新型 コロナ ウイルス 感染 者 数 世界。 新型コロナウイルス感染症に関する報道発表資料(発生状況、国内の患者発生、海外の状況、その他)|厚生労働省

新型コロナウイルス グラフで見る世界各国の感染者数 (1月19日~8月12日)

新型 コロナ ウイルス 感染 者 数 世界

写真=iStock. だが、それでもなお深刻な感染状況が続き、医療が対応しきれないこともあって各国で死者が増えている。 1月に中国・武漢ではじまった新型コロナの感染拡大は、その後、韓国、イラン、イタリアなどと広がり、また、さらに欧州各国や米国などを中心に全世界に拡大してきている。 この4カ月余りを過ぎた時点で、地域によって感染拡大のテンポや規模がどのように違っているかを、世界各国と日本の国内で振り返ってみたい。 感染拡大を表すデータとしては、「累積の感染者数の推移」を折れ線グラフで表すことが多かった。 その後、感染拡大のピークを過ぎたかどうかに焦点が移り、「毎日の新規感染者数の推移」の棒グラフをみる機会が増えている。 本稿では、地域間の比較に重点をおいて、「累積の感染者数の推移」の折れ線グラフ、しかも「対数」でのグラフを使用する。 対数グラフは、データの大きさが大きく異なる系列の比較に適しており、また指数関数的な拡大のテンポを傾きで表現できることから、欧米メディアでは定番になっている。 また欧米メディアでは、グラフの時間軸の起点を「累積感染者数が100人を超えた時点」とするのが通例だ。 これは、感染拡大の時期が大きくずれている中国とイタリア、英国などを比較するうえで適切だからである。 Y軸(縦軸)の目盛りが100人、1000人、10000人と10倍ずつ増えていくのが対数グラフの特徴だ。 米国と日本では感染者数の規模は大きく異なっている。 グラフの最終日である5月4日時点で米国が118万人に対して日本は1万5000人と100倍違う。 普通のグラフでは米国の推移は追えても、日本の推移はX軸(横軸)に張り付いた横ばいの線にしか見えないだろう。 対数グラフの場合、軌跡線の傾きが直線の場合は、指数関数的な増加、すなわち、ねずみ算式の倍々ゲームで増えていることを示している。 図表中に、参照線として「黒の点線」で、累積感染者数が「1日目100人から始まって、2〜3日に2倍のペースで増え、25日目からは1カ月に2倍のペースで増えるようにペースダウンした場合」の軌跡線を描いた。 この参照線より傾きが急であるなら拡大テンポもより高いことを示し、より緩やかなら拡大テンポもより低いことを示す。 こう理解した上で各国の軌跡を追うと、欧米諸国(米国、スペイン、イタリア、ドイツ、フランスなど)では感染拡大と収束へ向かう右方向に折れ曲がる動きが相互に非常に似ており、参照線に近い形で推移していることが分かる。 もちろん、米国は人口規模が3億3000万人と6000万〜8000万人の欧州諸国の数倍大きいので感染者数の規模も異なっているが、拡大テンポと収束へ向かう横ばい化傾向はよく似ているのである。 感染の発生地である中国、そして次に感染が拡大した韓国は、感染100人を超えてからの経過日数別の推移でみると、当初はほぼ欧米諸国と同様の拡大テンポが続いたが、欧米諸国よりかなり早い段階で横ばいに転じている点が目立っている。 中国の人口規模は特段に大きいので人口当たりの感染者数の推移で見れば、感染拡大と収束へ向かうパターンについては中国と韓国は見かけよりもっと似ているということになろう。 一方、これらの海外諸国の推移と全く違うパターンで進んでいるのが日本である。 日本の感染拡大のペースは、これまでのところ、他国のように当初急速に拡大(いわゆるオーバーシュート)、そして一定の日数を経て、伸びが急速に落ちるといったパターンでなく、一貫して、「9日間に2倍ぐらいのテンポ」(図表1のグレーの点線)で増加している。 他国のドラスチックな変化とは明確に異なっているのである。 こちらでは感染拡大の起点を累積死者数が10人に達してからの経過日数にしている。 グラフを見れば、感染者数の推移グラフと似たようなパターンが認められるが、各国のばらつきはより大きいことが分かる。 例えば、ドイツは、感染者数は他の欧米諸国とほとんど同じパターンだが、死亡者数はかなり早い段階で拡大テンポが落ち、他の欧米諸国より良好なパターンを示している。 理由としては、感染拡大の地域的な偏りの小ささ、ベッド数など医療体制の充実、PCR検査の充実により感染者が高齢者に偏っていない点などが指摘される(『The Ecomist』March 28th 2020)。 韓国なども早い段階で増加ペースが落ち、ある時点から日本を下回る良好な推移を示している。 日本は死亡者数自体の規模は大きく他国を下回っているものの、推移パターンはかなり日数が経過しているのに、他国のように収束へ向かう横ばい化への転換がなかなか認められない点が懸念される。 感染者数の推移にせよ、死亡者数の推移にせよ、日本の感染拡大のパターンが諸外国と大きく異なっていることは、この2つのグラフから明らかだ。 問題は、その理由である。 考えられるのは、以下の要因、あるいはその組み合わせであろう。 もっとも対策の差が、感染拡大パターンの差につながっているのではなく、逆に、感染拡大パターンの差が対策の差につながっているという考え方もありうる。 体質的な差ではなく、日本には、ハグやキスなど個々人が身体を密着させる習慣がない、風呂によく漬かる、家の中では靴を脱ぐといった独自の生活習慣があるため、感染拡大に差が生じたという可能性もあろう。 一方、これに代わって国内で確認されるようになったウイルスは、武漢市で確認されたウイルスよりも、欧州各国で感染を広げたウイルスの遺伝子に特徴が近く、3月以降、欧州など海外からの旅行者や帰国者を通じて全国各地に広がった可能性があるという。 まず、都道府県別の感染状況のランキングを感染者数自体と人口10万人当たりの人数とで16位まで掲げたグラフを図表3に掲げた(いずれも5月4日確定分までの累計、以下同)。 感染者数そのものについては、1位の東京が4708人と2位の大阪の1674人の2倍以上となっている。 東京、大阪といった大都市圏の中心地域で特別に感染率が高くなっている。 3位以下、10位までの上位地域としては、北海道を除くと東西の大都市圏の近郊地域や愛知、福岡といった中枢都市が占めており、概して都市部の感染がウエートとして大きいといえる。 ところが、人口当たりの感染者数(感染率)の都道府県ランキングは実数規模のランキングとはかなり様相を異にしている。 1位は34. 3の東京であるが、2位の石川も23. 5人、3位の富山も19. 7人で高い値を示している。 今は6位の福井は一時期1位だったこともある。 首都圏近郊の神奈川、埼玉は、実数規模では3〜4位と大きいが、感染率のランキングについてはずっと低くなる。 神奈川は11位であるし、埼玉は13位である。 感染率は両県の場合、全国平均と同水準である。 そして、飲み会、ライブ、高齢者施設、医療機関などを通じた特定の感染集団によるクラスター感染が偶発的に発生し、それが連鎖的にある程度の広がりをもった特定感染地域ともいうべき都道府県がむしろ上位を占めているのである。 しかし、石川、福井、富山といった北陸3県が人口当たりでそろって上位なのはなぜだろうか。 偶発的にしては地域的なまとまりがあるのが気になるところである。 前出の各国の動きを表した対数グラフと同じように、主要都道府県別に感染拡大経過日数別の対数グラフを描いてみると感染拡大傾向の地域別の違いが明らかになる。 東京は他地域と比べ、感染拡大の規模とテンポが群を抜いていることがわかる。 埼玉、神奈川などの東京圏の近郊県も100人超過後15日ぐらいは、東京とほぼ同様の軌跡を描いていたが、それ以降は、やや横ばい方向に転じており、大きな都心部を抱える東京とはその点が異なっている。 実は福岡はこうした東京近郊県と同様のパターンをたどっている。 これら地域に対して、大阪、兵庫、京都といった大阪圏の府県は拡大のテンポが一段低くなっていることがわかる。 名古屋圏の愛知、あるいは北海道は拡大ペースではさらにゆるやかである。 ただし、北海道については、ゆるやかだったと過去形で言わなければならない。 最近の北海道は再度拡大テンポが上がっており、第二波に襲われているという印象が強い。 東京・大阪以外では、クラスター連鎖の勃発による急拡大と、その後、それを強力に抑えて収束へと向かう、という動きが認められるが、大きな都心部を抱える東京や大阪では、都心部特有の感染拡大要因が作用して、どう抑えたらよいかわからないような感染拡大の軌跡を描いているのではないかと思われる。 都内でも感染拡大が大きく進んでいるのは、銀座、新宿、赤坂、六本木といったわが国の代表的な繁華街を有する「都心地区」(中央区、港区、新宿など)、および富裕層も多い住宅地域である「西部地区」(世田谷区・渋谷区など)であり、この2地区が感染者数規模においても、また感染拡大のテンポにおいても他地区を圧倒している。 他方、感染拡大のテンポが緩やかなのは、「下町地区」と「東部地区」であり、累積感染者数100人以上の本格的感染拡大がはじまる時期も遅かったし、その後の拡大規模も比較的小さい。 こうした「都心・山の手方面」と「下町方面」との間の地域的な傾向差からも、偶発的なクラスター感染の連鎖とは異なる上述のような都心部特有の構造的な感染拡大の要因が作用しているはずだと感じられる。 ともあれ、都道府県別に見ても都内の地区別に見ても、エリアによって感染者数の偏りはあるものの、全体として数の「横ばい化」は認められず、日本国内において予断を許さないことは確かだ。 ---------- 本川 裕(ほんかわ・ゆたか) 統計探偵/統計データ分析家 1951年神奈川県生まれ。 東京大学農学部農業経済学科、同大学院出身。 財団法人国民経済研究協会常務理事研究部長を経て、アルファ社会科学株式会社主席研究員。 「社会実情データ図録」サイト主宰。 シンクタンクで多くの分野の調査研究に従事。 現在は、インターネット・サイトを運営しながら、地域調査等に従事。 ---------- (統計探偵/統計データ分析家 本川 裕) 外部サイト.

次の

新型コロナ感染者・死者の「増加ペース」世界中で日本だけ落ちず

新型 コロナ ウイルス 感染 者 数 世界

【新型 コロナウイルス関連記事】• 2020. 21更新:• 2020. 16更新:• 2020. 1 更新:• 2020. 19配信:• 2020. 28配信:• 2020. 6 配信:• 2020. 31配信:• 2020. 2 配信:• 2020. 28配信:• 2020. 18更新:• 2020. 28配信: 1. 5 3. 2 ブラジル 3,164,785 104,201 15143 498. 6 3. 3 インド 2,396,637 47,033 1981 38. 9 2. 0 ロシア 900,745 15,231 6169 104. 3 2. 6 南アフリカ 568,919 11,010 9846 190. 6 1. 9 メキシコ 498,380 54,666 3949 433. 2 11. 0 ペルー 489,680 21,501 15307 672. 1 4. 4 チリ 378,168 10,205 20190 544. 8 2. 7 コロンビア 422,519 13,837 8623 282. 4 3. 3 イラン 333,699 18,988 4030 229 5. 7 中国 89,045 4,697 62 3. 3 5. 3 韓国 14,714 305 287 6. 0 2. 1 日本(クルーズ船を除く) 51,147 1,063 406 8. 4 2. 1 クルーズ船 712 13 - 1. 8 その他 6,114,549 280,596 - 4. 6 総数 20,620,847 749,372 - 3. 6 (2020年8月13日更新、参考:, , , ) *日本の感染者数および死亡数は自治体公表資料集計分(厚生労働省HPより) 感染者数、死亡数、死亡割合の推移 日本国内の感染者数、死亡数 2. コロナウイルスとは? の原因として有名な ウイルスで、感染しても軽いで済むことがほとんどです。 一方で、過去にとという重篤な 感染症を過去に引き起こしたことがあります。 詳しくはこちらのを参考にしてください。 想定されている感染経路 ヒトヒト感染の中でも、 飛沫感染が想定されています。 これはを筆頭に一般的なと同じ感染経路です。 一方で、飛沫感染する病原体は 接触感染もするので手洗いは欠かせません。 【飛沫感染】• 咳やくしゃみをしたときに、口や鼻から飛び出す細かい水滴を介して感染する• 空気感染と異なり、2m以上病原体が飛ぶことはほとんどない 【接触感染】• 皮膚や粘膜、病原体に汚染された環境を介して感染する• 新型コロナウイルスが手に付着した状態で目や口を触ると感染が成立しうる 4. 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、2019-nCoV)の感染力 「一人が周囲の何人に感染を広げるかを数値化したもの」に基本再生産数(R 0:アールノート)というものがあります。 暫定値ではありますが、では新型コロナウイルスのR 0は2. 2と報告されています。 これは 季節性のとほぼ同等で、より低い数字となっています。 ただし、今後のデータ解析によってこの数字は更に変わってきます。 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、2019-nCoV)の致死率 まだ疾患が見つかってから時間があまり経っていないため、数字は暫定値となります。 この数字は決して小さくないながら、過去の(致死率:9. ワクチン 今のところワクチンは存在しませんが、世界的流行の背景を踏まえて世界各国でワクチン開発の動きが見られています。 すでに新型コロナウイルスの分離に成功しており、空前のスピードで製造がなされる可能性があります。 治療方法 ウイルスを攻撃するような薬はありませんが、症状が非常に強い人にはその状態から回復させるような治療(支持療法)を行い救命します。 抗 HIV薬や抗薬、はたまたの吸入 ステロイド薬が有効であったという報告はあるため、この事実を踏まえて実証段階に入ろうとしています。 有効な予防方法 一般的なと全く同じで、 何よりも手洗いです。 マスクに関しては、非常に小さな微生物であるウイルスから完全に身体を守るのには十分ではないため、こだわりすぎる必要はありません。 ただし、咳や痰の症状がある人は周囲にうつさないようにマスク着用(咳エチケット)を心がけてください。 「体調が悪い人と不必要に接触しないこと」や「自分の体調が悪いときには自宅にいること」も忘れないようにしてください。 流行期には人と人との距離を適切に保ち接触を最小限にする方策がとられます。 これをソーシャル・ディスタンシング(Social Distancing)といい、感染症罹患者を極力増やさない狙いから、現在の日本でも推奨されています。 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、2019-nCoV)について知っておくと良いこと 感染者の多くは重症にならない このウイルスに感染したら致命的というわけではありません。 多くの人(およそ8割程度)は軽症で済むようで、中には無症状の人もいます。 現在の日本国内の流行状況は限定的ではあるが重大局面を迎えている 国内で判明している感染者は2月中旬までは湖北省に関連する人が中心でしたが、現在は一部に二次感染者、三次感染者が見られています。 ですが、大流行せずになんとか感染コントロールができている状態です。 今の流行状況であれば、疑わしい症状(発熱、咳、呼吸困難、筋肉痛など)が出ても、新型コロナウイルスによるものというよりは単なるによるものの可能性のほうがはるかに高いです。 特殊な理由がない限り、 濃厚接触者や感染者の多い国に関連した人以外はPCR検査を受ける必要性は低いです。 (検査のキャパシティの問題や検査の精度の問題がありますが、詳しくはを参考にしてください)とはいえ、今後二次感染者(既感染者からうつされた人)や三次感染者(二次感染者からうつされたひと)が増えてきた場合には検査を受けるべき人も変わってきますので、最新流行状況には注意が必要です。 ロックダウン(都市封鎖)について 3月25日の小池都知事の会見において「ロックダウン」という言葉が用いられました。 ロックダウンとは日本語で都市封鎖のことで、感染症流行の程度によってやむなく外出等の制限を要請するものです。 これによって人と人との接触を最小限にして感染症の爆発的流行を阻止する狙いです。 法律的な罰則が付随するわけではないですし、交通機関などのインフラをストップさせるわけではないので、市民の生活が著しく阻害されるものではないのですが、感染症阻止のために強く要請されるものです。 もちろん食料などの物資が途絶えることはありませんので、買い溜めをする必要はありませんし、パニックにならずに落ち着いた行動をするようにしてください。 過度に恐れずに手洗いを徹底することが流行を阻止する最大のキー 一部にクラスターが見られてはいるものの少なくとも流行している状態ではないうえに、重症になりやすい人もある程度背景が見えているので、みなさんは あまりパニックにならずにやれること(手洗いの徹底と有症状者の咳エチケット)を行うようにしてください。 この心がけ一つで、自分だけでなく周囲の人(特に重症になりやすい人)に感染をうつさないようにすることができます。 今後の状況によって、もちろん対応は変わってきますので、その都度このコラムの内容をアップデートしていきます。 あまり不安に駆り立てられすぎないようにしつつ、みんなで流行を阻止する世の中にしていきましょう。 【参考】役立てて欲しいツール:「」 また、症状を入力すると考えられる病気について教えてくれる「」というツールがあります。 病気が心配な方は病気の知識を深めるのに役立ててください。

次の

新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(7日午後8時時点) 死者71.5万人に 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

新型 コロナ ウイルス 感染 者 数 世界

【新型 コロナウイルス関連記事】• 2020. 21更新:• 2020. 16更新:• 2020. 1 更新:• 2020. 19配信:• 2020. 28配信:• 2020. 6 配信:• 2020. 31配信:• 2020. 2 配信:• 2020. 28配信:• 2020. 18更新:• 2020. 28配信: 1. 5 3. 2 ブラジル 3,164,785 104,201 15143 498. 6 3. 3 インド 2,396,637 47,033 1981 38. 9 2. 0 ロシア 900,745 15,231 6169 104. 3 2. 6 南アフリカ 568,919 11,010 9846 190. 6 1. 9 メキシコ 498,380 54,666 3949 433. 2 11. 0 ペルー 489,680 21,501 15307 672. 1 4. 4 チリ 378,168 10,205 20190 544. 8 2. 7 コロンビア 422,519 13,837 8623 282. 4 3. 3 イラン 333,699 18,988 4030 229 5. 7 中国 89,045 4,697 62 3. 3 5. 3 韓国 14,714 305 287 6. 0 2. 1 日本(クルーズ船を除く) 51,147 1,063 406 8. 4 2. 1 クルーズ船 712 13 - 1. 8 その他 6,114,549 280,596 - 4. 6 総数 20,620,847 749,372 - 3. 6 (2020年8月13日更新、参考:, , , ) *日本の感染者数および死亡数は自治体公表資料集計分(厚生労働省HPより) 感染者数、死亡数、死亡割合の推移 日本国内の感染者数、死亡数 2. コロナウイルスとは? の原因として有名な ウイルスで、感染しても軽いで済むことがほとんどです。 一方で、過去にとという重篤な 感染症を過去に引き起こしたことがあります。 詳しくはこちらのを参考にしてください。 想定されている感染経路 ヒトヒト感染の中でも、 飛沫感染が想定されています。 これはを筆頭に一般的なと同じ感染経路です。 一方で、飛沫感染する病原体は 接触感染もするので手洗いは欠かせません。 【飛沫感染】• 咳やくしゃみをしたときに、口や鼻から飛び出す細かい水滴を介して感染する• 空気感染と異なり、2m以上病原体が飛ぶことはほとんどない 【接触感染】• 皮膚や粘膜、病原体に汚染された環境を介して感染する• 新型コロナウイルスが手に付着した状態で目や口を触ると感染が成立しうる 4. 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、2019-nCoV)の感染力 「一人が周囲の何人に感染を広げるかを数値化したもの」に基本再生産数(R 0:アールノート)というものがあります。 暫定値ではありますが、では新型コロナウイルスのR 0は2. 2と報告されています。 これは 季節性のとほぼ同等で、より低い数字となっています。 ただし、今後のデータ解析によってこの数字は更に変わってきます。 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、2019-nCoV)の致死率 まだ疾患が見つかってから時間があまり経っていないため、数字は暫定値となります。 この数字は決して小さくないながら、過去の(致死率:9. ワクチン 今のところワクチンは存在しませんが、世界的流行の背景を踏まえて世界各国でワクチン開発の動きが見られています。 すでに新型コロナウイルスの分離に成功しており、空前のスピードで製造がなされる可能性があります。 治療方法 ウイルスを攻撃するような薬はありませんが、症状が非常に強い人にはその状態から回復させるような治療(支持療法)を行い救命します。 抗 HIV薬や抗薬、はたまたの吸入 ステロイド薬が有効であったという報告はあるため、この事実を踏まえて実証段階に入ろうとしています。 有効な予防方法 一般的なと全く同じで、 何よりも手洗いです。 マスクに関しては、非常に小さな微生物であるウイルスから完全に身体を守るのには十分ではないため、こだわりすぎる必要はありません。 ただし、咳や痰の症状がある人は周囲にうつさないようにマスク着用(咳エチケット)を心がけてください。 「体調が悪い人と不必要に接触しないこと」や「自分の体調が悪いときには自宅にいること」も忘れないようにしてください。 流行期には人と人との距離を適切に保ち接触を最小限にする方策がとられます。 これをソーシャル・ディスタンシング(Social Distancing)といい、感染症罹患者を極力増やさない狙いから、現在の日本でも推奨されています。 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、2019-nCoV)について知っておくと良いこと 感染者の多くは重症にならない このウイルスに感染したら致命的というわけではありません。 多くの人(およそ8割程度)は軽症で済むようで、中には無症状の人もいます。 現在の日本国内の流行状況は限定的ではあるが重大局面を迎えている 国内で判明している感染者は2月中旬までは湖北省に関連する人が中心でしたが、現在は一部に二次感染者、三次感染者が見られています。 ですが、大流行せずになんとか感染コントロールができている状態です。 今の流行状況であれば、疑わしい症状(発熱、咳、呼吸困難、筋肉痛など)が出ても、新型コロナウイルスによるものというよりは単なるによるものの可能性のほうがはるかに高いです。 特殊な理由がない限り、 濃厚接触者や感染者の多い国に関連した人以外はPCR検査を受ける必要性は低いです。 (検査のキャパシティの問題や検査の精度の問題がありますが、詳しくはを参考にしてください)とはいえ、今後二次感染者(既感染者からうつされた人)や三次感染者(二次感染者からうつされたひと)が増えてきた場合には検査を受けるべき人も変わってきますので、最新流行状況には注意が必要です。 ロックダウン(都市封鎖)について 3月25日の小池都知事の会見において「ロックダウン」という言葉が用いられました。 ロックダウンとは日本語で都市封鎖のことで、感染症流行の程度によってやむなく外出等の制限を要請するものです。 これによって人と人との接触を最小限にして感染症の爆発的流行を阻止する狙いです。 法律的な罰則が付随するわけではないですし、交通機関などのインフラをストップさせるわけではないので、市民の生活が著しく阻害されるものではないのですが、感染症阻止のために強く要請されるものです。 もちろん食料などの物資が途絶えることはありませんので、買い溜めをする必要はありませんし、パニックにならずに落ち着いた行動をするようにしてください。 過度に恐れずに手洗いを徹底することが流行を阻止する最大のキー 一部にクラスターが見られてはいるものの少なくとも流行している状態ではないうえに、重症になりやすい人もある程度背景が見えているので、みなさんは あまりパニックにならずにやれること(手洗いの徹底と有症状者の咳エチケット)を行うようにしてください。 この心がけ一つで、自分だけでなく周囲の人(特に重症になりやすい人)に感染をうつさないようにすることができます。 今後の状況によって、もちろん対応は変わってきますので、その都度このコラムの内容をアップデートしていきます。 あまり不安に駆り立てられすぎないようにしつつ、みんなで流行を阻止する世の中にしていきましょう。 【参考】役立てて欲しいツール:「」 また、症状を入力すると考えられる病気について教えてくれる「」というツールがあります。 病気が心配な方は病気の知識を深めるのに役立ててください。

次の