三碧 木星 2019 8 月。 三碧木星 今月の運勢

三碧木星の基本的な性格・性質・運勢

三碧 木星 2019 8 月

【 吉方位】• 西 【普通方位】• 南 【 凶方位】• 南西 2020年の8月で吉方位になるのは、 東・西です。 吉方位に移動すると、それぞれの九星の象意(本来の方位の持つ意味)に沿った良い出来事が起こると言われています。 なので、ぜひ積極的に吉方位を活用することをおすすめします。 吉方位への移動の効果については、こちらの記事を参考にしてみてください。 2020年の8月の普通方位は、 北・南です。 普通方位への旅行、引越しは問題ありません。 2020年の8月の凶方位は、 北東 ・北西・東南・南西です。 凶方位に出かける時は注意しましょう。 特に、長距離(100km以上離れた場所)で3泊以上の長期間の旅行、または引越しを凶方位の方角で行うときは、十分に気をつけてくださいね。 もし、どうしても凶方位へ行かなければならない場合は、下記の記事を参考にしてください。 続いて、2020年8月の運勢を解説します。 先月と同じくらい仕事にプライベートにと忙しい月ですが、頑張っても先月ほどの成果は上がりにくいでしょう。 今までは、ある程度勢いで乗り切れましたが、今月からはそうもいきません。 感覚もやや鈍り始め、ほころびが見え始めます。 自分の考えだけで進めようとすると、上手くいかないことも出てきますので、周りに意見を求めてください。 周囲を見渡せば、あなたに助言をしてくれる人は必ずいます。 自分の感覚に頼らず、過去のデータなどをもとに理知的に物事を進めると良いでしょう。 ただ、ピークを迎えた運気が下がるのは、運勢サイクルのひとつなので自然なことです。 ですから、ネガティブにとるのではなく、流れを受け入れ、今までより注意して行動すれば問題ありません。 運気も一気に下がるわけではなく、月の前半の方は先月の余韻が続いて好調でしょう。 ですから、重要なことや勝負事はできれば月初めに行ってください。 また、後半はやることの優先順位を明確にして、欲張らずにセーブして行動すると良いでしょう。 状況を見極めて冷静に行動できる人は、恋が上手くいきます。 一方で、感情を相手にそのままぶつけたり、その場の雰囲気に流されてしまう人には辛い時期となるでしょう。 現在フリーの人は、出会いはそれなりにあります。 ただ、その中であなたの理想とする相手は少ないかもしれません。 タイプでもないのに、寂しさを紛らわすために誘いに乗ってしまうと、後でなかなか縁を切れずに悩むことになるでしょう。 あなたが妥協せずに、相手を冷静に見極める目を磨く時期と考え、理想の恋を追求してみてください。 追求した先に、「この人なら良いかも」という相手がいれば、その人はあなたとご縁があります。 声をかけたり、連絡先を聞いて距離を縮めてみると良いですよ。 現在交際中の人は、恋人に対する言動や態度に気をつけてください。 ある程度あなたの思い通りにいった先月に比べ、運気がトーンダウンするために空回りするところが出てきます。 思った通りの結果が出ないことのイライラを、恋人にぶつけてしまうかもしれません。 すぐに謝罪して、現状を伝え、アドバイスをもらったり、支えてもらえれば絆は深まります。 しかし、ワガママや甘えで相手を傷つけたままですと、相手が疲れてしまいます。 最悪の場合、別れを切り出されますから、自分に非があるなら素直に謝りましょう。 結婚の話を持ち出すなら、月の前半にしてください。 月の前半はやる気もあり、フットワークも軽いので、それなりの成果を上げることができるでしょう。 新しいことを始めたり、複数の案件を同時にこなすなど、欲張らなければ問題ありません。 また、周りの意見を素直に取り入れることができれば、トラブルも回避できます。 しかし、月の後半に向かうにつれて、運気は下がっていきます。 ちょっと前まで上手くいっていたことが、急に歯車が狂い始めるでしょう。 自信過剰から強引にプロジェクトを進めたり、慣れないことに手を出すと痛い目にあいそう…。 さらに、周りへの甘えや配慮のない行動で、非難される人も出てきます。 特に、普段から部下に仕事を丸投げしている人は要注意! 部下からの信用を失い、他の同僚も離れていってしまうので、気をつけてください。 今はガンガン攻めるというよりは、程よくチャレンジしながら、基本は現状維持を意識すると上手くいくでしょう。 全体的に運気は少しずつ下がりますが、金運は特に停滞ムードが漂います。 先月ほどの収入を得られる人は少ないでしょう。 臨時収入などもあまり期待できません。 一方で、大きな支出はないものの、何かとお金が出ていく時期です。 例えば、友人知人や親戚の冠婚葬祭の費用、エアコンの使用頻度の増加による電気代、シャワーの回数増による水道代などの水道光熱費のアップ。 他にも、夏休みで外出した際のガソリン代、電車代などの移動費、バーベキューやイベント参加などの遊興費など様々。 付き合いなど、止む負えない場合もあるでしょうが、月の初めにある程度の予算を組んでおいた方が良いでしょう。 また、投資やギャンブルには向かない時期なので、大きな勝負には出ないようにしてください。 マイホームやマイカーなどの購入も、控えた方が良さそうです。 スポンサーリンク まとめ 2020年8月の三碧木星の、運勢、吉方位を紹介してきました。 運勢が今年一番強かった7月を過ぎ、8月は緩やかに下降していきます。 今までは勢いで乗り切れたところも、上手くいかないことが少しずつ増えていきます。 一気に運気が下がることはありませんが、慎重な行動を心掛けた方が良いでしょう。 重要なことや勝負事は月の初めに行ってください。 周りに助言を求めれば、トラブルを回避できますので、気になることは積極的にアドバイスをもらいましょう。 9月の運勢と吉方位を知りたい人は、下記をご覧ください。 2020年の三碧木星の1年間の運勢を知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。 それでは、今月も良い日々をお過ごしください。

次の

【九星気学】三碧木星 2020年の運勢を占う

三碧 木星 2019 8 月

属性 [ ]• - 木• - 震 しん• - 甲、乙• - 卯• 季節 - 春• 方位 - 東• 月 - 3月• 時間 - 5時~7時• 数 - 三、八• 色 - 青色• 味 - 酸味 象意 [ ]• 激しい、動く、繁栄、明朗、指揮者、管理職、宣伝、メッセージ、連絡、通信、交信• 音、声、音楽、評判、雷鳴(の音)、(やなどの波全般)、地震、電気 他の星との関係 相性 [ ]• 相生 - 水生木 、 木生火• 相克 - 木剋土 、 木剋土 、 金剋木 、 金剋木 、 木剋土• 比和 - 三碧木星、 三碧木星の 中宮になる 年 [ ] 西暦年を9で割って8余る年が三碧木星の年となる。

次の

三碧木星2019年の運勢と吉方位は?開運法を徹底解説!

三碧 木星 2019 8 月

5月の方位 三碧 1 年齢・・・4歳 13歳 22歳 31歳 40歳 49歳 58歳 67歳 76歳 86歳 2 方位・・・三碧は南の九星火星の宮にはいっている。 九紫は火・芸術・離散・頭が良く文芸美術にたけている。 人の為に尽くすと成功する。 三碧は・青春・一攫千金型・消費型・父との縁が薄いなどの意。 3 全体運・・・小凶運・・ミスや錯覚が生じやすい衰退運。 トラブルから学ぶ。 いつか笑える時が来る。 4 5月の流れ・・・的確な決断と決断力が冴えて周囲の注目を浴びます。 自分に自信をもって行動すれば、人望も得て信頼関係が深まります。 嘘や隠し事は(九紫の影響です。 隠れていたことが表に出て切ると言う意)露見しますので、真心をもって人や物事に対処することが大切です。 自分の苦手分野を克服する努力より、今は、得意分野を伸ばすことに専念しましょう。 5月は若葉が青くなる木々同様休む暇がない。 電話の対応、メールの数も多い。 嬉しい反面、ないようを見ればクレームなども多いからテンションは上がったり下がったりの乱れもある。 感情的になると益々トラブルは広がる。 三碧は短気な面もあるので、 雷・口の災いなどの意を持つ)、ピンチはチャンスととらえて、若葉を増やしていこう。 問題解決が難しい時は、お墓参りに行くのもいい。 墓前で静かにしていると、観えなかったことの中にヒントがあるだろう。 忘れてはならない事がある。 それは、この先の発展に繋がる事です。 5 吉日・・・1日 10日 注意する日・・・5日 6日 8日 15日 17日 24日 26日 27日 29日。 四緑 1 年齢・・・5歳 14歳 23歳 32歳 41歳 50歳 59歳 68歳 77歳 86歳 2 方位・・・四緑は北の一白水星の宮に入っている。 一白は水・流転・一途・勉学・目標を一つに絞って仕事をすれば、大成する。 職場を変えやすい・体力より頭を使う仕事が良い・両親との縁が薄いなどの意。 四緑は風・成熟・信用・教育・幸運を運んでくるの意。 3 5月の全体運・・・大吉運・何事にも積極的に取り組んで吉の月。 周囲との乱れがある。 こちらから歩み寄っていくこと。 4 5月の流れ・・・緊張感が緩み、精神的に不安定になるかも知れない。 油断すると思わぬ落とし穴にはまり、仕事や私生活に支障が生じます。 災いを避けるためには部下や同僚と信頼関係を結んで、お互いに協力し合える環境を作っておくことが重要です。 そして、心に遊びを持つことも大切です。 「2019年 5月 」は四緑にとって年始めからの体調不良が未だに回復しないどころか、最低レベルになる。 一年に一度の不調期に入ったのです。 四緑は仕事も家庭もうまくいかない。 四緑は人あたりも良く、適切な意見の提案や説明もうまいので、表に出る事は苦にはならない。 むしろ、人前で目立つことが好きな星でしっかり説明をし、周りに動いてもらいたい星。 しかし、5月は指示系統が全く機能しない。 その理由は「四緑は自分から積極的に動こうとしない星」であるからです。 自分のほうから、組織や隅々まで状況を把握し、他の意見に耳を傾ける事により、自然と道は開けてくる。 四緑は頭が良い・心持ちもよし・しかし、生活態度が足りない。 行動力も足りない。 口は達者だが、行動が伴わない。 時には見えない面での努力が大切だと再考する時です。 5 吉日・・・2日 4日 11日 22日 31日 注意する日・・・7日 9日 16日18日 25日 27日 28日 29日。 6 今年の気候は予測がつかないと、予報士さんも話していた。 それでも、函館に、が到着したと。 故郷の南部では、梅・桜・桃・少しずれるとりんごの花などが一斉に咲き始めるので、度の花が梅なのか・桜なのかわからなかったような記憶がある。 ただ、街を上げての「花見」が開催されたのはよくよく覚えている。 中学校の・踊り・相撲大会・地域ごとの宴会座敷・沼でのボート漕ぎ・少し離れたところでは馬による競争(なにか重いものを引いていたような)など。 公園を囲むように、出店が軒を並べていた。 いつも食べているものでも、「お祭りの魔法にかかったように」年寄りも・子どもも若いもんも・みーんな参加していた。 公園の隣は、があり、田植え前の「祈り」を捧げる意味合いもあったのかもしれないと、ふと思い出す。 春の餅と言えば、餅やわらび餅がある。 昔のわらすは(子どものこと。 方言である。 )遊びと山菜や小魚とりは同じ意味合いだった。 を摘んでいくと、親は天ぷらや餅にしてくれる。 わらび餅は手間がかかるので、毎年作ってもらえると言うわけではない。 新「令和」はの中からと発表されたということであった。 「 石走る(いはばしる)垂水(たるみ)の上の さわらびの萌え出づる春に なりにけるかも 」・・『 (しきのみこ)』。 学童期のオレはわらび餅・春の季語などと知る由も無かった。 つづきます。 yonitipowerspot.

次の