コロナ ウイルス 中国 死亡。 【新型コロナウイルス】 公表前に危険を警告した中国人医師が死亡

中国新型コロナウイルスによる死者数は事実じゃない?実際はもっと多いって本当?|話題の口コミ福めぐり

コロナ ウイルス 中国 死亡

地元メディアの報道によると、眼科医のリー(李)さんは、現地時間の2月7日2時58分、新型コロナウイルスによる肺炎で死亡した。 リー(李)さんは2019年12月に新型コロナウイルスについて医師仲間に警告し、警察に一時的に拘束された。 2019年12月30日に医師仲間に新型ウイルスについてメッセージを送ったリー(李)さんは、「虚偽の発言をした」「噂を撒き散らした」として警察当局から出頭を求められた。 リー(李)さんは、警察当局が「噂を撒き散らした」として捜査を行ったとしている8人のうちの1人だった。 WHOがお悔やみのメッセージ 世界保健機関(WHO)は、リー(李)さん死亡の知らせを受け、お悔やみのメッセージを発表した。 世界保健機関(WHO)は、ツイッター(Twitter)を通じて、 「リー(李)医師の死亡はこの上なく悲しい。 我々は皆、新型コロナウイルスに関するリー(李)医師の活動に感謝している」と述べ、お悔やみの気持ちを表明した。 中国の死者636人に 中国の保健当局からの発表によると、この24時間で新型コロナウイルスにより73人が死亡し、死者の数は636人になった。 感染者も3143人増え、3万1161人となった。 《新型コロナウイルスの経緯》 新型コロナウイルスによる肺炎の発症は、フーベイ省(湖北省)のウーハン(武漢)市で2019年12月19日に初めて確認された。 ウーハン(武漢)保健委員会は2019年12月31日に、新型コロナウイルスの発生源とされるウーハン(武漢)市内のファーナン(華南)海鮮市場を閉鎖した。 1月23日には、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するために、ウーハン(武漢)の市内の公共交通機関(地下鉄、路線バス、長距離バス、フェリー)を運行・運航を一時停止し、鉄道の駅と空港を閉鎖した。 (2020年2月7日 金曜日).

次の

新型コロナ、真の被害規模示す「超過死亡」 専門家ら注目 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

コロナ ウイルス 中国 死亡

李医師の死亡をめぐっては各報道で食い違いが見られたが、人民日報によると、李医師は7日午前2時58分に死亡したという。 同僚に周知し、警察から口止め 李医師は昨年12月、2003年の世界的エピデミック(伝染病)を引き起こしたSARSに似た、とあるウイルスによる7つの症例に気が付いた。 同月30日、李医師はチャットグループに入っている同僚の複数医師に対し、アウトブレイクが起きていると警告するメッセージを送信。 防護服を着用して感染を防ぐようアドバイスした。 しかしその後、警察から「虚偽の発言」をやめるよう指示された。 <関連記事>• 李医師の死亡をめぐる報道 李医師の死亡をめぐっては、環球時報や人民日報、そのほかの中国メディアが6日に先に報じた。 当初、6日午後9時30分に李医師の死亡が確認されたとして、中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボ)」では大きな反響を呼んだ。 人民日報は、李医師の死亡は「国民の悲しみ」を引き起こしたとツイートした。 しかしその後、環球時報は、李医師には体外式膜型人工肺(ECMO)が取り付けられ、危篤状態にあると報じた。 「政府職員が介入」と 現場に居合わせたジャーナリストや医師は、BBCやほかのメディアに対し、政府職員の介入があったと証言。 国営メディアは、李医師が今も治療を受けているという報道内容に変更するよう指示されたという。 人民日報はその後、李医師の死亡時刻を修正し、「我々は、新型コロナウイルスに対処している最中、不幸なことにそのウイルスに感染した、武漢の李文亮医師の死を深く悲しんでいる。 懸命な治療が施されたものの、2月7日午前2時58分に死去した」とツイートした。 Image copyright Li Wenliang Image caption 警察が李医師に署名を求めた書簡には、「我々は、あなたが落ち着くこと、そしてそれを行動に反映することを望む」と書かれている 李医師は、警察が「うわさを拡散」したとして捜査を行ったとしている8人のうちの1人。 今年1月末、李医師は中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボ)」上で、この時の書簡のコピーを公開し、何があったのかを説明した。 咳、発熱があっても陰性 李医師は、1月10日に咳をし始めて、翌日には発熱があり、2日後には入院することになったと、「微博」に経緯をつづった。 李医師の両親も体調を崩し、病院へ搬送されたという。 10日後の1月20日、中国政府は新型ウイルスのアウトブレイクについて、緊急事態を宣言した。 李医師によると、コロナウイルスの検査を複数回受けたが、そのいずれも陰性だったという。 1月30日、李医師は再び「微博」に投稿。 「今日の核酸増幅検査で陽性反応が出た。 一件落着した。 やっと診断が出た」と書いた。 湖北省では高層の建物のエレベーターの電力を切り、住民が外出しにくくしている。 武漢市職員によると、市内では医療用ベッドや機材が不足しているという。 ソーシャルメディアには、武漢市職員が一軒一軒をまわり、住民の体温を測っているといった話が上がっている。 品薄状態のマスクをめぐっては、四川省重慶市が購入したマスクを、雲南省大理市側が取り上げ、市民に配布したとして批判された。 山東省青島市と遼寧省瀋陽市が、医療関係の輸送品をめぐり言い争ったとの報道もある。 中国での当局の厳しい対応には批判が上がっている。 国際人権組織のヒューマン・ライツ・ウォッチは、中国は「巨大ハンマーを手にしながら公衆衛生に対処している」と述べた。 一方、香港では、トイレットペーパーを含む日用品などの購入をめぐりパニックが起きているほか、マスクを求めて長い行列ができている。 最新の感染状況 新型ウイルスは25カ国にも拡大しているが、中国大陸以外での死者はわずか2人(香港1人、フィリピン1人)に留まっている。 一部の科学者は、多くの感染者には症状があまり現われず、治療を受けない人がいると指摘。 症状がなくても人に感染する恐れがあることから、実際の感染者は中国当局の発表の10倍以上いる可能性があるとしている。 イギリスは6日、国内で3人目の感染を確認した。 日本では、新型ウイルスに感染していた香港の男性が乗船していた大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が横浜に停泊中で、検疫が実施されている。 乗客乗員は船内で少なくとも14日間隔離されることになっている。 7日には、新たに41人の感染が確認された。 クルーズ船での感染者数は合わせて61人に上ったとNHKが報じた。 香港では、乗客乗員約3600人が乗ったクルーズ船で、3人の感染が確認された。

次の

日本人は新型コロナウイルスに対して免疫を持っている可能性 低い死亡率の原因?

コロナ ウイルス 中国 死亡

point• 新型コロナウイルスに感染した日本人の免疫反応は、既に同種のウイルスに感染済みのパターンを示した• 日本人に免疫学習をさせたのは風邪コロナウイルスだった可能性がある• 感染症の発生源から遠く離れた地域の生物は、感染症に耐性がない 世界各地で感染を広げているですが、国によって感染者の増加率や死亡率に大きな差があることがわかってきました。 これらの差は国による検疫の違いの他に、ウイルスそのものが変異して引き起こされた可能性がで示唆されています。 しかし今回、東京大学などの研究者たちによって日本人の免疫反応が詳しく調べられた結果、 日本人には新型コロナウイルスに対する免疫が一部存在していることが示唆されました。 これらの免疫力は、2003年のSARS発生後もコロナウイルス(弱毒化したもの)が断続的に東アジアで発生しており、東アジア人の間に風土病として流行することで獲得されていたとのこと。 もし今回の研究結果が事実ならば、風土病となったコロナウイルスが、日本人に新型コロナウイルスと戦うための免疫学習の機会をあらかじめ与えててくれたことになり、日本における低い死亡者の説明になります。 では風邪コロナウイルスは、どのようにして日本人に免疫を与えていたのでしょうか? 即応抗体(IgM)と専門抗体(IgG) Credit: ウイルスに感染すると、人間の体はウイルスを排除するための抗体が生産されます。 私達が細菌やウイルスに感染したときに 最初に生産される抗体が「IgM抗体」で、早期対応のための幅広いウイルス認識力を持っています。 また、IgM抗体によってある程度ウイルスの認識が進むと、 対象となるウイルスの排除に特化した「IgG抗体」が作られます。 IgG抗体は感染を排除した後も残り続けるため、再度ウイルスが侵入したときに素早くIgG抗体が増殖でき、2回目の感染を防止します。 Credit: そのため、上の図のように、IgM抗体とIgG抗体のどちらが多いかを調べることで、患者が似たようなウイルスに感染した経験があるかどうかの調査が可能になります。 もし日本人が新型コロナウイルスに対して免疫力を持っていた場合、IgM抗体とIgG抗体の増加パターンは上の図の右側のように、IgG抗体の増加のほうが先に高くなるはずです。 では、実際の調査結果をみてみましょう。 日本人は新型コロナウイルスに対して免疫がある? 日本人の感染者は学習の結果である「IgG抗体」を新型コロナウイルスに対して素早く使用できた。 Zoomにて放映された資料の一部。 図が示す通り、 日本人の感染者の多くが即応型のIgM抗体より先に、学習によって生まれるIgG抗体を多く生産していました。 このことは、日本人の多くが新型コロナウイルスに対する免疫学習を、既に行っていたことを意味します。 また今回の研究では、IgM抗体の生産が緩やかな場合には、重症化しにくいことが明らかになりました。 重症化はウイルスによる直接的な細胞の破壊ではなく、免疫の過剰反応が原因として知られています。 感染の初期において、広範な影響力を持つIgM抗体よりも、専門化されたIgG抗体が多く生産されることで、免疫も過剰応答を避けることができると考えられます。 また、2003年にSARSウイルスが発生した以降も、東アジア地域では断続的にコロナウイルスの発生が続いていた可能性も言及しています。 そしてこれらの未確認のコロナウイルスが、東アジア人の多くに「先行して風邪として感染」した結果、新型コロナウイルスに対する免疫力が獲得されたと結論づけているのです。 未知の風邪コロナがワクチンになっていた可能性 検疫体制の違いだけで死亡率が116倍も開くとは考えにくい。 中国のでは、 新型コロナウイルスに感染した経歴のない人間の34%に、新型コロナウイルスを認識する抗体の生産能力があることがわかりました。 この抗体は、新型コロナウイルスが発生するより前の2015年から2018年に得られた血液サンプルにも存在しており、この抗体が新型コロナウイルス以外のウイルス(おそらく風邪コロナウイルス)によってもたらされた可能性を示唆しています。 このころから中国の研究者は、既存の風邪コロナウイルスによって新型コロナウイルスに対する免疫力が人間に付加されたと主張していました。 日本と中国の結論は多くの点で一致しており「断続的に発生する弱毒化したSARS(日本の説)」または「古くからの風邪コロナウイルス(中国の説)」といった他のコロナウイルスからの感染が、新型コロナウイルスに対する、一種のワクチンとなったとしています。 この事実は、風土病に対する一般的な認識と同様です。 すなわち、 感染症の発生地域の人間・動物・植物には、何らかの耐性があるのに対して、遠く離れた地域の生物には免疫がないとするものです。 かつてのペストのように、元々はアジアの病気であったものがヨーロッパやアメリカに広ると、被害がより大きくなる傾向があります。 国の検疫対応、変異したウイルスの型、そして今回明らかになった他のコロナウイルスによる事前の免疫学習。 新型コロナウイルスの流行の原因は様々であり、現状ではどれが決定的な原因かはわかりません。 しかしウイルスの情報が増えれば増えるほど、解決への道も開けていくでしょう。 研究内容は東京大学 先端科学技術研究センター の川村猛氏らによってまとめられ、5月15日にZOOMウェビナーで先行発表された後に、世界五大医学雑誌の一つである「The Lancet」に投稿済みです。

次の