10 パーセント 計算。 パーセント(10%)消費税の計算が、分かりません。15%とか、お店で見

消費税10%になったら、計算式はどうなりますか?

10 パーセント 計算

2 となります。 8 というのもするだろうと思います。 「原価」「売値」「利益」の関係は当然 売値=原価+利益 ですね。 お店側は「原価」はわかっています。 それでお客さん に売る時にいくらの「売値」にするか?と考えるでしょう。 それでいてお店としては「利益」というものが大事に なってきます。 質問の場合だと売値100000円とすれば80% ということです。 原価率+利益率=100%です) をするでしょう。 8というのは 自然な考え方です。 もう一度上司の人がなんて言ったのか聞いた方がいいと 思います。 2 のどちらをやっても「間違い」とは言えないと思います ので・・・。 」 ということです。 2」ということですね。 何かのお役に立てたでしょうか。 A ベストアンサー 既に回答が出ていますので、屋上屋ですが、整理しておきましょう。 売値を決める時に、利益率で計算する場合、次の2つの方法があります。 (1)仕入れ原価の10%の利益を乗せる方法・・「内掛け」と呼びます。 (2)売値の10%の利益をとる方法・・「外掛け」と呼びます。 1)=1,111円 以上を理解しておくとよいでしょう。 質問者の会社でとられている方法は、(2)の方法です。 業界や会社により、違います。 A ベストアンサー まず、言葉遣いの問題があります。 これは数学しか考えない人と、商売を考える人では異なることが多いです。 残念ながら商売をやっている人でも理解していない人が多い話なのですけどね。 商売をやっていると、すべての計算のベースは売上高になります。 利益率とか仕入率なんていう言葉を使うことがあるはずですが、すべて売上高を基準にしているはずです。 そこで、最初の問題の「仕入れ値に15%乗せて物を売りたい」と言う言葉が大きな問題です。 これは「15%の利益を出す」という事ではないのです。 まず、これを理解することです。 これが判れば、計算違いの原因も判ります。 15=17,020円 で正解です。 これは消費税の計算も一緒ですね。 13 と言う計算になります。 85 =17,412円 が正解。 15」で計算する人は少なくありません。 15」を正解とする場合もあります。 15」が正解になっていたことがありました。 実際の計算では、そのあたりの確認をしなければいけないでしょうね。 (自分の利益を求めるだけなら、好きなほうでよいと思いますけど) まず、言葉遣いの問題があります。 これは数学しか考えない人と、商売を考える人では異なることが多いです。 残念ながら商売をやっている人でも理解していない人が多い話なのですけどね。 商売をやっていると、すべての計算のベースは売上高になります。 利益率とか仕入率なんていう言葉を使うことがあるはずですが、すべて売上高を基準にしているはずです。 そこで、最初の問題の「仕入れ値に15%乗せて物を... A ベストアンサー 難しく考え過ぎないでください。 結局は質問者さんの方法とやっていることは同じですが、 原価を原価率で割ってください。 A ベストアンサー 売価の求め方は知らないので、もし間違えていたらすみません。 しかし、与えられた問題と式から読み解きますと、 次のように理解できるのではないでしょうか。 売価Y=原価X+25%売価Y Y=X+0.25Yとなりますね。

次の

消費税10%になったら、計算式はどうなりますか?

10 パーセント 計算

例えば、ある店舗である製品を販売しようとしており、その仕入れ値は10000円です。 9と計算するといいです。 9 =約11111円が製品の値段になります。 なお製品だけでなくサービスなどであっても同じように利益率10パーセントの計算ができることを理解しておくといいです。 こちらも上と同じよう計算すればいいです。 8と計算できます。 8=12500円と求めることができるのです。 このようにして利益率とパーセントや割合の計算ができることを理解しておきましょう。 まとめ 利益率30パーセントや20パーセントや10パーセントの計算方法 ここでは、利益率30パーセントや20パーセントや10パーセントの計算方法について解説しました。 7 といえます。 さまざまな金額に関する計算に慣れ、毎日の生活に役立てていきましょう。

次の

10パーセントの計算方法!電卓と暗算それぞれのベスト技【消費税】

10 パーセント 計算

例えば、ある店舗である製品を販売しようとしており、その仕入れ値は10000円です。 9と計算するといいです。 9 =約11111円が製品の値段になります。 なお製品だけでなくサービスなどであっても同じように利益率10パーセントの計算ができることを理解しておくといいです。 こちらも上と同じよう計算すればいいです。 8と計算できます。 8=12500円と求めることができるのです。 このようにして利益率とパーセントや割合の計算ができることを理解しておきましょう。 まとめ 利益率30パーセントや20パーセントや10パーセントの計算方法 ここでは、利益率30パーセントや20パーセントや10パーセントの計算方法について解説しました。 7 といえます。 さまざまな金額に関する計算に慣れ、毎日の生活に役立てていきましょう。

次の