マッド マックス インターセプター。 『マッドマックス』シリーズに登場した車!インターセプターのベース車とは?

那須PSガレージ /展示車両/マッドマックス インターセプター

マッド マックス インターセプター

インターセプターとは 劇中に登場するMFP(メインフォースパトロール)のパトカーです。 4ドアの黄色い車輌が3台と、パスゥートスペシャルと呼ばれる黒い車輌が2台登場します。 黄色は「イエローインターセプター」と呼ばれることが多いですが、それぞれ個体ごとに特徴が異なります。 ナイトライダーが強奪したパスゥートスペシャル以外は、ルーフスポイラーを装着している部分も共通します。 ビッグボッパー• 無線で呼ばれるチーム名から、こう呼ばれています。 ベースはファルコンXBセダン。 フロントスポイラーとオーバーフェンダー付き、パトライトは青、リアフェンダーに大きくMFPの文字が入っています。 トランクに大きくパスゥートと書かれていることから、「パスゥートインターセプター」とも呼ばれることもあります。 マーチヘアー• ベースはファルコンXAセダン。 フロントスポイラーとオーバーフェンダーが無い、パトライトは青。 タクシー上がりの過走行車がベースらしく、マフラーから白煙モクモク。 リアフェンダーにビッグボッパー同様MFPの文字が入っているようですが、劇中ではよく見えません。 トランクに大きくインターセプターと書かれていることから、「イエローインターセプター」と呼ばれることもあります。 マックス イエローインターセプター• ベースはファルコンXBセダン。 他の2台とはカラーリングが異なり、巨大な赤と青のパトライトを搭載。 フロントスポイラーとオーバーフェンダーがあり、ボンネットにはフードバルジが追加されています。 ルーフの拡声器が、この車輌だけボディ同色のイエローに塗られています。 リアフェンダーにMFPの文字がありません。 トランクに大きくインターセプターと書かれています。 このことから、「マックス インターセプター」とも呼ばれています。 登場時、道端でマックスが整備しているところから、故障が多いポンコツであること、マックスが自動車整備もできる人物であることが判ります。 ミッションはAT。 マックスはこの車輌とブラックパスゥートスペシャルの両方でサイドターン(右回り)を披露してくれます。 パスゥート スペシャル• 冒頭でナイトライダーが乗っている車輌で、MFPの警官を殺して強奪して逃走中。 劇中ではV8搭載マシンであることが語られます。 外観の特徴は、ボンネット中央に巨大なバルジがあり、高出力エンジンが搭載されていそうな雰囲気を醸し出しています。 リアフェンダー後部にMFPのステッカーが貼ってあり、テールに赤い抜き文字で大きくMFPと書かれています。 この車輌の存在から、通常のパトカーはイエローで、スペシャル(覆面?)はブラックに塗られているのではないか…と想像できます。 ベースはホールデン モナーロHQ。 ホールデンは1800年代からある地元の町工場で、元々はGMオーストラリアの下請け。 GMに吸収合併という形でホールデンの名は残る。 HQはモナーロの2代目前期型で、GTSというスポーツモデルは350(5. 7L)V8を搭載している。 ブラック パスゥート スペシャル• 辞めようとしているマックスを繋ぎ止めるために、所長が用意させた車輌。 劇中では「ブラック パスゥート スペシャル」と呼ばれますが、単に「黒いパスゥートスペシャル」と呼んだだけかもしれません。 だとすればナイトライダーのモナーロHQ同様「パスゥートスペシャル」が正式な呼称の可能性もあります。 劇中での正式な呼び名はどうであれ、インターセプターといえばコレ。 世界中で通用する固有名詞です。 また、他の車輌との混同を避けるために「ブラック インターセプター」と呼ばれることもあります。 ベースはフォード ファルコンXB GT。 イーグルマスクと呼ばれるエアロバンパーと、ボンネットから突き出たスーパーチャージャー、サイド出しの8本マフラーが特徴です。 劇中でMFPメカニックの台詞に、「あり合わせのパーツで組み立てた」「ツインオーバーヘッドカムシャフト」などがあります。 ファルコンの純正搭載エンジンや、オーストラリア人が熱狂するエンジンは、OHVの351クリーヴランドです。 なので劇用車には、クリーヴランドが搭載されていたと思います。 しかし、MAD MAXは「近未来バイオレンス映画」です。 劇場公開から38年(2017現在)、とっくに近未来は過ぎていますが、現行型フォード マスタング搭載のコヨーテ(DOHC 5000cc V8 圧縮11. 0 435ps)を搭載すれば「ツインオーバーヘッドカム」になるから「アリ」かもしれません。

次の

マッドマックス 怒りのデス・ロード

マッド マックス インターセプター

【連載:図説で愛でる劇中車】 国内外問わず様々な映像作品(アニメも含め!? )に登場したあんな車やこんな車を、イラストレーター遠藤イヅルが愛情たっぷりに図説する不定期連載! 第8回は、1979年の初公開以降、コアで熱いファンを生み出したアクション映画「マッドマックス」シリーズから、同映画の車としてまず思い浮かぶ「V8インターセプター」をはじめとした3台の車をご紹介しましょう。 多くの作品に影響を与えた「マッドマックス」 1979年、オーストラリアで製作された「マッドマックス」で展開される舞台は、そう遠くない未来。 暴走族による凶悪犯に対抗する警察組織「MFP(メイン・フォース・パトロール)」の警官マックス(マクシミリアン・ロカタンスキー)が、暴走族に復讐する姿を描いた作品です。 1981年に作られた続編の「マッドマックス2」では、荒廃した大戦後という世界観、モヒカンヘアの「ザ・悪党」という姿の敵役などが登場してバイオレンスの度合いをアップ。 漫画「北斗の拳」や、ロボットアニメ「蒼き流星SPTレイズナー(の、第2部)」や、アメリカのプロレスラーユニット「ロードウォリアーズ」など各方面にも大きな影響を与えました。 余談なのですが、第1作「マッドマックス」って実は超低予算で、「世界一興行収入と製作費の差が大きい映画」としてギネスブックに認定されたことがあるそうです。 精悍なフロントマスクに太いリアタイヤ、ボンネットからはエンジン、ボディサイドからは左右4本ずつ排気管が顔を出す大迫力のこの車、劇中では「ブラック・パーシュート・スペシャル」と呼ばれています。 ベースはオーストラリア・フォードの「ファルコンXB GT」。 351キュービック・インチ(5. 8L)のV8エンジンはDOHC化され、ウェイアンド製スーパーチャージャーによって600馬力を発生するという設定でした。 第1作では、黄色、青、赤の派手なカラーリングが印象的な、ファルコンXAやXBを改造したMFP用セダン型パトカーも登場。 イラストでは、マックスが乗り込んだ仕様を描いてみました。 「怒りのデス・ロード」に登場する狂気に満ちた改造車 第3作「サンダードーム」以来27年ぶりに製作された、マッドマックスシリーズ最新作「怒りのデス・ロード」では、「マッドマックス2」以降の「文明社会が崩壊した世紀末感たっぷりな世界」が引き続き描かれていますが、「サンダードーム」ではあまり出てこなかったカーアクションがスケールアップして復活。 しかも登場する車たちは、車体がハリネズミみたいにトゲトゲだったり、車体前部に人をくくりつける十字架をもっていたり、常軌を逸した狂気に満ちた改造が施された車ばかり! そのすべてを網羅することはできないため、ここでは厳選して1台だけ描いてみました。 それが、 1959年式キャディラック・クーペ・ドゥ・ビルを改造した「ギガホース」。 ドでかいタイヤによって全高はなんと4mというモンスターです。 いったいどうやったらこんな車を思いつくんでしょう(驚愕)!.

次の

マッドマックス

マッド マックス インターセプター

『マッドマックス』1から怒りのデスロードまでに登場した車一覧 『マッドマックス(MAD MAX)』は、荒廃した近未来のオーストラリアを舞台に、特殊警察M. Pの隊員マックス(メル・ギブソン)が暴走族との闘いを繰り広げるアクション映画です。 制作当時は予算が少なく、その多くは劇中車の改造に費やされていましたが、1979年に公開されると世界各国でヒットを記録。 1981年に続編『マッドマックス2』も制作され、より掘り下げられた世界観や斬新なアクション手法は、映画や漫画など多彩なジャンルに強い影響を与えました。 今後もシリーズは続くことが発表されています。 派手なアクションシーンが満載の『マッドマックス』1~4に登場した車やバイクを紹介します。 マッドマックスの象徴「インターセプター」のベースはフォード・ファルコンXB! 『マッドマックス』シリーズの車といえば、主人公マックスの相棒インターセプターV8がもっとも有名です。 ブラック・インターセプター(パーシュート・スペシャル) マッドマックス劇中車インターセプター インターセプター サイドから見ると片側4本(計8本)のマフラーが目立つ 「(ブラック)パーシュート・スペシャル」とも呼ばれる。 8LのV8エンジンによって600馬力を発生する設定。 インターセプターといえばこの車で、世界中のファンがレプリカを製作。 劇中車のベースはフォード・ファルコンXB GT。 フォード・ファルコンXB GT(1973年モデル) フォード・ファルコンXB GT(ハードトップ) フォード・ファルコンXB(1976年モデル)のインテリア インターセプターのベースは、フォード・オーストラリアが生産した3代目ファルコン(1972~1979年)の中期型XB。 北米フォードとは別に、オーストラリア専用設計のモデルのため、もともと豪州では高い人気を誇る。 イエロー・インターセプター MFPのパトカーとして活躍したイエローのインターセプター 真似するファンも多い黄色と青のカラーリング フォード・ファルコンXB GTセダン M. P(メインフォースパトロール)のパトロールカー。 複数台製作されており、それぞれ細部が異なるが、『マッドマックス』マックス搭乗車種は赤と青のパトライトが特徴。 ベースはフォード・ファルコンXBセダン。 カワサキ・Z1000 カワサキ・Z1000 『マッドマックス』登場M. 隊員「不死身のグース」や暴走族などの搭乗車種として採用。 1976年生産開始、空冷4ストローク。 グース仕様にカスタムしたがったファン多数。 作中のホイールスピンは衝撃のかっこよさだった。 ホールデン・モナーロ ホールデン・モナーロ(劇中車と同じ2ドアモデル) 『マッドマックス』でナイトライダーが搭乗(強奪)したパトカー。 ベースは1971~1977年生産の2代目モナーロで、3. 3Lの直6から5. 7LのV8エンジン搭載モデルまで、幅広くラインアップされていた。 マツダ・ボンゴ マツダ・初代ボンゴ(1966~1975年) 『マッドマックス』序盤カーチェイスで大破した青いバンは、マツダ・初代ボンゴ。 実は監督のプライベートカーで、制作予算が少ないため自ら提供&破壊したという泣けるエピソードが…。 ホンダ・CB750 ホンダ・ドリームCB750FOUR(1969年モデル) 『マッドマックス』で暴走族が乗るバイクの多くはカワサキだが、一部ホンダも採用されていた。 国内で自主規制値を作るきっかけになったモデルで、海外でも高い人気。 マックRシリーズ マックRシリーズ 1より制作費が約10倍に増えたため、『マッドマックス2』では物語のキーとして輸送トラックが登場。 1966~2005生産、アメリカ製。 1978年公開の映画『コンボイ』の劇中車としても採用されている。 カワサキ・Z1 カワサキZ1(空冷4ストロークDOHC8バルブ直列4気筒) 『マッドマックス2』でモヒカン刈りのウェズと相棒のゴールデンが乗っていた車種。 1972~1976年販売、正式名称はカワサキ900Super4。 北米市場を意識して開発。 狙い通り世界各国で高い人気を誇り、名機として知られている。 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に登場した改造車のベースは? 2015年に公開された『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、本編の多くがカーチェイスに費やされ、斬新なデザインのオリジナルカーが多数登場しました。 原型がわかりにくいものもありますが、ベースにされた市販車を紹介します。 ギガホース(キャディラック・ドゥビル) キャディラック・ドゥビルのセダン(1959年モデル) キャディラック・ドゥビルのクーペ イモータン・ジョーの愛車として登場するギガホースはキャデラック初代ドゥビルを2台重ねて製作。 車名は「都市」を意味するフランス語で「デビル(悪魔)」ではない。 全長5,715mm、車両重量約2. 2t、6. 4LのV8を搭載。 ウォー・リグ(シボレー・フリートライン) タトラ815 タトラはチェコの自動車会社 シボレー・フリートライン(1948年モデル) モンスタートラック「ウォー・リグ」のベース車はタトラのタンカートレーラーとシボレー・フリートラインを合体させて製作。 1941年生産開始だが、第二次世界大戦により生産延期期間あり。 当時はシボレーで1番の高級車だった。 ニュークス・カー(フォード・デュース・クーペ) フォード・デュース・クーペ(1934年モデル) フォード・5ウィンドウ・クーペ(1932年モデル) 『怒りのデス・ロード』でマックスが括り付けられたニュークス・カーのベースは1930年代モデルのフォード・デュース・クーペ。 青春映画『アメリカン・グラフィティ』の劇中車として有名だが、マッドマックスでは甘酸っぱさの欠片もない。 ビッグフット(ファーゴ・トラック) ファーゴ・トラック(1939年モデル) タイヤが大人の背ほどもあったモンスタートラック・ビッグフットは、米国トラックメーカー・ファーゴが1930年代後半~1940年代頃に生産したトラックがベース。 リバッジして世界各国で販売されている。 プリマス・ロック(プリマス・セダン) プリマス・セダン(1938年モデル) ハリネズミを思わせるトゲトゲの車「プリマス・ロック」のベース車は、1930年代頃のプリマス(プリムス)のセダン。 プリマスのブランド創業は1928年。 世界大恐慌の米国でも堅実な売り上げで、クライスラー社を支えた。 クランキー・フランク(ホールデン50-2106) マッドマックス劇中車として購入される前のクランキー・フランク ベース車ホールデン50-2106クーペユーティリティ 巨大スーパーチャージャーを搭載したクランキー・フランクは、ホールデン50-2106がベース。 『マッドマックス』のために製作されたわけではなく、豪州の農場主が趣味でカスタムしていた車両を買い取った異色の劇中車。 マッドマックスの車は「ラットロッド」と呼ばれるカスタムが施されている ラットロッドとは、 サビ加工などを施して、車両を古く使い込んだように見せるカスタム手法の1つです。 発祥はアメリカで、基本は戦前のクラシックカーなど古い車をベースにしますが、新車にあえて錆びたような塗装を施して楽しむケースもあります。 『怒りのデス・ロード』には一般人がカスタムしたラットロッド車両も登場 ラットロッドされた車両 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に登場したホールデン50-2106ベースのクランキー・フランクは、劇中車として製作されたものではなく、 ラットロッドを趣味にしていた一般人のクルマを買い取ったものです。 『マッドマックス』シリーズに登場する劇中車の多くは、 ラットロッドすることで荒廃した世界のクルマとして違和感なく映像に溶け込んでいます。 マッドマックスには奇抜なデザインの車両が多く登場しますが、劇中車としての存在感をより増すためにも、ラットロッドは効果的な方法です。 「ホットロッド」と呼ばれるクラシックカーのカスタムとも親和性がある アメリカには、ラットロッドの他に、「ホットロッド」と呼ばれるカスタム手法もあります。 ホットロッドは、主に戦前のクラシックカーに、現代車の強力なエンジンを乗せ換えたり、車高を上げたり、屋根をとったりなど外見を大きく変更するカスタムカーのジャンルです。 ラットロッドもホットロッドも、ともに戦前クラシックカーをベースにすることが多く、ラットロッドはホットロッドの一種とみなされるケースもあります。 しかし、ホットロッド車がピカピカに磨きあげられることが多いのに対し、 ラットロッドはあえてボロ車を作る、オンボロっぽさを演出する点が大きな違いといえるでしょう。 『マッドマックス』は終わらない!最新作『Mad Max The Wasteland』も制作準備中! 2015年に30年ぶりの続編として制作された『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。 アカデミー賞最多6部門受賞と非常に高い評価を得ており、興行的にも大成功という素晴らしいカムバックを果たしました。 当初の制作スケジュールよりは遅れていますが、2020年中にはシリーズ第5作の撮影が行われることも確定しています。 第5弾の原題は『Mad Max The Wasteland』となる予定です。

次の