ブエノスアイレス 意味。 アルゼンチンの旅で使える会話・フレーズ|地球の歩き方

ブエノスアイレス

ブエノスアイレス 意味

曲名の意味は、スペイン語で「小道/小径」。 ブエノスアイレスのボカ地区にある同名の通り(下写真)が同曲と関連付けて紹介される。 作詞家の故郷にある小道がモデルだという。 歌詞の意味・日本語訳については後掲する。 有名なカバーとしては、カルロス・ガルデル(ギター伴奏)、リベルタ・ラマルケ、フリオ・イグレシアス、プラシド・ドミンゴらによる録音が知られている。 ちなみに、過去には日本語の歌詞がつけられ、1961年・1962年のNHK紅白歌合戦でこの日本語版が歌われている。 歌詞の意味・日本語訳 1. 彼女は去ってから 二度と戻って来なかった 僕も同じ道を行く 小径よ さらば 2. 彼女は去ってから 二度と戻って来なかった 僕も同じ道を行く 小径よ さらば カミニートのカラフルな建物について 写真:カミニートのカラフルな建物(出典:Wikipedia) カミニートの通りに立ち並ぶ建物の外壁は、赤・青・黄・緑などの色鮮やかな原色・パステルカラーで芸術的に塗り分けられているが、実はこれもタンゴ『カミニート』と関連があるという。 家々の壁やテラス、屋根が原色で大胆に塗り分けられているこの独特の一角は、フィリベルト作のタンゴの名曲「カミニート」を記念して、彼の親友であるボカ生まれの画家、キンケラ・マルティンによって造られた。 週末になると多くの画家の卵たちが作品を持って集まり、ミニ美術館のようになる。 また、路上では大道芸人がタンゴの調べにのって踊っている。 <引用:講談社「世界の観光地名がわかる事典」より> 関連ページ 『ラ・クンパルシータ』、『リベルタンゴ』、『碧空(あおぞら)』など、有名なタンゴの名曲まとめ タンゴ、マンボ、ボサノバ、フォルクローレなど、有名なラテン音楽の名曲まとめ.

次の

ブエノスアイレス

ブエノスアイレス 意味

ブエノスアイレスの夏 独奏ヴァイオリンが奏でる印象的な重音の ポルタメント(2つの音の間を滑るように移行する奏法)に、ブエノスアイレスの夏の気怠い空気を感じるような気がします。 まずは4曲の中から ブエノスアイレスの夏を聴いてみましょう! ピアソラ ブエノスアイレスの夏(編曲:デシャトニコフ) Trondheim Soloists ヴァイオリン:ユン・ソヨン ロシアの作曲家、 レオニード・デシャトニコフ 1955- によって独奏ヴァイオリンと弦楽合奏用にアレンジされたこのヴァージョンには ヴィヴァルディの「四季」から「冬」の一節が引用され織り込まれています。 南半球にあるブエノスアイレスは北半球にあるヨーロッパとは季節が逆になり、1年を通して最も暑いのは1月でブエノスアイレスの夏はヨーロッパでは冬にあたります。 これが ブエノスアイレスの夏に ヴィヴァルディの「冬」を挿入している由来だそうです。 細部までこだわったアレンジなのですね?(笑) この曲に織り込まれているヴィヴァルディの「冬」も少し聴いてみましょうか? ヴィヴァルディ 四季より「 冬 」第1楽章 Voices of Music ヴァイオリン:Cynthia Miller Freivogel 「ブエノスアイレスの四季」の解説 ブエノスアイレスの四季はアルゼンチンの作曲家で バンドネオン奏者の アストル・ピアソラ 1921-1992 が作曲した楽曲です。 ヴィヴァルディの四季と同じく「春」「夏」「秋」「冬」の4曲からなっていますが、当初から4部作にする構想はなかったようで、元々は1965年に劇作家 アルベルト・ロドリゲス・ムニョスの舞台のために書かれたのが冒頭にご紹介した ブエノスアイレスの夏です。 その後1969年に残りの3曲が発表され、結果 ブエノスアイレスの四季として4部作となりました。 これらの作品はピアソラ率いる五重奏団で演奏され、その編成は バンドネオン、ヴァイオリン、ピアノ、コントラバス、エレキギターから成っていました。 ピアソラはその後も新たなスタイルを模索し、何度も違う編成の楽団を結成、解体することを繰り返しました。 ピアソラ自身は若い頃からバンドネオン奏者として活動する傍ら、クラシックの音楽理論を学びパリにも留学しました。 帰国後はタンゴを原点としながらもクラシックやジャズのエッセンスも取り入れ、音楽のジャンルの垣根を越えた新しい音楽を生み続けました。 ピアソラが生涯をかけて新しいスタイルを模索し続けたように、その作品も様々な編成やアレンジでジャンルを超えた音楽家たちに演奏され、多くの人々を魅了しています。 クラシックの世界では1990年代後半に現代を代表するヴァイオリニストの ギドン・クレーメル 1947- が 「ピアソラへのオマージュ」と題されたアルバムを発表したのを皮切りに次々とピアソラ作品をアレンジしたアルバムをリリースしたり、現代最高のチェリストとの呼び声もある ヨーヨー・マ 1955- もアルバム 「ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ」を発表、日本のテレビCMにも登場し 「リベルタンゴ」を演奏して一躍脚光を浴びました。 ピアソラ リベルタンゴ チェロ:ヨーヨー・マ アルバム「Soul of the Tango」より 今回は様々なスタイルと編成にアレンジされたこの作品の中から、オリジナルの編成の五重奏版と先ほどお聴きいただいた弦楽合奏版をご紹介しようと思いますので、ぜひお楽しみください! バンドネオンとアコーディオン 若い頃からバンドネオン奏者として活動していたピアソラですが、この一見アコーディオンに似たバンドネオンと言う楽器は一般的にはあまり知られていないようにも思います。 バンドネオンは元々1829年にオーストリアで誕生した(異説あり) アコーディオンを参考にして開発された コンサーティーナという楽器が、さらにドイツの楽器製作家の ハインリヒ・バンド 1821-1860 によって改良が加えられて1847年に誕生したと言われてます。 これらの 蛇腹楽器と呼ばれる楽器に共通する事としては、音を出す仕組みが同じであると言うことがあげられます。 蛇腹を押したり引いたりすることによって起こる空気の流れが、リードと呼ばれる薄い金属の板を振動させて音を鳴らしています。 乱暴に言えば大きなハーモニカを付けた2つの箱を、息を吹いたり吸ったりする代わりに、蛇腹を伸縮させることによって空気を送り込んで音を出していると言った感じでしょうか。 外観はアコーディオンは長方形型の楽器に付いたベルトに両腕を通して、ランドセルを反対に背負うようなスタイルで演奏するのに対し、バンドネオンは正方形に近い左右の筐体に、小さなベルトがついていてそこに手を通して演奏します。 バンドネオンの場合、楽器の重さを手だけで支えながら演奏する事は困難な為、膝に乗せて演奏するのが一般的です。 アコーディオンは右手側がピアノの鍵盤のようになっているイメージがありますが、楽器によってはバンドネオンのようなボタン型のものもあります。 アコーディオンもバンドネオンも構造の異なる様々なモデルの楽器があるようで、構造上の説明はここでは割愛させていただきます。 ここで実際の違いを音楽と映像でご覧いただくために日本を代表するバンドネオン奏者の 小松亮太さんとアコーディオン奏者の cobaさんのPV動画をご紹介したいと思います。 「ブエノスアイレスの四季 五重奏版 」youtube動画 まず最初にピアソラ自身がこれらの作品を演奏した 五重奏( Quinteto= キンテート)の編成で聴いてみましょう。 ピアソラのキンテートの編成は バンドネオン、ヴァイオリン、ピアノ、コントラバス、エレキギターですが、次にご紹介する動画の内、 「春」と 「秋」はバンドネオンに代わりアコーディオンで演奏されています。 冒頭にご紹介したようにこのアレンジでは 「夏」だけではなく全曲を通じて ヴィヴァルディの四季からの引用が見られます。 また 「冬」には パッヘルベルのカノンを想わせるコード進行が聴き取れますが、これはピアソラのオリジナルの楽曲に既に書かれています。 個人的にも大好きな編曲で、ソリストの ユン・ソヨンさんも素晴らしいパフォーマンスを披露されています。 ユン・ソヨンさんは1984年生まれ、韓国出身のヴァイオリニストです。 メニューイン国際コンクール、ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールなど数々のコンクールで優勝された後、世界的な活躍をされています。 ピアソラ ブエノスアイレスの四季(編曲:デシャトニコフ) 1.「秋」(00:40)2.「冬」 07:20 3.「春」 14:50 4.「夏」 20:30 Korean Chamber Orchestra ヴァイオリン:ユン・ソヨン こちらの記事でもユン・ソヨンさんの演奏をご紹介しています。 ぜひ聴いてみてください!.

次の

アルゼンチンの旅で使える会話・フレーズ|地球の歩き方

ブエノスアイレス 意味

市外局番 011 公式ウェブサイト : ブエノスアイレス(: Buenos Aires)は、人口289万人() を擁するのである。 どのにも属しておらずブエノスアイレス自治市 とも呼ばれる(なお、の首都令以来、の州都は市である)。 のは時点で1,428万人であり、世界第21位である。 建国以来アルゼンチンの政治、経済、文化の中心である。 アルゼンチンの縮図ともなっている一方で、内陸部との差異が大きすぎるため、しばしば「国内共和国」と呼ばれる。 概要 [ ] 「の」の名で親しまれ 、南米の中で美しい町の1つとして数えられる。 意味はスペイン語で「buenos(良い)aires(空気、風)」の意。 船乗りの望む「順風」が街の名前になったものである。 独立当時は「偉大な田舎」と呼ばれる人口5万人程の小さな町だったが、 Sarmiento 政権による欧州化、文明化政策の実施以降数多くの移民が・などから渡来し、中南米の中でも最も欧州的な街になった。 かつて南米随一の豊かさを誇ったアルゼンチンの首都として、20世紀において長らくブエノスアイレスは南米最大級の都市であった。 1970年代以降のアルゼンチン経済の悪化に伴い、南米最大の都市はのに移ってしまったものの、現在でもブエノスアイレスはスペイン語圏の都市として重要性を保ち、アメリカのシンクタンクが2019年に発表した世界都市ランキングでは24位に評価され、南米の都市の中で首位であった。 かの有名なはこの街のボカ地区で育った。 また、が盛んなことでも有名で、が在籍したやなど名門チームを数多く擁する。 歴史 [ ] にの命により新大陸のをしていた、航海者 は、に到達した。 ソリスは今日のラ・プラタ地域に到達した最初のヨーロッパ人だと思われるが、今日の領で、先住民のにより殺害される。 1536年創設当初のブエノスアイレス市の風景図。 しかしグアラニー族やチャルーア族を始めとする先住民の包囲攻撃と、それに伴う飢餓のために町はに放棄され 、生き残りはを上ってを建設した。 、アスンシオンからを下って来た、率いるヨーロッパ人植民団により、街はラ・トリニダー La Trinidad 市として再建された。 町は当初ラ・プラタ地域の皮革などを輸出する貿易港として賑わったが、16世紀、17世紀の大半をスペインの植民地政府は、への輸出品は全てのを経由することを強制しつづけたので、市内の貿易業者の不満が高まり、イギリスやフランス、オランダとの密貿易が盛んになった。 にブラジル方面から侵攻を続けるからを防衛するために、が分離され、が設置されると、ブエノスアイレスは副王領の首府となり、正式に開港された。 しかし、完全なを求める達にとっては、この措置は未だに不十分なものであり、スペイン当局への憤懣を鬱積させるもとになった。 後、ヨーロッパでの戦乱の中でスペインがフランスと同盟を結ぶと、スペインの敵対国となったイギリスはこの地域の支配を目論み、1806年、ブエノスアイレスに侵攻を試みた( ())。 ラ・プラタ副王は逃亡したが、民兵隊は副王不在のままを撃退し、翌1807年再侵略をも撃退すると、自信をつけたポルテーニョ達のスペインへの忠誠は揺らいでいった。 現在もブエノスイアレス市民のことをポルテーニョ(港の人)と呼ぶのはこの時の民兵隊の名前から来ている。 1825年のの最中に連合州はアルゼンチンと改名し、リバダビアはブエノスアイレス市をブエノスアイレス州から切り離した連邦直轄の首都に定める憲法を公布したが、この憲法はブエノスアイレス港を中央政府に奪われることを嫌って反対運動を起こした連邦派、統一派双方の利害よって流れ、結局この憲法とブラジル戦争の指導失敗が下でリバダビアは失脚した。 リバダビアの失脚後、連邦派のが戦争の指導を継続するが、イギリスの圧力により、1828年のでの独立を認めさせられると(事実上の引き分け)帰還兵の不満は募り、同年ドレーゴは統一派のによって暗殺され、ラバージェが自ら州知事になった。 このことがさらに連邦派と統一派の戦いを激化させ、1829年、ラバージェを打倒したが州知事となった。 1835年、ロサスが州知事に返り咲いた。 ロサスは州内一の「馬上の人」(モントネーロ)であり、自らもより上手に馬を操ったといわれ、や都市下層民、ガウチョ、友好的なインディオから圧倒的な支持を得ており、ロサス時代にはそのような人々からなる街に「ロサシート」と呼ばれるロサス派が街練り歩き、街はロサスの肖像画と、ロサスが好んだ連邦派の赤色で埋め尽くされた。 また、秘密警察が市民を監視し、多くの自由主義者がチリのサンティアゴをはじめとする国外に亡命することになった。 しかし、1852年、連邦派でロサスの腹心だったが、ブラジル、ウルグアイと同盟を結んでからロサスに対して反旗を翻すと、1852年2月3日ブエノスアイレス郊外のカセーロスの丘(現在は市街地になっている)でロサスはウルキーサを迎え撃つが、ウルキーサ軍に破れるとイギリスに亡命し、ロサスは失脚した。 ウルキーサは連邦主義を体制化することを望み、が起草した1853年憲法を連邦の憲法に制定して同年の成立を宣言したが、ブエノスアイレス州は連邦派の支配を嫌って離反し、連邦はエントレ・リオス州のパラナに首都を置いた。 その後、連邦とブエノスアイレスの戦いが繰り返されたが、1862年11月に州知事のがウルキーサをで破ると、ここにブエノスアイレスが連邦を併合する形で国家統一が実現し、アルゼンチン共和国の成立が宣言された。 ミトレは当時のアルゼンチンの自由主義者の御多分に漏れず、ヨーロッパを崇拝し、ガウチョ、インディオ、黒人を野蛮なものとして嫌っていたが、こうした自由主義者が政権を握ったことにより、以降ブエノスアイレスから黒人は消えていくことになる。 1865年にアルゼンチン初の国政調査が行われた際、全人口の165万人の内およそ2万人が黒人だったが、1864年にの元帥が起こしたにより、黒人は人口に対して不釣合いな規模が徴兵された。 1871年にが流行したが、これが黒人のコミュニティに止めを刺し、僅かな黒人もウルグアイなどの周辺国に出国していった。 1880年のラ・ボカの港 1880年にブエノスアイレス州の反対を押し切ってブエノスアイレス市が分離され、ブエノスアイレスは連邦直轄区となり、正式にアルゼンチンの首都になった。 また、この頃にが大統領府となった。 自由主義者の政権はヨーロッパから多数の移民を導入し、アルゼンチンの発展を目指した。 河口の港に面した地区ではイタリア系移民が多く集まり、彼等によってが発達した。 また、輸出経済の進展と共にアルゼンチンには広大な鉄道網が建設され、国内の全ての鉄道がブエノスアイレスのレティーロ駅に行き着いた。 にはスペイン語圏、及び初の(A線)が五月広場から市内西部に向かって開通した。 1920年代以降はアルゼンチンの富裕さを反映して南北アメリカ大陸最大規模の都市の一つとして成長すると同時に、内陸部諸州からの国内移民が増加し、市内に吸収しきれなかった人口が郊外に巨大な街()を築いた。 に将軍が治安維持のために「」に従事し、多くの反体制、左翼、及び全く政治活動に無関係の市民を暗殺したが、しかし経済の回復は全く見込めず、日夜スト、デモ、暴動が起き、情勢はより悪化した。 こうして殺害された市民の数はおよそ30,000人と見積もられている。 にはの政権の下で、ブエノスアイレスの一極集中を緩和するため首都を北端のの州都に移転する法案が下院を通過したものの、上院で否決され遷都案は立ち消えとなった。 1992年5月17日、大使館が系のテロ組織に爆破され、多くの死傷者を出した。 大統領(たまたま系である)はこの事件を非難した。 近年は政情の安定を反映して暴動などはあまり起きていないが、それでもサッカーの試合の際にサポーターが暴動を起こしたり(が負けると危険である)、帰還兵がデモを行うことが多い。 景観 [ ] ラ・プラタ川流域を捉えた衛星写真 の真ん中に位置し、東を大西洋に接している。 市内をリアチュエロ川とが流れる。 気候 [ ] 気候はで四季がある。 しかしにある為、のとは季節が逆になり、一番暑いのは1月(平均気温25. 年間通じて降雨があるものの年中一定というわけではなく、3月と10月、11月がやや多く、6月と7月はやや少ない。 年間降水量は1214mm。 史上最高気温は1957年1月29日に記録された43. 3 109. 9 38. 7 101. 7 37. 9 100. 2 36. 0 96. 8 31. 6 88. 9 28. 5 83. 3 30. 2 86. 4 34. 4 93. 9 34 93 34 93 36. 8 98. 2 40. 5 104. 9 43. 3 109. 4 86. 7 28. 7 83. 7 26. 4 79. 5 22. 7 72. 9 19. 0 66. 2 15. 6 60. 1 13. 9 57 17. 3 63. 1 18. 9 66 22. 5 72. 5 25. 3 77. 5 28. 1 82. 6 21. 5 70. 1 77. 2 23. 7 74. 7 21. 4 70. 5 17. 7 63. 9 14. 3 57. 7 11. 2 52. 2 10. 9 51. 6 12. 7 54. 9 14. 2 57. 6 17. 7 63. 9 20. 6 69. 1 23. 2 73. 8 17. 72 63. 4 68. 7 19. 4 66. 9 17. 0 62. 6 13. 7 56. 7 10. 3 50. 5 7. 6 45. 7 7. 4 45. 3 8. 9 48 9. 9 49. 8 13. 0 55. 4 15. 9 60. 6 18. 4 65. 1 12. 9 55. 9 42. 6 4. 2 39. 6 2. 3 27. 3 22. 4 22. 4 27. 6 34. 9 3. 7 38. 4 22. 3 mm inch 121. 6 4. 787 122. 6 4. 827 153. 9 6. 059 106. 9 4. 209 92. 1 3. 626 50. 0 1. 969 52. 9 2. 083 63. 2 2. 488 77. 7 3. 059 139. 3 5. 484 131. 2 5. 165 103. 2 4. 063 1,214. 6 47. 特にの汚染が酷くなっている。 経済 [ ] 2008年、の公表した調査によると、ブエノスアイレスのは3620億ドルであり、世界第13位である。 南米ではに次いで第2位。 また3月、英国のにより、世界第64位のと評価されており、南米では、に次ぐ第3位である。 アルゼンチンはブエノスアイレス一極集中型の経済を持ち、ブエノスアイレスはアルゼンチンのすべての産業の中心となっている。 ブエノスアイレスは港町として発展してきた歴史を持ち、現在でもアルゼンチン最大の港を持つ。 世界有数の肥沃な農業地域であるパンパの中心部にあり、さらにの水運とも連絡があるため、アルゼンチンの主要輸出品であるや、や、さらにやなどの輸出港として発展してきた。 ラ・プラタ川を通じてパラグアイと、さらにウルグアイやブラジルともつながりがあり、アルゼンチンのみならず南アメリカ大陸南部の物流拠点となっている。 工業としては、パンパからの農業輸出に関連した食品加工や製粉業、皮革工業に加え、自動車や石油精製、繊維や出版などの産業も盛んである。 交通 [ ] 詳細は「」を参照 ブエノスアイレスには、・、近郊列車があり、近郊列車の路線網はではに次いで第2位の規模を誇る。 また、1993年より減便・廃止が進んでいるものの同州各都市や同国各都市へ向かう中・長距離列車も運行されている。 長距離バス [ ] レティーロ駅のすぐ近くにレティーロ長距離バスターミナルがあり、国内各地やブラジル、ウルグアイ、、、、といった近隣諸国を結ぶ便がひっきりなしに発着している。 利用者の多い路線では新しいも使用されている。 市内交通 [ ] 市内はコレクティーボ(バス)が多数運行しており、24時間運行している。 は黄色と黒で塗り分けられている。 海運 [ ] プエルト・マデーロ地区のフェリー乗り場から、社によりウルグアイの、行きのフェリーが毎日運行している。 空港 [ ] 国内線は (AEP)から運行しており、ポルテーニョからはアエロパルケと呼ばれて親しまれている。 国際線はのにある EZE から運行し、ラテンアメリカ諸国や、、、を結んでいる。 観光 [ ] ラ・ボカ地区のカミニート(2008年) 主な観光地としては、レコレータ墓地、カミニートなど。 フロリダ通り、ラバージェ通りは日夜観光客で賑わい、サン・テルモ地区には「バー・スール」、「エル・ビエホ・アルマセン」を始めとした多くの老舗(タンゴ・バー)があり、多くの観光客を引き寄せている。 かつてロサスの私邸があった場所はの日を記念して、サルミエントにより2月3日公園(パレルモ公園)が建設されており、現在はポルテーニョの憩いの地となっている。 市民 [ ] ブエノスアイレス市民はと呼ばれ、プロビンシアーノと呼ばれる内陸部の住民とはお互いに感情的対立がある。 ブエノスアイレス市には303万人 2007年 の人口が居住しているが、ブエノスアイレス州の一部を含めた周辺の大ブエノスアイレス都市圏には約1240万人が居住している。 これは国民の約3割ほどである。 住民の大多数を19世紀半ばから20世紀初めに移民してきたヨーロッパ系の白人が占めるが、その一方で、国内の貧しい州から移住してきた先住民系のや、近隣の、からの移民、、系人、系人、系人、系人などのは見た目で非白人だと分かる人も多い。 また、はかつてに比べれば大きくその数を減らしたが、それでもいなくなったわけではない。 市域は15のコムーナ(共同体)、48のバリオ(地区)に分けられる。 詳細はを参照。 文化 [ ] 「南米のパリ」として知られ、白人系人口と、ヨーロッパ的な建築物の多さにより、南アメリカで最もヨーロッパ的な都市となっている。 建築 [ ] 街頭でのタンゴ舞踊 ブエノスアイレス市は五月広場が中心地であり、広場付近には、カテドラル、国会議事堂、などのヨーロッパ風の豪華な建築物が多い。 7月9日大通りにはオベリスコがあり、その近くには世界三大劇場の1つ、がある。 カテドラルにはアルゼンチン、チリ、ペルーの解放者、将軍の亡骸が安置されている。 言語 [ ] 、モンテビデオと共に、が話される最大の都市である。 ポルテーニョのアクセントはのナポリ方言に近い。 アルゼンチンは19世紀に多くの移民を受け入れ、移民の多くはブエノスアイレスに定着したため、今でもブエノスアイレスでは、、など多種多様な言語が話されている。 南米先住民の言語もパラグアイからの移民によるや、ブエノスアイレスで最も危険なスラムとなっているボリビア人街ではが使われている。 アジア系の言語も近年増加したアジア系の移民により、や、ボリビア人街のすぐ側の韓国人街ではが日常的に使われている。 日系人もいるが、はあまり話されていない。 タンゴ [ ] の本場である。 タンゴはこの街のラ・ボカで発祥したとも言われている。 スポーツ [ ] 、、、などのサッカークラブがブエノスアイレスに本拠地を置いている。 ボカ・ジュニアーズのホーム、ラ・ボカには1938年にが建設され、1996年に近代化改装を施されてヌエバ・ボンボネーラとして生まれ変わった。 一方リーベルも当初はボカからスタートしたものの、上流階級の住む山の手地区に引っ越したため、現在ホームは別の地区にある。 2018年10月6日から10月18日までが行われる。 開会式はで無料公開で行われる。 (, 1975年)• (, 1975年)• (, 1976年)• (, 1987年)• (, 1992年)• (, 1992年)• (, 2006)• 、スペイン• 、イタリア• 、イタリア• 、イタリア• 、イタリア• 、イタリア• (, 1990年)• (, 1990年)• (, 1994年)• (, 1992年)• (, 1992年)• (, 1992年)• (, 1993年)• (, 1975年)• (, 1992年)• (, 1986年)• (, 1991年)• (, 1983年)• (, 1986年)• (, 1986年, 1997年)• (, 1996年)• (, 1999年)• (, 1978年)• (, 1989年)• (, 1992年)• (, 1992年)• (, 1991年; 1993年) ブエノスアイレス市と姉妹関係にある地域や州を列挙する。 (, 2001年)• (, 1987年)• (, 1998年)• () 写真集 [ ]• 2011年2月25日閲覧。 Demographia 2016年10月29日閲覧。 Lewis, Oneworld Publications, Oxford, 2002. by Kenneth Bagnell, travel, 7 March 2005. 2020年1月9日閲覧。 www. atkearney. com. 2020年1月9日閲覧。 Portenospanish. com. 2011年9月15日閲覧。 2014年6月5日, at the.. Spanish John D. Torres Barreto. Retrieved 9 February 2012. 2014年7月11日, at the.. Spanish Retrieved 8 February 2012. 2012年10月24日, at the.. Spanish Gobierno de la Ciudad de Buenos Aires. Retrieved 9 February 2012. 2008年12月閲覧。 2008年1月23日閲覧。 2011年5月13日, at the. Madrid city council. Ayuntamiento de Madrid. 2012年5月26日時点のよりアーカイブ。 2009年7月22日閲覧。 2011年7月16日時点のよりアーカイブ。 2010年10月26日閲覧。 2016年3月13日, at the. 102,91 kB. [29-9-2008]• Berlin Mayor's Office. 2008年8月22日時点のよりアーカイブ。 2009年7月1日閲覧。 2006—2009 City of Zagreb. 2009年6月23日閲覧。 Prefeitura. gov. 2012年5月2日閲覧。 2008年12月24日, at the. Beijing Municipal Government. 2009年6月23日閲覧。 参考文献 [ ] で 「 ブエノスアイレス」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの ウィキボヤージュの ウィキデータの オープンストリートマップに があります。 には、 に関する旅行情報があります。 栗本斉『ブエノスアイレス 雑貨と文化の旅手帖』毎日コミュニケーションズ、2008年(• 栗本斉『アルゼンチン音楽手帖』DU BOOKS()2013年 関連項目 [ ]• - 「北米のパリ」と呼ばれている。 - 「中東のパリ」と呼ばれている。 - 「東洋のパリ」と呼ばれている。 - 「北のパリ」と呼ばれている。 外部リンク [ ]• (スペイン語)• - (英語)• ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 (日本語)•

次の