白内障 先進 医療 外れる。 2020年4月から先進医療から外れる白内障多焦点レンズ再建術

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術と先進医療除外に関するお知らせ

白内障 先進 医療 外れる

住吉駅直結の為、雨に濡れる心配もありません。 KiLaLaの駐車場と提携しておりますので、受付までお問い合わせ下さい。 当院の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、数多く の症例を執刀しており、豊富な技量と経験が必要な手術も安心してお受けいただけます。 大きな検査、診療、治療を当院で可能にすべく、それぞれの処置に適した機器 - 光干渉断層撮影装置 OCT 、IOLマスター、ハンフリー視野検査装置、波面センサーなどを取り揃え、また手術室にも各種手術に適した器械を備えています。 経験豊富な診断能力と手術技量で、神戸市東灘区・灘区・芦屋市のみなさんの眼の健康維持に貢献したいと思っています。 当院は厚労省が定める先進医療「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の認定施設として認められ、平成26年7月より白内障手術において、多焦点眼内レンズに対応できるようになりました。 この手術により、白内障手術における治療法 見え方 の選択肢が増えることで、よ り患者様のニーズにお応えできればと考えております。 予約電話番号: 076-269-2960 なかしま眼科クリニックでは、小さなお子様からご年配の方まで、患者さま一人ひとりの立場に立ち、わかりやすい丁寧な説明に心がけ、安心して適切な治療を受けられるよう努めさせて頂きます。 ささいな事でもお気軽にご相談ください。 地域のみなさまの目の健康に、そして笑顔に 貢献して参ります。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 【診療内容】 当院は、多焦点眼内レンズによる白内障手術 水晶体再建術 の「先進医療」認定施設です。 白内障日帰り手術、糖尿病網膜症・加齢黄斑変性などの網膜疾患、緑内障、ドライアイ、結膜炎、目もらい、コンタクト、目の健診など眼科診療全般に対応しています。 【施設の特徴】 ・駐車場から院内すべてバリアフリーとなっております。 車イス・ベビーカーの方もご利用いただけます。 車イスの必要な方はお貸ししますので受付にお声かけください。 ・待合室は、手すり付きのイスとなっております。 足腰の弱い方もご利用いただけます。 ・キッズスペースには付き添いの方も一緒にいられるようソファもございます。 ・トイレは車イス、ベビーベッド、オストメイトにも対応しております。 ・手術室は医療用HEPAフィルター搭載のクリーンルームで白内障日帰り手術・網膜硝子体手術・硝子体注射に対応しております。 【アクセス】 ・金沢西ICから車で5分。 国道8号線 テルメ金沢・産業展示館からほど近く、二塚交番前交差点を曲がると道なりでわかりやすいです。 ・白山ICからも車で5分。 海側環状そば、マクドナルド福増町店が目印、野々市市、白山市からも近くの眼科クリニックです。 ・電話やネットからの予約も可能です。 詳しくは公式ホームヘージ「なかしま眼科」でご検索ください。

次の

白内障手術(多焦点眼内レンズ)先進医療から外れる!?|家計や保険の見直し、資産運用の相談はマネぷらFPへ

白内障 先進 医療 外れる

水晶体再建術とは、白内障の治療で行われる手術のことをいいます。 その中の「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」は厚生労働大臣が定める先進医療のひとつでしたが、2020年3月末で先進医療の対象外となりました。 今回は白内障のこの治療方法が先進医療の対象外となったことで、治療費用の負担にどんな影響を与えるのかを確認しましょう。 先進医療に指定された療養は定期的に「先進医療として認められるべきかどうか」見直しが行われます。 医療保険には先進医療にかかる治療費に備えるために、先進医療保障が選択できるものもあります。 先進医療保障つきの医療保険に入っている場合、この定期的な見直しの結果次第で、保障される内容が変わる可能性もあります。 医療保険の先進医療保障とは、先進医療を受けた場合に、自己負担した技術料と同額が保障され、通算いくらまでと保障に上限額が設定されているものが多いようです。 定期的な見直しの結果、これまで先進医療の対象だった療養が先進医療から外れると、この保障では、保障されないことになります。 一方で、一般的に医療保険は、病気やケガの治療で入院・手術をした場合に給付金を受け取れる保障もあります。 原因として最も多いのは加齢とされていますが、アトピー性皮膚炎や糖尿病の合併症、目の外傷によるものなど多岐に渡るため、高齢の方だけでなく若年層にも発症することもあります。 白内障の治療法は、手術が主となっています。 濁ってしまった水晶体を取り除き、眼内レンズという人工の水晶体を入れる、水晶体再建術という方法で行います。 この眼内レンズには2つの種類があります。 1つは単焦点眼内レンズ、もう1つは多焦点眼内レンズです。 2つのうち前者の単焦点眼内レンズを用いた手術は健康保険が適用されるため、自己負担額は最大3割です。 後者の多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術については、長らく厚労省の先進医療に指定されていましたが、前述のように2020年3月末をもって先進医療から外れました。 しかし今回の変更で、医療保険の先進医療保障の対象外となります。 厚労省「第81回先進医療会議」(2019年12月開催)の報告では年間で約34,000件実施されていた技術のため、影響範囲が大きく、保険会社では先進医療保障の対象外となる通知を出したところもあります。 (参考:) 一方で、 単焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術についてはこれまで同様、健康保険を適用した自己負担額で受けることができます。 また多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術も、厚労省認可のレンズを使った場合は選定療養といって、治療費の一部に公的保険が適用された状態で手術を受けられます(非認可のレンズを使った場合は自由診療のため全額自己負担)。 白内障の治療は、厚労省「患者調査」(平成29年)の受療率を見ると、入院よりは外来での治療を行う人が多いようです。 そうした場合、外来での手術に対応した医療保険に入っていれば、手術給付金を請求できる可能性があります。 ただ、体力のない方や高齢者の方の場合、入院での手術になることもあるでしょう。 入院と手術に対応した医療保険に入っていれば、入院給付金と手術給付金の両方を請求できる場合もあります。 これから白内障手術を受ける予定があり、自分の入っている医療保険で白内障手術が保障されるかどうか気になる方は、ご加入の保険会社に問い合わせてあらかじめ確認をしておきましょう。 また、今後も先進医療の対象は定期的に見直しされる見込みですので、入っている医療保険の保障内容を確認するようにしましょう。 <クレジット> 文/年永亜美(ライフネットジャーナル編集部).

次の

多焦点眼内レンズについて【白内障サイト】

白内障 先進 医療 外れる

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は『先進医療特約の給付金支払対象から外される!?「多焦点眼内レンズ」』についてお話したいと思います。 多くの方が加入している「医療保険」 日本では最も関心度も加入率も高い生命保険の種類です。 そして医療保険を検討の際に、多くの方が気にされているのが「先進医療」で、医療保険加入者の9割以上の方が先進医療特約を付加しています。 詳しくはブログを読んで頂くとして、簡単におさらいすると 先進医療とは、将来的に保険導入が期待されている医療技術で、厚生労働大臣が承認したものをいい、先進医療に係る技術料以外の費用は公的医療保険制度の対象となりますが、「先進医療に係る技術料」は全額自己負担となります。 で、この先進医療で最も症例の多いのが 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 です。 多焦点眼内レンズとは、、、 より というわけで、「白内障」の手術の際に挿入するレンズのことですね。 75歳以上の2人に1人が手術を必要とするくらい、最近では一般的かつ身近となっている病気(手術)です。 単焦点眼内レンズでは保険診療の対象ですから数万円の費用負担(負担率などで異なる)で済みますが、「多焦点眼内レンズ」を使った場合、医療施設によって金額は多少違いますが、平均で片眼約60万円となっています。 もちろん、「先進医療特約」の付加できる医療保険加入者の9割以上が、同特約を付けていますから、加入者の多くはこの「多焦点眼内レンズ」による手術を希望します。 支払いは保険の給付金でまかなえますからね。 最近は眼科医自らが、対象となる患者さんに対して、この「先進医療特約」を付加した医療保険に加入しているかを確認するほどです。 そんなわけで、 「多焦点眼内レンズ」の給付金支払が急増 しています。 すべての保険会社で支払対象から外しているわけではありません。 今後、そのような動きがあるということです。 現在、私の知っている限りでは リンククロスコインズは給付金支払対象から外しています なんのための保険だよ~ 保険会社キッたねぇーなぁ〜 と感じた方。 保険会社なんてそんなもんです、残念ながら。 (リンククロスコインズの場合はこの給付金目当てに悪意を持った加入者も多かったようです) ただし、今後給付金支払対象から外れる可能性があるのは ・新規契約時の先進医療特約 ・更新型の更新時の先進医療特約 です。 現在、既に医療保険に加入していて、「先進医療特約」を「終身型」で加入している方は安心して下さい。 加入時のルールが守られますので、今後も給付金支払対象から外されることはありません。 新規契約時に対象から外れるのはイメージ付きやすいかと思いますが、更新型の先進医療特約というのがわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか? 実は、各社医療保険の「先進医療特約」には契約時に「終身型」といって一生涯保険料も、保障内容も変わらずに付加しているものと、10年毎に「先進医療特約」の部分だけ、特約保険料と保障内容を見直す「更新型」があります。 この場合、保険会社がどのような判断をするのかにもよりますが、10年目の更新時に「多焦点眼内レンズ」を給付対象から外すことが考えられます。 この 「更新型」の先進医療特約を持つ代表的な保険会社が ・アフラック ・メットライフ 何を言いたいのかは、お察しの通り。。。 それだけをもって商品のすべてを否定するものではありませんが、これらのことも含めてキチンと商品を把握し、アドバイスしてくれる保険セールス・アドバイザーから加入するようにしましょう。 契約欲しいですからね。 あとになって「こんなはずじゃなかった、こんなこと聞いてなかった」なんてことのないようにしましょう。 今日は「保険セールス」の方に向けて少しお話したいと思い 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は3月22日販売開始、アフラックのがん保険「生きる 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日はアクサ生命「ユニット・リンク」の契約理由第1位 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は週刊ダイヤモンド「保険 見直すなら最後のチャンス 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は『日本生命の新しい医療保険「NEW in 1(ニ 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「無料マネーセミナー」についてお話しようと思いま 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「保険の見直し」に関するお話、最近保険の見直しを 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 先日、メットライフ生命の医療保険「リターンズ」につて 皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。 今日は『ユニット・リンク「電話による申込内容確認」』 保険アドバイザー 野村 元輝 <経歴> 神奈川大学経済学部卒業 大手宝飾品専門店に勤務後、生損保代理店で11年半勤務。 その傍らで、より顧客志向に立ったアドバイスがしたいと思い、2011年10月より海外投資のアドバイスを開始。 その後、弊社保険アドバイザー(国内外の保険相談)として2017年12月より勤務。 <趣味> ゴルフ(少々)、海外視察、草野球 <出身地> 神奈川県茅ヶ崎市 <自己紹介> 大学卒業後、東証一部上場の宝飾品会社にて販売営業に従事。 2006年6月に、とあるファイナンシャルプランナーとの出会いから、より顧客利益につながる仕事がしたいという想いで、飛び込みで生命保険の代理店に志願して転職。 独立系乗合保険代理店にて、生命保険のライフプランナーとして11年半勤務しました。 並行して、2011年10月より海外投資のアドバイスを開始。 弊社河合とは、同業者の紹介で知り合うことに。 国内海外問わずいいものはいい!悪いものは悪い!という投資スタンスよりクライアント志向に立った活動方針に共感しこれまでのキャリアを活かし、弊社保険アドバイザーとして2017年12月よりK2 Holdingsに参画しました。 国内外の保険や投資など幅広いアドバイスを得意とし、日々顧客利益のために活動中。 サイト内検索.

次の