兄弟 漢字 使い分け。 「明日(あす・あした・みょうにち)」の違いと使い分け方は?

「伯父さん」と「叔父さん」、「伯母さん」と「叔母さん」の違い / 中学国語 by 春樹

兄弟 漢字 使い分け

タグ ,• 普段使い慣れている漢字でも、意外と使い方が間違っていたりすることも少なくない。 この記事では、ややこしい漢字の使い方を解説していく。 「兄弟」は言うまでもなく「きょうだい」と読めるが、「兄妹」と「姉弟」はどのように読めばいいのだろうか。 実際にネット上でも「兄妹も姉弟も『きょうだい』って読んでるけど、なんか違和感がある」「ややこしいから区別して読みたい」と困っている人が多い様子。 そこで「三省堂 大辞林」を見てみると、「兄妹」は「けいまい」、「姉弟」は「してい」と読むそうだ。 しかし「きょうだい」で調べてみると、「あに・おとうと、あね・いもうとなどの関係」との説明も。 「きょうだい」と読むことも、間違いではないとされている。 この問題はテレビ業界でも意見が分かれるようで、元アナウンサー・道浦俊彦も読売テレビ公式サイト内のブログで言及。 「『きょうだい』が『男ばかりではない場合』の表記」を新聞用語懇談会の放送分科会で聞いたところ、各テレビ局から別々の回答が寄せられたという。 一例を挙げると、まずフジテレビは「平仮名で『きょうだい』を勧めるが『兄弟』とすることもある」とコメント。 対してNHKは「そういうケースは平仮名で『きょうだい』とする」と答えている。 ちなみに大河ドラマ『2人のきょうだいの物語』(NHK)は当初「兄妹」と書いて「きょうだい」と読ませる案もあったというが、上記の理由で却下されたそうだ。 意外と奥が深い「きょうだい」の読み方問題。 いっそ1つに統一してしまえばとも思えるが、実際のところどうなのだろうか。 (文=田所くるまえび).

次の

叔父と伯父の違いと覚え方!義理のおじさんの漢字の使い分けは要注意!

兄弟 漢字 使い分け

次男と二男の違いと使い分け。 その意味も 次男と二男にはどういう違いがあるでしょう? 使い分けがよく分からず悩んでしまうことありますよね。 しかしながら意味としては、 『次男』でも『二男』でも特別差はありません。 そしてその意味としてはどちらも『 二番目に生まれたむすこ』になっています。 ですから意味的にはどちらかを使うと間違いである、というわけではないんですね。 ただ当然このような場面ではこちらのほうがいいよ、という使い分けはあります。 こちらはシチュエーション毎にこの後詳しく説明しますね。 ちなみに友人や家族間などでそのような漢字表記をする場合(大事な書類などではない)は、どちらの漢字でも構いません。 あくまで個人間の私的なやりとりですから。 そう言われるとどちらを使おうか悩んでしまう、という場合には、改ざんされにくい「次男」を用いてはいかがかと。 まぁ改ざんされることなど滅多にないとは思うんですけどね。 笑 ただ実際問題「二男」の場合ですと、 「二」から「三」に変えることが容易なのは事実です。 その点「次男」を改ざんするのは難しいですよね。 基本的に大事な書類でなければ『次男と二男』どちらを使ってもらっても構いませんが、 万が一にも改ざんされては困る、またはされる可能性がある場面だけは、漢字表記を意識してみてはいかがでしょうか。 書類は次男と二男どちらで書く?願書などに適しているのは? 書類に「じなん」と記入する場合がありますよね。 その場合「次男」と「二男」どちらを用いるべきなのでしょうか? 面接時の履歴書や入園願書や入学願書など『 続柄』を記入する場面というのは意外と多く存在します。 失敗できないような大事な書類では正しい方を記入したいですよね。 まず覚えておきたいのが【 役所に提出する書類】です。 実は、戸籍など役所に提出する書類の中には、「次男」ではなく「二男」と書かなければならないものが存在します。 (これは、「戸籍法施行規則」というものの記載の仕方として例示されています。 ) ですから書類に記入する際は、最低限の知識として、 『戸籍に関する書類などを役所に提出するときは「二男」』と覚えておきましょう。 では、その他の書類に関してはどうなのでしょうか? 一般企業や学校へ提出する書類にも続柄を記入しなければならないケースはありますよね。 この場合、次男でも二男でも間違いではありません。 ルールとしてこちらを使わなくてはならないというようなものではありませんから。 ただ、あえてどちらがいいと言うのであれば、こちらも 役所に提出する書類同様「二男」の方がおすすめではあります。 戸籍などの重要書類でも用いられる表記の仕方ですから、それに倣う形にしておくほうが安心と言えるのではないでしょうか。 基本的に書類に関しては、訂正等求められないほうが良いですよね。 そのような意味でも大事な書類に関しては、「二男」で統一しておいてはいかがでしょうか? 書類によっては「次男」だと訂正を求められるものもあるのでご注意下さい。 スポンサーリンク 結婚式は次男か二男か?婚姻届はどうなの? 結婚式のようなおめでたい場でも「次男と二男問題」は発生します。 (勝手に命名) 一体どちらを用いるべきなのでしょうか? まず、『婚姻届』に関して。 こちらは役所に提出する書類というか届けですよね。 書類の項目でもお話しましたが、「戸籍法施行規則」というのがあるので 婚姻届は「二男」と記入します。 ちなみに出生届も同様に「二男」となりますよ。 プラスの知識として知っておくなら、婚姻届は「弐男」でもいいことになっています。 (「二男」の方がベターではありますけどね。 ) 続いて『結婚式の招待状や案内状』についても考えていきましょう。 こちらは婚姻届けとは違い、親族や友人に宛てるものとなります。 そのため絶対的な決まりはなく、次男でも二男でも好きな方を使用していいことになります。 もし、気を付けることがあるとすれば、「表記の統一」に関してでしょうか。 新郎新婦で相談し、「次男」か「二男」どちらかの表記に統一しましょう。 「次男」のものと「二男」のものがある、ではなんだかちぐはぐですし、事前にしっかり決めておきましょうね。 どちらを使うか迷った場合に関してですが、2人兄弟の場合は「次男」、三男もいるのであれば「二男」にするといった使い分けもあるようです。 ただこれはルールというわけではないのであくまでも考え方の参考ですね。 おそらくどちらの表記でも基本的には受け入れられると思うのでそこまで心配することはないと思いますよ。 次男と二男はどっちが正しいのかまとめ 次男と二男どっちを使うべきなのか迷うシーンはありますよね。 基本的に正式な書類に関しては「二男」のほうがおすすめとなります。 ただ日常的にはそこまでこだわる必要もないものと思います。

次の

「いとこ」の漢字と使い分けについて:同い年の場合はどうなる?

兄弟 漢字 使い分け

専門家:山口謠司( 准教授) この差は・・・ 自分の親の兄か弟か どうか 自分の両親の「お兄さん」には、「伯(はく)」とうい字を使った「 伯父(おじ)」。 自分の両親の「弟さん」には、「叔(しゅく)」という字を使った「 叔父(おじ)」。 平安時代から使い分けられていた 平安時代の「倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょ)」という漢和辞典に書かれている。 中国から日本に伝わってきた漢字で、中国で使い分けられていた。 兄弟を表す時に、 長男のことは「最年長」という意味の「伯(はく)」という字で、 それ以外の兄弟のことは「小さい」という意味の「叔(しゅく)」という字で表したため。 両親の「女兄弟」の場合は? 「おば」の場合も同じ。 自分の親の「お姉さん」は、「伯(はく)」とうい字を使った「伯母(おば)」。 自分の両親の 「妹さん」には、「叔(しゅく)」という字を使った「叔母(おば)」となる。 血縁関係のない「おじ」の場合は? 血縁関係のない他人のおじさんの「おじ」は、「小(ちいさい)」に「父」と書く、「小父(おじ)」となる。 これは、江戸時代、おじいさんの事を「大きい父」と書いて「大父(おおじ)」と呼んでいたのに対して、おじいさんとは言い難いまだ若い男性に対して、「小さい父」と書いて「小父(おじ)」という感じが当てられるようになった。

次の