ドーハ 地図。 ドーハ・ハマド国際空港での乗換え方法と空港内設備

ドーハ・ハマド国際空港|乗り継ぎ時間の過ごし方と施設紹介

ドーハ 地図

東部のカタール半島のほぼ全域を領土とするの国で、面積はのと同程度の1万1,427km 2。 周囲をに面する。 南はとを接し、ペルシャ湾を挟んで北西はに、北はに、東はに向かい合う。 国土の全域がにあり、年間降水量は約100ミリ。 1940年に発見されたによって潤沢な資金を得て、労働力として外国人を移民させることにより、後半以降近代的に発展を遂げた。 2019年現在も石油やの関連がの6割強を占める。 人口は約285万人(2019年現在)であるが、このうちカタール人は1割強で、残り9割弱がやからなどのである。 男性労働者が大量に流入しているため、住民のうち4分の3が男性となっている。 公用語はであるが、アラビア語圏外からの移民が多いことからとしてが広く使われている。 をとしており、外国人労働者含めが国民の多数派となっている。 のうち約9割がに属し、約1割がに属している。 qatura (カトゥラ=「噴出する」)に由来する。 英語での公式国名は State of Qatar、通称 Qatar ( 英語発音: カーター、 キャター)。 国民・形容詞は Qatari。 では「カタール国」「カタール」「カタル」と書かれる。 歴史 [ ] 詳細は「 ()」を参照 紀元前3000年から紀元前2000年ごろの遺物が見つかっている。 での採取の産地として古代から知られてきた。 その年、カタールの依頼によりの仲介でバーレーンの主張を取り下げさせたが、がカタールを占領した。 で敗戦国となったオスマン帝国が撤退したあとはイギリスのの下、3代目カタール首長()・ ()をとした自治権を認めた。 イギリスとカタール間のの条約は、イギリスとその他の諸国の条約と同じく、イギリスの承認なく自国領の変更は認めず、諸外国との外交関係も一切認めないというものだった。 その代わりイギリスは海上からの侵攻に対しては保護を与え、陸上からの攻撃に対しては支援を与えるという内容だった。 の条約はさらにイギリスからの保護を強化したものだった。 に基づいて ()(AIOC)から ()(IPC)に石油利権が譲渡されると、に英蘭仏米の共同国益会社「 (PDQ)」に対し、カタールでの75年間の石油掘削権を承認。 には高品質の石油が、西岸で発見された。 のためまで石油輸出は行われなかった。 4代目首長 ()のもとで、からにかけて、この石油がカタールに繁栄と社会進化をもたらし、近代化の始まりとなった。 に5代目首長 ()が就任。 に発表されたイギリスの以東撤退宣言に伴い、イギリスの保護領 Trucial Oman : 休戦オマーン。 トルーシャル・コースト Trucial Coast : 休戦海岸とも。 のちに(UAE)となる勢力は、の独立を目指してアラブ首長国連邦(Federation of Arab Emirates : FAE)を結成した。 当時は首長国が単独で独立国家となるのは難しいと考えており、カタールやもその一員としてFAEに含まれていたが、すでにカタールとバーレーンは石油生産の好調で単独独立が可能な状態になっていた。 他首長国との利権問題もあってカタールとバーレーンは近隣国のやアラブ首長国連邦の一部になることを断り、カタールはに単独で独立した。 同年9月11日にに、21日にに加盟した。 、父である ()首長の外遊中に、が無血クーデターを起こして政権を奪取(6代目首長)。 にはおよびとそれぞれ外交関係を結んだ。 OPEC()の初期からの加盟国であるが、の生産に注力することを理由として 、2019年1月1日をもって脱退した。 また、の原加盟国である。 のでは、反の立場をとった。 に首長であるが、父であるハリーファの外遊中に無血を起こして政権を奪取(7代目首長)。 ハマドは、政権を奪取して以降、天然資源のみに頼った経済体制を危惧して、産業の育成などに着手している。 かつてはハリーファの閉鎖的な政策の影響で宿泊施設すらほとんどなく、「世界一退屈な都市」とまで言われた首都にもさまざまな娯楽施設などが建設され、賑わいを見せている。 また、衛星テレビ局も、彼のポケットマネー(1億5,000万)で設立された。 から湾岸諸国の中で唯一の通商代表部が置かれていたが、2009年に閉鎖された。 、ハマドが四男のに譲位し、タミームが首長となる。 現行はに承認されたもので、の立場を取り、やの保障などを謳っている。 しかし、実際はサーニー家に実権が集中している状況である。 立法 [ ] としては45議席の「」が置かれており、閣僚への質問権や予算案承認のための投票権などを持つ。 45議席のうち30議席は直接選挙、15議席は首長による任命制。 行政 [ ] は首長およびが持つ。 職がある()。 司法 [ ] は上級刑事裁判所、下級刑事裁判所、民事・商事裁判所、労働裁判所、高等裁判所の5裁判所が行使する。 制度が存在する。 有力部族 [ ] 昔からのカタール土着の部族。 のカタール独立以来、首長のポストを独占している。 2002年の内閣閣僚はサーニー家が6割を占めていた が、6月にタミーム・ビン・ハマド・アール=サーニーが首長となって新たに任命した20人の閣僚の内、サーニー家は首相を含め3人であった。 アティーヤ家 カタールの有力家族のひとつ。 アブドゥッラー・ビン・ハマド・アル=アティーヤ ()が国副首相兼エネルギー・工業大臣として2007年11月に来日した。 ミスナド家 前首長ハマドの母や、ハマドの第二夫人で現首長タミームの母モーザ皇太后 ()を輩出する。 カマル家 2002年当時の財務相 Yusif Husayn al-Kamal を出している。 対外関係・安全保障 [ ] 外交 [ ] (GCC)の加盟国。 小国であるが、豊かな石油・天然ガス収入を背景に、では中東各国に活発に介入した。 2012年、の対外連絡事務所を設置。 2014年、サウジアラビア、バーレーン、UAEの3か国が内政干渉を理由に駐カタール大使を召還。 周辺諸国との軋轢が表面化した。 2017年6月、への支援やとの接近に対して、一部のイスラム諸国(サウジアラビア、UAE、バーレーン、、、、など)がカタールとの断絶を表明。 詳細は「」を参照 カタール固有の軍事力は、軍事予算は比4. が駐留し、首都ドーハ近郊に司令部のひとつである ()がある。 アメリカ中央軍はを責任地域とするが、司令部のある米国本土のが遠すぎるため、直前のに第2の司令部として設置された。 やに展開した部隊はここから指揮される。 2016年、カタールをかつて支配していたに軍事基地を提供する協定を結んだ。 2017年には、カタール建国記念の軍事パレードでによる訓練で従来の英国式から中国式のに改め 、中国製の ()を披露し 、への加盟申請も行うなど中国への接近が目立った。 一方で、同年6月には米海軍と、同じく8月には米軍パラシュート部隊との合同を行っている。 そのうち、が54万5,000人と最大の勢力となっている。 次いで、、、、、などが多く、諸国からの労働者がほとんどを占めている。 カタール人は、おもにの遊牧民の、・・を祖先に持つ Hadar、とを中心としたからの奴隷の子孫の Abd の3つの祖先に分かれる。 言語 [ ] 公用語はである。 日常会話はとなる。 インドやパキスタンなどの外国人労働者が大半を占めていることと、イギリスの植民地であったことから、英語も政界・財界などで広く理解されている。 その他、、、、、やなども話されている。 宗教 [ ] 2010年の調査では外国籍を含めた全人口に占める割合をみると67. 地理 [ ] ドーハ市街• 首都 - 国内で最大の都市であり、国民の半分以上がドーハに住んでいる。 () Al Wakrah - ドーハの南約20キロ。 Alkhor - ドーハの北57キロ。 古い街区がある。 () Umm Salal Muhammad - ドーハの北約20キロ。 19世紀に建てられた3階建ての長方形の塔「バルザーン塔」がある。 () Ras Laffan - 工業都市。 日本では「ラス・ラファン」と表記される。 - 最北部の都市。 () Umm Sa'id - 工業都市。 石油製品輸出港。 () Dukhan - 西岸の都市。 Shahaniya - レース開催地として知られる。。 経済 [ ] 首都は屈指の、へ急成長している の()は約1,920億ドル(約21兆円)であり 、日本のよりやや大きい経済規模である。 人口は埼玉県の3分の1弱で、同年の一人当たりGDPは7万8,829ドルで世界第5位 、一人当たり(GNI)は8万5,430ドルで世界第2位である。 一時は一人当たりGDPで世界一を誇ったことから「世界でもっとも裕福な国」と呼ばれた。 1940年代の石油発見以前の産業は漁業と真珠取りだけであった。 1920年代から日本の養殖真珠が世界に出回るとカタールの天然真珠は衰退した。 石油とに依存する経済体制で、輸出の大半が石油・天然ガスおよびその関連製品で占められている。 、、などからの外国人労働者がカタール国籍を持つ総人口より多く、外国人労働者に労働力を大きく依存している。 豊富なにより国民は所得税がかからない。 さらに、医療費、電気代、電話代が無料、大学を卒業すると一定の土地を無償で借りることができ、10年後には自分のものとなる。 2004年、ドーハに科学技術パークを開き、世界中から技術関連企業を呼んだ。 現在、油価は低下したものの炭化水素はカタールの背骨であり続けるが、政府は知識集約型の民間投資も促進しようとしている。 カタール金融センター(QFC)は湾岸諸国を巻き込んだ投資に今後10年間で1兆ドルを供給することを発表している。 農業 [ ] 首都ドーハのラクダ市場 カタールの年降水量は40ミリ前後であるため、に頼ったは不可能である。 しかしながら、などを利用した農業が営まれており、面積は国土の0. は同4. 農業従事者の人口に占める割合は0. 主要では(5,000トン、2002年)、(1,000トン)を栽培する。 野菜では(1. 1万トン)、次いで(2,000トン)の生産が盛ん。 業では、(400万羽)と(20万頭)が最大。 次いで(18万頭)、(5万頭)など。 漁業は盛んではないが、約7,000トンの水揚高が記録されている。 鉱業 [ ] 原油の埋蔵量は252億、天然ガスは880兆立方フィートで、とイランに次いで世界第3位(シェア12. 産出量は原油日量192万バレル(シェア2. 日本の天然ガス輸入先としては、、に次いでカタールが第4位にあたる。 輸出に占める鉱業の割合は非常に高く、2002年時点で天然ガス42. 国営エネルギー会社カタール・ペトロリアム(QP)を有し、ノースガス田開発などを手がけている。 工業 [ ] 工業は発達しておらず、食肉加工、の製造、製造などが小規模に営まれている段階である。 もっとも規模が大きいのが、次にである。 輸出に占める工業製品の割合は2002年の段階で石油製品6. 情報通信 [ ] しばしば「中東の」と形容されるの本社がドーハに置かれている。 開局時はアラビア語のニュースTVでスタートしたが、現在いくつものチャンネルを有する。 アラビア語と英語の新聞がいくつかあり、英字ビジネス月刊誌は『Qatar Today』が唯一で、他にアラビア語のビジネス誌、女性誌、ファッション誌が同じ出版社から出ている。 観光 [ ] カタールのビーチ 首都にもあるがに作られ、リゾート地になっている。 また、南部ののやツアーがある。 文化 [ ] が首都ドーハで開催された。 期間は、2006年12月1日から15日まで。 アラブ圏では初のアジア大会で、エジプト以東の中東地域を含むアジア地域の45の国と地域が参加する。 潤沢な石油・天然ガス収入で・が無償で、制度も完備している。 スポーツ [ ] サッカーのはオイルマネーで多くの有名選手を獲得し、話題になっている。 最近では、、がカタールのクラブに移籍している。 また、1988年と2011年にはサッカーのが同国で開催され、さらにの開催が決まっているため、今後は国全体が注目される可能性が高い。 もサッカーと並び人気のあるスポーツの一つである。 クリケットがもっとも人気のある地域である出身の外国人労働者がカタールの人口の多くを占めていることも要因である。 近年、も力をつけており、2006年にはに初出場した。 においても、21世紀以降はなどの国際大会で優勝者や上位入賞者を輩出している。 2004年にはドーハの北にが完成し、が毎年開催されている。 2002年から開催されている自転車ロードレースは、を主催する(通称ASO)が同様に主催しており、毎年多くのトップ選手がシーズン序盤の調整を兼ねて出場するハイレベルなステージレースとなっている。 とによるが行われている。 2012年から始まった「カタール見習い騎手招待レース」には日本人騎手も招待されている(第1回、第2回)。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 在カタール日本国大使館 2017年8月16日. 2018年1月7日閲覧。 bloomberg. 2018年12月3日. 2018年12月3日閲覧。 石油輸出国機構. 2019年10月20日閲覧。 Kuwait News Agency. 2013年6月26日. 2013年6月28日閲覧。 日本国外務省• 2012年1月4日. THE PAGE(2017年6月7日)2017年6月7日閲覧• 2017年6月6日. 「」『』朝刊2017年4月26日• 2017年12月20日. 2017年12月22日閲覧。 The Diplomat. 2017年12月19日. 2017年12月22日閲覧。 2017年12月5日. 2017年12月23日閲覧。 The Diplomat. 2017年11月16日. 2017年12月22日閲覧。 Press TV. 2017年8月22日. 2018年10月4日閲覧。 日本国 2016年1月2日閲覧• 日本国外務省• 2012年2月28日. 2017年12月22日閲覧。 「カタールQP、ガス田開発加速」『』2020年1月10日(グローバル面)• 2012年3月2日. 2013年2月26日閲覧。 日本中央競馬会 2013年2月15日. 2013年2月26日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 カタールに関連する および があります。 政府 日本政府• その他•

次の

【カタールをかた~る】世界一退屈な街ドーハは、ぜんぜん退屈なんかとちゃうで~【ポストドバイ!?】

ドーハ 地図

最終目的地がヨーロッパの場合も同じです。 ちなみに、発券システムのエラー等で、乗り継ぎ便の搭乗券を受け取れなくても大丈夫です。 乗り継ぐドーハ空港のカウンターに寄れば、乗り継ぎ便の搭乗券を発券してくれます。 預けた手荷物は、ドーハ空港で引き取る必要なし ドーハ空港で乗り継ぐ時、日本の出発空港で預けたスーツケース等の荷物は、引き取る必要はありません。 最終目的地で受け取ります。 飛行機を降りた後、 緑の矢印 のように進むと、 緑色の丸がある辺りに 、乗り継ぎ用の保安検査場があります。 カタール航空利用のターミナルは、ゲートはA〜Eの5つのエリアに分かれていますが、ターミナルは1つになります。 降機後、ターミナル内に入ると、保安検査場へ矢印があるので、それに沿って進んでいきます。 実際にかかった時間は29分と、比較的短い時間になりました。 予約上の乗り継ぎ時間が50〜60分のように短くても、基本的には乗り継ぎができることになります。 ただし、ドーハの到着便が集中する時間帯だと、荷物検査の列が長い可能性もあり、プラス10〜20分かかる場合もあります。 ちなみに、ドーハ到着が遅れて、乗り継ぎ便の出発まで45分をきっている場合は、飛行機を降りたら、そこに待機しているスタッフに声をかけると対応してくれます。 カウンターのスタッフによると、ドーハ空港では約9割の乗客が乗り継ぎ客ということなので、ドーハ空港のスタッフは、乗り継ぎの対応に慣れている感じです。 それでは写真と共に、細かくお伝えします。 1つ上の階へ上がります。 しばらくは「Arrivals」も同じ方向です。 「Arrivals」も同様です。 「Arrivals」は入国審査です。 2. 乗り継ぎカウンター (乗り継ぎ便の搭乗券がある場合はスキップ) Transferのエリアに来たら、 「Transfer Security」(保安検査) と 「Transfer Desk」(乗り継ぎカウンター) があります。 乗り継ぎ便の搭乗券がある場合は、乗り継ぎデスクはスルーして、保安検査へ進みます。 搭乗券があっても、座席変更などの手続きが可能です。 乗り継ぎ便の搭乗券がない場合は、このカウンターでパスポートとEチケットを提示すれば、乗り継ぎ便の搭乗券を発券してくれます。 ドーハ到着が遅延して、乗り継ぎ便に間に合わなかった場合も、このトランジットデスクで対応してくれます。 基本的には、次の便に振り替えてくれる対応がほとんどです。 3. 保安検査(荷物検査) 続いてセキュリティチェックです。 今回は空いていましたが、混雑時だと、保安検査だけで20分以上待たされることもあります。 保安検査では係員に搭乗券を提示します。 ノートパソコンを出したり、基本的な手続きは同じです。 1つ嬉しいことに、 飲み物類は廃棄する必要がありません。 出発空港で購入した飲み物や、機内で飲み残したドリンク類は、保安検査場を捨てず持ったまま通過できます。 乗り継ぎだけでも、多くの空港では飲み物類を捨てる必要があるので、ありがたい対応です。 特に空港ではペットボトル1本でも数百円するところが多いので。 4. 掲示板で出発ゲートを確認 保安検査を終えてすぐにところに、出発便の電光掲示板があります。 出発便のゲート番号、定刻かどうかを確認します。 ここの掲示板付近は混雑していることが多いので、人がたくさんいて落ち着かない場合は、出発ゲートエリアへ進み、そこにある掲示板で確認するのもありです。 5. 搭乗ゲートへ向かう ゲート番号を確認したら、その搭乗口を目指します。 目印として、中心部に大きな黄色いテディベアが置かれています。 同行者と待ち合わせする時も、ここが便利かもしれません。 各ゲートには、次の便の便名・行き先が表示されているので再確認します。 入国する必要はないので、入国審査・税関はなし 上記の説明のように、ドーハ空港では入国する必要がないので、入国審査・税関共にありません。 アメリカのように、乗り継ぎだけでも、入国しなければならない手間がないので楽です。 喫煙所 ドーハ空港・第2ターミナルの制限エリア内に、喫煙室が用意されています。 喫煙室の場所: A1番ゲート近く(手前) B1番ゲート近く(手前) C4番ゲート近く D20番ゲート近く E20番ゲート近く 乗り継ぎの場合、保安検査を済ませた後の出発ゲートエリアにあります。 WIFI・インターネット ドーハ空港の、WIFIに関してです。 パスワードは必要ありません。 ネットワーク名は予告なしに変更される可能性があります。 しかもアップルのImacです。 さすがオイルマネーで潤っているカタールという感じです。 仮眠エリア ドーハ空港では、乗客のほとんどが乗り継ぎ客ということもあり、仮眠エリアが充実しています。 カタール航空利用の場合、 ドーハ到着が深夜または早朝になり、しかも乗り継ぎ時間が6時間以上になるケースもあるので、疲れている時は、仮眠場所を確保することが大事になります。 主な仮眠エリアは、テディベアの後ろを進んだ辺りにあります。 これは数があまり多くありません。 もう早い者勝ちのようです。 写真に写っているのはバーガーキングです。 フードコートは24時間営業です(一部お店を除く)。 各種ドリンク類のほか、サンドイッチなどの軽食も売っています。 お土産類のほか、チョコレートなどのお菓子類も売っています。 米ドルで判断できます。 例えば、118カタールリヤル?となっても、32米ドルならわかります。 まとめ・感想・評価 ドーハ空港で乗り継ぎした時の、感想・まとめは以下の通りです。

次の

カタール

ドーハ 地図

アル・ワクラ駅駅舎 開催に合わせて、に開通した都市鉄道である。 計画路線すべてが完成すると総延長300㎞以上、100駅以上に達する一大鉄道プロジェクトであり、世界最大規模の都市鉄道プロジェクトとされる。 地下鉄のみならず、カタール各地や隣国までもを結ぶ長距離鉄道の一部ともなる予定である。 路線 [ ] 3路線が運営中、1路線が計画中となっており、最初の路線(86km、32駅)の一部区間(13駅)が2019年5月8日に開通した。 そのうち52kmが地下区間となる。 にカタールで開かれるの開催会場を結ぶ。 2026年までに総延長は211. 9 kmに及ぶ全線が開通する予定である。 日仏5社連合(・・・・)がドーハ地下鉄のシステムを受注した。 2019年11月21日には2番目のゴールドライン、12月10日にはレッドラインの延伸区間とグリーンラインが開通し第一期区間が完成した。 11駅、14㎞区間が開通。 全区間が完成すると30. 6 km、20駅となる。 5 km、24駅が設置予定。 車両 [ ] ドーハメトロで使用される車両はが製造を手掛けており、全自動運転を行う3両編成となっている。 当初導入予定であった75編成に加え、にはに向けて35編成の追加発注が行われている。 デザインは近畿車輌デザイン室とのトリコンデザインAG(TRICON Design AG)が共同で手掛けており、カタールの伝統的な建築や工芸品の衣装を取り入れた外見・内装となっており、アラビアの馬をモチーフにした流線型の前面や曲線を取り入れた側面扉など編成全体にダイナミックな印象をつけている。 その評価は高く、のおよびを受賞した。 ギャラリー [ ]•

次の