ご 了承 願い ます。 ご了承願います。という日本語はおかしいでしょうか?正しく...

ご了承いただきの意味と使い方|目上に使える?快諾・了解との違いは?

ご 了承 願い ます

ご了承 / 「聞き入れてもらう」または「認めてもらう」ときに使用する敬語。 類語に「ご承知」「ご了解」「ご容赦」などがある。 誠に勝手ながら来る1月1日から1月4日までを年末年始のお休みとさせていただきますので、何とぞご了承ください。 12月30日から1月4日まで、年末年始休業とさせていただきます。 ご迷惑をおかけすることと存じますが、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます• 2週間のご猶予をいただけませんでしょうか。 ご無理を申し上げますが、なにとぞ事情をおくみ取りいただきご了承くださいますようお願い申し上げます• 皆様には大変ご不便をお掛けいたしますが、何とぞご承知くださいますようお願い申し上げます• 貴社におかれましても、いろいろなご事情がおありと存じますが、何とぞご了承いただきたくお願い申し上げます。 11月5日までにお支払いなき場合は、遺憾ながら相応の手段をとらせていただきますので、ご承知おきください。 7月以降でしたら参加できますが、今月は貴意に添い兼ねますので、事情をご賢察のうえ、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます• 勝手ながら来る3月10日は、臨時休業とさせていただきます。 ご迷惑かと存じますが、なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。 なお、弊社の仕事始めは1月5日からとなります。 なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。 今回の貴兄のご要望には添いかねますこと、何とぞ悪しからずご了承ください。 応募者多数のため貴意に添いかねることになりました。 何とぞ、悪しからずご了承ください• の際は、遺憾ながら相応の手段をとらせていただきますので、ご了承ください• 折角ながら今回はお断わりさせていただきます。 何とぞご了承のほどお願い申し上げます。

次の

「ご了承ください」のビジネスメールでの正しい使い方!意味や類語、英語表現もあわせて解説

ご 了承 願い ます

会社で働く上で、社内を含め、お客様とメールのやり取りをするのは必須です。 そんなメールのやり取りの中で、こんなときはどんな風に言い回してメールを送ればいいのだろうと悩むことはありませんか?「了承いたしました」や「微力ながら」といったビジネスメールでお決まりのフレーズを例文を交えて紹介していきます。 ビジネスメールで使える承諾のフレーズや例文、また、言い回しの違いについてご紹介します。 これらを参考に、万が一承諾メールを送る場面になった際にも、きちんと送りましょう。 承諾する旨をメールで伝える例文 承諾する旨をメールで伝える例文はこちらがあります。 様々な場面で使える承諾メールの「了承いたしました」 「了承いたしました」といったフレーズは様々な場面で使えます。 それでは例文を参考に活用していきましょう。 : ご依頼の件、承りました。 : 訪問時間の変更につきまして、 承知いたしました。 :登録解除の件、了承しました。 : 日程変更の件、了承いたしました。 :納期延期の件、わかりました。 : ご出席者数の変更の件、かしこまりました。 :忘年会の幹事の件、おやすいご用です。 : 講演会の講師の件ですが、お受けすることにいたします。 :先日ご依頼いただいた件、お引き受けします。 : 公正証書作成代理のみのご依頼もお引受け致します。 :日程申請いただいた件について、下記のとおり受諾いたします。 :ご依頼のお仕事の件、喜んで協力させていただきます。 :どこまで期待に応えられるか分かりませんが、私が少しでもお役に立てれば幸いです。 : 本日からお世話になります。 微力ながら精一杯がんばりたいと思います。 :プロジェクトリーダ就任の件、承知いたしました。 ご期待に添えるよう精進いたします。 :及ばずながら、お力になれれば幸いと存じます。 メールで使う承諾フレーズの違いとは ビジネス上で、承諾の旨を伝えるメールを送る時に 「分かりました」 という意味合いで使われる言葉に 「了解しました」 「承知いたしました」 「了承しました」 「かしこまりました」 などのフレーズがありますね。 皆さんはこの承諾の旨を伝えるメールでのフレーズの意味と使い分け方を理解できていますか?いざ承諾の旨をメールで送る時に、どのフレーズを使ったらいいのだろうと悩んでしまう事はありませんか? 「了解いたしました」とは目下に対して使う言葉 「了解いたしました」は、承諾メールで送る時は同僚もしくは目下に対して使う言葉です。 「了解いたしました」というのは、「了解」に「いたしました」をつける事で、丁寧語にはなりますが、尊敬語ではないため、お客様や目上に対して使うのは失礼にあたります。 「承知しました」とは目上の人に使う適切な言葉 「承知しました」は承諾の旨を伝えるメールでは尊敬語になりますので、お役様や目上の人に対して使うのに適切と言えます。 ビジネスシーンでも使う頻度は大変多いため、覚えておきましょう。 「それでいいですよ」という意味合いになりますので、目上が目下に使うのが正しい使い方となります。 お客様や目上の人に使わないよう注意しましょう。 この場合、お客様へは「承りました」目上の人へは、「承知しました」が承諾の旨をメールで伝える時の正しいフレーズの使い方です。 ビジネスメール例文フレーズ「承諾」 依頼や申し入れへの承諾には、まず感謝の気持ちを伝え、丁寧な表現と前向きな気持ちで承諾の返事をしましょう。 依頼された側である場合、どうしても相手より立場が上だと思いがちですが、今後のやりとりも含め謙虚な姿勢で対応することを心がけましょう。 この度は、飲み会のお誘いをいただきまして、 誠にありがとうございます。 ぜひ、日程の調整をさせて頂きたく存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 メールを頂き、誠にありがとうございます。 この度はミーティングのご提案を頂き、誠にありがとうございます。 ぜひ、直接のお話をさせて頂きたく存じます。 ご予定の調整のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 それではご連絡をお待ち申し上げております。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 ご丁寧なお返事をいただき、誠にありがとうございました。 日程調整が難しいとのこと、確かに承りました。 弊社としましても、 早い段階からご依頼できればよかったのですが、 社内で結論が出るまでに時間がかかってしまい、 申し訳ございません。 また、次の機会にもぜひ、 お声をかけさせていただきたく存じます。 今後とも、宜しくお願い申し上げます。 「微力ながら」のフレーズで謙虚に相手へ伝える それでは最後に「微力ながら」という、こちらもビジネスメールはお決まりのフレーズを例を使って紹介します。 「微力ながら」は、自分の能力をへりくだって(謙遜して)相手へ言うときの表現です。 自分は「力足らずですが」や「力が乏しいですが」というようなニュアンスです。 ぜひ「微力ながら」の言い回しに困った時の参考にしてみてください。 了承いたしました・微力ながらの例文を参考に正しい承諾メールを送ろう 承諾の旨をメールで伝えるフレーズや、「微力ながら」と謙虚に相手へ伝えるときの言い回しの例文を見ていきましたが、いかがでしょう。 ビジネスシーンでは、きちんと承諾した確認を相手に伝えるマナーというのがあります。 改めて「了承いたしました」は主に目上の人が目下の人に使う言葉ですので、目上の人や取引先の人に使ってはいけません。 「承知いたしました」という言葉を使うようにしましょう。 こういった言葉選びや、言い回しこれは仕事をするうえで、とても重要です。 今回紹介した例文やフレーズを参考にして、どんどんメールのやり取りをすれば、自然とフレーズが身につくはずです。 ぜひ正しい承諾フレーズを使い分けて活用していってください。

次の

「ご了承ください」の意味や使い方、例文、返信、類語

ご 了承 願い ます

意味は「ご了承くださいますよう」と一緒ですが、先程説明した通り「くださいますよう」の「ください」は「くれ」の敬語で「くれ」は命令形なのであまり好ましくはないです。 「いただけますよう」に言い換えるべきです。 「いただけますよう」は「いただく」と「ますよう」の組み合わせです。 「ますよう」は先程説明したので省略します。 「ください」は敬語ですが命令形。 「いただく」は「もらう」の謙譲語表現です。 「ご了承いただけますようお願いいたします」にすると、へりくだってお願いしています。 意味は一緒でも「わかってくれ」と「わかってもらう」では全く違います。 命令とへりくだりという大きな差があります。 ちょっとした言い換えで印象が大きく変わりますので注意しましょう。 人によっては「くださいますよう」とはどういうことだ。 「いただけますよう」の間違いだろう。 なんてこともあり得ますので注意が必要です。 クレームの場合、相手は怒っていますので、怒りを逆撫でしないように細心の注意をを払わなければ二次クレームに発展する恐れがありますので、言葉を慎重に選ぶ必要があります。 ここで注意しなければいけないことはクレームの内容です。 例えば飲食店での食中毒事故などの場合は、了承していただけるようなレヴェルではないので、使えませんというか絶対に使うべきではありません。 使えるのは、例えば納品の遅延、それも輸送中の事故による場合や、お客様の勘違いのような場合の軽度なクレームの場合に限り使えます。 判断が難しいので使い分けがとても重要です。 まずはお客様の話に同調しながら話を聞いて、「只今お調べしますので少々お時間をいただいてもよろしいでしょうか」と言って確認をとり、納品の遅延の理由やお客様の勘違いであることを丁寧に説明し、納品日が分かる場合は告げて、もう少しお時間をいただけるように「何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます」と続け、お願いをします。 事の重大さ、つまりどの位のレヴェルの事案なのかで使い分けをします。 これ位なら「ご了承くださいますよう」でいいいだろう。 いや「ご了承いただけますよう」だろうと悩むこともあり得ますが、双方の意味を理解していればしっかりと使い分け出来ます。 欠品や販売中止、臨時休業といったお知らせや、同じ部課内への告知などの場合は「ご了承くださいますよう」で充分ですが、納品の遅延に対するクレームや、重要な会議の欠席、繁忙中の上司への休暇の取得のお願いなどの場合は「ご了承いただけますよう」を使います。 上手に使い分けるのもいいのですが、微妙な場合は「ご了承いただけますよう」を使っておいた方が無難です。 また、常に「ご了承いただけますよう」を使った方が良いとも言えます。 例えば通販で購入した商品がまだ届かないんだけど、どうなってるんだ。 というようなクレームで、HP上では1週間から10日お時間をいただきます。 となっているのに、実際には注文してからまだ5日しか経っていないというような、お客様の勘違いだというような場合の例文です。 悪い例は、お客様、この商品は大変人気の商品で1週間から10日はかかってしまう商品なんです。 まだ5日しか経ってないのでもうちょっと待ってください。 これはちょっと大げさな例です。 「ご了承いただけますよう」を使った推奨例は、「お客様大変お待たせして申し訳ございません。 こちらの商品なんですが、1週間から10日程お時間をいただいている商品となっております。 お調べしたところ、あと2日で到着することが確認出来ております。 お急ぎのところ大変恐縮ですが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。 」「くださいますよう」ではなく「いただけますよう」に言い換えましょう。 了承を英語にした場合、主たる英語は:understandingです。 同意と解釈する場合は:an agreement 、許可と解釈する場合は:permissiontoとなります。 ご了承くださいの英文は:We kindly ask for your understanding. 素直に訳せば「何とぞご理解くださいませ」という風になります。 I hope you will understand this. 「ご理解くださるよう願います」という意味合いの表現です。 Thank you for your understanding. こちらは「ご了承いただけますようお願い申し上げます」という意味合いの表現です。

次の