ウサギ 小屋。 うさぎの飼い方で 屋外で飼う方法のお勧めについて教えます

ウサギ小屋|中古あげます・譲ります|ジモティーで不用品の処分

ウサギ 小屋

今も記憶に残る「日本人はウサギ小屋に住んでいる」という言葉の発端を調べてみました。 土光ミッションは欧州各地で、貿易不均衡に対する厳しい批判を浴びるとともに、早急な対応を迫られた。 1979(昭和54)年には、日本人を「ウサギ小屋に住む仕事中毒」と揶揄したECの内部文書が暴露された。 私の記憶にあったのはこの 日本人を「ウサギ小屋に住む仕事中毒」と揶揄したECの内部文書が暴露された でした。 ここまでは読めば思い出します。 これについて当時小生は非常に反発しました。 「日本の文化はについて無知な人間が何を言っているのか」と。 今回、この「日本人はウサギ小屋に住んでいる」発言について調べたら、次の記事がありました。 しかし、発言者には批判的な意図はなかった。 報道する側が少々誤解してしまったという。 その他、日米開戦の原因の一つとなったのは米国側による日本の暗号電報の誤訳、日本のメディアや政治家がよく使う「グローバル・スタンダード」などという言葉は、実際は英語ではなく和製英語、などを紹介した、メディア側の人間としてはドキリとさせられる一冊だ。 新潮新書『『エコノミック・アニマル』は褒め言葉だった ー 誤解と誤訳の近現代史』(多賀敏行)という本の紹介です。 で、昔流行ったフレーズの、日本人の住居に関する「ウサギ小屋」の誤訳というのは、こんな感じ。 「ウサギ小屋」については調べると、初めて登場した際、EC(欧州共同体)の報告書に「日本人はウサギ小屋のような住居に住んでいる」との趣旨のことが書いてあるとのことでした。 当時の新聞を調べてみると「ウサギ小屋と変わらぬ住宅環境に生息している働き気違いの国」というように表現されています。 そこで、英語ではどのように表現されているか調べてみると、「日本は西欧人から見るとウサギ小屋(rabbit hutches)とあまり変わらないような家に住む労働中毒者 workaholics の国」となっています。 但し、問題の箇所以外を読んでも、日本に対して批判的ではない。 その上、文法的な誤りがいくつかあるなど、英語としてあまり出来がよくないのです。 おかしいな、とよく読むと、原本はフランス語で、英語に翻訳されたと注釈があります。 ウサギ小屋については原文では「cage a lapins(カージュ・ア・ラパン)」。 辞書で「lapin」を調べると「cage a lapins」で一つの成句になっていて、「画一的な狭いアパルトマンの多くから成る建物」と定義してある。 つまり、都市型の集合住宅のことを表す俗称で、別にほめる意味はないが、侮辱する意味で使ったものでもないようだ、ということに気付きました。 フランス人の住むパリの集合住宅もこう呼ばれます。 何も特に日本を揶揄するために新たに作った表現という訳ではないのです。 ええ〜!? これも誤訳ですか。 フランス語から英語への翻訳段階でのミスみたいですが。 普通に訳すと「都市型の集合住宅に住んでいる」みたいな感じ? 「ほー、そうだつたのか」と思わせる記事ですよね。 併し次のサイトを見たら、この記事が植民地根性にたっぷりと染まったものであることが見えます。 wikipedia. 1992年4月2日 元首: フランソワ・ミッテラン大統領 ------------------------------------------------------------------ 出生: 1934年1月27日(74歳) オー=ド=セーヌ県 ブローニュ=ビヤンクール 政党: 社会党 PS エディット・クレッソン(Edith Cresson、1934年1月27日 - )はフランスの女性政治家。 姓(Cresson)の読み方は、仏語では「クレソン」が近いが(野菜のクレソンと同じ)、日本語メディアでは「クレッソン」と紹介されている。 [編集] 人物 フランス初の女性首相。 人種差別的な発言で知られる。 ;仏の対日タカ派クレッソン欧州問題担当相が発言」からである(原文では「敵」ではなく「競争相手」と書かれている)。 その後も各全国紙、週刊誌などはクレッソンの日本や日本人についての発言を大きく取り上げて批判報道を繰り返したことにより問題が拡大し、アメリカなど海外のメディアにも取り上げられた。 人種差別的であると非難されたクレッソンの発言として、首相在任中に「日本人はウサギ小屋のような小さなアパートに住み、2時間もかけて通勤している」「日本人は黄色いアリ(fourmis jaunes)」などと公式な場で発言、こうした発言に対して日本政府から正式な抗議を受けるという異例な事態に至った。 だが、クレッソンは「市場問題でわれわれに教訓を与えない国からの抗議は受けられない」と、抗議には直接応えない日本非難を繰り返しただけで、差別発言の撤回や謝罪は拒否した。 過去には「ニューズウィーク」誌のスコット・サリバン欧州総局長に日本人のことを「黄色いチビ」と表現した。 差別発言を繰り返した上に謝罪にも応じないクレッソンの姿勢に対して、日本の世論は硬化し、右翼団体の街宣車がフランス大使館に押し寄せる事態となった。 窮地に立たされた在日フランス大使館は「日本人はアリとは褒め言葉」との見解を表明した。 だが、非公式な場ではあるが日本大使の面前で「日本人はアリ。 何度殺しても出てくるアリ」と発言したとされており、クレッソンの言う「日本人はアリ」が、肯定的な意味ではないことは明らかである。 これだけの侮辱を受けながら、敢えて上の記事を書く日本人。 卑屈という以外にありません。 こういうのを植民地根性というのです。 日本人は立ち上がらねばなない。 全ての束縛から解き放たれ自分を回復せねばならない。 独立せよ日本人!! 己の魂をどこに置いた 面白く読ませてもらいました。 この事実を知ったのは、20代の時、経済学を大学院で選考する学生だった時です。 私の反応は、ニヤリでしたね。 クレッソンは、人間的に無知で傲岸で、ミッテランのご寵愛を受けて首相になった人で革命前のデュ・バリーの現代版です。 自分の国の生産物を一番買ってくれてるのが日本だと知らないで無知を丸出しにしてましたよ。 日本の感情を害して輸出が減れば、困るのはフランス国民です。 感情で物を言う人品の卑しさには、笑ってしまいました。 そんな首相だったので、当時の日本の自動車工業は、欧州現地工場を英国に作りました。 元英国女性首相だったサッチャーは抜け目無く日本に来日し、「フランスの女首相とイギリスの女首相のどちらが賢いか、良識ある日本の紳士方は十分ご存知ですわね。 」と前置きしたのです。 日本の記者、商工会議所の面々、大爆笑。 しかし、当時、日本叩きが盛んだった欧米が、クレッソンの人種差別発言以降、日本を叩くとクレッソンと同じだと思われるとヤバいと感じたのでしょう。 バッシングが弱まって行ったのです。 まあ、政治外交的に見れば、日本バッシングをするつもりで、結局は弱めてくれるのに自分から一役買った上に墓穴を掘ってくれたのですから、めでたし、めでたしだったと思っています。 おかげで、欧米からの攻撃が弱まり、日本にとって都合の良い結果になりました。 面白雑学• 156• 336• 205• 146• 102• 184• 166• 469• 298• 154• 122• 270• 287• 9 recent comment•

次の

初心者DIYでも作れる!うさぎ小屋の作り方を画像で解説

ウサギ 小屋

ウサギ用のおりの中で空腹と不安に耐えた3歳の次男に、両親はなおも手をかけた。 東京都足立区の次男が2年前から行方不明になっていた事件。 警視庁捜査1課は、両親の虚偽の説明を見抜き、東京・荒川の捜索でおりなどの物証を発見。 遺体は見つかっていないが、監禁致死と死体遺棄での立件にこぎつけた。 当時、男児を含めて6人の子宝に恵まれた家族の歯車は、どこで狂ったのか。 変遷し続けた供述 平成26年7月。 捜査1課は、東京都足立区の荒川を捜索していた。 2カ月前に皆川玲空斗(りくと)君=当時(3)=の失踪が発覚。 玲空斗君の児童手当などを不正に受給したとして詐欺容疑で逮捕された母親の朋美被告(28)=監禁致死罪などで起訴=が、「遺体を段ボール箱に入れ、夫と荒川の河川敷に向かった」などと供述したからだ。 朋美被告と、同容疑で逮捕された父親の忍被告(31)=同=は当初、「遺体は山梨県の河口湖周辺に捨てた」と説明していた。 捜査1課は、数回にわたって朋美被告らを河口湖周辺に連れ出し、説明通りの場所を掘り返したが、手がかりは得られなかった。 捜査関係者によると、朋美被告らが示す位置は毎回、ズレがあった。 「記憶がはっきりしない」などと話していたが、別の捜査関係者は「わが子の亡きがらを捨てた場所。 慌てていたのかもしれないが、簡単に忘れるわけがないと思った」と打ち明ける。

次の

うさぎ ケージ 大型 セット 室内 うさぎ 小屋 屋内 おしゃれ ウサギ小屋 :1067732:Pocket Company

ウサギ 小屋

幼稚園の山羊小屋 ウサギ小屋 今までにも数軒ありましたが、今回の小屋は、1軒の小屋に山羊とウサギが入れる小屋をとお問い合わせを頂きました。 大阪市平野区の付属幼稚園でした。 建て替え工事をしていました。 山羊小屋も新築にと注文頂きました。 打ち合わせは、園の設計事務所 所長さんと工事担当の大手ゼネコン所長さんとの打ち合わせでプランを決定しました。 今まで住んでいた小屋 全体サイズ1800x1800 山羊部屋1200x1800 うさぎ部屋600x1200 600x600の物入れ 山羊の部屋の半分は、板の床です。 板の上で寝られます。 土間の部分の壁に餌箱をひっかけて取り付けしました。 組立て完成後 場所を変えたいと言う事で先生も混ざり10人程で10m程のこの位置に移動 うさぎの部屋の床半分は網 半分は板。 フンは、下のステンレスのトレイに受けます。 ウサギ小屋の外には、デッキが付いている。 野良犬に襲われても破れない丈夫な網 先生にフンの掃除がしやすそうと喜んで頂きました。 今までに幼稚園にお届けした小屋の一部を紹介 山羊小屋 ウサギ小屋 ・ Facebook ページは「いいね」よろしく.

次の