小麦粉 で できる お 菓子。 そうだお菓子を作ろう!小麦粉を使った簡単にできるものはなに?

お菓子作りにおすすめの小麦粉人気ランキング13選【強力粉・中力粉・薄力粉】

小麦粉 で できる お 菓子

簡単な小麦粉を使ったレシピ【朝食向き】 朝食に小麦粉レシピを採用する場合、 できるだけ簡単に短時間で作れるものがいいですよね。 ここではできるだけ少ない材料で、時間のない朝でも簡単に作れる小麦粉レシピを5つ紹介します。 ホームベーカリーなしでも簡単ミルクパン• 薄力粉で簡単パンケーキ• 計りなし!卵なし!簡単ふわふわ蒸しパン• フードプロセッサーで簡単スコーン• 強力粉・・・100g• スキムミルク・・・20g• 砂糖・・・15g• 塩・・・2g• 牛乳・・・50cc• 水・・・20cc• イースト・・・4g 夜のうちにこねておけば、朝は焼くだけでいいのでとっても簡単! 手順も難しいことはないので楽しみながら作れます。 薄力粉・・・120g• 砂糖・・・25g• ベーキングパウダー・・・小さじ1• 卵・・・1個• 牛乳・・・100cc• バニラエッセンス・・・少々 ベーキングパウダーさえあれば、あとは 家にある材料で作れるので、朝でも簡単です。 お好みでバターやメープルシロップでいただきましょう。 小麦粉・・・大さじ5• 砂糖・・・小さじ2• 塩・・・ひとつまみ• 水・・・大さじ3と小さじ2(55ml) 少ない材料で、しかも 計量は大さじや小さじでOKというのがうれしいポイント。 加熱は蒸し器推奨ですが、レンジでも作ることができますよ。 薄力粉・・・200g• 砂糖・・・50g• バター・・・50g• ベーキングパウダー・・・10g• 牛乳・・・60cc• 生クリーム・・・60cc フードプロセッサーがあれば 下ごしらえは10分ほどで完了! 夜に作って朝は焼くだけにするのがおすすめです。 薄力粉・・・130g• 卵・・・1個• 牛乳・・・200cc• 塩・・・3つまみ• 好みのトッピング・・・適量 そば粉ではなく 小麦粉を使えばお手軽にガレットを楽しめます。 混ぜて焼くだけでおいしいガレットが作れますよ。 簡単な小麦粉を使ったレシピ【主食】 小麦粉は主食として使うのも定番です。 小麦粉を使った主食レシピは 意外と簡単なものが多いので、ぜひ挑戦してみてくださいね。 簡単!ウインナー主食ケーキ• 簡単ナン• 簡単美味しいニラのすいとん• ニョッキ• 小麦粉・・・大さじ10• 牛乳又は水・・・90ml• ベーキングパウダー・・・小さじ1• 塩・・・少々• 油・・・小さじ1• ウインナー・・・1本• QBBチーズ・・・1つ 粉類を混ぜたらあとは シリコンスチーマーを使って蒸すだけなので、とっても簡単ですよ。 卵なしなのでより手軽に作れます。 小麦粉・・・250g• 水・・・150g• 塩・・・少々• 油・・・焼くために必要分• 小麦粉・・・伸ばす時に必要分 材料はたったの3つ! 混ぜたらあとはフライパンで焼くだけなので、とっても簡単ですよ。 好きな具材を巻いたり乗せたりして食べましょう。 にら・・・1束• じゃがいも・・・大1個• 人参・・・1/2本• 油揚げ・・・1枚• 水・・・1200㏄• 薄力粉・・・200g• 卵・・・1個• 水・・・150㏄• 顆粒だし・・・小さじ山盛り11• みそ・・・大さじ4 具だくさんに仕上げれば、 食べ応えもあるので主食として食べられる汁物です。 具はお好みで変えてもOKなので、旬の野菜をたくさん取り入れましょう。 じゃがいも・・・2個(500gくらい)• 卵・・・1個• 強力粉・・・1カップ~ シンプルな材料で作るニョッキは、 どんなソースとの相性も抜群! 手作りニョッキは味わいもシンプルで、ジャガイモのおいしさを味わうこともできますよ。 小麦粉の量はジャガイモの量に合わせて増減してください。 小麦粉・・・250cc• 塩・・・10g• 水・・・100cc うどんは 少ない材料で作ることができるので、お子さんと一緒に作るのもおすすめです。 こねたり踏んだりする作業は時間もかかるのでちょっとだけ大変ですが、手作りうどんはとってもおいしいですよ。 簡単な小麦粉を使ったレシピ【おかず】 おかずにも小麦粉は大活躍! 定番のおかずレシピから普段は作るのが難しいと感じるレシピまで、5つのレシピを紹介します。 小麦粉で簡単お好み焼き• 簡単!ねぎ入りチヂミ• サクフワ簡単チキンナゲット• キャベツ・・・200g• 豚肉・・・100g• 小麦粉・・・50g• 片栗粉・・・小さじ1• 卵・・・1個• 水・・・50cc• めかぶ・・・1パック 具材は冷蔵庫の野菜類なら なんでもOK! 好みでチーズやキムチなどを入れてもおいしく仕上がるので、いろいろ試してみてくださいね。 じゃがいも・・・中1個• 薄力粉・・・大さじ3• 片栗粉・・・大さじ1• ベーキングパウダー・・・耳かき一杯分• 水・・・大さじ2 てんぷら粉がなくても片栗粉とベーキングパウダーでサクサクに仕上げることができます。 生のとうもろこしを使うと甘みがアップしますよ。 ねぎ・・・1本• 小麦粉・・・120g• 片栗粉・・・40g• 水・・・100 cc• 卵・・・1個• ごま油・・・大さじ1• 豚肉バラ・・・150g チヂミというとニラが定番ですが、 ねぎをたっぷり入れたチヂミもおいしいです。 鶏むね肉2枚・・・(約600g)• 塩コショウ・・・適宜• 卵白・・・2個分• サラダ油・・・適宜• 卵黄・・・2個分• 薄力粉・・・大さじ4• 水・・・大さじ4• ベーキングパウダー・・・小さじ1• ケチャップ・・・お好みで• マスタード・・・お好みで 泡立てた卵白を使うことで、ふんわりさくさくに仕上がります。 安価な鶏胸肉も、食べ応え抜群のごちそうになりますね。 小麦粉・・・大さじ4 牛乳・・・500~600cc バター・・・大さじ2 24g 顆粒コンソメ・・・2袋 約9g 固形なら2個 塩コショウ・・・適宜 ダマになりやすく難しいイメージのあるホワイトソースも、 コツさえ押さえればとっても簡単! グラタンやシチューなど、いろいろなメニューに使えるので挑戦してみてください。 簡単な小麦粉を使ったレシピ【お菓子】 お菓子だってとっても簡単に作れるレシピがたくさん! ほとんどお菓子を作ったことがないという人でも、 手軽に作れるお菓子レシピを5つ紹介します。 簡単バナナのパウンドケーキ• 簡単!サクサククッキー• チョコチップドロップクッキー• 愛情たっぷり手作りおやつチョコマフィン• バナナ・・・正味150g• ヨーグルト・・・50g• 米油・・・50g• きび砂糖・・・50g• 卵・・・1個• 薄力粉・・・80g• 全粒粉・・・20g• ベーキングパウダー・・・小さじ1 材料を混ぜて焼くだけで、しっとりおいしいバナナパウンドケーキが完成。 焼き時間はかかりますが、手順は簡単ですよ。 薄力粉・・・135g• 砂糖・・・50g• アーモンドパウダー・・・30g• バター 室温or溶かしバター ・・・60g• バニラエッセンス 無くても可 ・・・適量 作業はすべてポリ袋を使うので、 洗い物が少ないのも魅力です。 アーモンドパウダーを使うことで、サクサク食感に仕上がります。 薄力粉・・・130g• 砂糖・・・50g• バター・・・60g• チョコチップ・・・40g• 卵・・・1個 クッキーは手がベタベタするのが嫌だ、という人も多いですが、このレシピなら スプーンで混ぜてそのまま落として焼くだけ! ちょっとしっとりした口当たりが特徴のクッキーです。 バター・・・70g• 砂糖・・・40g• 卵・・・1個• 小麦粉・・・70g• ベーキングパウダー・・・小さじ1• チョコチップ・・・大さじ2 バターを多めに使うことで、しっとりとコクのある風味に仕上がります。 チョコチップ以外にドライフルーツやジャムなどを使ってもOKですよ。 薄力粉・・・140g• バター(サラダ油で代用可)・・・65g• 砂糖・・・40g• お好みでドライフルーツなど・・・適量 サクサクした食感が魅力のスノーボールは、 少ない材料で簡単に作ることができます。 混ぜこむ具材を変えれば、いろいろなフレーバーのクッキーを作ることができますよ。 小麦粉メインで作る節約・満腹レシピ 定番のおかずやお菓子レシピもいいですが、やっぱり 満腹になれて節約できるレシピも知りたいところ。 ここでは満腹・節約レシピを5つ紹介します。 おからドーナツ• もっちりピザ• もやしと納豆のお好み焼き風• コスパ最強チーズケーキ• 全粒粉・・・100g• ベーキングパウダー・・・5g• 生おから・・・100g• 砂糖・・・50g• 水・・・70g• きな粉・粉糖・・・お好みで おからは 安価でボリュームをアップさせることができるので、満腹&節約レシピにぴったり! きな粉や粉糖でトッピングしましょう。 強力粉・・・150g• 米粉 なければ強力粉でOK ・・・150g• 砂糖・・・大さじ1• 塩・・・3g• 豆乳・・・150cc• 水 またはぬるま湯 ・・・120cc• ドライイースト・・・3g• オリーブオイル・・・生地に塗る分 材料はちょっと多めですが、 混ぜるだけで簡単にピザ生地が作れます。 厚めに作って満腹感をアップさせるのもおすすめですよ。 クリームチーズ・・・200g• 砂糖・・・50g• ヨーグルト・・・100cc• レモン汁・・・大さじ3• 卵・・・2個• 薄力粉・・・大さじ5• 市販のクッキー・・・300g• バター・・・50g チーズケーキ食べたいけど節約したいというときは、ハンドメイドがおすすめ。 材料費は クリームチーズを入れても500円程度で作れますよ。 小麦粉・・・120g• 牛乳・・・90cc• 卵・・・1個• かぼちゃ・・・90g• 赤パプリカ・・・20g• 黄パプリカ・・・20g• アスパラガス・・・2本• ミニトマト・・・3個• ベーコン・・・20g• プロセスチーズ・・・50g 具材はどんなものを入れてもOk! チーズが多めだとおいしいですよ。

次の

グルテンって何?小麦粉の性質とお菓子への影響その1|Sucre(シュクル)

小麦粉 で できる お 菓子

小麦の種類 小麦には複数の種類があり、含まれているたんぱく質の質と量などによって区別されます。 用途別には次の4つに分類されます。 硬質小麦 たんぱく質が多く、粘弾性(粘り・弾力性)に富むため、パンや中華麺向き。 (主としてアメリカ、カナダ産) 中間質小麦 たんぱく質の含有量は中くらいで、うどん(ゆで麺や乾麺)など向き。 (主としてオーストラリア、国内産) 軟質小麦 たんぱく質が少なく適度にやわらかいため、天ぷらなどの料理、ケーキやお菓子向き。 (主としてアメリカ産) デュラム小麦 スパゲティやマカロニ用。 柔軟で弾力性の強いグルテンを豊富に含むため、加工するとシコシコとした食感のコシの強いパスタに。 もともと黄色味を帯びている。 (主としてカナダ産) 小麦粉の上手な選び方・使い方 用途に合わせて選びましょう 家庭用の小麦粉には、強力粉、中力粉、薄力粉の3種類があります。 強力粉はパン、餃子の皮、ピッツァなど、中力粉はうどんなど、薄力粉はケーキやお菓子、天ぷらなどの料理に適しています。 用途に合わせて上手に使い分けましょう。 用途に合わせて選びましょう 小麦粉はふるうとサラサラになり、お料理やお菓子がふんわりおいしくできます。 ベーキングパウダーを使うときは、いっしょにふるうと均等に混ざります。 ケーキに使う場合 スポンジケーキの場合は小麦粉を加えたら、へらを用いてボールの底をこする要領で、生地の表面がなめらかになるまでさっくりと切るように混ぜます。 天ぷらに使う場合 冷水を用いて軽く混ぜます。 少しぐらい小麦粉のダマが残っていてもかまいません。 混ぜすぎると重たい衣になってしまいます。 パンやうどんに使う場合 パンやうどんなどは、よく練って使います。 手につかなくなるまで練ると小麦粉の粘りが出て、パンはよく膨らみ、うどんはコシが強くなります。 保存するときの注意 小麦粉は、ニオイを吸着しやすい性質をもっているので、ニオイの強いものの近くで保存しないようにしましょう。 また、小麦粉は湿気に敏感です。 保存するときは、涼しい、乾燥した場所を選んでください。 穀物を好む虫が外部から侵入する可能性もありますので、きちんと密封して保存しましょう。 冷蔵庫での保管は、結露による固まりやカビの発生、冷蔵庫内のにおいがうつってしまうことがありますので、おすすめはしておりません。 薄力粉・中力粉が約1年、強力粉は約6カ月が目安となります。 賞味期限内はおいしくご使用いただけますが、上手に保存することが大切です。 また、開封後はできるだけ早く使い切るようにしましょう。

次の

お菓子作りにおすすめの小麦粉人気ランキング13選【強力粉・中力粉・薄力粉】

小麦粉 で できる お 菓子

カステラやクレープには、グルテンの含有量が多くコシのある生地を作ることができる「強力粉」がおすすめ。 強力粉を使用すると膨らみをキープしやすいという特徴があります。 強力粉は非常に種類が多く、粉自体の特徴の差が大きいため、さらに、タンパク質含有量にも注目して選ぶのがコツです。 例えば、ふんわりもっちりと膨らみのある仕上りにしたいなら、タンパク質が12~13. 5%程度の高いものがおすすめ。 クレープも、強力粉を使用するともっとりとした食感の生地になります。 また、カステラの場合、ふんわりとした軽い食感にしたいなら、タンパク質が低いものを、もっちりと食べ応えのある食感にするには、タンパク質の値が高いものが最適です。 蒸しパンやドーナツなど、食べ応えのあるお菓子(おやつ)を作りたいなら、中力粉を使うのがおすすめです。 中力粉は、タンパク質の含有量が10. 0%~12. 0%ほど。 薄力粉と強力粉のちょうど中間で、粉のどちらの良さも持ち合わせています。 中力粉を上手く使えば、同じお菓子でも違う食感や仕上りを楽しめるのも魅力です。 例えば、タンパク質の少ない小麦粉(薄力粉)で作ったパウンドケーキは、軽くふんわりとした口当たりなのに対し、中力粉で作ったものは存在感があります。 お好みに合わせて、中力粉もうまく活用してみましょう。 お菓子作り用の小麦粉を購入するときは、消費期限を考えて選ぶことも重要です。 通販で購入する場合、1kg・2. 5kg・5kg・10kg・25kgという単位で販売されており、大容量タイプのほうが当然安くなります。 しかし、小麦の賞味期限は、強力粉で約半年、薄力粉で約1年程と言われているため、しっかり使い切れる量を選びたいですよね。 目安として、直径18㎝のスポンジケーキ1台焼くのに、薄力粉は約100g。 クッキー30枚で薄力粉150gくらい必要です。 もちろん、普段のお料理にも使用できますが、お菓子作りのみに使用するならムダにならない量を選ぶことが大切。 賞味期限を過ぎてしまうと小麦粉本来の風味は失われ、保管状態が悪いと虫がついてしまうこともあるため注意しましょう。 おすすめのお菓子 スポンジケーキ・シフォンケーキ クッキー・スコーン・パウンドケーキ スポンジケーキ・カステラ・ブラウニー 洋菓子全般 スポンジケーキ・ロールケーキ クッキー・サブレ・タルト 洋菓子全般 タンパク質 6. 5% 9. 3% 7. 6% 8. 3% 8. 2% 9. 2% 7. 5% 灰分 0. 35% 0. 41% 0. 35% 0. 34% 0. 37% 0. 43% 0. 33% 産地 アメリカ 北海道 アメリカ 北海道 日本・アメリカ フランス アメリカ 内容量 1kg 1kg 1kg 1kg 1kg 3kg 1kg 商品リンク•

次の