大変 だ と 思い ます が 敬語。 「頑張ってください」は敬語?目上の人を応援する時の正しい尊敬語

「嬉しいです」の目上に使える敬語?ビジネスでの言い換えは?英語表現も解説!

大変 だ と 思い ます が 敬語

「ご多忙とは存じますが、ご検討宜しくお願い申し上げます」といった具合で、相手が忙しいことが前提の時に、決断を催促するために使います。 「大変だと思いますが」に一番近い意味合いで失礼の無い言い換えです。 丁寧な言葉遣いではありますが、頻繁に仕事の取引をしている相手と、そうでない取引先の目上の方に対しては、少々馴れ馴れしい印象を与える場合もあります。 「ご多忙」と意味は似ていますが、それより少しソフトな言い方になります。 「大変だと思いますが」を丁寧にした敬語で、相手が忙しいことを理解した上で、何かをお願いする時に使います。 例えば、「お忙しいところお手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」といった具合です。 「よろしくお願いいたします」にさらに丁寧な印象を加えたい場合は、「お取り計らいの程よろしくお願いいたします」とするとよいでしょう。 「恐れ入りますが、折り返しお電話いただけるようお伝え願います」など、電話相手が不在だった時にも使用できます。 「大変だと思いますが」と相手を気遣うより、恐れ多いですが、という一歩引いたイメージの強い表現です。 上記で触れたように、「大変だと思いますが」の敬語で迷った時は「恐れ入りますが」の方が無難です。 また、基本的にクライアントや上司など目上の人に折り返しの連絡を依頼するのは失礼なので、相手によってはこちらから電話をかけ直す姿勢も大切です。 「恐縮ですが、こちらにご署名をお願い致します」など、相手にお願いする時に使用します。 「恐れ入りますが」と似た表現ですが、同じく「大変だと思いますが」と相手を気遣う気持ちよりも恐れ多い気持ちが強いです。 「恐縮ですが」は「恐れ入りますが」よりもさらに謙遜した表現です。 「大変恐縮ですが」と言うと、非常に申し訳ない気持ちを表現できますが、便利な表現だからといって使い過ぎには注意しましょう。 「大変だと思いますが」を使う時のように相手が忙しい前提で、さらにこちらからのお願いに対応してもらうことにお詫びを入れる時によく使われます。 「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご理解とご協力お願いいたします」といった具合に使われますが、お客様側で手間を取らせてしまった場合などによく使用されます。 「大変ですね」という気持ちと「ご理解とご協力」という言葉をセットで使うと、「ご協力」だけを使うよりも少し丁寧な印象を与えられます。 特に部下に対して応援していますという気持ちを伝えたい時は、「大変ですね」を「大変かと思いますが」に言い換えると先輩としての丁寧さが伝わります。 「連日の残業で大変かと思いますが、頑張ってください」といった具合に使えるでしょう。 社外の方に「応援しています」を使うのは時に失礼になります。 一緒に仕事をしている立場であれば、「頑張ってください」よりも「一緒に頑張りましょう」と言い換えると、親近感と丁寧さで相手により良い印象を与えることができます。 「応援しています」という激励の言葉に関連した記事も併せてチェックしてみて下さい。 応援しています」 応援している意思表現2つ目は「大変ですね。 応援しています」です。 他にも、「応援しております」「ご健闘をお祈りしております」「陰ながら見守っております」が丁寧な表現になります。 陰ながらとは「見えない所」という意味があり、不安を感じている相手を安心させてあげられる言葉です。 また、上司や先輩などの目上の人をさらに励ましたい、努力を促したいと思った時は「期待しています」も相手の気持ちを高められる一言です。 目上の人に対してであれば、「ご自分が一番大変な中、いつも気遣って下さりありがとうございます。 何か私にもお手伝いできることがありましたら、ぜひお声がけ下さい。 」という一声も、「ありがとう」「応援しています」という気持ちが両方伝わるのでオススメです。 出張に出かける上司や同僚に「大変ですね、頑張ってください」と伝えたい時は、「大変な中、長旅お疲れさまです」「どうぞお気を付けて行ってらっしゃいませ」などの具体的で優しい言葉で相手の気持ちに寄り添い、「応援しています」と伝えるのがオススメです。 年賀状の挨拶でも「本年も、益々のご活躍をお祈り申し上げます」というようによく使われますよね。 年賀状においては、新しい年は昨年よりも活躍できますようにと応援の意味を送る言葉です。 「健闘を祈る」とはスポーツの場面でよく使用されますが、スポーツだけではなくビジネスの場面でも、出張、転勤や転職の際に使われます。 環境が変わっても成功することを願っていると伝えるために、「健闘を祈る」という言葉がよく使われます。 また、メールで健闘を祈る内容を一言添える場合、「〇〇様のご健闘をお祈り申し上げます」「ご健闘をお祈りいたします」「ご健闘を心よりお祈り申し上げます」と書くのが良いでしょう。 「ご健闘」の意味は「よく頑張って事に当たること」です。 つまり「健闘を祈る」の意味は、「大変な中、頑張ってください」という素晴らしい言葉なのです。 「ご自愛ください」は「自ら」「愛する」ことなので、意味は「大変な中、体を大切にしてね」の敬語表現です。 話し言葉で使うのは違和感がありますが、お見舞いメールやお手紙の中でよく使われます。 ビジネスの場面では、目上の人と転勤や転職によって別れが発生した場合に使います。 もちろん、スピーチやビジネスメールでも使用可能です。 「どうぞ」「くれぐれも」「大変な中」をご自愛の前につけて使うと、より丁寧で心のこもった表現になります。 また、「大変かと思いますが」が不自然なシチュエーションの場合、「お忙しいでしょうから」を用いるのも良いでしょう。 お忙しいでしょうから、どうぞご自愛ください、あるいはどうぞご自愛くださいませ。 といった具合に使ってみてください。 「お忙しいところ恐れ入りますが、ご連絡いただければ幸いです」というように、お願いしたい内容とくっつけて使用します。 また、これと似た表現で「誠に恐れ入りますが」「大変恐れ入りますが」とすると、より申し訳ない気持ちが伝わりお願い事も言いやすくなると思います。 依頼したいことやお願いする内容の前につけ、クッション言葉として用います。 「お忙しいところ恐れ入りますが(あるいは恐縮ですが・お手数おかけしますが)、ご連絡頂きたく存じます」といった具合です。 その他にも、「ご多忙のところ恐れ入りますが」「ご多忙の折、誠に恐れ入りますが」「お忙しい中恐れ入りますが」「ご多用のところ恐れ入りますが」など、1つ目の恐れ入りますがとセットで使われることが多いです。 お手数の意味は手間や労力なので、依頼することやお願いしたい内容の前につけて、お願いをソフトな表現にするために使います。 使い方としては、「大変お手数おかけいたしますが、ご連絡いただければ幸いです」というように使います。 他にも、「大変お手数ではございますが」「大変お手数ですが」「お手数おかけし申し訳ありませんが」といった言い回しが存在します。 「大変だと思いますが」は目上の方へは失礼? クイズのような敬語「大変だと思いますが」の目上の方に使うのは? 結論から言って、「大変だと思いますが」という表現をそのまま使って良いかと言うと、良くはありません。 部下に対して「大変だと思いますが、頑張ってください」ということは問題ないですよね。 しかし、この言葉をそのまま敬語に直しても、目上の方に対して使えるようなキレイな言葉にはなりません。 「大変ですね」「頑張ってください」を失礼なく上手に伝える方法は? 「大変だと思いますが」よりは「大変かと思いますが」の方が丁寧です。 相手が目上の方の場合「大変だと思いますが」はとても失礼な印象を与えかねません。 目上の方に対して「大変」という言葉自体に違和感があるからです。 「大変ですね」という気持ちを敬語表現する時、「大変」という気持ちを強調し、違和感のない敬語に直して使うのが良いでしょう。 例えば、「大変ですね」ではなく、「大変驚いております」や「大変心配しております」という「大変~している」という言い方なら、相手に失礼な印象はありません。 敬語「大変だと思いますが」をマスターして好印象の社会人に! まるでクイズのように複雑な敬語ですが、ある程度マスターすると自然と周囲から信頼される存在になります。 「大変だと思いますが」「大変ですね」「大変な中」といった敬語は相手を思いやり気遣う言葉なので、仕事や人間関係をよりスムーズにしてくれます。 ぜひ正しい使い方を学んで、素晴らしい社会人を目指しましょう!.

次の

「大変だと思いますが」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

大変 だ と 思い ます が 敬語

「嬉しいです」は目上に使えるか 「嬉しいです」は敬語 「嬉しいです」の敬語の言い換えを解説していきますが、実は「嬉しいです」はすでに敬語です...! 敬語には大別して尊敬語(目上の人の行為をうやまう)、謙譲語(目上の人に対する自分の行為をへりくだる)、丁寧語(単に丁寧に表現する)の3種類があります。 「です」は指定の意を表す丁寧語(「だ」の丁寧語)なので、「嬉しいです」は敬語ということになります。 「嬉しい」は形容詞です。 形容詞には敬語はありませんので、語尾に付ける「です」によって、「嬉しいです」は敬語表現となっています。 「嬉しいです」はビジネスシーンで使うには丁寧さに欠ける 「嬉しいです」は正しい敬語ですが、ビジネスシーンで目上の人に対して使う場合は、少し丁寧さに欠ける表現です。 「です」は敬語ですが日常会話でも頻繁に使用するため、かしこまった意味合いが薄れてしまい何となく稚拙な印象を与えてしまう可能性があります。 加えて、「です」は指定・断定の役割をする助動詞なので、直接的で少々強意的です。 また、「嬉しい」という感情は目上の人に対して自分が抱くものなので、できれば謙譲語を使いたいものです。 これらの理由から、「嬉しいです」は上司や取引先など目上の立場の相手に対しては使用しない方が無難と思われます。 「嬉しゅうございます」も同義だがビジネスには適さない 語尾に使う丁寧語には他にも「ございます」があります。 「ございます」は「あります」をより丁寧にした丁寧語です。 「嬉しいです」の言い換えには「嬉しゅうございます」という言葉も存在します。 しかし、これは大和言葉でかなり古めかしい響きのある日本語なので、ビジネスには適しません。 この言い換えもビジネスシーンでは使わない方がよいでしょう。 「です」の代わりに「思います」を使うといくらか柔らかい印象になります。 しかし「思います」も「思う」の丁寧語なので、「嬉しいです」と敬語の丁寧さ度合いは変わっていません。 「嬉しく存じます」だと 謙譲表現となり、ビジネスシーンで目上の人に対して問題なく使うことができます。 「存じます」=「存じる」+「ます」で成り立っています。 「存じる」は「思う」の謙譲語で、「ます」は丁寧語です。 「嬉しく存じます」には、単に「こころよく楽しいと思う」という意味の場合と、「〜してくれたらありがたい」という 依頼の意味の場合があります。 「 大変嬉しく存じます」という強調表現もよく使われます。 例文 ・そのようなお褒めの言葉を頂き、大変嬉しく存じます。 ・ご多忙の中大変恐縮ではございますが、早めにご返信を頂けると嬉しく存じます。 まずは「感謝」という言葉を使った「嬉しいです」の言い換えを紹介します。 ・感謝します ・感謝いたします ・感謝申し上げます ・感謝に堪えません ・感謝の意に耐えません などがあります。 「いたす」は「する」の謙譲語、「申し上げる」は「言う」の謙譲語です。 どちらも謙譲語ですが、どちらがより丁寧かはなかなか判断が付かないところです。 「する」のと「いう」のはどちらの方が謙虚さがあるか、ということになります。 「する」のは相手がいないとできませんが、「いう」のは一人でもできるので、「申し上げる」の方が丁寧さが微妙に強いという意見が多数派です。 ・心より ・衷心より などの言葉で感謝の気持ちを強調することができます。 例文 ・この度の新商品開発にあたり、ご協力いただいたことに感謝いたします。 何もわからない私に一から指導してくださった皆様には感謝の念に堪えません。

次の

大変だと思いますがの敬語は?目上の方への「健闘を祈る」の伝え方も

大変 だ と 思い ます が 敬語

^^ 「会話の質」を上げて、人生を豊かに生きる専門家、神原智己です。 今日で、東日本大震災から丸7年という歳月が経ちました。 私も当時の不安・混乱を思い出し、被害にあわれた方々へ静かに黙とうをささげました。 今でも仮設住宅で暮らす人たちは約3万人。 約1万3600人の方々がプレハブで過ごしていると 報道されています。 もし、今、あなたの目の前に、その方々がいらっしゃるとしたら、どんな言葉をかけますか? 少し考えてみてくださいね。 このような励ましの言葉が浮かんできたのではないでしょうか。 そして、SNSや報道されている様子でも、よく見聴きする言葉です。 しかし。 このあたたかい思いやりの言葉が、受け手にとっては、逆効果な事も多いので 気を付けていただきたいのです。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ******************* 「大変だと思いますが」はNGワード ****************** です。 実は、「大変だと思いますが」という言葉は、苦労や辛い経験をした相手に「 共感・寄り添う」気持ちが 伝わりにくいのです。 なぜだかわかりますか? 「大変だと思います」と相手の境遇に共感したあと、 否定形(だが、しかし)の接続詞を使っているからです。 自分の状況の大変さを、理解してもらっていない。 潜在意識下で受け取られてしまうというわけです。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ これは、 東日本大震災のような、未曽有のダメージを受けた場合に限りません。 etc・・・ 日常生活でよくある「凹んでしまうシーン」、全てに言えることです。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ そこで。 おすすめの「励まし」の仕方をお伝えします。 ********************** 「大変だと思います」+ 励まし・応援の言葉 ********************** これで、あなたの、相手に寄り添う気もちが伝わります。 「大変だと思います。 応援しています。 」 シンプルですが、気持ちが伝わる効果は大きいので、 ぜひ実践してみてくださいね! ~~~~~~~~~~~~~~~ さて、今このブログを書いている目の前で、私の夫は確定申告の作業中。 表情、ため息などから、かなりの疲れ&不機嫌ぶりが伝わってきます。 ^^; そこで、 「大変そうだね、なんとか頑張ってね。 」 声かけしました。 すると、 「ほんとに、大変なんだよー!!!」 元気な声で、気持ちを吐き出してきました。 笑 これがもし、 「大変そうだけど、確定申告頑張ってね。 」 と言ったとしたら、どうだったでしょう。 「自分でやらない人はいいよね。 」など、嫌みの一言くらい返してきたはずです。 (今までの経験から。 ^^;) 些細な会話の工夫ですが、相手との関係を良くする効果は絶大です。 身近な人であればあるほど、効きますよ! ********************** 「大変だと思います」+ 励まし・応援の言葉 ********************** です。 ^^ さぁ、今日から「大変だと思うけど」という口グセは封印! 最初は、違和感があって大変だと思います。 慣れるまで諦めずに練習してみてくださいね! 応援しています。

次の