コロナ 死に たい。 コロナウィルスの感染者数と死亡者数を年齢別、国別などで知りたい...

コロナ関連死

コロナ 死に たい

アメリカは4月8日、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染者が42万人、死者は1万4000人を超えた。 国内でも最多の感染者がいるニューヨーク州では感染者が14万人、死者6000人以上。 特に同州の1日の死者数は前日より過去最多の779人が増え、まったく歯止めが効かない。 連邦政府と州政府はこれから2、3週間でさらに死者が増えるだろうと発表し、警戒が高まっている。 これら発表されている死者数は、医療機関からの報告で集計されている。 病院がパンク状態で受け付けてもらえず帰宅した軽症状者が、その後容態が急変したり、病院に行くことがないまま自宅で亡くなるケースも少なからずある。 よって実際の死者数は、発表されているものよりさらに多いと見られている。 黒人の犠牲者数突出 これまで、犠牲者の詳細なデータは国でも州でも発表されてこなかったが、ここにきてトランプ大統領やニューヨーク州のクオモ知事などの会見で、人種別被害状況も語られるようになった。 7日のホワイトハウスでの定例記者会見で、トランプ大統領と国立アレルギー・感染症研究所の所長、アンソニー・ファウチ医師は、新型コロナウイルスの犠牲者にアフリカ系アメリカ人が多いことについて、「まったく聞き捨てならない。 どうしてこのようになっているのか解明していく」と不満をあらわにした。 CDC(アメリカ疾病管理予防センター)でも、州ごとに吸い上げた人種や民族別データを今後精査していくという。 ルイジアナ、ミシガン、ニューヨークの例 新型コロナ関連の死者に黒人が多いのは、比較的黒人人口の多い都市、ルイジアナ州ニューオーリンズ、ミシガン州デトロイト、ニューヨークなどで顕著だ。 イリノイ州では黒人人口は15%なのに死者の42. 9%が黒人。 新型コロナウイルスの重篤患者になりやすいのは、高齢者や持病のある人とされている。 は、ルイジアナ州の新型コロナ関連死者の多くは、以下のような持病を抱えていたと発表した。 高血圧(66. また、なぜほかの人種より黒人の人々が犠牲になっているかについては、スーパーやデリの店員などのエッセンシャルワーカー率の高さも関連しているのではないかと言われている。 ニューヨークがまだリラックスムードだった3週間前まで「(最強の人種のため)黒人はコロナに感染しない」「黒人はすでに免疫がある」などと彼らの間ではジョークも飛び交うほどだったのだが。 「黒人はどういうわけか新型コロナに免疫があるという話を聞きました。 しかし科学的な証拠はありません。 油断しないように」 「なぜアフリカ系アメリカ人やラティーノが犠牲に?」 4月8日のクオモNY州知事の記者会見でも明らかになった、犠牲者の人種別データ ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事も、8日の記者会見で新型コロナの死亡者と人種の関連性について取り上げた。 また記者に「ニューヨーク市内で黒人やヒスパニック系に犠牲者が多いのは、スーパーやデリで働くエッセンシャルワーカーが多いからではないか。 今後それらの店をクローズさせる予定はあるか」と問われ、「減らすことはできる。 今後の動向を見ながら検討していく」と答えた。 筆者がよく利用するブルックリンの大型チェーンのスーパーマーケットのスタッフは、ほぼ全員と言っていいほど黒人やヒスパニック系だ。 数日前に利用したばかりだが、この時期に及んでも相変わらずマスクをしていないスタッフはまだ何人かいた。 州内で1ヵ月前に脱プラに向け撤廃されたはずのレジ袋がこの日大量に復活していたので、その理由を尋ねると「今までの紙袋は持ちにくいし[... ]」と丁寧に教えてくれたが、彼らは私をはじめほかの顧客にも無防備で対応することにまったく躊躇ない様子だった。 ニュースをチェックしていないのか、マスクが手に入らないのか、自分が不死身だと思っているのか、トランプ大統領のようにマスクを絶対にしない主義だからか? エッセンシャルサービス認定をされ今も毎日職場に通うのは、ブルックリンのセキュリティ会社に勤務する筆者の友人だ。 ヒスパニック系である彼は、プエルトリコ系アメリカ人。 「今日の地下鉄では、10人のうちマスクと手袋をしていたのは自分を入れて3人だけ。 7人は無防備だった」と驚きを隠せない様子だ。 会話の最後にこうこぼした。 「自分もマスクは手元にあと2枚しかないのだけどね」。

次の

コロナ関連死

コロナ 死に たい

我が家の本棚にある この本、分厚くて、文字も多くて、なかなか挑戦しづらい一冊。 日本でも20万部超えのこちらの本は、 アメリカの大学の「死」がテーマの人気講義を翻訳したもので、 「人は必ず死ぬ。 だからこそ、どう生きるべきか」 というメッセージが込められている。 この一冊は、 ずっと ずっっっっと 我が家の本棚に並んでいたのですが、 今まで全く興味を示さなかった旦那さんがおもむろに手に取り、 読みはじめました。 私たちが住む首都東京にもコロナが蔓延するいま、 日本人ならだれもが知るコント王、志村けんさんを失ったいま、 海外では人工呼吸器が足りなくて死の選別をしなければいけないいま、 友達の家族がコロナで亡くなったいま、 わたしたちは否応なしに、『死』を意識するようになりました。 他人事ではすまされなくなり、 みんながコロナと向き合いはじめました。 自分は平気、自分は大丈夫、といって目をそむけるのではなく、 一人一人が自分事としてコロナと向き合うことって とても大切な事ですよね。 『自分に大事な人がいるように、通りすがった誰かも、誰かにとって大事な人。 』 そんな言葉とSNSで出会いました。 もうほんとに、おっしゃる通り。 身勝手な考えのもと行動した結果、 だれかの大切な人を奪うなんて、 全世界のだれにもそんな権利はありません。 極端な話ですが、 これが、今私たちが直面している感染力最強ウイルスの実状です。 自分さえ良ければそれでいい、は通用しません。 私の家族や身近な人々は元気いっぱいなひとが多く、 今までこれといって自分の中で『死』とむきあう経験はありませんでした。 (唯一『死』を意識したのは、弟のように可愛がっていた愛犬『将軍』の死です。 愛犬家の坊城家にとって将軍の死の衝撃は図り知れないものがあり、一週間寝込みました。 ) 今回のコロナは、そんな平和ボケの私に 『死』と向き合う時間をつくってくれました。 いま世界中が、 自分なりに、 自分のペースで、 死ぬことや生きることについて 頭の中でぐるぐるぐーるぐる模索するって、 めまぐるしい日常の中では、なかなかできないことです。 どんな出来事にも必ず意味があります。 コロナを通して何を考え、どんな行動をするかはわたしたち次第です。 文響社でもテレワークがはじまり、【おうち時間】が増えました。 旦那さんが読み終わったら、 『「死」とは何か』をすかさず読みなおそうと思っています。 (お仕事もちゃんとします。 ) 読書のお供は、 最近みつけた自分的に空前の大ヒットの ぷちっと海苔めんたいの予定です。 絶品です。 こりゃ完璧な読書環境です!! (上司も見ているので二回言います、お仕事もちゃんとします。 ) おうちでゆっくり、 『「死」とは何か』を読みながら コロナについて、死について向き合う時間って、 今しかできない 今だからこそ価値のある 貴重な時間じゃないでしょうか。

次の

<「コロナになって死にたいよ」>生活困窮相談 「これから訪れるのはリーマンショックの比じゃない」(田中龍作ジャーナル) 赤かぶ

コロナ 死に たい

通常、病院で亡くなると、まず自宅か葬儀会場に運ばれるのが一般的。 多くの場合、その後、死装束かお気に入りの服に着替えさせて納棺。 葬儀会館で通夜と告別式を経てから、火葬場へ運ばれる。 ただし、死亡後24時間以内の火葬が禁じられている上、都内では火葬の予約がなかなかとれない。 早くて死亡の3、4日後なのが現状なのだ。 ところが、「新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令」が、この1月28日に急遽公布された。 新型コロナウイルス感染症が、エボラ出血熱(1類感染症)、結核(2類感染症)、コレラ(3類感染症)などと同等の法律(「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第30条」)扱いとなったのだ。 したがって、「遺体の移動の制限・禁止」が定められ、病院から火葬場へ直行しなければならない。 遺体への消毒も必至。 また、必須ではないが「24時間以内の火葬」も認可されている。 志村さんの遺体は、この法律に則って扱われ、一般の遺体より早いスピードで火葬されたわけだ。 「志村さんのような火葬は、特別枠です。 他の会葬者との接触を避け、その日の全ての火葬が終了した後に行うよう配慮された。 厚労省から火葬行政へ、遺体を非透過性納体袋に収納・密封するよう連絡文書が出ていて、ホームページにも載っています。 『通常の葬儀の実施など、できる限り遺族の意向等を尊重した取り扱いを』とも書かれていますが、現実問題、遺族が納体袋を開けて故人の顔を見るのすら不可能だった」(同) 志村さんの場合、さらに「火葬場に行き、せめて骨上げをしたい」という遺族の思いも叶わなかった。 それはなぜか。 「一つは、遺族には故人と濃厚接触した人がいる可能性が高く、火葬場の職員に感染する危険があるからです。 もう一つは、ものものしい防護服やゴーグルを着用した職員の姿や、徹底的に消毒するところなどを遺族が目にし、さらに悲しませるのを避けるためでしょう。 火葬場から各葬儀社へ3月半ばに送付された『新型コロナウイルス感染ご遺体の対応について』の文書には、親族5人まで立ち会いが可能と記されていますが、大事をとった」(火葬場OB) 棺が火葬炉に入る時の立ち会いも、火葬終了後の拾骨も、火葬場職員が代行した。 台車や火葬炉などが厳重に消毒されたことは想像に難くない。 「透明の納体袋」を備える葬儀社も 火葬場の調査研究、相談指導などを行う特定非営利活動法人・日本環境斎苑協会(神奈川県川崎市)主任研究員、森山雄嗣さんは、 「感染遺体の火葬依頼が来たらどうしたらいいかという問い合わせが相次いでいます。 『時間帯は、最後あるいは時間外に』『遺族の立ち会いは断るほうが無難』『炉内の消毒を徹底するように』と答え、基本的には保健所の指示に従うよう伝えている。 しかし、現状、自治体によって方針がまちまちです」 と話す。 神奈川県内の火葬場では、新型コロナウイルス感染遺体を、遺族が立ち会って火葬したとの報告が届いたという。 仮に火葬に立ち会えても、納体袋に密封された故人の顔を見て「最後のお別れ」は絶対に無理なのか。 透明の納体袋も作られており、神戸市が用意したほか、備える葬儀社も増えてきている。 では、遺体と長く共に過ごすことができるエンバーミング(遺体衛生保全=血液を薬液に入れ替え、遺体を生前の元気だった頃の姿に近づける科学的な防腐施術)を施すことはできるか。 「もちろん技術的には可能です。 ご遺族の気持ちを考えると、してさしあげたいのは山々ですが、私は、日本で新型コロナウイルスに感染して亡くなった外国人の方の施術を依頼され、お断りしました」 と、エンバーマーの真保健児さん(ディーサポート社=東京都大田区)。 エンバーミングは、欧米ではかなり一般的で、遺体の国際搬送に義務付けられている。 「かなり悩みましたが、お断りしたのは、今はまだ遺体から自分が感染しないエビデンス(科学的根拠)がないからです」。 所属する一般社団法人・日本遺体衛生保全協会(神奈川県平塚市)からも「協会として推奨しない。 自粛するように」という通知が届いた。 同協会事務局長の加藤裕二さんは、「欧米では、新型コロナ感染症で亡くなった遺体にも、防護服を着用してエンバーミングが行なわれているらしいので、日本でもできないかと、今、調査中です」 新型コロナが変えた葬儀の風景 一方で、新型コロナウイルス蔓延下、葬式の様相も変わってきた。 愛媛県松山市では、3月22日の通夜、23日の告別式で、集団感染が発生した。 それ以降、消毒の徹底、スタッフのマスク・手袋着用、窓や扉を開け、椅子を可能な限り離して置くのがもはや全国標準になった。 「葬儀会館からの要請もあり、参列者10名以内のワンデイ(通夜を省き、告別式のみの葬式)を推奨し、通夜振る舞い、精進上げなどの食事の提供も取りやめている」 と、都内の葬儀社社長。 葬式のますますの小型化が急激に進んでいるのだ。 では、新型コロナ感染症で亡くなった遺体を扱う依頼を受けたら、どう対応するか。 「心苦しいですが、断ります。 遺体に消毒が施されているとはいえ、納体袋に入れるのは、基本的に葬儀社の役目。 遺体を動かす際に口や鼻から体液が吹き出し、我々が感染しない保証はない。 それに、打ち合わせ時、故人の濃厚接触者である遺族からの感染も心配。 社員が感染すると、休業に追い込まれる」(同) ネット書店で購入する• 苦渋の選択だろう。 もっとも、「断らない」と判断し、懸命に取り組もうとする葬儀社も少なくない。 富士見斎場株式会社(神奈川県秦野市)の石井時明代表は、 「志村けんさんの見送りが報道され、ご遺族が火葬場にご一緒できないケースが周知された。 依頼者に理解を得て、志村さんと同様の形式をとって故人をお送りしたい」 と話す。 新型コロナウイルス感染による死者の弔いは、否応なしに始まった。 それぞれの場で、模索が続いている。 井上理津子 いのうえ・りつこ 1955(昭和30)年、奈良市生れ。 フリーライター。 京都女子大学短期大学部卒。 タウン誌記者を経てフリーに。 人物ルポや旅、酒場をテーマに執筆してきた。 2010(平成22)年、長く暮らした大阪から、拠点を東京に移す。 著書に『』『』『親を送る』『関西かくし味』『遊廓の産院から』『名物「本屋さん」をゆく』『旅情酒場をゆく』『はじまりは大阪にあり』『大阪下町酒場列伝』『すごい古書店 変な図書館』、『』『関西名物 上方みやげ』(共著)など。 デイリー新潮編集部• あわせて読みたい関連本•

次の