タケシ スプリンクラー。 イワークとは (イワークとは) [単語記事]

タケシ(トレーナー) (たけし)とは【ピクシブ百科事典】

タケシ スプリンクラー

図鑑説明 、 ふだんは つちのなかに すんでいる。 ちちゅうを じそく キロで ほりながら エサを さがす。 、 せいちょうすると からだの がんせきせいぶんが へんかして くろい のようになる。 ちちゅうを もの いきおいで ほりすすみ エサを さがす。 とおった あとは の すみかになる。 、 からだを くねらせ よじらせ ちちゅうをほりすすむ おとは とおくまで なりひびく。 、 おおきく じょうぶな からだを くねらせ よじらせ じそくキロで じめんを いきおいよく ほりすすむ。 ちちゅうを ほりすすみながら いろんな かたいものを とりこみ がんじょうな からだをつくる。 のうみそに じしゃくが あるので つちの なかを ほり すすんでいても ほうこうを まちがえない。 としを とるほど からだは まるみを おびる。 イワークが ちちゅうを ほりすすむと じなりが きこえ じめんが ゆれる。 いどうそくどは じそくキロ。 がんじょうな ながい からだを よじらせながら ちちゅうを すすむ。 ほりながら エサを つづける。 、 おおきな いわをも くらいながら じめんのなかを ほりすすむ。 そのは じそくキロ。 おおきな くちを あけて たくさんの つちを みながら ながい を つくっていく。 初代で最長のにして 全中もっとも見掛け倒しのである。 防御はと申し分ない。 が、その他は 以下の、 以下のこうげき、 と同値のとくぼうなどなどが出そうなとなっている。 すばやさは地面やの中ではなかなか速いだが…。 そして弱点もとが4倍。 やなどでも致命傷となる。 ではでありながらに負けるという大恥をしている。 内のスーの誤作動により浸しになってしまった結果。 に濡れてが通りやすかった?(:はそもそもが0倍) 乞いで大が降ってもにが効いたという話は聞かない。 イワークに問題があったのかがなにかしらをしていたのか・・・もしくはがかかった時点ですでにだったのかもしれない。 後にのみずでかなりを受けていることからの可性が高い。 問題のからかに後、第五世代のにて「みずびたし」という技が登場。 相手にをぶっ掛ける事によってをみずにしてしまうというもので、これを受けるとイワークでもでも技が抜群になる。 まさにこのをしていると言えよう。 前座のを食らっていないもでやられた?。 後ににてのイワークなるものが出現。 をものともせず、逆に火に弱い面が作中で確認された・・・こいつ実はだったんじゃね?• ではし、ようやく日のを見ることになった。 が、は消滅してしまった・・・がで泣いている。 を持つと防御はをえる・・・が特防はの通り且つもなので、特殊はどの致命傷。 では入手の低い要因として、そこそこ有用。 はだが、高いである程度時間を稼いでくれる。 ちなみにでのののでもある。 打たれた際に「イワーク」 等 イワーク愛好家 ニビ ご存知のこと。 イワークは彼の切り札的存在といえる。 でイワークが先を手に入れてもを捨てることを良しとせずにイワークのまま戦い続ける。 彼ほどイワークをているは他にはいないだろう。 でもイワークを用しているが、での裏ニビではにさせている。 では強化版でもイワークを切り札にするというイワークを見せた。 のでも 頑丈・カ所持ののイワークを使用する。 なんと で を葬るが存在する。 専門でありながら手持ちに2匹もイワークを入れるというイワーク溢れる。 そのイワークはでが登場したことにより少し揺らいだがそれでも イワーク>>>>>>【】>>>>>>・など ただの再戦では、イワークにを感じたのか2匹ともにしてしまった。 三年経った、では別個体だろうが、またもやイワークを手持ちにしている。 しかし、の強化版では全にしてしまっている。 のように切り札ではないがイワークを所持。 ただし系がではなかったために強化版では当たり前のように。 各地の山男さん 系とイワーク大好き。 やは上げに最適。 よくにされている。 されるたびにイワーーーーーークと叫んでいることからかなりのイワークだと思われる。 好というよりよくイワークをしている。 - でのがイワーク• たちはを育てることを・・・•

次の

会社概要|有限会社坂防災工業

タケシ スプリンクラー

アニメのポケモンについて質問です。 サトシはカントーのジムリーダー達にどのように勝ちましたか? タケシ 一回負けて、スプリンクラーでイワークを倒した。 カスミ 普通に戦った? マチス 一回負けて二回目で勝った。 エリカ 火事から救ってバッジを貰った? キョウ 普通に戦った? ナツメ ご機嫌を治した? カツラ 普通に戦った? サカキ サカキは出張でムサシ達が代理でやったてような? あと四天王とは戦いましたか?そもそも出て来ましたか? エリカとは戦ってなかったような気がします。 火事から救ったお礼でバッジ貰ったような? あと、カスミの姉がサトシにタダでバッジを渡そうしていた様な? 補足しかし、カスミの姉やエリカとかこう簡単にバッジあげて大丈夫なのでしょうか?違法っぽいのですが・・・ 私はジムリーダーは公務員やスポーツ選手みたいなイメージでして サトシが子供だから大目に見たとか? 大体そんな感じで合ってます。 以後、サトシもピカチュウも進化せずに戦う意思を見せるようになる。 VSキョウ:数少ないサトシのカントージムバトルにおける普通の試合。 キョウはコンパン、ゴルバット。 以後、地球投げはサトシのリザードンの必殺技として使われることに。 最後に、カントーの四天王ですが、サトシとバトルをするのはキクコのみです。 登場自体は一応全員しています。 ワタルは金銀編の赤いギャラドスの回と、AGのアクア団とマグマ団決戦の回で登場しています。 キクコは先述した通り、トキワジムで直接バトルをしています。 カンナはオレンジ諸島へんで登場し、言う事を聞かずに暴れまくるサトシのリザードンを鎮静させたりしています。 最後にシバですが、無印ポケモンの第1話にほんの一瞬だけ、TVでポケモンリーグの中継をしている場面で登場しています。 下手なモブより目立たないので印象は薄いですね。 長くなりましたがこんな感じですね。 補足 でかいイワークの話、そういえばありましたね・・・古い記憶を辿っての回答ですので細部に間違いがあるかもしれません。 申し訳ないです>< で、バッジの取り扱いですが、確かカスミの姉はもうジムリーダーを引退する覚悟で渡すつもりだった様なので、まだ解るのですが エリカに関しては違法物な気もしないでもないです。 ただ、公式にはジム戦中断によるサトシの不戦勝扱いになったのではないかと・・・ナツメの時がそんな感じでしたので、その可能性が高いです。

次の

スプリンクラー設備

タケシ スプリンクラー

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2013年2月)• を満たしていないおそれがあります。 ( 2013年2月)• 全体として に立って記述されています。 ( 2013年2月) タケシ のキャラクター 登場(最初) 第5話「ニビジムのたたかい! 」 声優 (英語版) (英語版) プロフィール 年齢 15歳 性別 肩書き 元ニビジム 親戚 (父) (母) 、、ゴロウ、ヤオキ、クロウ(弟) ヨモコ、ムツコ、ナナコ、トオコ(妹) タケシは、のゲームソフト『』シリーズを原作とするアニメに登場するの人物。 プロフィール [ ]• 出身地:・ニビシティ• 年齢:15歳• 登場時期 :PM・AG・DP・BW2・SM・SS・OA・MV• P-1グランプリ・格闘ポケモンバトル(イシツブテで参加):ギブアップ• ポケモンレース(イワークで参加):途中リタイア• からくり屋敷大会:出場• ポプリ島・ポケモンオリエンテーリング大会:出場• ポケモンなりきり大会(グレッグルで参加):優勝• グレッグル祭り:出場• ヨスガシティ・ポケモンタッグバトル大会:ベスト4 各国の日本国外名 [ ]• 英語:Brock• フランス語:Pierre• 韓国語:ウン : 웅• 中国語• 広東語 香港 :小剛 : siu2 gong1 人物 [ ] PM5話から登場。 細目が特徴の元ニビジムリーダーで、とのトレーナーとしての先輩であり親友でもある仲間。 親が出て行ってしまったことで多くの弟・妹の面倒を見てきたため、がとても得意。 一緒に旅をする仲間がタケシより年下であるため、キャラクターとしてはまとめ役を担うことがある。 当初は世界一のポケモンブリーダーを目指して旅をしていたが、DP終盤にてポケモンドクターを志望するようになる。 は基本的に「俺」だが、美女や目上の人物の前では「自分」になり口調も丁寧になる。 基本的に冷静且つ温厚な性格だが、年上の美人女性を相手にした場合など(後述)に情熱的な一面を見せることもある。 また仲間たちの喧嘩を仲裁したり、旅先で出会う様々な人々を励ましたり、親身になって助言する など、非常に面倒見が良く包容力がある。 作中で描かれる機会は少ないものの、強い正義感の持ち主でもあり 、これは普段よく出くわすムサシらも同等の態度を取っている。 元々ジムリーダーとしての自覚を持っているため、センリがサトシに敗れ渡そうとしたバッジをマサトが奪った時に「ジムリーダーはただ勝つためだけにバトルしてるわけじゃない」と言ったこともある。 その大人びた性格に加え、ポケモンについての豊富な知識を活かしてサトシらにアドバイスを送る描写も目立つ。 また仲間達の炊事や洗濯なども基本的に彼がこなしている。 明確に描写されることは少ないが世界一のトップブリーダーを目指しているだけあり、それぞれのポケモンのタイプ・種類だけでなく味の好みにも合ったポケモンフーズの調合などはもちろん、看病の仕方や基礎的な治療法などもポケモンごとに熟知している。 ベイビィポケモンやポケモンのタマゴにも深い関心を持ち、ポケモンなりきり大会の優勝商品がポケモンのタマゴ(後にピンプクが孵る)と知ると「育てたい」とかなり意欲を燃やしていた(DP33話)。 これらも含め、そういった面でもサトシたちは大いに世話になっている。 その後ポケモンドクターを目指し、現在は研修中だが、ポケモンの具合を一発で見抜く洞察力や治療の施し方の腕には本職であるジョーイからもその腕に大変見込まれている。 サトシとはDP編までオレンジ諸島を除く全地方で行動を共にしており 、AG編以降は付き合いの長さを感じさせる場面も多く、2人でハルカややに過去のことを話す場面が度々見られる。 サトシとシンジの関係もレイジやシロナとはまた異なる視点から深く捉えており、シンオウリーグでサトシがシンジに初めて勝った際には「とうとう勝ったな、サトシ」と呟いている。 サトシやヒカリなどが公式な場以外でポケモンバトルをする際には、解説をしたり審判を務めることが多い。 年上の美人女性好きで、行く先々で出会う女性を口説いている。 しかし、女運は全く皆無で、していたまたは別れる所を無印とSMではカスミ・AGではに耳や私服を引っ張られて止めたり 、DPではに「どくづき」を食らって止められたりする事が多い。 さらにはナンパした女性に振られたり、平手打ちを食らう事もしばしばである。 このようにナンパをして突っ込みを入れられることはあるものの、本気で相手を怒らせるようなことは無く、彼のよくできた人間性を表している。 また、基本的にロケット団のや、などの悪党に惚れることはなく 、元マグマ団で怪盗であるなどの男性の変装の達人が美女に変装していても本能で見破ることができる。 普段とは逆に惚れられること もあるが、振られることに慣れているためか、その場合戸惑うこともある。 デントはその一面を見た際に「お姉さんソムリエ」と称した。 『』という持ち歌を持っている。 時間稼ぎの時に披露することもあるが、マサト曰く「あれしかネタがない」ほか、それしか歌わないため見飽きられることが多い。 また、この持ち歌はPM編の第10期のエンディングテーマ曲としても使用されている。 アニメでのタケシはアーミーベストを着用しているのが特徴の一つであるが、このキャラクターデザインは原作ゲーム『』のマイナーチェンジ版である『』、リメイク版である『』に逆輸入される形で反映されている。 SM編ではバトル中に本気を出す際には上着を脱いで赤・緑同様に上半身裸になり、その中にキーストーンのペンダントを隠している。 家族構成 [ ] タケシはアニメシリーズにおいて、の単位での家族構成がはっきりしている数少ないキャラクターである。 また、弟妹は全員タケシと顔が似ており、父親譲りである。 父:( - )• 母:(声 - )• 長男:タケシ• 次男:(声 -? 三男:サブロウ(声 -? 長女:ヨモコ(声 -? 六男:クロウ(声 -? 四女:トオコ(声 -? 略歴 [ ] 元々はニビシティジムのを務めていた。 サトシとジム戦をし、失踪していた父親・ムノーが家に戻った後は、それまで1人で世話をしてきた兄弟とジムの運営を父に任せ、世界一のポケモンブリーダーになる決心をしてサトシとカスミの旅に同行することになる。 旅の途中、ポケモンブリーダーの聖地シザーストリートで先輩ポケモンブリーダーのに見込まれ、彼女のを託される。 その後、オレンジ諸島のウチキド研究所に立ち寄った際、サトシ達と別れウチキド研究所に留まるが、いつの間にかマサラタウンのサトシの実家へ移り オレンジ諸島から帰還したサトシ達を出迎えた。 サトシがジョウトリーグ挑戦のために向かう際は、再びサトシとカスミの旅に同行。 旅の途中ブロウタウンでユキと再会しロコンをユキに返す。 ジョウト地方の旅が終わった後は、サトシと別れ実家の都合のためニビシティに戻る。 別れ際にサトシに自分が作った弁当とフォークとスプーンを渡し、それがサトシを救った。 実家のジムが改装されていた騒動を解決した後、サトシがに行ったことを知り、ブリーダー修行を続けるためにフォレトスのみを連れて旅立つ。 ホウエン地方にてオダマキ博士からサトシのことを聞き、とに出会い、サトシ達に同行する(AG4話)。 ホウエン地方では母親の影響か、(が進化)や(が進化)といった水タイプのポケモンをゲットしている。 ホウエン地方での旅が終わった後はサトシ達と別れ実家に帰るが、また旅をすることに決め、サトシ達に途中から同行。 一度にも参加する。 サトシがを制覇した後は、やはり実家に戻る。 そしてポケモンブリーダーとして更なる高みを目指すため、ウソハチ以外のポケモンをニビジムに再び預けて旅立つ。 ニビシティでヒッチハイクをして、トラック運転手のトラミのトラックでに来ていた時、偶然サトシと出会う。 直後、トラミが彼氏持ちであることが発覚し、振られた悔しさをバネに再びサトシと行動を共にする。 と出会い、3人でシンオウ地方を旅することになる(DP2話)。 エイチ湖では、伝説のポケモンの半透明な姿を見る。 ホウエン地方やシンオウ地方で何度も傷ついたポケモンを救っており、更にシンオウリーグ終了後の船旅の最中、毒に冒されたポケモン達をジョーイに代わって治療したことから、ポケモンドクターとしての仕事にやりがいを感じ、ポケモンドクターになることを決意する。 シンオウ地方の旅を終えた後はサトシ達と別れてニビシティへ戻り、ポケモンドクターの道を目指すための勉強をしている。 BW2では、サトシとヒカリの回想シーンで登場している(BW2 3,4話)。 ヒカリは、料理が上手く性格が豹変するという点ではがタケシと似ていると評した。 BW2Nにおいてもサトシの回想シーンで登場している。 デコロラアドベンチャーのエンディングではデントやハルカと手を繋いでいた他、最終回ではサトシのイメージ時シーンに登場した。 最終回後の番外編1話で再登場し、現在はジョウト地方のポケモンドクター養成学校に通っている。 ジョウト地方のとある街でデントと出会い、共にギャラドスの暴走を止めるが、互いに名前を聞くこと無く別れた。 なお、ポケモンセンターでヤナップの治療を行った際は、白衣を着用していた。 SM編ではオーキドからの依頼でポケモンスクールの旅行でカントーの案内役としてカスミと共に再登場。 女性に惚れる部分並びに女運が無縁なのは相変わらずで、カスミに止められる事も健在。 なお、この時は無印(カントー地方およびジョウト地方)での衣装で登場する。 ハナダジムでリーリエ・カキ・マーマネとバトルをし、カントーの空港で彼らを見送りにレプリカのグレーバッジをカキとマーマネに渡し、今度アローラ地方に来る約束をし、サトシ達と別れた。 102話では約束通りアローラに来た。 アローラ地方のポケモンセンターで見学のために来たが、ジョーイに惚れるのは相変わらず。 103話ではカキの牧場見学を口実にライチに会いに行き、彼女とバトルした。 PM2の18話ではカスミや他のジムリーダーと共にシルエットのみ登場。 タケシのポケモン [ ] ジムリーダー時代はジムの方針・伝統もあってか岩タイプのポケモンをメインとしていたが、旅に出てからはポケモンブリーダーとして高みを目指すため、それ以外のタイプのポケモンもゲットしている(特にAG編ではゲットした3体中2体が水タイプ)。 などのように、などの外伝作品に反映されたものもある(これはカスミも同様)。 欲しいポケモンはらしい(ただし実家には父ムノーのゴローニャがいる)。 レギュラー時代はAG編以降は実家に帰る度、手持ちは1匹だけを残して他は全部実家に預けて旅に再び出ていた。 DP終了時の手持ちはウソッキー、グレッグル、ラッキーの3体で、過去に使用していた手持ちのポケモンは実家に預けられていたが、SM編ではハガネール、イシツブテ、クロバットを再び手持ちに加え、アローラ地方を訪れた際はウソッキーと新たにキュワワーを加えた。 登場時期:PM・BF・DP・SM・SS・OA・MV• 特性:すなのちから(メガハガネール時)• 持ち物:ハガネールナイト(SM編) 5話から登場。 タケシが初登場時から持っていた。 タケシがトレーナーになれる年齢、10歳の誕生日に父親のムノーがプレゼントし、タケシの最初のポケモンとなった。 ジム戦ではサトシのの10万ボルトを受け付けず、しめつけるで一度は倒す。 再戦でもしめつけてダウンさせるも、電撃の火花によりが作動し、噴射された水を浴びたことで電気技が感電し、敗れた。 劇中ではその長く大きな体を生かし、他のキャラクターを助ける場面が多い。 逆さまに沈没したサントアンヌ号では階段を作り、OVA『ピカチュウのふゆやすみ』では、自らがそりになり、、、と共に滑った。 また、バトルでも活躍し、ロケット団を圧倒させるほどの強さを見せた。 ジョウトの旅が終わった後は、弟のジロウに預けられている。 バトルフロンティア編でサトシ達がニビジムに訪れた時はハガネールに進化していた。 この際は久々にタケシのポケモンとしてバトルに参加し、サトシのとタッグを組んで、のとを相手に奮闘・勝利した。 DP特別編ではジロウが挑戦者相手に使用する形で久々の再登場を果たす。 その挑戦者はジムを視察しに来た元ジョーイのポケモン監察官であり、ムノーの失態で登録上はまだタケシがジムリーダーだったため、バトルは取り止めになる。 DAのEDの映像ではイワークの姿でタケシのポケモンとして登場した。 SM編ではメガシンカが可能となり、カキのバクガメスとバトルし、相性の悪さをパワーで受け流し、Zワザである「ダイナミックフルフレイム」すら耐え切って勝利する。 現在の使用技は「しめつける」、「あなをほる」、「ジャイロボール」(SM編)、「ストーンエッジ」(SM編)。 進化前は「たいあたり」、「いわおとし」、「すなあらし」、「りゅうのいぶき」、「アイアンテール」も使用。 イシツブテ [ ]• 声 -• 登場時期:PM・BF・SM・SS・OA・MV 5話から登場。 イワーク同様タケシが初登場時から持っていた。 「ラッシャイ! 」と言う風の鳴き声を発する。 サトシとのジム戦ではを倒すが、ピカチュウに敗れる。 その後はバトルでたびたび活躍し、サントアンヌ号では、他のトレーナーのイシツブテ達と手をつないで輪を作り、その状態で回転しながらロケット団を撃退した。 タケシがホウエンに旅立つ際、弟のジロウに預けられる。 SM編ではアローラのすがたのイシツブテと比較する時と、リーリエとマーマネとのバトルで登場。 バトルではアローラのすがたとのタイプの違いでトゲデマルのでんき技を無効化し、シロンの「こなゆき」に対し、「ジャイロボール」をカウンターシールドに似た戦法で受け流している。 使用技は「たいあたり」、「すなあらし」、「メガトンパンチ」、「ちきゅうなげ」、「まるくなる」、「あなをほる」、「ころがる」、「ジャイロボール」(SM編)。 声 - 三木眞一郎• 登場時期:PM・BF・SM・SS・OA・MV 6話から登場。 オツキミ山入口で、ズバットの群れのうちの一匹がゲットされた。 タケシの手持ちでは初のどくタイプ、およびひこうタイプ。 167話でゴルバットに進化し、198話でクロバットに進化。 サトシのピジョンやと同様、偵察が主な出番。 天然に入った時にはとても幸せそうな表情を見せていた。 タケシがホウエンに旅立つ時、イシツブテやイワークと同じく、ジロウに預けられた。 SM編では再びタケシの手持ちとして登場。 使用技は「ちょうおんぱ」、「つばさでうつ」、「あやしいひかり」、「ふきとばし」。 ロコン [ ]• 声 -• 親:ユキ• 特性:もらいび• 登場時期:PM 28話『ロコン! ブリーダーたいけつ!! 』で、シザーストリート(通称「ブリーダー通り」)という街でというブリーダーの手持ちポケモンとして登場。 街で悪行をしていたロケット団を倒した後に、「自分より大事にしてくれるから」という理由でロコンを預かる(ユキ曰く「初めて自分以外に懐いた人」らしい)。 長くタケシの手持ちとして活躍し、タケシからはボールから出てよく毛づくろいしていたりと大切に育てられていた。 170話「さよならロコン! ポケモンビューティーコンテスト!! 」でブリーダーコンテストの会場でユキに返される。 タケシの主戦力であり、度々バトルで活躍していた。 特に「ほのおのうず」は強力であり、一対一のトレーニングではサトシのピカチュウに匹敵する程であった。 『ミュウツーの逆襲』ではボールから出されていたが、タケシが油断している隙にミュウツーに捕まってしまう。 サトシに救出された後、自分のコピーと対戦したり、石化したサトシに涙するなどそれなりに見せ場があった。 使用技は「ほのおのうず」、「かえんほうしゃ」、「でんこうせっか」、「こうそくいどう」。 ケンタロス [ ]• 登場時期:PM 35話に登場。 ゲストポケモン。 サトシとともにサファリゾーンでゲットしたが、その後どうなったのかも使用する技についても不明。 声 - 石塚運昇• 登場時期:KG・AG・SS 145話から登場。 ロケット団に対して「じばく」しようとしたところを救うため、ガンテツに作ってもらったスピードボールでゲットされる。 その後最初にボールから出した時に「じばく」する。 愛情表現も「じばく」であり、とにかく「じばく」するシーンが多い。 そのため「じばく」する寸前にスピードボールに戻すこともしばしば。 また、「じばく」はバトル時はもちろん、固い扉をこじ開けるなどにも使用することもある。 カスミが嫌がらない数少ない虫ポケモン。 261話で進化する。 フォレトスに進化後は、一切「じばく」する事はなくなった。 タケシの手持ちポケモンでは初のむしタイプ、およびはがねタイプ。 タケシがホウエン地方に旅立つ際、他のポケモン達は弟に託されるが、「まだ分からないことが多く、まだまだ育てがいがある」という理由から唯一手持ちに入れられる。 の群れに襲われていたサトシたちを、「だいばくはつ」を使って助けた。 「こうそくスピン」する時はキャノン砲の様な物を体内に格納し、殻を少しずらし、歯車の歯を合わせる様に殻の凸凹を噛み合わせて回転する。 「こうそくスピン」は穴を掘るなど、攻撃以外の目的で使われることもある。 金銀編からバトルフロンティア編まで、長期にわたりタケシの手持ちとして冒険をともにするが、タケシがシンオウ地方へ旅立つ際に弟達に預けられる。 現在の使用技は「だいばくはつ」、「こうそくスピン」、「たいあたり」、「まきびし」。 進化前は「じばく」も使用。 登場時期:AG AG12話から登場。 手持ちでは初のみずタイプおよびくさタイプ。 AG63話でハスブレロに、AG105話でルンパッパに進化する。 ハスボーやハスブレロの時はぼんやりしていることが多い暢気な性格だったが、バトルの実力が低いわけではない。 ルンパッパに進化してからは性格が一変し、かなり陽気な性格になる。 タケシがホウエン地方の旅を終えて実家に戻った際、その陽気な性格が家族に気に入られたため実家に預けられる。 使用技は「タネマシンガン」、「みずでっぽう」、「はっぱカッター」。 登場時期:AG・MV AG25話から登場。 元は新人トレーナーに渡すためのミズゴロウを育てている沼にやって来た野生のミズゴロウで、タケシに助けられたことがきっかけでゲットされる。 AG148話でヌマクローに進化する。 以降は主にロケット団とのバトルや、何かを探すときにレーダーになる鰭を活かした捜査などで活躍。 穏やかな性格でポケモンたちのケンカにはピカチュウと共に真っ先に止めに入ったりと面倒見がいい性格。 一度コンテストに出場し、のを苦戦させるも敗れた。 進化した途端に惚れ、「トレーナーに似てきた」とハルカに突っ込まれたが、そういった面が表れたのは進化した話のみである。 タケシがシンオウ地方に向かう時に実家に預けられる。 使用技は「みずでっぽう」、「たいあたり」、「マッドショット」、「まもる」。 特性:いしあたま• 登場時期:BF・DP・OA・MV・SM AG156話から登場。 ゲットしてからしばらくはポケモンフーズを食べられないためミルクを与えていたが、後にポケモンフーズを食べられるようになる。 タケシにとても懐いているためか、タケシが若い女性を口説こうとするとヤキモチから体当たりなどをすることがある。 一度だけコンテストに出場し、一次審査でなかなかの演技を見せた。 タケシがシンオウ地方へ向かう際、ウソハチのみを連れて旅に出た。 DP14話でウソッキーに進化する。 進化後はタケシに敬礼することが通例となり、タケシ以外の人物に敬礼することもある。 DP125話で「うそなき」を使った時以外は一切泣かなくなり、勇敢でしっかりとした性格で、苦手としていた水も克服した。 SMではDP以来の登場を果たし、103話ではライチのと互角のバトルをした。 また、声優が阪口からタケシ役のうえだになった。 『』のナレーションの通訳では、「自分は〜」「〜であります」などといった口調で話している。 使用技は「うそなき」、「すてみタックル」、「じたばた」、「ものまね」、「アームハンマー」、「けたぐり」(SM編)、「だましうち」(SM編)。 声 -• 特性 : きけんよち• 登場時期:DP・DA・OA・MV DP8話から登場。 タケシがシンオウ地方で初めてゲットしたポケモン。 シンオウ地方のとあるにいたところをと遭遇。 ニャースは不快感を覚えて無視するも、グレッグルは面白いことを求めていたためにニャースに付いてゆく。 そしてロケット団がポケモンを巻き上げるために経営した偽のジムで使用されることになった。 その後ロケット団に置いて行かれてしまうが、タケシと見つめ合ううちに何かが芽生え、自ら彼にゲットされた。 鳴き声は独特。 DPでのタケシのメインパートナー的存在であり、DPでのタケシのポケモンの中では1番出番が多い。 サトシのピカチュウやヒカリのポッチャマと度々共闘したり、アイキャッチでタケシと一緒に並んでいたりしている。 ことあるごとに「チッ」と舌打ちをしたり不気味な笑い方をしたりと極めてマイペースかつ変わった性格。 普段は無愛想だが、ごく稀に笑顔を見せることもある。 初登場時にニャースの通訳では「何か面白いことはないのか」「かったるい」ということばかり言っていた。 グレッグル本人に悪気は無いと思われるが、その愛想の無い表情は、見た者に不快感を抱かせる微妙な空気を放っている。 タケシもゲット前にグレッグルの表情に驚いたが、ゲット後は皆、普通に仲間として接している。 しかし普段は一匹でいることが多く、他のポケモン達と積極的に触れ合うことは少ない。 ただし、OVA『ピカチュウ 氷の大冒険』では、怖がるポッチャマを見て、他のポケモンたちと共に汗を垂らす場面がある。 甘い物は苦手である模様。 また、DP第33話にて行なわれた「ポケモンなりきり大会」にて、の仮装をして優勝するという活躍を見せる(これにはタケシも驚いていた)。 普段はクールに振る舞っているが、サトシのの態度やサターンのに対しては珍しく喧嘩腰になっていた。 このドクロッグとはサターンと会うたび何度もいがみ合い、倒せずにいたが、サトシたちがギンガ団の陰謀の阻止のための、やりのはしら内での衝突の際、「かわらわり」の一撃でようやく倒すことに成功する。 女性をナンパするタケシに対し、女性に真っ向から振られた時を除き、「どくづき」による突っ込みを行うという、カスミ、マサトに続く三代目の制裁役となった。 「どくづき」をした際にはタケシは「しびれびれ」という断末魔を残して倒れ、グレッグルが笑いながらどこかへ引きずっていくのが通例となっている。 モンスターボールに入っていても、音を立てずにいつのまにか勝手に出現し「どくづき」を放つ。 シロナの微笑みを見て突っ込みの手を止めたことや、突っ込みのタイミングを誤り突っ込み損ねることもある。 しかし、タケシのことは好いている様子で、「どくづき」を行うのも、単にそれを楽しんでいるだけであるような節がある。 DP21話「最強のコイキングと最も美しいヒンバス! 」では、ハツネ(声 - )・オトネ(声 - )に対して、タケシが「コイキングとヒンバスは自分が助けます」と言った際に、うっかり「どくづき」をしてしまい、ヒカリからは「今のところはどくづきはしなくてもいいのに」と言われショックを受けたものの、結局はタケシを引っ張り出している。 突っ込みしそこねたわけでもないのに「どくづき」をしない場合、タケシは「何故 どくづきを してこないんだ」と思う場合もある。 ゲットしたばかりのころからタケシにかなり懐いており、ポケッチのアプリのなつき判定ではゲットしたばかりとは思えないほどの結果が表示された。 タケシヘ「どくづき」をするためボールから勝手に出ることが多いが、タケシを助けるために出ることもある。 特性は説明されていないが危険を予知することが度々あり、転がってくるの群れを感じたり、ミミロルのれいとうビームでサトシ一行を凍らせられた際「どくづき」で氷を割る、底なし沼を判別するなど、サトシ達の危機を救うこともある。 また、ジムに侵入してきたロケット団を無言の圧力で追い払うなど侮れない所もあり、勘も働く。 DA編終了後のBW番外編1話にも登場し、相変わらずジョーイやジュンサーをナンパしたタケシに「どくづき」を放って止めており、その様子を見たデントからは「スパイスの効いたユニークなコンビのようですね」と評された。 バトルの実力も高く、戦闘では普段見せない俊敏な動きを披露することが多い。 映画『』では、の「りゅうせいぐん」を片手で受け止め、タケシを驚かせている。 SM編では若い女性に声をかけるタケシを制止させる役目は再びカスミに戻ったため登場しておらず、アローラを訪れた時も登場していなかったことから、手持ちに入れていない模様。 使用技は「どくづき」、「かわらわり」、「どくばり」。 声 - 伊東みやこ• 登場時期:DP・OA・MV DP38話から登場。 タケシがDP33話にて行われたポケモンなりきり大会の優勝賞品としてもらったタマゴから生まれた。 生まれてすぐに親であるタケシに懐き、タケシから受け取ったタマゴ型の石を2人の宝物にしている。 バトル等以外の局面ではグレッグルに代わり、タケシのパートナーとして活躍することもある(DP62話、DP91話、DP135話など)。 小柄な体格とは裏腹にとてつもない怪力の持ち主で、ムサシのを振り回して投げ飛ばしたり、タケシを軽々持ち上げ放り投げたり、サトシのを片手で軽々持ち上げたり、ピカチュウとポッチャマが2人がかりで1個持てる石をピンプク1人で数個持つほどであり、「はたく」の一撃でロケット団の気球を吹っ飛ばすなど、これら以外にもその怪力を生かす場面が度々ある。 まだ幼いためか基本的に甘えん坊で、よくタケシに抱えられる。 DP190話で毒で弱ったにタケシの作ったジュースを与えようとした際、ラッキーに進化。 新しく覚えた「タマゴうみ」でピチューを救った。 使用技は「ひみつのちから」、「はたく」、「タマゴうみ」。 親:ジョーイ【アローラ地方】• 登場時期:SM• SM103話で登場。 102話において、ポケモンセンターでアローラ地方のジョーイを手伝ったお礼に彼女から譲り受けた。 タケシの手持ちポケモンでは、初のフェアリータイプでもある。 103話でカキの牧場に現れた、野生のの子供の怪我の手当てのために、出された。 使用技は現時点では不明。 脚注 [ ] []• 『アドバンスジェネレーション』の84話までは 上田祐司名義。 記載されている略号• PM :編 KT 、オレンジ諸島編 OS 、編 JT• AG :編 HT 、編 BF• 第1期 BW1• 第2期(シーズン2) BW2 :エピソードN BW2N 、デコロラアドベンチャー DA• PM2• 持ち歌である「タケシのパラダイス」のみ、「僕」である。 稀ではあるが、初期にはサトシやたちと口論することもあった。 金銀編ではヒビキ(声 - )にからかわれて、自信をなくしたを激励したり、DPでは苛烈なトレーニングを強いられているを心配し、そのトレーナーであると話し合うなど。 を捨てたトレーナー・ダイスケ(声 - )を毅然とした態度で叱りつけ、迎えに行くことを促したり、BF編でトレーナーたちのを強奪しようとしたに対し「お前ら人間じゃねぇ! 」と激怒したり、DP編で「使えない奴は、いくら頑張っても使えない」とヒコザルを非難するシンジの態度に激怒するサトシに「俺も同感だ」と共感するなど。 その歳月は実に12年半以上でピカチュウを除くと一番長い。 ただしサトシがシンジとバトルをする際は「完全に決着をつける」というシンジの主張で審判をしないこともあった。 ホウエンリーグ・サイユウ大会にて、「俺ランキング」と称した自分が好む美人の女性データをまとめてある手帳(スイレン曰く「お姉さん手帳」)が登場。 サトシの決勝トーナメント1回戦の相手であるカエデ(声 - )を解説した。 また、映画では「自分ランキング」と言い、『』ではキッド・サマーズ、『』ではヒロミを解説した。 『』でアリスに会った時にも手帳が登場したが、アリスを知らなかったことを嘆いていた。 アリスが自分ランキングでトップになるらしい。 SM編ではライチも加えていた。 なお、弟妹達はDP特別編までその事を知らなかった。 時には鼻までも引っ張られる事がある。 AG81話ではハルカが、AG84話ではサトシが、DP135話ではが耳を引っ張った。 また、DP31話ではヒカリの平手打ちでふっ飛ばされた。 ただ、一度だけカスミを耳でひっぱって退場させたこともある。 この為、サトシ・各地方の仲間(カスミ・ハルカとマサト姉弟・ヒカリ・デント・ポケモンスクールの生徒)・サトシと仲間達のポケモン、さらにはゲストキャラを含む周囲からも呆れられている。 ムサシがジョーイやの変装に対し「本物は美しいから偽者だ」というほどであり、DP8話では偽ジムのジムリーダーに変装したムサシとゲストキャラのミナエ(声 - )がバトルした時、「綺麗さでミナエさんが勝ってる」と発言した。 ただし、変装していて悪者と正体が分からなかった際は反応している。 例として、赤面しただけではあるがヤマト(無印58話)、『』に登場したロケット団員のドミノ(声 - )。 ただし、AG42話ではロミオ(声 - )に告白の手本を見せるため、ジュリエ(声 - )に変装したサトシを本物と思い込んで追いかけ回している。 無印ではヒメカ(声 - )、AGではやナオコ(声 - )、DPではホノカ(声 - )やアキ(声 - )やマキナ(声 - )。 ただし、アザミの場合は彼女が細目好きであることから、単にタケシが細目であるためという理由で惚れられている。 ヒメカもその後もなど相手を変えており、マキナは形振り構わず女性を口説く一面を見て冷めてしまった。 SM編では転んだライチを助けたことやプロポーズしたことから惚れていたが、成就とまでは至らなかった。 心に深い傷を負いしばらく放浪の旅を続けていたところ、行き倒れになりハナコに開放され、しばらくハナコの家の家事・清掃をしていたとのことである。 その理由を聞かれると激しく落ち込むため、カスミにはタケシがに振られたと推察され、ロケット団のニャースにも「にゃんか企んだじゃにゃいのか!? 」と推察されていた。 なお、アローラ地方でのジョーイとは初対面。 また、103話の回想シーンで彼女を手伝ったお礼にキュワワーを授けられた。 BF編ではルンパッパのみ預けている• 牙の本数から。 AG34話の回想シーンより。 天気を晴れにするようなシーンが無かったため、特性「ひでり」の可能性は消える。 ムノーとミズホの海外旅行にも同行したことがある。 タケシが女性に振られた時や、パチリスが元気になった時など。 DP96話でどくづきしなかったのは、ギンガ団の気配を察知したため。 ヒポポタスの「あくび」で眠った際タケシを引っ張る、 DP44話 工事中の橋から落ちかけたとき引っ張るなど。 DP57話• ポケモンなりきり大会の際に変装したムサシがみんなの気をそらしたのと逆方向を見て、卵が無くなったのを見つけたりもした。 関連項目 [ ].

次の