ゼノ カード。 カードショップカリントウ スーパードラゴンボールヒーローズ買取表

XENO(ゼノ)のルールと進め方について|Jackal Mao|note

ゼノ カード

XENO(ゼノ)の内容物について 内容物はカード22枚です。 そのうち4枚はルールカードなのでゲームでは18枚のみを使用します。 一般的なカードゲームやボードゲームのような説明書は入っておらず、QRコードを読み込むことでルールを確認します。 そのため、箱も非常にコンパクトで、ほぼカードと同じ大きさで厚みも1センチほどしかありません。 XENO(ゼノ)のルールについて カードをシャッフルして山札を作ります。 各プレイヤーは山札から1枚カードを引いて、手札とします。 全員が手札を持ったら山札から裏向きのまま1枚を引き、山札の隣に横向きに置いておきます。 これを転生札と呼び、ゲーム中の効果で使用することがあります。 スタートプレイヤーを決め、以降は時計回りに手番を行います。 手番では山札からカードを1枚引き手札に加えます。 2枚の手札のうち、どちらか1枚を場に出して効果を発動させます。 これで手番終了です。 あとは誰かが勝利条件を満たすまで手番を繰り返します。 ゲームの終了条件• 山札がなくなった(手札の数字が1番大きい人が勝利)• 1人を残して全員が脱落(残った1人が勝利)• 全員が脱落(引き分け) XENO(ゼノ)のカード一覧 10 英雄(1枚) ・潜伏・転生 場に出すことができず、捨てさせられたら脱落。 ただし、皇帝以外に脱落させられた場合は転生札で復活。 9 皇帝(1枚) ・公開処刑 指名した相手に山札から1枚引かせ、手札2枚を公開させる。 どちらか1枚を指定して捨てさせる。 8 精霊(2枚) ・交換 相手と自分の手札を交換する。 7 賢者(2枚) ・選択 次の手番、山札から3枚引くことができる。 1枚を手札に、残り2枚は山札に戻す。 6 貴族(2枚) ・対決 指名した相手と手札を見せ合い、数字の小さい方が脱落。 同じ数字だった場合は両方とも脱落。 5 死神(2枚) ・疫病 指名した相手に山札から1枚引かせ、手札2枚のうちどちらかを非公開のままランダムに捨てさせる。 4 乙女(2枚) ・守護 次の自分の手番まで自分への効果を無効にする。 3 占師(2枚) ・透視 指定した相手の手札を見る。 2 兵士(2枚) ・捜査 指名した相手の数字を言い当てると脱落させる。 1 少年(2枚) ・革命 1枚目は効果なし。 場に2枚目が出たときは皇帝の「公開処刑」の効果が発動する。 ラブレターとの違い ボードゲームを遊んでいる人だと「これラブレターじゃん」と思われるでしょう。 若干の違いはありますが、ルールはほぼラブレターです。 ちなみにラブレターの作者であるカナイセイジさんと話はしてあるそうです。 サイトにはしっかり「ゲーム原案:カナイセイジ」のクレジットもあります。 カードの種類 通常版のラブレターは8種類のカードがあります。 XENOは10種類あり、さらに脱落しづらいルールが加わっています。 そのため、以前にあった姫を持っているときに大臣を引いて何もせずに終了といったことが起こらなくなっています。 兵士の数 ラブレターは兵士が5枚ありましたが、XENOでは同じ効果の兵士が2枚になっています。 これにより、さらに脱落しづらくなっています。 カードテキスト XENOのカードは数字とイラストしか描かれておりません。 そのため、初めはどのカードがどんな効果かをその都度、確認する必要があります。 ちなみにアークライト版ラブレターにもテキストなしバージョンはありました。 開発意図• TCGではないカードゲームを流行らせてみたい。 ラブレターよりも長く遊べるようにしたい。 ストーリーをメルヘンチックでない感じにしたい。 ラブレターを踏まえた上での作成であるということははっきり述べており、実際に遊んでいて自分が不満に感じたところを変えてXENOを作ったということです。 カードゲームを流行らせてみたいという好奇心が強いようで、イラストにこだわり、700円(税抜)という低価格での販売に踏み切りました。 カードにテキストがないため、繰り返し遊ぶ前提の作りになっています。 ただ、初めの数回はいちいち確認する必要があるため、ちょっと面倒ですね。 ベースがラブレターなので一定以上の面白さは保証されています。 実際に遊んでみた感じ、確かにラブレターよりも即脱落の確率が減っていたので、プレイ時間は少し長くなります。 (といってもプレイ時間は数分ほどですが) 恐らくXENOのターゲットはこれまでにボードゲームやカードゲームを遊んだことがない人のため、果たしてどのくらい広まっていくのか期待ですね。 これからプレイ動画なども増えてくるのではないでしょうか。

次の

『XENO(ゼノ)』中田敦彦版 心理戦カードゲームのルール&レビュー

ゼノ カード

XENO(ゼノ)の内容物について 内容物はカード22枚です。 そのうち4枚はルールカードなのでゲームでは18枚のみを使用します。 一般的なカードゲームやボードゲームのような説明書は入っておらず、QRコードを読み込むことでルールを確認します。 そのため、箱も非常にコンパクトで、ほぼカードと同じ大きさで厚みも1センチほどしかありません。 XENO(ゼノ)のルールについて カードをシャッフルして山札を作ります。 各プレイヤーは山札から1枚カードを引いて、手札とします。 全員が手札を持ったら山札から裏向きのまま1枚を引き、山札の隣に横向きに置いておきます。 これを転生札と呼び、ゲーム中の効果で使用することがあります。 スタートプレイヤーを決め、以降は時計回りに手番を行います。 手番では山札からカードを1枚引き手札に加えます。 2枚の手札のうち、どちらか1枚を場に出して効果を発動させます。 これで手番終了です。 あとは誰かが勝利条件を満たすまで手番を繰り返します。 ゲームの終了条件• 山札がなくなった(手札の数字が1番大きい人が勝利)• 1人を残して全員が脱落(残った1人が勝利)• 全員が脱落(引き分け) XENO(ゼノ)のカード一覧 10 英雄(1枚) ・潜伏・転生 場に出すことができず、捨てさせられたら脱落。 ただし、皇帝以外に脱落させられた場合は転生札で復活。 9 皇帝(1枚) ・公開処刑 指名した相手に山札から1枚引かせ、手札2枚を公開させる。 どちらか1枚を指定して捨てさせる。 8 精霊(2枚) ・交換 相手と自分の手札を交換する。 7 賢者(2枚) ・選択 次の手番、山札から3枚引くことができる。 1枚を手札に、残り2枚は山札に戻す。 6 貴族(2枚) ・対決 指名した相手と手札を見せ合い、数字の小さい方が脱落。 同じ数字だった場合は両方とも脱落。 5 死神(2枚) ・疫病 指名した相手に山札から1枚引かせ、手札2枚のうちどちらかを非公開のままランダムに捨てさせる。 4 乙女(2枚) ・守護 次の自分の手番まで自分への効果を無効にする。 3 占師(2枚) ・透視 指定した相手の手札を見る。 2 兵士(2枚) ・捜査 指名した相手の数字を言い当てると脱落させる。 1 少年(2枚) ・革命 1枚目は効果なし。 場に2枚目が出たときは皇帝の「公開処刑」の効果が発動する。 ラブレターとの違い ボードゲームを遊んでいる人だと「これラブレターじゃん」と思われるでしょう。 若干の違いはありますが、ルールはほぼラブレターです。 ちなみにラブレターの作者であるカナイセイジさんと話はしてあるそうです。 サイトにはしっかり「ゲーム原案:カナイセイジ」のクレジットもあります。 カードの種類 通常版のラブレターは8種類のカードがあります。 XENOは10種類あり、さらに脱落しづらいルールが加わっています。 そのため、以前にあった姫を持っているときに大臣を引いて何もせずに終了といったことが起こらなくなっています。 兵士の数 ラブレターは兵士が5枚ありましたが、XENOでは同じ効果の兵士が2枚になっています。 これにより、さらに脱落しづらくなっています。 カードテキスト XENOのカードは数字とイラストしか描かれておりません。 そのため、初めはどのカードがどんな効果かをその都度、確認する必要があります。 ちなみにアークライト版ラブレターにもテキストなしバージョンはありました。 開発意図• TCGではないカードゲームを流行らせてみたい。 ラブレターよりも長く遊べるようにしたい。 ストーリーをメルヘンチックでない感じにしたい。 ラブレターを踏まえた上での作成であるということははっきり述べており、実際に遊んでいて自分が不満に感じたところを変えてXENOを作ったということです。 カードゲームを流行らせてみたいという好奇心が強いようで、イラストにこだわり、700円(税抜)という低価格での販売に踏み切りました。 カードにテキストがないため、繰り返し遊ぶ前提の作りになっています。 ただ、初めの数回はいちいち確認する必要があるため、ちょっと面倒ですね。 ベースがラブレターなので一定以上の面白さは保証されています。 実際に遊んでみた感じ、確かにラブレターよりも即脱落の確率が減っていたので、プレイ時間は少し長くなります。 (といってもプレイ時間は数分ほどですが) 恐らくXENOのターゲットはこれまでにボードゲームやカードゲームを遊んだことがない人のため、果たしてどのくらい広まっていくのか期待ですね。 これからプレイ動画なども増えてくるのではないでしょうか。

次の

【ボードゲームのおすすめ・レビュー】「XENO(ゼノ)」~大人気ゲームをベースにしたオリラジ中田さん考案のカードゲーム!~

ゼノ カード

YU ボドナビです! 今回は大人気ゲーム「ラブレター」をベースにしたオリラジ中田さん考案のカードゲーム「XENO(ゼノ)」をレビューします! 「ラブレター」は言わずと知れた大人気のカードゲームで、奥深い駆け引き、カード引きの運、そして短時間でサッと遊べる手軽さのバランスが絶妙で僕も大好きなゲームです。 この「XENO(ゼノ)」は、そのラブレターをベースに、オリエンタルラジオの中田敦彦さんのアイデアが加わったカードゲームになっています。 (当然ですがラブレター作者のカナイセイジさんの了承済みで、「ゲーム原案:カナイセイジ」と表記されています。 ) ラブレターとの大きな違いは「カードの特殊効果の変更」と「カードデザイン」そして「価格」です。 カードの特殊効果が数種類変更されており、本家ラブレターとはまた違ったゲーム展開が楽しめます。 特に「転生」という効果が加わったことにより、最後の最後までどうなるかわからないハラハラする展開が生まれます。 カードデザインも本家ラブレターは子供にも受けそうなシンプルでファンタジーな雰囲気ですが、XENOは細密に描かれたヨーロッパ風のリアルファンタジーなデザインです。 このまま飾ってもおかしくないレベルで、まさしくジャケ買いですね! 小箱サイズのカードゲームは2000円くらいのものが多く、安くても1000円程度。 しかし、 このXENOは770円と安すぎです!ここまで安いとついで買いしてしまいますね…。 XENOには説明書がなく、QRコードから説明書が読めるのですがすぐにルールは覚えられます。 最初は難しそうに見えるかもしれませんが、普段カードゲームで遊んでいない方も十分楽しめます。 もちろん本家ラブレターファンも、コレクションとして1つ持っておいて損はないカードゲームです。 XENO(ゼノ)ってどんなボードゲーム?• 駆け引きが面白い大人気ゲームをベースにしたオリラジ中田さん考案のカードゲーム!• 名刺入れくらい小さくて持ち運びやすく、短い時間でサクッと遊べる!• いきなり脱落する要素が少なくなり、戦略性が高くなったと評判です。 カードゲームが好きな人• 短時間の戦略ゲームが好きな人• 小箱サイズのゲームが欲しい人• キレイなイラストデザインが好きな人• オリラジ中田敦彦さんのファン XENO(ゼノ)の詳細データ 皇帝の暴力に苦しむ国があった。 ある日、空から英雄が舞い降りた。 英雄は死んでも生き返るという。 英雄は新しい教えを説いて回った。 「暴力はいつか滅ぶ。 大切なのは愛だ。 」 無力な少年はその言葉に救われた。 「いつかあなたの力になりたい。 」 ー国を救うのは愛か、力か。 プレイヤーはこの国の行く末を見守る者となり、この国の未来はプレイヤーに委ねられます。 皇帝に逆らう者は処刑されてしまうため、プレイヤーは自分が何者であるかを隠しながら行動する必要があります。 カードには英雄・皇帝・精霊・賢者・貴族・死神・乙女・占師・兵士・少年の10種類の登場人物が描かれており、それぞれ特殊な効果を持っています。 プレイヤーが保持できるカードは1枚のみ。 それらを上手に選択し、見事最後まで生き残ることができたプレイヤーが勝者となります。 (Amazonより)• 作品名:XENO(日本語:ゼノ)• ゲームデザイン:株式会社NIRVA• イラスト・デザインワーク:TAKUMI(キャラクターイラスト)、久保俊介(パッケージイラスト)、株式会社NIRVA(カード裏イラスト)、CATTLEYA TOKYO(ロゴマーク)• ゲーム原案:カナイセイジ• プレイ人数:2〜4人• プレイ時間:推定3〜10分• 基本ルールはラブレターと同じく、カードの特殊効果を使用して他プレイヤーを脱落させていく。 一部カードの特殊効果が変更され、いきなり脱落する要素が減ることで最後までハラハラする展開が楽しめる。 内容物確認 カードの種類は全部で10種類。 カッコ良すぎるな…。 ウラにはルール説明が読めるQRコードが付いています。 XENO(ゼノ)の準備• ゲームカード18枚をよく混ぜ、机に伏せて置きます。 これを「山札」と呼びます。 各プレイヤーは山札からカードを1枚引き、手札とします。 全員が引き終わった後、山札からカードを1枚伏せたまま取り、山札の隣に横向きに置きます。 これを「転生札」と呼びます。 (英雄が皇帝以外の効果で捨てさせられた時、英雄を持っていたプレイヤーはこの札でゲームに復帰できます)• 最初に手番を行うプレイヤーを決めます。 最初のプレイヤーが決まったら時計回りに進めていきます。 XENO(ゼノ)のルール(ゲームの流れ) このゲームは、「手番」と呼ばれる区切りで進行します。 手番プレイヤーは、山札の一番上のカードを1枚引き、手札に加えます。 2枚になった手札から1枚選び、その1枚を場に出して公開します。 (効果は必ず発動しなければなりません)• カードの効果発動のタイミングはカードによって異なります。 公開したカードは「捨て札」となります。 各プレイヤーは自分の捨て札を自分の前に出します。 その際、 出した順番が分かるように、左から右へ表向きに並べていきます。 これらの捨て札は、他のプレイヤーが相手の手札を推理する鍵となります。 カードの効果を発動し終えたら手番終了です。 次は時計回りに、左隣のプレイヤーが手番を行います。 これを山札が無くなるか、プレイヤーが1人になるまで繰り返します。 「英雄」が転生した時のみ使用します。 脱落した場合 カードの効果によって脱落した場合、そのプレイヤーは必ず手札を公開し、自分の捨て札に加えます。 指名した相手 カードの効果の中には、効果の対象相手を指名するものがあります。 手番プレイヤーは、好きな相手を指名してください。 ただし、 「効果の対象相手」として、自分を選択することはできません。 死神、兵士の効果の対象相手にはカードを伏せさせずに、目視させておくとより高度な心理戦が楽しめます。 効果が発動しない時 手番プレイヤーによって「捨てさせられた」カードの効果は発動しません。 また、皇帝・死神・少年の効果によって山札からカードを引く際、山札が0枚であれば、効果は発動せず、そのままゲームは終了します。 カードの効果一覧 英雄:効果「潜伏・転生」…場に出すことができず、捨てさせられたら脱落する。 皇帝以外に脱落させられた時に転生札で復活する。 皇帝:効果「公開処刑」…指名した相手に山札から1枚引かせて、手札を2枚とも公開させる。 そしてどちらか1枚を指定し捨てさせる。 精霊:効果「交換」…指名した相手の手札と自分の持っている手札を交換する。 賢者:効果「選択」…次の手番で山札から1枚引くかわりに3枚引き、そのうち1枚を選ぶことができる。 残り2枚は山札へ戻す。 貴族:効果「対決」…指名した相手と手札を見せ合い、数字の小さい方が脱落する。 見せ合う際は他のプレイヤーに見られないよう密かに見せ合う。 死神:効果「疫病」…指名した相手に山札から1枚引かせる。 2枚になった相手の手札を非公開にさせたまま、1枚を指定して捨てさせる。 乙女:効果「守護」…次の自分の手番まで自分への効果を無効にする。 占師:効果「透視」…指名した相手の手札を見る。 兵士:効果「捜査」…指名した相手の手札を言い当てると相手は脱落する。 少年:効果「革命」…1枚目の捨て札は何の効果も発動しないが、 場に2枚目が出た時には皇帝と同じ効果「公開処刑」が発動する。 ゲームの終了と勝敗 次の条件のうち、いずれかが満たされた時ゲームは終了します。 山札がなくなった時 プレイヤーの手番の終了時に山札にカードが残っていない場合、ゲームは終了します。 この場合、 脱落していないプレイヤー全員が手札を公開し、その中でカードの強さ 数字 がもっとも大きいプレイヤーが勝者となります。 もっとも強いカードを持つプレイヤーが2人いる場合は、引き分けとなります。 1人を残して全員脱落した時 1人を除く全てのプレイヤーが脱落した時、その時点でゲームは終了します。 最後まで生き残ったプレイヤーが勝利となります。 全員が脱落した時 貴族の効果で対決した相手と手札の数字が同じだった場合は相打ちとなり、どちらも脱落します。 その時、他にプレイヤーが残っていない場合は引き分けとなります。 次の条件のうち、いずれかが満たされた時、ゲームは終了します。 XENO(ゼノ)の遊び方例 ここからは実際にXENO(ゼノ)を遊ぶ流れを説明します。 今回は4人でプレイしました。 占い師を引きました。 どちらを出そうかなー。 貴族を引きました。 最初に各プレイヤー1枚づつカードが配られます。 手番プレイヤーが山札からカードを1引き、どちらかを選んで場に出します。 場に出した効果を使用しながら相手を脱落させていき、最後まで生き残った人が勝者です。 このあたりはラブレターとほぼ同じプレイ感ですね。 XENOとラブレターの違いは大きく2つあります。 1つ目は若干カードの特殊効果が変更されている点。 例えば英雄は「転生」という効果があり、一度脱落しても転生で復活することができます。 これで最後に逆転で盛り上がります。 他にも賢者はカードを3枚引き1枚選ぶなど、ラブレターとはまた違った駆け引きが生まれます。 2つ目の違いはカードのデザインです。 これがすごいカッコいい! 本家ラブレターのファンタジー感溢れるデザインも好きですが、このカッコいいイラストも良いですね! 大人向けのイラストかもしれませんが、飾っても良いクオリティ。 値段も安いので1つ持っておいて損はないカードゲームです。 名刺入れくらい小さくて持ち運びやすく、短い時間でサクッと遊べる! プレイ時間は3〜10分程度と、本家ラブレターと同じく短い時間でサクッと遊べます。 人数も4人までとこれも同じですね。 ラブレターは4人プレイが一番面白いと思いますが、XENOの場合は転生で復活することもできるので、2人プレイでもそれなりの駆け引きが楽しめます。 対象年齢は子供でも遊べますが、説明書が付属していないのである程度ルールを覚えておく必要があります。 (ルールはカードに印刷されているQRコードから見ることができます。 ) 少人数が集まった時に、短い時間で手軽に遊びたい時におすすめですね。 770円で買える!ジャケ買いしたくなるカッコいいカードデザイン! カードのキャラクターデザインはTAKUMIさんという方が描かれています。 「ジャケ買い」という言葉がありますが、このカッコいいイラストはまさしくジャケ買いしたくなりますね! サイズは小箱サイズというか、無印良品で売っている薄い名刺入れくらい小さいので常にかばんに入れておいても全く邪魔になりません。 Amazonのレビューでどなたかが書かれていましたが、スリーブに入れると箱に入らないという意見があったので、その点については僕も同意ですね。 これだけキレイなイラストであまり汚したくないのでスリーブに入れたいです。 (要望) 価格770円(2019年11月現在、Amazon価格)ととにかく安い!汚れたらまた買えばいいか笑 購入は中田敦彦さんのサイトでも買えますが、Amazonで買う方が便利です。

次の