エビオス cm。 エビオス(仲村トオル)CMソングの歌手は誰?経歴やプロフィールも

エビオスCMの仲村トオルのダンスがシュール過ぎると話題に!弱るもん歌「海辺の朝」篇

エビオス cm

俳優の仲村トオルさんが、 昭和を感じさせる踊りを 海辺の磯で拳を振りながら踊る姿。 なんだかとてもシュールでかわいくみえますよね。 ちょっとおとぼけた感じの仲村さんも、最近なんだかしっくりくるようになってきました。 北川景子さん主演ドラマの日本テレビ「家売るオンナ」に出演されていた屋代課長(役名)を思い出します(笑) CMバックに流れている曲もなんだかおもしろい。 一度聞くとずっと残る曲調です。 誰が歌っているのでしょう。 エビオスCM弱るもん歌「海辺の朝」篇のCMソングの歌手は誰? エビオスCM弱るもん歌「海辺の朝」篇の CMソングを歌っているのは 本間絹子(ほんま・きぬこ)さんです。 そしてご本人が作詞作曲もしています。 【本間絹子】プロフィール 名前(よみがな) 本間絹子(ほんま・きぬこ) 生年月日 年齢 1970年?月?日 学歴 早稲田大学第一文学部心理学科卒業 職業 CMプランナー、コピーライター、作詞・作曲 所属 株式会社電通 1993年入社 得意分野 歌を中心とした企業及び商品プランニング 本間絹子さんは、大手広告代理店電通所属のコピーライターです。 現在は大手広告代理店の電通に勤務されています。 志望動機より自己PRを重視してくれる就職先として選んだのが、大手広告代理店の「博報堂」と「電通」。 第一希望だった「博報堂」に落ちたため、現在の「電通」に入社したそうです。 電通での仕事はとても厳しかったそうです。 辞めようと何度も思ったけれど、 今ここで辞めたらまた繰り返してしまうのではないかと思い、根性で乗り切ったと。 有名コピーライターの上司の元で 「物の作り方とは本質を見極めることだ」 と教えてもらい、 あきらめずに愚直に努力された当時があったからこそ、現在の本間さんがあるそうです。 愚直に努力されて、本質を見抜く力を身に付けた本間さん。 1993年に株式会社電通に入社。 就職試験にあったクリエイティブ試験の作文が認められ、東京勤務クリエイティブ局に配属。 はじめはコピーライターを任され、 上記記載の通り 物事の本質を見極める上司の元で日々学んだ。 その甲斐あって 色々なところから「コピー書いてよ」と 声がかかるようになったそう。 そしてテレビの仕事が舞い込み…。 その時の心境を正直にこたえてくださっている本間さんのインタビューがあります。 そのインタビューがこちら。 【仕事の手ごたえを掴んだ瞬間】 (中略) でも私はまったく当時CMに興味が無くて。 家でもCMが始まるとトイレに行く人だったんです。 CMは映画と違って、映像は汚いし申し訳ないのですが観るものではないし、観たくないと思っていて。 一方でやはりグラフィックは素人目にも美しいなと感じて、そういったものには興味はもっていたんですね。 だから、「 CMはあまり好きじゃないんだけどな」と思っていました。 でも足を運ぶうちに、コピーと違ってテレビの仕事は、より「自分の好きなこと」や「自分のやりたいこと」に気持ちが向くようになったんですよね。 引用元: 福里伸一(ふくさと・しんいち) 日本のCMプランナー、コピーライター、クリエイティブディレクター。 ワンスカイ所属。 【CM作品】 ・ジョージア缶コーヒー明日があるさ ダウンタウンなど吉本興業タレント、仲間由紀恵 ・富士フィルムフジカラーのお店 樹木希林、岸本佳代子、田中麗奈、長瀬智也、堀北真希、広瀬すず 望月:そのことがそれまでの仕事と違って新しくて、面白く思えてきたということですか。 本間:ええ。 あと「自分って何だろう?」ということを深く考えました。 「自分の好きなことって何だろう」「そもそも自分って何なんだ」という事をCMをきっかけに考えて。 福里(真一)さんという先輩に出会ったことも大きかったですね。 たまたま上司が福里さんを連れてきて一緒に作業をした時に、CMも「本質」を掴まえる仕事なんだ!という事を思って。 福里さんは面白おかしいくだらないコンテを書くのだけれど、ズバッと真ん中を突くコピーががっちりしているんです。 真理を突いている。 あ、そういう事なんだ!と思いましたね。 この商品の、この気分を掴まえる。 そういった仕事なんだと思ったら、急に面白く思えてしまって。 だから福里さん様様です。 引用元:望月衛介.

次の

エビオスCMの仲村トオルのダンスがシュール過ぎると話題に!弱るもん歌「海辺の朝」篇

エビオス cm

海女さんも昆布ふって応援してくれてます。 トオルさん、コンテ見て「…よしっ!」と気合い入れたんだろうな。 アクションがかかる前のトオルさんの表情、絶妙な振り付けに演出。 話題になりますように。 (追記)じわじわ人気出てきてますね。 わたしも、何回も観ちゃいます。 昔の「」のような、いやもっと昔の昭和かな。 古きよき香りがします。 それにしても、仲村トオルさんが若い(54歳!)。 便秘には「エビオス整腸剤」もあるみたい。

次の

エビオス(仲村トオル)CMソングの歌手は誰?経歴やプロフィールも

エビオス cm

俳優の仲村トオルさんが、 昭和を感じさせる踊りを 海辺の磯で拳を振りながら踊る姿。 なんだかとてもシュールでかわいくみえますよね。 ちょっとおとぼけた感じの仲村さんも、最近なんだかしっくりくるようになってきました。 北川景子さん主演ドラマの日本テレビ「家売るオンナ」に出演されていた屋代課長(役名)を思い出します(笑) CMバックに流れている曲もなんだかおもしろい。 一度聞くとずっと残る曲調です。 誰が歌っているのでしょう。 エビオスCM弱るもん歌「海辺の朝」篇のCMソングの歌手は誰? エビオスCM弱るもん歌「海辺の朝」篇の CMソングを歌っているのは 本間絹子(ほんま・きぬこ)さんです。 そしてご本人が作詞作曲もしています。 【本間絹子】プロフィール 名前(よみがな) 本間絹子(ほんま・きぬこ) 生年月日 年齢 1970年?月?日 学歴 早稲田大学第一文学部心理学科卒業 職業 CMプランナー、コピーライター、作詞・作曲 所属 株式会社電通 1993年入社 得意分野 歌を中心とした企業及び商品プランニング 本間絹子さんは、大手広告代理店電通所属のコピーライターです。 現在は大手広告代理店の電通に勤務されています。 志望動機より自己PRを重視してくれる就職先として選んだのが、大手広告代理店の「博報堂」と「電通」。 第一希望だった「博報堂」に落ちたため、現在の「電通」に入社したそうです。 電通での仕事はとても厳しかったそうです。 辞めようと何度も思ったけれど、 今ここで辞めたらまた繰り返してしまうのではないかと思い、根性で乗り切ったと。 有名コピーライターの上司の元で 「物の作り方とは本質を見極めることだ」 と教えてもらい、 あきらめずに愚直に努力された当時があったからこそ、現在の本間さんがあるそうです。 愚直に努力されて、本質を見抜く力を身に付けた本間さん。 1993年に株式会社電通に入社。 就職試験にあったクリエイティブ試験の作文が認められ、東京勤務クリエイティブ局に配属。 はじめはコピーライターを任され、 上記記載の通り 物事の本質を見極める上司の元で日々学んだ。 その甲斐あって 色々なところから「コピー書いてよ」と 声がかかるようになったそう。 そしてテレビの仕事が舞い込み…。 その時の心境を正直にこたえてくださっている本間さんのインタビューがあります。 そのインタビューがこちら。 【仕事の手ごたえを掴んだ瞬間】 (中略) でも私はまったく当時CMに興味が無くて。 家でもCMが始まるとトイレに行く人だったんです。 CMは映画と違って、映像は汚いし申し訳ないのですが観るものではないし、観たくないと思っていて。 一方でやはりグラフィックは素人目にも美しいなと感じて、そういったものには興味はもっていたんですね。 だから、「 CMはあまり好きじゃないんだけどな」と思っていました。 でも足を運ぶうちに、コピーと違ってテレビの仕事は、より「自分の好きなこと」や「自分のやりたいこと」に気持ちが向くようになったんですよね。 引用元: 福里伸一(ふくさと・しんいち) 日本のCMプランナー、コピーライター、クリエイティブディレクター。 ワンスカイ所属。 【CM作品】 ・ジョージア缶コーヒー明日があるさ ダウンタウンなど吉本興業タレント、仲間由紀恵 ・富士フィルムフジカラーのお店 樹木希林、岸本佳代子、田中麗奈、長瀬智也、堀北真希、広瀬すず 望月:そのことがそれまでの仕事と違って新しくて、面白く思えてきたということですか。 本間:ええ。 あと「自分って何だろう?」ということを深く考えました。 「自分の好きなことって何だろう」「そもそも自分って何なんだ」という事をCMをきっかけに考えて。 福里(真一)さんという先輩に出会ったことも大きかったですね。 たまたま上司が福里さんを連れてきて一緒に作業をした時に、CMも「本質」を掴まえる仕事なんだ!という事を思って。 福里さんは面白おかしいくだらないコンテを書くのだけれど、ズバッと真ん中を突くコピーががっちりしているんです。 真理を突いている。 あ、そういう事なんだ!と思いましたね。 この商品の、この気分を掴まえる。 そういった仕事なんだと思ったら、急に面白く思えてしまって。 だから福里さん様様です。 引用元:望月衛介.

次の