建国記念日 意味。 建国記念の日の意味は?ハッピーマンデー?建国記念日は間違い?

憲法記念日の由来と意味※建国記念日との違い

建国記念日 意味

スポンサーリンク 建国記念の日の意味と由来は? 建国記念の日はいつから始まったの? 建国記念の日は、1966年(昭和41年)の「国民の祝日に関する法律」(祝日法)の改正に伴い制定され、翌1967年(昭和42年)2月11日から適用されました。 もともとこの2月11日は「紀元節」という祝祭日でした。 この紀元節は、1948年(昭和23年)の祝日法の制定に伴い、廃止され、以降「建国記念の日」となっているのです。 建国記念の日の意味と由来は? 祝日法では、建国記念の日の趣旨について、「建国をしのび、国を愛する心を養う。 」と規定しています。 一方、以前の祝日であった「紀元節」は、「日本書紀」に記述されている初代天皇である神武天皇の即位の日として、1872年(明治5年)に制定されました。 この2月11日という紀元節の日付は、「日本書紀」において神武天皇が即位したとされる日に由来しています。 日本書紀では、初代天皇とされる神武天皇の即位の日が、紀元前660年1月1日 旧暦 と記述されていて、その即位の日を、明治になってから新暦に換算した日付が「2月11日」ということなのです。 紀元節であった頃は、当日は、各地の神社で「建国祭」などの祭りが執り行われていたようです。 なぜ「建国記念日」じゃないの? 法律では、2月11日は「建国記念の日」と定められていて、「建国記念日」とは書かれていません。 どうして「建国記念日」とは言わないのでしょうか。 なぜ紀元節は廃止されたの? 先にお伝えしたとおり、2月11日は、1873年(明治6年)に日本国の建国の日として「紀元節」と定められ祭日となり、その翌年から適用されました。 しかし、第二次世界大戦後の1948年(昭和23年)に、「紀元節を認めることにより、天皇を中心とする日本人の団結力が高まり、再び米国の脅威となるのではないか」という占領軍 GHQ の意向で廃止されたのです。 そして、1957年(昭和32年)2月13日には、自由民主党の衆議院議員らによる議員立法として「建国記念日」制定に関する法案が提出されました。 しかし、当時の野党第1党である日本社会党が反対したため、衆議院では可決されたものの、参議院では審議未了で廃案となってしまったのです。 その後、「建国記念日」の設置を定める法案は、9回の提出と廃案を繰り返すも、成立には至りませんでした。 1966年(昭和41年)6月25日、「建国記念の日」を定める改正祝日法が成立したのです。 スポンサーリンク 外国ではどうなの? 世界でも建国記念日を法律などで定めて祝日とする国は多いようです。 ただ、何をもって建国記念日とするかは、国によって異なっています。 アメリカ アメリカでは、1776年に大陸会議でアメリカ独立宣言に署名がされた日である 7月4日を「独立記念日」としています。 映画などでもよく採り上げられていますね。 フランス 1789年、バスチーユ牢獄襲撃・政治犯解放でフランス革命が始まった日である 7月14日を「パリ祭」として記念してます。 スペイン イスパニアデー(ナショナルデー)である 10月12日の起源は、コロンブスが1492年に初めてアメリカ大陸の地を踏んだ日です。 イタリア 国民投票により王制に代って共和制を政体とすることを決定した1946年6月2日を記念して、 6月2日を共和国記念日としています。 イギリス 建国記念日としての意味合いをもった祝日はありません。 これは、もともとイギリスは連合王国で、特定の構成国の建国記念日を採り上げると、連合体制を維持するのが困難になってしまうからのようです。

次の

2月11日「建国記念の日」とは、簡単に言うと何の日?「建国記念日」との違いや正しい意味を子供に説明する方法

建国記念日 意味

冒頭で、日本の2月11日は建国記念日ではなく建国記念の日だと述べましたが、日本もかつて2月11日は建国記念日として祝日となっていました。 なぜ建国記念の日になる前は、建国記念日と言われていたのでしょうか。 明治時代の話になりますが、日本神話(日本書紀や古事記)の中の登場人物で初代天皇といわれる 神武天皇が即位した日を日本の始まりの日とすることが決められました。 この、神武天皇が即位した日が日本が建国した日、つまり紀元の日とされるようになり、日本の建国記念日が誕生しました。 この建国記念日を「紀元節」とされ、当初の「紀元節」は太陰暦では1月29日でしたが、後の太陽暦で2月11日に改めて制定されることとなりました。 しかし、この「紀元節」はこのあと第二次世界大戦後に反乱を恐れた占領軍によって、一度廃止されることになってしまいます。 海外においては、独立記念日を建国記念日に定めている国が多くなっています。 先に紹介したアメリカ合衆国をはじめ、1947年イギリスから独立・パキスタンから分離したインドや、1991年ソ連が崩壊し独立を宣言したウクライナ、1822年ポルトガルからの独立を宣言したブラジルなどは、独立記念日を建国記念日としています。 また、1878年オスマン帝国より独立を宣言したブルガリアや1959年キューバ革命を達成したキューバなどは、解放記念日が建国記念日になっています。 他には、1955年永世中立国を宣言したオーストリアや、1932年にアラビア半島の大部分を占める主要4地域により統一国家として建国したサウジアラビアなど、建国記念日をそのまま定められている場合もあります。 「建国記念日」と「建国記念の日」の違いについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 日本には、明確な日付の建国日は存在していなかったんですね。 この記事を最後まで読んでいただいた方は、「建国記念日」と「建国記念の日」の意味の違いや、なぜ日本では「建国記念の日」と言われているかについて分かっていただけたと思います。 もしあなたの周りにも、この言葉をあいまいに使ってしまっている人がいたら意味を共有してみてください。 とはいえ、表現は違えど日本という国が長い歴史を経て、現在実在しているということには変わりありません。 これからの2月11日には、私たちが幸せに安全に暮らすことができる日本という国ができたことに対して、感謝の気持ちを心に思い浮かべながら過ごしてみてはいかかがででしょうか。

次の

建国記念日の意味や由来を徹底解説!「建国記念の日」との違いは?

建国記念日 意味

2020年の建国記念の日はいつ? 「建国記念の日」は毎年2月11日です。 2020年は2月11日(火)です。 「建国記念の日」意味と由来とは? 昭和41年(1966年)に 「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として定められた国民の祝日です。 もともとは、 日本の初代天皇である神武天皇が即位された紀元前660年2月11日を「紀元節(きげんせつ)」として、明治5年(1873年)から昭和23年(1948年)まで祭日にしていましたが、戦後、GHQ(連合軍総司令部)が皇室と神道の関係が深いなどの理由から、祭日を廃止しました。 しかしその後、紀元節を復活させようとする動きが高まり、建国を記念するための祝日を設けることとなり、「紀元節」から「建国記念の日」と名前を変え、昭和41年(1966年)に国民の祝日として認められ、翌年から適用されました。 関連: 日本はどうして「建国記念日」ではなく「建国記念の日」なの? 「建国記念日」とは、文字通り「建国を記念する日」です。 「記念日」とは、歴史的事実として日付が確定している日を記念するという意味があり、「記念の日」とは、日付は確定していないけれどそのことを記念する日という意味になります。 建国の定義は国によってさまざまですが、多くの国は「この日に建国された」と、日付が歴史的事実として確定しています。 例えば、アメリカの建国記念日は「独立記念日」とされ、1776年の大陸会議でアメリカ独立宣言に署名がされた日です。 ほかにも、1991年8月24日にソビエト連邦が崩壊し独立を宣言したウクライナや、1957年3月6日にイギリスから独立したガーナなど、建国記念日を「独立記念日」としている国は世界に多く存在します。 1944年11月29日にイタリア軍からの解放を宣言したアルバニアや、1878年3月3日にオスマン帝国より独立を宣言したブルガリアのように「解放記念日」としている国もあります。 1955年10月26日に永世中立国を宣言したオーストリア、1291年8月1日にスイス制約同盟が結ばれたスイスなどのようにそのままの呼び方で「建国記念日」としている国もあります。 しかし、日本の場合はその日付が明確ではありません。 神武天皇が即位された日は、日本書紀にも記されているのですが、神武天皇は日本神話の人物であり、実在しなかったと考えている人もいるため、紀元節を復活させようと話し合っているときに、神武天皇が即位された日を祝日にすべきかどうかで議論となったそうです。 紀元節を復活させようという動きは昭和26年(1951年)ごろからみられ、昭和32年(1957年)には自由民主党が「建国記念日」制定に関する法案を提出しました。 しかし、当時の野党第一党の日本社会党が反対し、衆議院では可決されたものの、参議院では廃案になります。 その後、「建国記念日」を制定しようとする法案は提出と廃案を繰り返し、紆余曲折を経て、昭和38年(1963年)、 名称に「建国記念の日」と「の」を挿入することで、建国されたという事そのものを記念する日であると解釈できるようにし、昭和41年(1966年)に「建国記念の日」を定める祝日法改正案は成立し、2月11日は「政令で定める日」と定められました。 「建国記念の日」に「の」が入っているのはこんな深い訳があったのですね。 神武天皇が即位されたのは紀元前660年のことですから、2020年は建国から2680年経っていることになります。 そのため、日本は世界最古の国ともいわれています。 神武天皇が神話の人物だという議論は現在も続いていますが、2月11日が建国記念の日であることは事実です。 日本という国ができた事を祝う日なのですから。 また、世界中の建国記念日を調べていく中で、独立した日や解放された日を建国記念日としている国が多く存在することを知りました。 日本は占領された歴史がなく、いつの間にか国が出来上がっていたために、明確な建国の日付を記す記録がないんですね。 関連: 関連: -.

次の