番長 3 ベル カウンター 緑。 押忍!番長3【ステージ・対決カウンターモード・BBカウンターモード・裏モード解析】

番長3のハイエナ期待値!ハイエナ狙いとベルの関係は?

番長 3 ベル カウンター 緑

番長3」の天井狙い目・朝一の挙動・最適なやめどきをまとめた攻略記事です。 この記事では、• 天井条件・天井ゲーム数・天井恩恵• 天井期待値・ ゾーン期待値• 天井狙い目・ やめどき• 緑カウンター狙い目• 通常時のステージ• 対決示唆&確定演出 などを掲載しています。 番長3はハマればハマるほど ART期待枚数が高くなる仕様。 天井期待値だけでなく、 各ゾーン ベルカウンター 期待値も掲載! ヤメ時に関しても 状況に応じた最適なものを それぞれ記載しています。 更新情報 1月6日 記事をリニューアルしました! 関連記事 天井期待値概算 G数 等価 56枚交換 持ち玉 56枚交換 現金投資 機械割 PAYOUT 0G -746円 -666円 -1866円 98. 前兆中にベルを引くこともあるので 200回を超える場合あり 天井の恩恵はART確定のみですが、 通常時の対決に負けるごとに ART1セット目の豪遊閣ステージ抽選を 行なっています。 やめ時に関わる大事な項目なので 対決本前兆中にヤメてしまわないように しっかりと覚えておきましょう。

次の

番長3 細かい攻め時辞め時 ゾーン天井狙い編

番長 3 ベル カウンター 緑

この記事に書かれていることは…• まずは対決ベルカウンターの画像をご覧ください。 blog. fc2. 下の段は天井ベルカウンターとなっていて、こちらは頂ジャーニー(ART)に当選するごとにリセットされるものとなっています。 上段の対決ベルカウンターは、電源投入後や対決発展後にリセットされ、ベルをひくごとに1段階ずつ上がっていきます。 最大64回で対決に発展するこの対決カウンターには緑色や紫色に変化する演出もありますので、ここからはその特徴を詳しくお伝えしていきます。 通常パターンは黄色となっていて、この色が緑と紫に変化することで早めの対決発展に期待が持てるようになっています。 緑色 32回以内の対決発展確定 紫色 7回以内の対決発展確定 それぞれの色の特徴は上記の通りになっています。 実際のホールでは紫に変化した対決ベルカウンターが空席になっていることはほぼありません。 ですが緑の場合は意外と空席になっていることがありますので、発見した場合は確保することをお勧めしますよ。 万が一、紫が空席になっていた場合は絶対に確保してくださいね。 ですので対決ベルカウンターが黄色の場合でも、ベルを7回引くまではプレイし続けることが重要になってきますよ。 各モードのベル回数による対決発展への期待度 「押忍!番長3」では、各モード共通で対決発展期待度の高いベル回数が存在しています。 ここではそのベル回数による対決発展への期待度をお伝えします。 ベル回数の有無はヤメ時の参考にもなりますので覚えておくと便利ですよ。 チャンスモードは通常モードに比べて期待度が元々高くなっていますので、特に狙い目と言えますよ。 期待度の高いベル回数 平均的に期待が持てるベル回数は 「1~7回」となっていて、それを超えた場合に期待度が高くなるのは3パターンとなっています。 「15~17回」、 「30~32回」、 「56~64回」、この3パターンが全モード共通で対決発展への期待が高いベル回数となります。 「56~64回」はベル回数の天井に当たるため、当然期待度が高くなりますね。 その他にも「15~17回」と「30~32回」も上記の通り全モードでの期待度が高くなっています。 またチャンスモード以外での期待度が高い 「45~47回」も狙い目と言えるでしょう。 チャンスモードではベル回数32回までの対決発展への期待度が90%以上となっています。 ですので「45~47回」を迎えた時点で通常時の確率が高くなりますので、こちらのベル回数は期待できると思いますよ。 このように特定のベル回数に絞って狙い撃ちをするのも、「押忍!番長3」の攻略方法の1つになっています。 ただしこの方法はダラダラと引き延ばさず、ヤメ時をしっかりと設定した方がいいと思います。 狙い撃ちをする時は必ず自分なりのヤメ時を決め手からにしてくださいね。 こちらの色が緑や紫といった色に変化すると、ベル回数の天井を示唆しています。 緑色に変化した場合は32回以内の対決発展が確定となっていますので、緑色に変化した時は「30~32回」のベル回数が狙い目となります。 紫色に変化した場合は7回以内の対決発展が確定となっていますので、こちらの場合は場合は必ずベル7回まで回しましょう。 以上のように「押忍!番長3」の対決ベルカウンターは重要な示唆を行ってくれていますので、必ずチェックしながらプレイしてくださいね。 番長3対決発展、4種類のモード 「押忍!番長3」の対決カウンターモードは4種類に分かれています。 詳細は 通常A、 通常B、 チャンスモード、 対決連チャンとなっていて、各モードによって対決に発展しやすいベル回数が決められています。 ベル7回目までに対決発展が確定するのは対決連チャンモードとなっています。 しかしその他のモードでもベル7回目までの対決発展の期待度は高めになっています。 ですので基本的な立ち回り方としてはベル7回成立と前兆を確認することがお勧めです。 それぞれのモードのベル回数の期待度は上記の一覧表からご確認ください。 4種類の対決モード概要 モード 規定ベル回数 モードの特徴 通常A 64回以内 次回30%以上で対決連チャン 通常B 64回以内 次回通常Bもしくは対決連チャン チャンス 64回以内 早いベル回数の期待度が高い 対決連チャン 7回以内 ベル7回以内に対決発展 各モードの特徴は以上となっています。 まず上部のカウンターが対決間のベル数を表示していて、下部のカウンターが通常間の総ベル数を表示しています。 対決間ベル回数の天井は64回になっていますので、 上部のカウンターが64回になれば対決が確定となります。 通常間ベル回数の天井は200回なので、 下部のカウンターが200回になれば頂ジャーニー(ART)が確定となります。 「押忍!番長3」の通常時はベルを規定回数引くことによって対決へと発展します。 この対決は約20%以上の確率で当選します。 また、4種類のモードで管理する対決発展の中で抽選確率が高いゾーンは、対決ベルカウンターの周囲に稲妻が発生します。 現状では 「1~7回」、 「15~17回」、 「30~32回」、 「56~64回」が抽選確率が高いことが判明しています。 通常時であれば「45~47回」にも期待が持てますよ。 この稲妻につきましては、ガセ前兆発生時も発生したままなのでご注意ください。 対決ベルカウンターの漢気が赤文字の場合 こちらは補足情報になります。 BB終了後に対決ベルカウンターの「漢気」が赤文字に変化した場合は、対決潜伏確定演出(頂ジャーニー中)となっています。 通常時だけでなくBB終了後なども対決ベルカウンターの色の変化には注意を払ってくださいね。 blog. fc2. 対決発展への期待度やベル回数の天井を示唆する対決ベルカウンター。 この存在は「押忍!番長3」をプレイする上で非常に重要なものとなっています。 是非こちらの記事を参考に「押忍!番長3」をプレイしてみてくださいね。 パチスロよりも勝率の高いギャンブルがあるのをご存知ですか? パチスロが規制、規制でどんどんと稼げなくなっている中、 すでにネットの一部ではパチスロよりも勝率が高いと話題になっているのですが、 それは、 「オンラインカジノ」です。 オンラインカジノの中でも、特に、「ベラジョンカジノ」で勝ちやすいのには、 3つの理由があります。 無料会員登録で、30ドル分はもらえるので、これで遊べばリスクゼロです。 勝っても負けても、損はしませんし、パチ屋の空いていない時間にもスマホで稼げてしまうのもメリットなので、試しに遊んでみてくださいね。 そうなれば、カジノの認知度は上がり、カジノのない地方に住んでいる人はオンラインカジノで遊ぶようになります。

次の

番長3の32ベルヤメ台はお宝だらけ!?

番長 3 ベル カウンター 緑

ベル7回目までに対決発展確定となるのは対決連チャンですが、その他のモードでも7回目までの対決発展期待度は高めになっているようです。 モード不問という条件で一律ベル7回までフォローした場合の期待値はほとんどないかもしれませんが、特にこれといったモード示唆演出もないため、慎重に立ち回りたいのであれば、ベル7回成立までの前兆を確認してからやめるのが無難ですね。 また、通常Aと通常Bの対決発展期待度が高い、 「45~47回」も狙い目になってくると思います。 特定ベル回数をゾーン狙い感覚で狙う際の注意点ですが、 打ち始めをシビアに設定することと、ダラダラと未練打ちしないことですね。 個人的には打ち始めは各ゾーンの2回手前あたりがギリギリなのではないかと思っていますが、やめどきをしっかりと見極められるかどうかでも打ち始め条件は変わってきます。 また、 番長3は過去シリーズよりも前兆が分かりにくいので、前兆演出に慣れていない段階では、特定ベル回数狙いは立ち回りから除外してしまった方がいいと思います。 緑&紫色変化はベル天井を示唆 パチスロ「押忍!番長3」の対決カウンターは、基本的に背景が黄色となっていますが、緑や紫といった色に変化することもあり。 導入当初から何を示唆しているのか話題になっていましたが、実戦情報を聞く限りでは、ベル回数天井を示唆しているようです。 偶数設定かつ高設定ほど通常B以上への移行率が優遇されているため、 通常A外のベル回数での対決発展が目立つようであれば、偶数設定&高設定期待度がアップ。 それと、チャンスモード滞在時はほぼ32回までに対決に発展するため、32回を何度も超えてしまうようであれば必然的に設定6期待度は下がります。 ゾーン狙い目に関しては期待度の高い30~32回をピンポイントで狙いつつ、38回以上ハマっている台はベル対決発展まで打ち切りということで。 また、チャンスモード濃厚となるカウンター緑の場合はボーダーを優遇して、13回からベル対決発展まで打ち切りというスタンスで立ち回ってみます。 <解析まとめ・記事一覧>.

次の