、の対処は困難で、はたきおとす持ちのやも苦手です。 しかし、対策を怠っているパーティ相手の場合、カビちゃん一体で3タテできるポテンシャルがあります。 はらだいこ型 特性:くいしんぼう 持ち物:半分回復きのみ いじっぱり or わんぱく habds(すばやさ35族無振り抜きまで調節) おんがえし はらだいこ リサイクル ほのおのパンチ or じしん USUMシーズン14で使用中の型です。 のろい+くいしんぼうの型と比べると安定感は落ちますが、驚異的な火力には目を見張るものがあります。 じしん採用ではやに透かされてしまうため、個人的にはほのおのパンチがおすすめです。 相手でもA+6状態であればおんがえしの火力でも十分仕事をしてくれます。 このカビちゃんで個人的に恨みの強いドヒドイテや、、ラッキーなどが入っている害悪パーティを屠れたときは最高に気持ちよかったです。 ハサミギロチンや、じわれを一発で引いてしまった場合はまだまだ私のカビちゃん愛が足らなかったのだと素直に諦めています。 立ち回りとしては自分のの不利対面のクッションとして投げるもよし、やと組んでトリルエースとして活躍させることもできます。 どくどくややけどが飛んできても気にせず、おなかをぽんぽんさせて突っ張ります。 ノーマルZ・じばく型 特性:めんえき or 持ち物:ノーマルZ いじっぱり hAbds じばく ほのおのパンチ じしん あくび or のろい 某ブログで有名になった型。 基本は先発で投げてZ技で先発の相手を倒しつつ、可能であれば後発の相手にもじしんを打っていき、うまくいけば2:1交換のアドを取ることできます。 あくびの場合は対面操作を行うことが出来、のろいであれば高耐久相手に大打撃を与えることが出来ます。 のろいを採用する場合、場持ちをよくするためにめんえきを、あくびの場合、メザードンYやに強いが良いでしょう。 先発の場合、ノーマルZを読んでか、やゲンガーに交代して透かされてしまうこともあります。 2体目に出すとバレずに決まることが多いです。 回復技を持ち合わせていなければ物理耐久特化のをノーマルZとじばくで落とすこともできます。 あくび型 特性:めんえき 持ち物:たべのこし わんぱく hBd おんがえし あくび まもる じしん 特性:くいしんぼう 持ち物:半分回復きのみ わんぱく Hbd ヘビーボンバー ふきとばし あくび リサイクル 特性:くいしんぼう 持ち物:半分回復きのみ いじっぱり habd じしん あくび リサイクル 型が似てるためまとめて紹介。 上の型はステロ要員と合わせてあくび連打をしスリップダメージを与えつつ、 自分は食べ残しでちゃっかり回復する立ち回りができます。 まもるを採用することでやZ技を透かしたり、あくびに対してとんぼがえりやで逃げようとする相手を強制的に眠らせることができます。 ステロ要員と組まなくても単体でも十分仕事をしてくれます。 真ん中の型は完全にステロ要員と組み合わせる型です。 あくびでスリップダメージを稼ぎ、みがわりでかわし、強引に積んでこようとする相手をふきとばしで流します。 ちょうはつ持ちには役割をあまり持つことが出来ず、ワンウェポンで火力にも振っていないため、単体で相手に圧力をかけにくい点が玉に瑕です。 下の型はのろい・くいしんぼう型の亜種です。 が皮を盾に強引に積んで、Z技で一撃で落としにきたり、こちらの火力を侮って積んでくる相手にあくびから入ることでけん制します。 無理やり突破してきた相手には控えのこちらのエースで眠った相手を起点にし、交代する場合は、あくび連打または攻撃して後続の情報収集または、圧力をかけます。 めんえき・カウンター型 特性:めんえき 持ち物:半分回復きのみ しんちょう HaBd カウンター どくどく じしん シーズン13で1位を獲得した人の型です。 無断で紹介しているため、何か不都合がある場合は消させて頂きます。 カウンターを使用することでとんぼがえりから入ってくるに対して後続に負荷をかけたり、を返り討ちにすることができます。 また、特性がめんえきなので高耐久の相手に安心してどくどくを打つことができます。 回復技はありませんが、半分回復きのみを持たせることでの反動ダメージを利用したり、相手の攻撃に合わせて交代受けすることで回復を試みることができます。 型 特性: 持ち物: いじっぱり hAB おんがえし じしん ほのおのパンチ or れいとうパンチ or ヘビーボンバー は技の範囲が豊富ですが、のろいやあくび、リサイクルなどで枠を圧迫してしまい、サブウェポンを多く採用することができません。 この型は、回復手段を削る代わりに高耐久を活かしつつ、優れた攻撃力と技範囲で相手に圧力をかけることができます。 元々有利対面なカプ系やなどの高速アタッカーにはより強く、やなど本来あまり得意としない相手にも役割を持つことができます。 しかし、回復技を持っていないため過信は禁物です。 トリル要員と組むことで高耐久を活かしつつ、上から相手も殴り、場を制圧することもできます。 最後に 普段書く記事より大変長文になってしまいました 笑。 お付き合い頂けた方はありがとうございます。 お疲れさまでした。 10体以上カビちゃんを育成しているため、細かく分けると他の型もあるですがこれぐらいにしたいと思います。 これからも気分転換も兼ねて気まぐれにの記事も書いていこうと思いますので興味がある方はぜひ読んでみてください。

次の