新型コロナ なんj。 新型コロナウイルス関連情報

新型コロナ生活苦で浮上している「ベーシックインカム」国民すべてに一定額を毎月支給: J

新型コロナ なんj

2019新型コロナウイルス 2019新型コロナウイルス(2019しんがたコロナウイルス、英語: Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2, SARS-CoV-2[1])とは、国際ウイルス分類委員会(ICTV)により分類、命名されている病原性のウイルスである[2]。 また、世界保健機関(WHO)によって、暫定的に2019-nCoVと名付けられていた[3][4][5]。 この コロナウイルスは、2019年-2020年中国武漢における肺炎の流行の原因ウイルスとなっており、東アジア・東南アジアを中心とし世界各地に拡散しつつある。 ただし、2020年1月下旬時点での主要なアウトブレイクは中国大陸に限局されている[13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23]。 引用・出典: パンデミック パンデミック(英語: pandemic)とは、 ある病気(感染症)が国中あるいは世界中で流行すること[1]。 ある感染症(特に伝染病)の(顕著な感染や死亡被害が著しい事態を想定した)世界的な流行[2][3][4][注 1]。 世界流行[5]とも。 パンデミックとは何らかの病気、特に感染症が、ある国の中のそこかしこや、国境を越えて世界中で流行することである。 そして2020年、 新型コロナウイルスが中国の武漢市から流行し、2月末現在で全世界で8万人程の感染者、3000人ほどの死者が出ており、発見されてない感染者と死者数は確認されてる10倍ほどにもなると予測されている。 引用・出典: 《新型コロナ》感染者ゼロの岩手県、ひと桁の鳥取県・島根県に見る「共通点」 世界中で感染者が160万人を超え(10日集計)、猛威をふるい続けている新型コロナウイルス。 日本でも4月7日に東京や神奈川など7都府県に対して緊急事態宣言が発令された。 そんな中、4月10日現在、いまだに感染者が確認されていない県は岩手県だけだ。 この記事を入稿した4月10日に鳥取県、前日の9日に島根県に感染者が出てしまったが、この3県は、3月30日に富山、31日に山形で初の感染者が確認されて以降、感染ゼロ県として頑張ってきた。 県民感染第一号になりたくない そして核心となる「感染者がゼロもしくは少ないのはなぜ?」と聞くと、「そもそも国内外からの人の移動が少ない」(岩手・43歳男性)、「有名企業もなければ、砂丘以外人気の場所がないから人が来ない」(鳥取・64歳男性)なんて自虐的なコメントも。 ただ、検査については思うところがあるらしく、「実際に検査数が少ないだけで、隠れ感染者がいるのでは? 今はとにかく県民感染第1号になりたくない」(岩手・54歳女性)、「自分のことや他人のことを思いやっている結果だと思うが、仮に自分が感染してしまったら、周囲の目が厳しいのはわかっているから」(島根・55歳女性) 実は、このような意見は多く、感染したらすぐに身元がバレてしまうので、それだけは避けたいという気持ちが慎重な行動に結びついているようだ。 引用・出典:.

次の

【悲報】岩手県、なぜか新型コロナウイルスに感染しない「なお東京からコロナ疎開した感染者は焼却した模様」「アンチ乙、たまたま燃えただけだぞ?」

新型コロナ なんj

新型コロナウイルスの怖さは突然重症化して、その発動条件が読めないこと。 重症化したら人工呼吸器がないと死ぬ。 人工呼吸器で挿管して肺を2週間休ませると回復する場合もあるが、長期間ICUもベッドも占拠するが厄介。 ベッドも医療従事者も人工呼吸器も有限だから。 無気肺化しても再含気できる人もそこそこいるが、戻らず索状に瘢痕化する人もいる。 以下はこの医師の類推ですが参考になります.......... 自粛は長く続きそうだが経済パニックを恐れて多分小出しにしているのではないか。 だから2週間、2週間と先延ばにしている。 日本で感染者死者数少ないのは、多分日本人の衛生観念のおかげ。 そのため多くの日本人は楽観的だったが、欧州の死者激増が心理的にストッパーになっていそう。 飲食イベント系会社は最終的に生き残れば勝ちと思っていくしかない。

次の

プロ野球とJリーグを阻む、新型コロナ「基本再生産数」の壁

新型コロナ なんj

「第2回新型コロナウイルス対策連絡会議」を終え、会見に登壇した(左から)Jリーグ村井満チェアマン、専門家チームの三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)、座長の賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部感染症学教室特任教授、東北大学名誉教授)、舘田一博氏(東邦大学医学部微生物・感染症学講座教授)、日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナー。 撮影:大塚淳史 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は3月9日、20日に予定していた開幕戦の延期を発表。 続いてJリーグも、18日に再開を予定していた公式戦の「3月いっぱいの延期」を決めた。 今後、プロ野球は4月中の開催を目指し、Jリーグは4月3日の公式戦再開を目指す。 なお、プロ野球の開幕戦延期は、東日本大震災のあった2011年以来。 公式戦開催に向け準備してきたが、それを阻んだのは新型コロナウイルス感染者の「 基本再生産数」だった。 NPBは3月9日午後に、プロ野球の開幕戦延期を発表。 ともに会見に出席した、オリックス・バファローズの湊通夫球団社長(左から2人目)、巨人の今村司球団社長(右から2人目)はともに「断腸の思い」と話した。 撮影:大塚淳史 Jリーグは午後6時から各クラブとのウェブ会議を行い、村井満チェアマンが午後7時半から囲み取材で公式戦再開延期を発表し 「(各クラブと)4月3日の再開に向けて取り得る手段を尽くして、次に向けて努力していく」と確認したという。 今回の再延期を受けてJリーグは、• 公式戦日程の調整• 競技の公平性などリーグのコンペティションの判断• 各クラブの財務状況をサポート• ファン、サポーター、クラブなど各ステークホルダーの安全・安心な観戦の準備 という4つのプロジェクトを発足したことを説明した。 今後、各プロジェクトを動かしながら、公式戦再開に備えていく。 専門家が再三言及した「基本再生産数」とは何か? 特定の感染症に対して免疫をもたない人の間で、感染症が広がっていくイメージ図(感染者は青色)。 1番から順に感染症が広がるとすると、人により、3人にうつす人もいれば、誰にもうつさない人もいる。 この図の場合、1人の感染者が感染症をうつした人数を平均すると1. この数値が「基本再生産数」となる。 出典:日本疫学会新型コロナウイルス関連情報 基本再生産数(Basic Reproduction Number)とは、 1人の感染者から平均して感染させる人数を意味する指標。 感染症は人づてに広がるが、1人の感染者からうつる人数は決まっていない。 誰にもうつさずに治る人もいれば、4人、5人と感染を広げることもある。 感染症の流行が広がるか収束するかは、その感染者たちのバランスによって決まる。 そして基本再生産数は、ウイルスの性質だけではなく、咳エチケットや手洗いなどの感染対策の有無や、人との接触回数など、環境の影響で大きく変わる。 斉藤コミッショナーは、 「専門家の方々から話された『基本再生産数』、罹患する1人の患者から(ウイルスが)出されて、2人、3人、4人と増加している段階では、 たくさん人が集まる野球では、なかなか難しい状況」 と判断を下した。 プロ野球の開幕戦延期をはじめとしたイベントの自粛や、全国の一斉休校は、人と人との接触を少なくすることで、基本再生産数を小さくするためのものだと言える。 現状、コロナウイルス(COVID-19)の基本再生産数は、1. 4 〜 6. 49(平均:3. 28)だと推定されている(日本疫学会新型コロナウイルス関連情報より引用)。 専門家チームから、 具体的にいくつに下がれば再開相当なのか、会見では説明はなかった。 他には「コロナ対策の認知、教育の必要性」「現実的なスタジアムで対策準備不足」といった提言はあった。 先に行われた「新型コロナウイルス対策連絡会議」後の会見では、賀来氏が 「(プロ野球、Jリーグ)ともに観客の方々の感染予防や、感染リスクをゼロにするのは難しい。 また、あと1週間で、選手、スタッフ、家族を含めた健康管理構築体制、入場チェック体制、やはりまだ準備をする必要があるのではないか」 と指摘した。

次の